お酒のある風景

トラトラ・ノムゾーはシングルモルト、日本酒、ワイン、地ビール、シェリー、ラム、グラッパ等々焼酎以外の大抵のお酒は好きなので、おウチ酒の時にも外で飲んだ時の様子をアップしておけば、それを見てその場の雰囲気に戻れるかなぁとこのブログを作ってみました。

10月16日 「グレングラント テイスティングイベント」

今回はモルトの話しである。

そしてこのラベルの一部を切り取った写真を見て、モルトフリークのうちでもピンとくる人が半分、何でしょねという人が半分くらいだろうか。
DCIM20131016 (43)

DCIM20131016 (102)

遅れてきたモルト

そう、グレングラントに関しては、私にとってはそんな位置づけのシングルモルトなのだ。


西暦2000年前後に土屋守氏の「モルトウィスキー大全」を手にして、

ここにあるウィスキーを全部飲んでやる

とささやかな野望を心した時に、

モルトフリークの間でメジャーなオフシャルの出回っているものからやっつけて、次にボトラーズしかないものをやっつけて、最後にメジャー過ぎてそこらに転がっているものをおっとりとやっつける

という順番を決めて、その時グレングラントはグレンフェディックと共に「メジャー過ぎてそこらに転がっている」部類に組み入れられて、アサヒビールからこうして手紙をもらうまで、ちゃんと対峙したことがなかったんだ。


嬉しい!!!喜んで馳せ参じようぢゃないか。

DCIM20131016 (4)
会場の場所は銀座。銀座ねぇ、久しぶりだなぁ。

DCIM20131016 (5)
場所は9階というと、どうもここらしい。

DCIM20131016 (6)
ウエィティングコーナーで、ワイングラスで大ぶりの水割りをいただく。こういうのがウィスキーの今風の飲み方のスタイルなんだろうか?いかに店でちゃんと飲んでないかバレバレだ。


で、これからの流れを結論から言うと、テイスティングイベントと称して誘い出された訳だが、な~んのことはない、プレスリリースに混ぜ込まれただけというオチでした。

では、それを証明すると

話しを聞かせ
DCIM20131016 (18)

今回の主題となるものを提示し
DCIM20131016 (28)

メシを食わせ
DCIM20131016 (57)

土産を持たせる
DCIM20131016 (101)

20代でライター稼業をしていたので、プレスリリースの流れは慣れっこだが、それだけに「ここに商売で来ているんじゃないんで、話しは意味がないとは言わないが、併行して早く酒のラインナップ全部飲ませろよ」のオーラーが抑えきれなかった点については反省しきりでありました。


DCIM20131016 (44)
で、今回の主題はこれ、グレングラントの「5ディケイズ」だ。来日したグレングラントのマスター・ディスティラー=デニス・マルコム氏が手がけた1960年代から2000年代までの1960年代、1970年代、1980年代、1990年代、2000年代のそれぞれの年代から、マルコム氏が厳選した5種類の原酒をブレンドした希少品とのこと。スコッチ文化研究所会員の顔見知りのSさんは

日本の販売は120本だからね

と、普段は俗っぽいことはしないのに、しっかり写真を撮っていたし、ありがたい事なんだろうな~、ふむふむ。


でもね、正直あんまり旨くなかったんだよね。ま、私の好みじゃないというのが正確かな。香りと味のバランスが今ひとつチャランポランなとでも言いましょうか。


DCIM20131016 (34)
では、ここにあるノンエイジ、10年、16年はどうかというと

DCIM20131016 (38)
10年は水割りからソーダ割りからロックまで、1番飲ませてもらって結論は可もなく不可もなく「並」ですね。悪い言い方ではなく、モルトにこだわらずどんな飲み方でも安定した味は結構なことだと言いたい訳です。

DCIM20131016 (64)
16年はですね、美味しかったです。グレンリベットのナデゥーラ16年のような俊逸さはないけれど、エイジング相当の味わいやコクがあってよかったです。資料では確認できなかったけど、お値段次第ですな。

DCIM20131016 (70)
ノンエイジも軽い仕上がりで、ウィスキーの入門者やいろいろ割って楽しみたい向きにはよろしいんじゃないでしょうか。この中で1番お求めやすい価格帯なんでしょうから。


DCIM20131016 (72)

DCIM20131016 (78)

DCIM20131016 (81)

DCIM20131016 (82)

DCIM20131016 (84)
グレングラントオンリーでいろいろ飲ませてもらいましたが、最後にマスター・ディスティラー=デニス・マルコム氏より、一昨日ボトルに詰めてきたというニューポット(樽詰め前のウィスキー原酒)がふるまわれた。

う~ん、旨い!!!ニューポットで旨いと感じるこちらの方が「5ディケイズ」より希少品ぢゃないのかな~。

というのが今日イチを最後に手にした私の見解でした。
DCIM20131016 (88)

あ~、来て良かった。


※開催データ

■開催日時 10月16日 午後7時~

■開催場所 アイコニック東京・銀座

■会費 ご招待(スコッチ文化研究所経由でアサヒビールより)


にほんブログ村 酒ブログ 洋酒へ
にほんブログ村
関連記事
  1. 2013/10/18(金) 23:06:40|
  2. シングルモルト
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<10月25日 『コノスル』チーフワインメーカー アドルフォ・フルタード氏来日 ワインメーカーズディナー | ホーム | 9月29日他 阿佐ヶ谷 STONE クラフトビール&ウイスキー Bar  月末月いちテイスティング修行>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://glenmorangie.blog14.fc2.com/tb.php/328-d3197c65
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新記事

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
日本酒 (107)
酒類全般 (106)
シングルモルト (96)
カクテル (15)
ワイン (104)
焼酎 (7)
ラム&テキーラ&グラッパ (13)
地ビール&海外ビール (131)
シェリー&ポート&マデイラ (11)
イベント・インフォメーション (39)
料理教室で飲む (7)
今日のランドル君 (2)

プロフィール

toratora.nomuzo

Author:toratora.nomuzo
FC2ブログへようこそ!

Ripreに参加しています。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード