お酒のある風景

トラトラ・ノムゾーはシングルモルト、日本酒、ワイン、地ビール、シェリー、ラム、グラッパ等々焼酎以外の大抵のお酒は好きなので、おウチ酒の時にも外で飲んだ時の様子をアップしておけば、それを見てその場の雰囲気に戻れるかなぁとこのブログを作ってみました。

7月28日 GIN LIVE Tokyo

6月9日の 

GINfest.TOKYO 2018

に引き続き、またまたGINのイベントに参戦です。高額になってしまったウィスキーに比べれば、ジンの市場はまだ安く狭く、それでいて多様であり、これからの分野って感じさせるものがあります。

今回は台風直撃ならやだなと思い、当日券ではいりましたが、自分では狭いと思っている「秋葉原UDX アキバ・スクエア」も、寂しくない程度に人が入っていて、ブースを巡るのには苦労しませんでした。

今回はストレートでパカパカ飲んでると足を持ってかれそうなので、大体トニックにしていただきました。飲んでばかりなので、コメントは少なくなりますが、当日の雰囲気を御覧下さい。

【イベント概要】
◆イベント名
GIN LIVE Tokyo 2018
公式サイト:gin-live.jp/

◆会場
秋葉原UDX アキバ・スクエア(http://udx-akibasquare.jp)

◆日程
2018年7月28日(土) 12:00~18:00

◆チケット料金
【前売券】 ¥2,400(税込)
【当日券】 ¥2,800(税込)

◆出展企業(5月28日現在・五十音順)
ウィスク・イー、雄山、京屋酒造、キリンビール、サントリー酒類、三陽物産、ジャパンインサイト、スコッチモルト販売、スリーリバーズ、中国醸造、中野BC、バカルディ ジャパン、本坊酒造、まさひろ酒造、レミー・コアントロー・ジャパン
(50音順)*出展企業は変更となる場合がございます。


DSC_20180728 (1)

DSC_20180728 (2)
ふ~ん、「ウィスキーマガジン」がジンをやる。ご時世なんでしょうか。

DSC_20180728 (3)
6月の「GINfest.TOKYO 2018」の時より会場が広く、ブースによって大きい小さいもはっきりしています。

DSC_20180728 (4)
こちらキリンビールさん。飲みませんでしたけど、タンカレーNo.10は美味しいですよね。

DSC_20180728 (5)
こちら三陽物産さんのヘンドリクスジンのブース。私の大好きな銘柄です。

DSC_20180728 (6)
本坊酒造さん。焼酎に、ウィスキーに、スピリッツにと幅広いですね。

DSC_20180728 (9)
まさひろ酒造さん。沖縄の蔵だそうです。

DSC_20180728 (24)
サッポロビールさんはボンベイサファイアを全面に。

DSC_20180728 (25)

DSC_20180728 (26)

DSC_20180728 (27)
他の人が飲んでたのが美味しそうだったので、抹茶入りのトニックにしました。美味しかった。

DSC_20180728 (12)
カクテルコーナーもありました。気が利いてますね。

DSC_20180728 (11)

DSC_20180728 (15)
こちら宮崎の京屋酒造さん。

DSC_20180728 (17)
レミーコアントロー・ジャパンさん。話しは逸れますが、コアントローを使ったキウイのコンポートは大好きです。

DSC_20180728 (18)
こちらは中国醸造さん。

DSC_20180728 (19)
これはサントリーさんのオリジナルジン「六」と

DSC_20180728 (20)
取り扱いの「ビフィーター」が並んでいました。

DSC_20180728 (21)
頂いたのは「六」のソーダとWATSUNAGIというリキュールなのかな?「ゆず味」を入れてもらいました。(後で残りの「生姜味」と「すだち味」も試しました。)

DSC_20180728 (22)
こちらは、

DSC_20180728 (23)
レミーコアントロー・ジャパンさんに戻ったところですかね。[ISLAY GIN」なんて、まさかヨード臭がするのかなと勘ぐってしまいましたが、全然そんなことはないので、ちょっとがっかりしました。

DSC_20180728 (32)
ちょこちょこ飲んだ後で、外で一休み。

DSC_20180728 (34)
さ、復活の一手はやっぱりヘンドリックスのトニックで。

DSC_20180728 (35)
ここからウィスクイーのブースです。

DSC_20180728 (38)
ジンだからモルトでお世話になった人たちはいないだろうと思っていたら、ホニャひらさんとか

DSC_20180728 (39)
(ほとんど後ろの黒のボートと同化している)ホニャ川さんに会えてうれしかったです。

DSC_20180728 (42)
この素敵な配置の「カルーンジン」はスコットランド産でウィスキーのバルメナック蒸留所で作られたものだとか。リンゴもボタニカルの一つとして入っているそうです。

DSC_20180728 (43)
またまた一休み。水分補給だけじゃブースの近くにいると目が欲しがるので、ちょっと離れて落ち着かないと。

DSC_20180728 (45)

DSC_20180728 (46)

DSC_20180728 (49)

DSC_20180728 (50)
こちらはジャパンインサイトさん。

DSC_20180728 (51)
こちらの「No.3ロンドンドライジン」は美味しゅうございました。

DSC_20180728 (56)
こちらは「Bobbyʼs Dry Gin」。オランダのジンだそうです。混んでて飲めなかったよ。

DSC_20180728 (57)
雄山さん。イギリスのジンだそうです。ここらへんから胃がお疲れで、だんだんプラコップへの手が伸びなくなってきたなぁ。

DSC_20180728 (58)
スコモル販売さんはシカゴの「KOVAL」を一押しで。

DSC_20180728 (64)
中野BCさん。「KOZUE」という日本の銘柄を扱っているようです。

DSC_20180728 (65)
こちらは小正酒造さん。「KOMASA GIN(コマサジン)」 を作っているそうです。

DSC_20180728 (69)
では最後にお楽しみを持って、外のテーブルへ。左はヘンドリクスジンのトニック。右はボンベイサファイアの抹茶トニック。いい締め方だと自画自賛。ゆっくり休んだので足もふらつかず帰ることができました。


にほんブログ村 酒ブログ 洋酒へ
にほんブログ村


関連記事
  1. 2018/08/03(金) 22:05:46|
  2. ジン&ウォッカ&ラム&テキーラ&グラッパ
  3. | コメント:0
<<7月29日 東京シードルコレクション2018 | ホーム | 文月の絵日記>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

最新記事

カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (2)
日本酒 (110)
酒類全般 (144)
シングルモルト (102)
カクテル (15)
ワイン (134)
焼酎 (0)
ジン&ウォッカ&ラム&テキーラ&グラッパ (19)
地ビール&海外ビール (146)
シェリー&ポート&マデイラ (13)
イベント・インフォメーション (6)
料理教室で飲む (7)
今日のランドル君 (3)
シードル&カルバドス (5)
初めての店 (4)

プロフィール

toratora.nomuzo

Author:toratora.nomuzo
FC2ブログへようこそ!

Ripreに参加しています。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード