お酒のある風景

トラトラ・ノムゾーはシングルモルト、日本酒、ワイン、地ビール、シェリー、ラム、グラッパ等々焼酎以外の大抵のお酒は好きなので、おウチ酒の時にも外で飲んだ時の様子をアップしておけば、それを見てその場の雰囲気に戻れるかなぁとこのブログを作ってみました。

7月27日 第6回 岐阜の地酒に酔う in 東京

じゃん!
DSC_20140727 (3)

じゃん!!
DSC_20140727 (5)

じゃじゃじゃんっ!!!
DSC_20140727 (38)

これが終わればお酒の会も夏休み(かな?)!!近年の私の日本酒方面・夏の王道をいく岐阜県酒造組合主催「 岐阜の地酒に酔う in 東京」に行ってまいりましたぁ。


この会はいつも「小左衛門」からスタートするのを恒例としていたのですが、えっ、いないの?出てないの。昨今の多治見の暑さで融けちゃったかな?

なので、「さぁ、みさなん乾杯します。」との司会さんの声に押されて、手近な房島屋のヒゲメガネのお兄さんのお世話になることに。
DSC_20140727 (11)

「乾杯酒が欲しいんだ。」「じゃ、純米吟醸山田の生酒で。」「あいよ。」
DSC_20140727 (10)

一段落ついたので、全部5種類飲ませてもらうと、ココ一番は「兎心BLACK山田錦」に軍配です。
DSC_20140727 (14)

今回も盛況だ。しかし数ある酒造組合主催の酒の会で岐阜の会が残ったのには経緯がある。簡単にいえば

早い、安い、旨い

とでもいったところだろうか。
DSC_20140727 (82)

定員がそこそこに制限されている。会費が安いのに食べ物(それなりですが)が出るので、わっと食卓を囲む人達が出ると酒のブースはさらに空く。
DSC_20140727 (71)

余裕をもって旨い酒が飲める!という訳だ。
DSC_20140727 (72)

早い、安い、旨い

に岐阜の会で更にひとひねりを加えていると勝手に思っているのが、高山の2蔵

蓬莱 と
DSC_20140727 (67)

白川郷 だ。
DSC_20140727 (34)

まずは蓬莱から。人だかりも多いよね。彼の威勢の良さならさ。
DSC_20140727 (15)

いつも「超ペケペケ」とかひねったネタがひとつふたつはあって、樽の中の濁り酒も美味しかったが、
DSC_20140727 (18)

やはりスペック未公開で蔵元の自信作らしい「超限定」(未公開未出品酒)に軍配です。
DSC_20140727 (19)

片や白川郷。濁り酒オンリーの異色の蔵で、スタンダード品は高山周辺のお土産屋さんならどこでも買えるとっつきの良さに加えて、いろいろな種類や楽しみ方があるのが素晴らしい。
DSC_20140727 (32)

ここのはどれも甲乙つけ難い。頑張っておくれ!
DSC_20140727 (30)

蓬莱と白川郷の間にお邪魔したのが竹雀。東中野の会で楽しませてもらった。前向きなお礼参りをいたすことに。夏向けショートカットが綺麗な若女将が燗酒を担当していたので、右から左に4種類、よろしくね。
DSC_20140727 (20)

次はスペインプロサッカーリーグにいそうな目鼻立ちクッキリの若旦那の方に回って冷やで4種類。純吟生原のお燗かな。ここイチは。ご馳走様。どうもね。
DSC_20140727 (21)

以前は全蔵片っ端から飲んで試してみたこともあったんだけど、この日はそこまでの元気はなく、

申し訳ないけど安全牌だけ選んで気持ち良く帰らせてもらおう

と、過去に当たりの蔵だけセレクトモードに切り替えての最初が三千櫻。
DSC_20140727 (45)

純米酒だけで評判のお蔵さんだ。それにお燗をつけてくれるのも竹雀とここだけだ。
DSC_20140727 (42)

私が来て間もなく「人が揃ってきたからこれもいいかな」と飲ませてくれたのが「愛山40」。ん~ん、これは特別なこととして、他のお酒もスペックは純米酒の酒米違いで並んでいたのだが、個人的には渡船に軍配です。
DSC_20140727 (46)

次は津島屋さん。そもそも御代櫻さんなのだが、房島屋っぽい方が売れるという戦略なのかどうかは知らないが、一応美味しいお蔵さんです。
DSC_20140727 (64)

純米酒だけどこれが一番旨かったと思ってカタログを見直したら、美山錦を使った1995年醸造で、これが一番高かった。ほっほ~。
DSC_20140727 (66)

この津島屋さんのところでトントンと肩をたたかれ振り向いてみると、なんと千駄木・稲毛屋さんのご常連が。

「1年くらいご無沙汰なんだけど、元気だった?」「ええ、ちゃんと飲んでますよ。」

ってな感じで、今まで飲んで美味しかったお蔵さんを教えるためにわざわざ声をかけてくれた訳です。

有り難いねぇ、気遣ってくれて。持つべきものは心優しき酒の友ってか。


そんな彼に教えてもらったひとつがこれ。TAKE1。美濃紅梅さんのところの作品だ。
DSC_20140727 (35)

御徒町のふくはらさんのところでも見かけたが、まさか大垣城の美濃紅梅さんのところとはねぇ~。
DSC_20140727 (37)

もうひとつ引っ張っていかれたのが日本泉さん。
DSC_20140727 (91)

単品で吟醸無濾過生原酒をいただいたが、美味しゅうございました。
DSC_20140727 (89)

彼以外にも、いくつかの店の顔見知りと言葉を交わしていたら、あっという間のお開きでした。ご馳走様。岐阜の方々にも感謝です。では、また来年。


【過去の岐阜の地酒に酔うin東京の記事】 ◆第5回 ◆第4回その1 ◆第4回その2 ◆第3回 ◆第1回

※開催データ

■開催日時 7月27日 午後1時~

■開催場所 千代田区一ツ橋 如水会館 

■会費 2,500円

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村
関連記事
  1. 2014/07/30(水) 00:30:37|
  2. 日本酒
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<8月3日 両国POPEYE ソサエティモルトとクラフトビールのコラボイベント | ホーム | 7月18日 ふくはら酒店 ワインテイスティング会>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://glenmorangie.blog14.fc2.com/tb.php/379-02ae95ae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新記事

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1)
日本酒 (106)
酒類全般 (105)
シングルモルト (94)
カクテル (15)
ワイン (103)
焼酎 (7)
ラム&テキーラ&グラッパ (12)
地ビール&海外ビール (126)
シェリー&ポート&マデイラ (11)
イベント・インフォメーション (35)
料理教室で飲む (6)
今日のランドル君 (1)

プロフィール

toratora.nomuzo

Author:toratora.nomuzo
FC2ブログへようこそ!

Ripreに参加しています。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード