お酒のある風景

トラトラ・ノムゾーはシングルモルト、日本酒、ワイン、地ビール、シェリー、ラム、グラッパ等々焼酎以外の大抵のお酒は好きなので、おウチ酒の時にも外で飲んだ時の様子をアップしておけば、それを見てその場の雰囲気に戻れるかなぁとこのブログを作ってみました。

10月4日 「WOODSTOCKオーナー来日記念」ワインディナー(東京)

CAI_20121004 (3) CAI_20121004 (4)
私の平日の日課は、会社の昼休みにパソコン覗いてお酒の会の情報収集にいそしむことなんだな。
ま、昼休みなら最長でも1時間以内にはケリがついて、ついつい見てたら2〜3時間ということがないのがいいところさ。


で、10月3日もそのように過ごしていたら、本来は2〜3週間後以降のスケジュールに着目してるんだけど、この日はパッと目に飛び込んじゃったのがなんと翌日10月4日開催のこのタイトルの会。

インポーターさんもワイナリーもお初、開催は明日、知らないレストラン、ということは誰も誘いようがない(ま、ひとりで勝手にどこでも行っちゃう方が多いから関係ないかな)し、フツーは当然見送り扱いなんだけど、告知をしたインポーターさんのブログでは、最近大分県に移住してワイン販売の事業を継続しているんだとか。

 う〜ん、知りたい、知りたい、どんな人なんだろう?

地方で起業というのが私のスイッチを入れた訳で、それ以外の要素は「わっかりましぇん」状態ではあるものの、

 気になるのなら、直接行って解決すれば!

といういつもの現地主義の思考回路の命ずるままに、ここ六本木に来たという訳さ。

CAI_20121004 (7) CAI_20121004 (49)

CAI_20121004 (38) CAI_20121004 (8)
開始10分前に着いたというのに参加者では一番乗りだった。参加者は主催者側もいれて12名の着席。こじんまりしたスタートだ。
出品リストは5種類+リスト外のオマケ1種類。細かい話しは後でするとして、今回は概ね時系列にまずは写真で綴ってみるので、雰囲気を掴んでみて下さい。

CAI_20121004 (9) CAI_20121004 (10)

CAI_20121004 (12) CAI_20121004 (36)
1杯目の白は「セミヨン・ソーヴィニヨンブラン」。

CAI_20121004 (16) CAI_20121004 (20)
2杯目の白は「リースリング・トラミネール」。

CAI_20121004 (15) CAI_20121004 (31)
写真左の手ぶりを交えて話しているのが、この日の提供ワイナリー・オーストラリア「WOODSTOCK」のオーナーのスコット・コレット氏。

CAI_20121004 (18) CAI_20121004 (21)
3杯目はロゼで「グルナッシュ」。

CAI_20121004 (25) CAI_20121004 (26)

CAI_20121004 (24) CAI_20121004 (27)
グラスに注がれた写真を撮りそこねたが、4杯目が「カベルネ・ソーヴィニヨン」。5杯目は「シラーズ」だ。

CAI_20121004 (32) CAI_20121004 (33)

CAI_20121004 (41) CAI_20121004 (42)
リスト外で6杯目に出されたのは「マスカット」。

CAI_20121004 (44) CAI_20121004 (48)
全体がどんな感じだったかということに触れ、次にワインへコメントしていこう。


まず、リンクを貼ったこんなコメントで

「オーストラリア・ニュージーランドのワイン輸入会社を立ち上げた脱サラリーマン。2012年6月、大分へ移住し、日々の営業やトピック、通販ショップの情報を書き綴ります。」

自身のブログと事業の紹介をしている草薙さんは欠席で会えませんでした、トホホ。ま、こんなすれ違いなど人生にはつきものかもしれないね。

で、当日はこの草薙さんとビジネスパートナーのジェイセラーズの成沢さんという方(写真の中で赤い服をお召になって立って説明している方)が親切にナビゲートしてくれて、会の出席者の半数は常連さんだったのだけれど、うまく居場所もできて、皆さんフランクに接していただき新参者としては助かりました。どうもありがとう。


で、ワインは白の最初のセミヨン・ソーヴィニヨンブランが、切れのよいライトタイプで飲みやすく、次のリースリング・トラミネールと3番目のロゼのグルナッシュは甘く、それぞれに特徴的な甘さでひとつひとつは気に入ったものの、食事を取りながら2番目3番目で甘いのが出た反動で、4番目のカベルネ・ソーヴィニヨンは印象を保つことが難しかった。

が、カベルネ・ソーヴィニヨンが露払い役とでも言おうか、2つの甘いワインを口から消し去ってくれたおかげで、5番目のシラーズは大変美味しかった。大げさかもしれないが今まで飲んだシラーズの中で1番と言ってもいいくらいだ。
どう美味しかったかというと、酸味、渋味、果実味、香り、色でレーダーチャートが構成されていたとするならば、何点満点であるかはともかく全ての要素が満点で正五角形を作ったような素晴らしいバランスだったこと。

シラーズなら、色に比べて味が軽く渋味がいつも舌のどこかに引っかかるように感じるイメージが強くて、

滑らか

といった表現には、なかなか縁遠いものと思っていたので、うれしい誤算だ。いや、正確に言うと4段目の右の写真でスコット氏がちゃんと時間を見計らってデキャンタしてくれてたんだ。彼に言わせりゃ誤算じゃないよね。やはりワインは難しい。



※開催データ

■開催日時 10月4日 午後7時30分~

■開催場所 オストレア 六本木店

■会費 6,000円。

にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村
関連記事
  1. 2012/10/07(日) 16:20:43|
  2. ワイン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<10月16日 ニュージーランドワイン俱楽部 | ホーム | 9月25日 "Craft Beer & Malt Night" 25th Sep. (Tue)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://glenmorangie.blog14.fc2.com/tb.php/261-906eb694
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新記事

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
日本酒 (107)
酒類全般 (106)
シングルモルト (96)
カクテル (15)
ワイン (104)
焼酎 (7)
ラム&テキーラ&グラッパ (13)
地ビール&海外ビール (131)
シェリー&ポート&マデイラ (11)
イベント・インフォメーション (39)
料理教室で飲む (7)
今日のランドル君 (2)

プロフィール

toratora.nomuzo

Author:toratora.nomuzo
FC2ブログへようこそ!

Ripreに参加しています。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード