お酒のある風景

トラトラ・ノムゾーはシングルモルト、日本酒、ワイン、地ビール、シェリー、ラム、グラッパ等々焼酎以外の大抵のお酒は好きなので、おウチ酒の時にも外で飲んだ時の様子をアップしておけば、それを見てその場の雰囲気に戻れるかなぁとこのブログを作ってみました。

2月22日 ウィスキーマガジンライブ2009 その3

さあ、お待たせしました。順序は逆になってしまったが、私がビックサイトに入って30分後には最初のブレンダーのリチャード・パターソンがナビゲートするマスタ-クラス「ジュラ蒸溜所」が始まったのだ。


そしていきなり結論から言っちゃうと

リチャード・パターソンは最高だ!!君に言われたとおり「俺は世界中のマガジンライブで初めて2時間のマスタークラスを受けたんだぜ!」と声高らかに言おうぢゃないか。

過去にユアン・シャーンの「ダンカン・テイラー」や。ビル・ラムズデンの「ウッド・マネジメント」など受けてきたが、いずれも業界関係者向けプレスリリースが少し詳しくなった版ってな感じだったが、パターソンのは

見事なまでのパフォーマンス

に尽きる。出されたグラスも9個。それを2時間かけても間延びせずに笑い続けながら楽しめたのは彼ならではなのである。
P1001695.jpg P1001696.jpg

さて、話しを元に戻して、入り口に向かいつつ、余市やダンカン・テイラーと同じ時間帯なだけに参加人数はどうなんだろうと思っていたら、秘密結社「S」のテイスティング会や自由が丘の「スペイサイド・ウェイ」のお馴染みさんが多数席に座っている。
みんな「ジュラ」と「パターソン」の組み合わせ+全てのマスタークラスの中で唯一2時間というお得感が実際にはどうなのかを確かめに来たという感じかな。

ウエルカムドリンクはジュラの10年。ジュラ島とはこ~んな輪郭の、アイラ島と海峡を挟んでお隣さんの島なのだ。
P1001698.jpg P1001699.jpg

スコットランドでのジュラ島の位置と島の中にある日本人向けの歓迎の看板を説明するパターソン。キルトの赤のチェックのスカートを身にまとってスコッツの正装だ。
P1001705.jpg P1001708.jpg

ジュラ蒸溜所の写真。手にはいつしかジュラのニューポットが。エーテル香がきついかなと身構えたがそうでもなく、サラりと飲めた。
P1001708.jpg P1001710.jpg

画面に映し出されるジュラ島のパップス山(乳房山)。私は初めて知ったのだが、パップス山の山頂は3つだとのこと。アイラ島からの山並みを写したのしか見てなかったので、3つ目がアイラからでは写らない位置にあったのだろう、ふ~ん。
名前は左からGold、Sound、Sacredだ。そして、ジュラの新リリース「ジュラ・パップス」の3種類の名前でもある。右がGoldだ。
P1001720.jpg P1001718.jpg

そしてSound(左)、Sacred(右)。いずれもワイン樽でフィニッシュしている。Gold=ブルゴーニュ、Sound=ボルドー、Sacred=バローロだそうだ。ノムゾーはGoldが気に入ったぞ。
P1001721.jpg P1001724.jpg

次は口休めってとこだろうか。クリームを使ったカクテルのサーブ。ベースはジュラ10年だ。それに引き続いてモヒカン君のバグパイプの演奏。彼とはまた原宿のセント・パトリックデーのパレードで会えるんだろうな。
P1001729.jpg P1001730.jpg

さらにパターソンの熱弁は続く。スコッツ魂でイングランドをコケにするのは痛快だ。
P1001735.jpg P1001740.jpg

ジュラのスーパースティション。このリリースからジュラというアイラに置いてきぼりにされていた銘柄が面白くなってきたんじゃないかなぁと、ノムゾーもそう思うぞよ。
P1001746.jpg P1001748.jpg

こんどは新たにプロパシーなる銘柄も加わった。
P1001754.jpg P1001753.jpg

そうか、ジュラはティオペペの樽を使っているのか。
P20090222 (109)

テイスティングも終盤戦。1974年物が出てきた。世界で658本。1本15万円也だそうだ。チョコレートもついてきたが、気がきいている。
P20090222 (114) P1001764.jpg

もう宴の終わりは近い。最後はクランベリーとのミキシングのカクテルだ。
P1001771.jpg P1001773.jpg

終わり近くになって、このクラスのスタッフを務めた秘密結社「S」のKさんが出てきた。Mさんが担当になるまではKさんに外苑前の会場でお世話になった。元気でなにより。
P1001776.jpg

最後まで元気いっぱいのパターソンがふざけているのを横に見ながら、会場を後にした。
いや~、大変楽しくお得なクラスだった。来年もう一度同じ内容だったとしてもまた来るだろうなっと思ってしまったノムゾーでした。
P20090222 (123) P1001777.jpg
関連記事
  1. 2009/02/26(木) 17:53:58|
  2. シングルモルト
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<今、HUBで休んでいます。 | ホーム | 2月22日 ウィスキーマガジンライブ2009 その2>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://glenmorangie.blog14.fc2.com/tb.php/21-be2eef76
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新記事

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1)
日本酒 (106)
酒類全般 (104)
シングルモルト (94)
カクテル (15)
ワイン (103)
焼酎 (7)
ラム&テキーラ&グラッパ (12)
地ビール&海外ビール (126)
シェリー&ポート&マデイラ (11)
イベント・インフォメーション (35)
料理教室で飲む (6)
今日のランドル君 (1)

プロフィール

toratora.nomuzo

Author:toratora.nomuzo
FC2ブログへようこそ!

Ripreに参加しています。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード