お酒のある風景

トラトラ・ノムゾーはシングルモルト、日本酒、ワイン、地ビール、シェリー、ラム、グラッパ等々焼酎以外の大抵のお酒は好きなので、おウチ酒の時にも外で飲んだ時の様子をアップしておけば、それを見てその場の雰囲気に戻れるかなぁとこのブログを作ってみました。

10月29日 若手の夜明け 1st Stage Final!!

DSC_20171029 (1)
この日の下車駅は神泉駅。イベントで降りるのはお初かな。

DSC_20171029 (3)

【開催データ】

若手の夜明け2017

1st Stage Final!

開催日:  2017/10/11(日)

会場:   ベルサール渋谷ガーデン

      JR渋谷駅 徒歩10分

時間と会費:第1部(試飲会) 12:30〜14:00 前売り1800円、当日3000円

      第2部(試飲会) 14:45〜16:15 前売り1800円、当日3000円

      第3部(蔵元との交流会) 17:00〜19:00 前売りのみ3000円



住友系のビルはどれもデザインや名前が似てるから紛らわしいんだよね。ま、ここには随分前に「BAR SHOW」が開催されたときに行ったことがあるので、迷いはしなかったけれど。

DSC_20171029 (67)
「若手の夜明け」久方ぶりだ。以前、駒場エミナースでと渋谷シダックスホールでと各1回くらい行ったかな。雨の中ではありましたが、当日券があるので飛び込んでみることにした訳です。

当時から若手蔵人の蔵だけの会とはいっても高い評価を受けているのが半分くらいは入っていたので、会としては「間違いない」部類ってことになりましょうか。

DSC_20171029 (7)
入口で入場料を支払って

DSC_20171029 (8)
過去の開催のパンフレットの掲示を横目に

DSC_20171029 (10)
入口正面奥の「紀土」が目に入ったんだけど、結構な人気なので、その隣のお初の蔵・奈良の「みむろ杉」からスタートしてみました。

DSC_20171029 (9)
3種類いただきましたが、ココイチはこの雄町ですかね。まぁまぁでした。

DSC_20171029 (12)
「紀土」は相変わらずなので、それを挟んで土佐の「南」に行ってみました。御徒町のふくはらさんのところではよく飲んだ銘柄ですが、かなりのお久し~かな。

DSC_20171029 (14)
4種類いただきましたが、

DSC_20171029 (13)
この特別純米に一票です。美味しかった。

DSC_20171029 (15)

DSC_20171029 (17)
お次は入口近くの青森・陸奥八仙に。

DSC_20171029 (18)
値段に日和った訳ではないのですが、いや、なにせ美味しかったですね。懐が関係なければ、今日イチの地位獲得ってかい?

DSC_20171029 (21)
秋田の一白水成もだいぶ前にお酒好きな女性がコーディネイトした「蔵の会」に誘われて参加して以来、一目置いているお蔵さんです。

DSC_20171029 (22)
4種類いただいて、この山田穂に一票入れさせていただきます。

DSC_20171029 (26)
宮城の日輪田もふくはらさんのところとか、確か武蔵小山の酒縁川島でも出してもらった気がするよ。

DSC_20171029 (25)
4種類飲ませてもらって、萩の鶴の純米大吟醸もあったんだけど、日輪田の方の純米大吟醸に一票です。

DSC_20171029 (28)
お次は宮城の山和。若手の夜明けでしか出会うことがなかった蔵かな。

DSC_20171029 (29)
ここでも4種類のうち、純米大吟醸に一票です。

どうしたんだろう?そんなに高いもの嗜好の舌じゃないのに、この日はお高いもの好きな私でした。

DSC_20171029 (31)
お次は宮城の乾坤一。これも私の中ではふくはらさん系だったかな。

DSC_20171029 (33)
4種類いただきましたが、完全にお高めに舌が日和っているのか雄町の純米大吟醸に一票です。

DSC_20171029 (34)
それはそうとこの手の日本酒の試飲会で、

勝手に好きに飲んでねブース

を初めてみました。どんだけ飲んでも嫌な顔をされないにも関わらず、みな蔵人にちょっかいだすのが好きなのか、そんなに多くの人は集まってませんでした。


DSC_20171029 (37)

DSC_20171029 (40)

DSC_20171029 (45)
ぼちぼち東北はいいかなと、次に向かうは栃木の仙禽。私の好きな銘柄です。

DSC_20171029 (47)
新しい種類と従来版の合わせて3つでしたが、

DSC_20171029 (46)
個人的にはクラッシック仙禽・無垢に一票です。

DSC_20171029 (52)
そのお隣は栃木の若駒。千駄木の稲毛屋さんの会で随分と鼻息の荒いコメントばかりまくしたてていた記憶がありますが、はてお手並みはいかに。

DSC_20171029 (51)
5種類いただいた中で、ココイチならこの美山錦かな。

DSC_20171029 (56)
梅沢富美男ばりの背中にちょっとだけドッキリです。

DSC_20171029 (58)
こちらは長野県佐久市の「澤の花」さん。

DSC_20171029 (59)
個人的な定番「ブルー ミシェル」に一票です。

DSC_20171029 (61)
そのお隣の静岡・白隠正宗さん。

DSC_20171029 (63)
なんと樽酒の一本鎗。

DSC_20171029 (64)
冷やも

DSC_20171029 (65)
燗も、楽しませてもらいました。

DSC_20171029 (69)

DSC_20171029 (74)
さて、お次の群馬・町田酒造。

DSC_20171029 (75)
あれも

DSC_20171029 (76)
これも

DSC_20171029 (77)
それも、全部旨かった。

ここの蔵もそうそう街で出会うことのない蔵なので、ここの会で試飲できたのはとても満足です。

DSC_20171029 (93)
さて、そんな次に当たっちゃったのが、神奈川の松みどり。

DSC_20171029 (92)
ここでは特別純米に一票入れましょう。

DSC_20171029 (96)
お次は富山の羽根屋。稲毛屋さんの会以来かな。

DSC_20171029 (98)
5つ試しましたが、この純米吟醸プリズムですかね、ココイチは。

DSC_20171029 (106)

DSC_20171029 (108)
だんだん、血中アルコール濃度が上がってきたので、撤収の構えをみせつつ冷やかした先は茨城の結。

DSC_20171029 (109)
選んだのはこちらの特別純米の雄町に一票。

DSC_20171029 (127)
帰りがけに「紀土」を覗いてみると

DSC_20171029 (124)
純米の無量山とか飲ませてもらったのですが、

DSC_20171029 (130)
こちらの鶴梅のゆずが食後酒的な味わいで美味しかったけど、これは番外ね。

DSC_20171029 (133)
1時間半ではありましたが、当日スクランブルの出陣としては満足のいく数がこなせて嬉しかったです。おしまい。


にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村
関連記事
  1. 2017/11/03(金) 19:51:30|
  2. 日本酒
  3. | コメント:0
<<11月4日 羊フェスタ2017inなかのアンテナストリート | ホーム | お酒のある周辺 11月26日 ウイスキーフェスティバル2017in東京 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

最新記事

カレンダー

04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
日本酒 (108)
酒類全般 (116)
シングルモルト (96)
カクテル (15)
ワイン (111)
焼酎 (7)
ラム&テキーラ&グラッパ (13)
地ビール&海外ビール (140)
シェリー&ポート&マデイラ (11)
イベント・インフォメーション (54)
料理教室で飲む (7)
今日のランドル君 (2)
シードル&カルバドス (2)

プロフィール

toratora.nomuzo

Author:toratora.nomuzo
FC2ブログへようこそ!

Ripreに参加しています。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード