お酒のある風景

トラトラ・ノムゾーはシングルモルト、日本酒、ワイン、地ビール、シェリー、ラム、グラッパ等々焼酎以外の大抵のお酒は好きなので、おウチ酒の時にも外で飲んだ時の様子をアップしておけば、それを見てその場の雰囲気に戻れるかなぁとこのブログを作ってみました。

2月26日 BrewDog 2nd Anniversary Pre-Night and Hardcore Pig Special Menu!

ここは六本木。私には似合わない街ですな。六本木へ来るので嬉しくなるのはrotiとここくらいでしょうか、はい。

もうすぐBDRは2周年!そこで周年が間近に迫った26日と27日の週末2日間は…

ドラフトビールがALL 500 yen!

(ABV. 10%未満のビールはL size (378ml) / ABV. 10%以上のビールは120mlでのご提供です。)

日本初登場、日本1樽限定のBrewDogのNo Labelも開栓します!

BrewDog 2nd Anniversary Pre-Night and Hardcore Pig Special Menu!

もうすぐBDRは2周年!そこで周年が間近に迫った26日と27日の週末2日間は…

ドラフトビールがALL 500 yen!

(ABV. 10%未満のビールはL size (378ml) / ABV. 10%以上のビールは120mlでのご提供です。)

日本初登場、日本1樽限定のBrewDogのNo Labelも開栓します!

※両日のドリンクのオーダーはキャッシュオンのみとさせて頂きます。カウンターにてご注文下さい。フードのオーダーはテーブルにてスタッフがお伺いします。
※Hardcore Pig メニューは毎日数量限定ですので、無くなり次第販売を終了させて頂きます。売り切れの際はご了承下さい。


DSC_20160226 (3)

DSC_20160226 (4)
M木さんはさすがに引っ張りだせないんだろうが、ま、それはそれ。

DSC_20160226 (7)

DSC_20160226 (16)
2周年か、早いものだ。

DSC_20160226 (8)
ひとり身なので、当然カウンターに。

DSC_20160226 (6)
最初の1杯はこれ。パンプキン・キング。ブリュードックのサイトではこのように語られている。

【BrewDog Pumpkin King】
パンプキンキングは、昨年の「パンプキンヘッド」に続くパンプキンビール第2弾となるアンバーエール。グラスに注ぐとブラウンオレンジ。興奮してしまうほど強烈なスパイシーシナモン。
一口含むと、蜂蜜のような甘さ、パンプキンとモルト感。そしてカラメルをかけたバターアップルのようなトロけるような口当たりとフレーバー。アフターはクローブや山椒のような躍動するスパイス。とても複雑なパンプキンエール!

パンプキンのほくほく感はなかったが、シナモンとかそこいらへんのスパイシーの感じはgood。

DSC_20160226 (11)

DSC_20160226 (14)
ハードコア。ぐっと来たね。旨かった。こっちのコメントも見てみよう。

【Hardcore Imperial IPA】
色は琥珀がかったオレンジ。ルビーグレープフルーツやビターオレンジのピールのようなアロマホップが鼻腔を突き抜けます。ホップはかなり効いておりIBU値は150ありますが、嫌味なほど圧倒的ではなく、至ってフルーティーで紳士的。パインやバナナ、そして最初の印象のグレープフルーツ系のホップ香が軸として全てに働きかけます。モルティでキャラメルの甘さが9.2%のアルコール感を包み込み、上品な飲み応えとなって広がります。フィニッシュはたっぷりとしたビター感が心地良く、絶妙なカーボネーションにより、きれいなノド越しを作り出し、素晴らしいシトラスピールを連想させるホップの香りを運んでくれます。

・麦芽の種類:Maris Otter, Crystal malt, Cara malt
・フレッシュホップ:Centennial, Columbus, Simcoe
・ドライホップ:Centennial, Columbus, Simcoe
・IBU値(苦味):150

いろんな爽やかな苦味ぐいぐい、ごくごく、旨い~ぃ!!!って感じ。

DSC_20160226 (21)

DSC_20160226 (23)
本来ならハードコアが1番だったけど、その後の黒系の味わいにほっとしたせいか、この日はこれが1番にしたいと思います、リバティーンがね。

【Libertine Black Ale】
リバティーン ブラックエールは、ブリュードッグが大得意なIPAに飲み応えと複雑さをプラスし、漆黒のホップ爆弾を造り上げてしまいました。
グラスに注ぐと、深く吸い込まれそうなパールブラックカラー。きめ細かな無数の泡がグラマラスに躍動し、隆起した泡が次々に弾けホップのクラスター爆弾が拡散し炸裂します。高まる期待とともに一口含むと、シトラス系ビターホップがウォータースライダーの様にノド→食道→胃へと瞬時に駆け、全ての内壁を小刻みに刺激します。ビターホップの爽快感に包まれていると、胃に落ちた漆黒の液体から、ローストモルトのアロマやダークビターチョコレートの香ばしさが逆流し、鼻腔から体外へ放出されます。ホップの洗礼が和らいだ舌の上で、エキゾチックフルーツやコーヒーキャンディーのような安らぎが芽吹いてきます。7.2%のアルコール感がしっかりとした骨組みを造り、濃度や凝縮感で重たくなりすぎてしまいそうなこの漆黒の液体を巨大なホップで見事にねじ伏せ、絶妙なバランスを保っております。
「リバティーン」とは「放蕩者」や「道楽者」といった意味があります。“磊落豪雄”で度量の大きいこのIPAは、クラフトビール業界の新たな指標になると確信しております。楽しいアイデアやレシピはすぐに実行!それこそビールファンがブリュードッグに惹かれる一因でしょう。ホップの魔術師ここに極まれり!!


がっつり美味しかった。ポーターのようなローストされた苦味はない。

DSC_20160226 (33)

DSC_20160226 (40)
日本1樽限定のBrewDogのNo Labe
ラガーにやや黄味がかった色合いで、酸味が少し加わった感じだがフルーツビールのそれとは違う。

DSC_20160226 (45)

DSC_20160226 (43)
お客さんが減っていく様子はない。でも、オイラの腹はいっぱいなので、ここら(PM8)でお暇といたしました~。


■日  時 2/26(金) & 2/27(土)

■場  所 BrewDog 六本木

■参加費 ドラフトビールがALL 500 yen!(キャッシュオン)

にほんブログ村 酒ブログ 海外ビール・地ビールへ
にほんブログ村
関連記事
  1. 2016/02/27(土) 22:27:51|
  2. 地ビール&海外ビール
  3. | コメント:0
<<如月の絵日記 | ホーム | On of How to make Hot Whisky by Mr. Nishida of Bar Keller Kyoto Japan>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

最新記事

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1)
日本酒 (106)
酒類全般 (105)
シングルモルト (94)
カクテル (15)
ワイン (103)
焼酎 (7)
ラム&テキーラ&グラッパ (12)
地ビール&海外ビール (126)
シェリー&ポート&マデイラ (11)
イベント・インフォメーション (35)
料理教室で飲む (6)
今日のランドル君 (1)

プロフィール

toratora.nomuzo

Author:toratora.nomuzo
FC2ブログへようこそ!

Ripreに参加しています。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード