お酒のある風景

トラトラ・ノムゾーはシングルモルト、日本酒、ワイン、地ビール、シェリー、ラム、グラッパ等々焼酎以外の大抵のお酒は好きなので、おウチ酒の時にも外で飲んだ時の様子をアップしておけば、それを見てその場の雰囲気に戻れるかなぁとこのブログを作ってみました。

神無月の絵日記

DSC_20171001 (1)

DSC_20171002 (1)

DSC_20171003 (1)

DSC_20171003 (4)

DSC_20171003 (6)

DSC_20171004 (3)

DSC_20171004 (5)

DSC_20171004 (6)

DSC_20171004 (9)

DSC_20171005 (2)

DSC_20171005 (3)

DSC_20171006 (2)

DSC_20171009 (48)

DSC_20171009 (47)

DSC_20171009 (43)

DSC_20171009 (42)

DSC_20171009 (45)

DSC_20171009 (46)

DSC_20171010 (2)

DSC_20171011 (3)

DSC_20171014 (136)

DSC_20171018 (1)

DSC_20171018 (7)

DSC_20171019 (2)

DSC_20171021.jpg

DSC_20171024 (4)

DSC_20171024 (5)

DSC_20171024 (10)

DSC_20171024 (11)

DSC_20171024 (20)

DSC_20171025.jpg

DSC_20171027 (3)

DSC_20171027 (8)

DSC_20171027 (4)

DSC_20171027 (6)

DSC_20171027 (9)

DSC_20171027 (11)

DSC_20171030 (4)

DSC_20171101 (1)



にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村
  1. 2017/10/25(水) 22:05:40|
  2. 酒類全般
  3. | コメント:0

10月22日 神田Eclipse first -Bar & Sidreria- レアレアシードル会part2~世界のまだ見ぬ美味シードル

DSC_20171022 (1)
初めて

なのだ。

DSC_20171022 (118)
シードルだけ のイベントなんて。

シドレリアとあるのだから、それなりのお店なんでしょう、神田Eclipse first。期待してます。

facebookより転載】

ご要望も重なってきたので、開催いたします!
久々のレアシードル会!

約1年半ぶりとなるレアシードル会です。
前回(2016年5月)はフランス帰国後ということでフレンチシードルを中心としたテイスティングイベントを開催しました。

今回はスペイン帰国後ということで、

◆戦利品であるアストゥリアスのシドラなどを中心に、カナダのアイスシードル、在庫僅少なフランス産シードルなど、
🍎約20種類超🍎の日本未入荷シードルをどーんと放出します!


◆アストゥリアスの伝統料理を再現した軽食も提供予定。

◆乾杯マヤドール付き!🍏

様々な縁で当店にやってきた、他では飲めない珍しいシードルが目白押しです。
シードルファンの皆さん、ぜひご都合を付けお誘い合わせの上、ご参加ください。


【レアシードル会 part2 in Eclipse】

■スペイン・アストゥリアスのシードルを中心に、日本未入荷の珍しいシードル約20種類を一挙公開!
◆アストゥリアスの伝統料理の軽食付き!
※アストゥリアス探訪の報告もさせていただけたらと思います(^_^;)
皆でエスカンシアールもやりましょう、笑。

カナダのアイスシードル、ノルマンディやロワールの極少量在庫のシードルも!

■日時 :2017年 10月 22日(日)
●一部 12:00~14:00
●二部 15:00~17:00

■定員 各会20名(半立食形式)

■参加費 5000円(レアシードル約20種のテイスティング、軽食、乾杯マヤドール付)

■申し込み方法
参加ボタンを押していただいた上で、コメント、メッセージ、店舗への連絡にて申し込み受諾。
■お申し込み、お問い合わせはこちら。
03-3525-8653藤井まで。

ご参加、お待ちしております!


DSC_20171022 (119)

DSC_20171022 (15)
リストは25本だぜ。すっげ~。

試飲量は通常のボトルは40ml、細身のボトルは15mlの計算でおひとり1本は飲まれることとなりますってさ。そっか、また1本空けちゃうのか。勉強しなきゃね。

DSC_20171022 (11)
バックバーは一角のカルヴァドスを除き基本的にシングルモルトのようです。

DSC_20171022 (23)
こちらのイケメン、店長の藤井さん。

DSC_20171022 (3)
さあ、25本のご紹介。左から

sidra de Hielo Diamantes de Hielo
sidra de perasviuds de Angelon
sidra vuida de Angeion brut

DSC_20171022 (4)
お次も左から

sidra tereco
sidra pomar sin Aicohol
sidra brut nature Riestra

DSC_20171022 (5)
こちらは左から

sidra Riestra semiseca
sidra natural EI Duque
sidra Extra Mayador

DSC_20171022 (6)
お次は

sidra Mayador Rose
sidra natural Busto Mayador
sidra veinera

DSC_20171022 (13)
一休み。ああ、懐かしいラベルだな。普通に見られるうちに買いためておけばよかった。

DSC_20171022 (7)
お次は

sidra natural Zapica Buzenego
sidra pago de Tolina
sidra natural Riestra

DSC_20171022 (8)
お次は

sidra de Heilo penizales
sidra de membrillo panizales
sidra de cereza panizales

DSC_20171022 (9)
お次は

sidra de viesa panizales
sidra 1947viuda de Angelon
sidra brut pramonga vuida Angeion

DSC_20171022 (10)
最後は

sidra natural vuida de Angelon
sidra natural praumonga DOP
Elefant Island Crab Apple 2013
Julian Thurel Poire 2014

DSC_20171022 (16)
乾杯にはMayadorというブランドのちょい飲みの瓶が供された。

DSC_20171022 (17)
250mlか。キリがよくって飲みやすいよね。

DSC_20171022 (19)

DSC_20171022 (35)
周囲がMayadorに好意的だったので、ティスティングの口開けは sidra Extra Mayador からにしました。

DSC_20171022 (36)

DSC_20171022 (38)
sidra de Hielo Diamantes de Hielo これは美味しかった。シェリーのクリームのような甘さかな。

DSC_20171022 (40)
sidra de perasviuds de Angelonは更に美味しかった。甘いタイプのあとで埋没しないリンゴの香りが嫌味でなく豊かな味わいは

今日ニ

の順位獲得です。

DSC_20171022 (45)

DSC_20171022 (49)

DSC_20171022 (48)
sidra natural Zapica Buzenego これもドライなタイプの中で気に入ったひとつです。

DSC_20171022 (51)
sidra de Heilo penizales これが今日イチ獲得。梅ジャムのような味わいが私の味覚を鷲掴みです。

DSC_20171022 (53)

DSC_20171022 (55)

DSC_20171022 (56)
sidra de viesa panizales これも美味しかった。シェリーのミディアムタイプの程度の甘味です。

この頃疲れているせいか、甘味の強いものに票が集まるこの日の傾向でしたね。

DSC_20171022 (58)

DSC_20171022 (60)

DSC_20171022 (64)

DSC_20171022 (69)

DSC_20171022 (71)

DSC_20171022 (72)

DSC_20171022 (76)
藤井さんがエスカンシアールの練習を見せてくれました。

DSC_20171022 (102)
それに続けとばかりに

DSC_20171022 (106)

DSC_20171022 (117)
食べ物もちょいちょいいろんなものを出してくれました。藤井さん、どうもありがとう。


にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村
  1. 2017/10/22(日) 22:18:24|
  2. シードル&カルバドス
  3. | コメント:0

10月20日 New England IPA BrewDog Hazy Jane 開栓

DSC_20171020 (3)
あれれ、BrewDog Roppongiじゃないんですか?

DSC_20171020 (2)
ちょっと六本木まで足を伸ばせなかったので、最近の地元・渋谷goodbeer faucetsでも開栓されるというので、こちらで手をうちました。

DSC_20171020 (1)

DSC_20171020 (5)
お味は~、そうですね、パンクIPAよりグレープフルーツ感が強かったです。

何杯かのうちの1杯ってところでしょうか。


にほんブログ村 酒ブログ 海外ビール・地ビールへ
にほんブログ村
  1. 2017/10/21(土) 13:21:15|
  2. 地ビール&海外ビール
  3. | コメント:0

10月15日 ローテ・ローゼ ドイツワイン試飲・販売会

DSC_20171015 (1)

DSC_20171015 (3)

DSC_20171015 (4)

【facebookより転載】

<東京 試飲販売会のお知らせ>
いよいよ、明日から開催です。
10月14日(土)、15日(日)の2日間
東京・表参道でドイツワイン試飲・販売会を行います!
先日、入荷したばかりのたくさんの新入荷ワインや
人気の定番ワインなどドイツのワイナリーより直輸入のワインをご用意!
会場にてテイスティングいただけます。
会場は「ウルトラ スーパー ニュー・ギャラリー」
前回と会場は変わっています。
お間違えないよう、よろしくお願いいたします。
山手線 原宿駅(竹下口) 徒歩6分
地下鉄メトロ 北参道(2番出口) 徒歩6分 
ご予約などはいりません。
開催時間内のご都合がいい時間にご来場ください。
(一般の方・飲食店の方 共に入場いただけます)
<日時>
・10月14日(土)14:00~20:00
・10月15日(日)11:00~17:00
<会場>
ウルトラスーパーニュー・ギャラリー
東京都渋谷区神宮前1-1-3
<入場料>
1000円
フリーテイスティング、有料テイスティング合わせて74種類
皆様のご来場、スタッフ一同お待ちいたしております。


昨年に引き続きローテ・ローゼの「ドイツワイン試飲・販売会」にお邪魔しました。甘口のワインが好きな私には有難い機会です。
もちろん、甘口だけじゃないいろいろなワインが74種類、私を待っている。

DSC_20171015 (17)

DSC_20171015 (39)

DSC_20171015 (8)

DSC_20171015 (10)

DSC_20171015 (13)

DSC_20171015 (21)

DSC_20171015 (28)

DSC_20171015 (19)

DSC_20171015 (26)

DSC_20171015 (32)

DSC_20171015 (41)

DSC_20171015 (46)

DSC_20171015 (22)
なんだかんだで49種類飲みました。1杯15mlだとしてかける49で735mlですからワイン1本空けたことになるんでしょうね。

で、一番美味しかったのはこの4番です。ご馳走様でした。


にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村
  1. 2017/10/20(金) 22:34:46|
  2. ワイン
  3. | コメント:0

10月14日 マウントゲイスペシャルセミナー&バルバドス・エクスペリエンス2017

DSC_20171014 (144)

DSC_20171014 (143)
久々の西麻布・コイーバアトモスフィア東京だ。

DSC_20171014 (13)

【facebookより転載】

カリブ海に浮かぶバルバドス島で造られる世界最古のラム。
極上のサトウキビから得られる糖蜜と、カリブ海諸島で唯一の珊瑚の地層によって濾過された純氷を使用。300年以上もの時の中で伝統と専門的な技術で造りだした職人技のラム『マウントゲイ』。
今回は日本ラム協会会長、海老沢忍氏によるスペシャル・テイスティングセミナーとバルバドスのマウントゲイ蒸留所で提供されているバルバドス・スタイル・オリジナルカクテル&バルバドス料理(ベイジャンフード)をお試し頂けます。一日限りのバルバドス体験イベントです。

定員:30名限定
参加費;3000円*当日現金でご用意下さい。
*ご参加頂いた方全員に、ミニチュアボトル(非売品)プレゼント!



バルバドスのラムってのに惹かれたが、「マウント・ゲイ」だけでなく、セミナーで聞いた4つの蒸留所が全て初耳なほど、マルティニーク以外は無学に近い

ラム

の初心者なだけに、吉祥寺スクリュードライバーの海老沢さんのレクチャーなんて恐れ多いな。

テイスティングで供されたのは7種類。順にご紹介しようぢゃないか。

DSC_20171014 (10)

DSC_20171014 (12)
(何を困っているんだね、ミッキー?)

DSC_20171014 (21)
1番目は「マウントゲイ ブラック・ラベル」

ダークラムにしてはすんなりと飲みやすい。軽めのブレンデッドスコッチに近いかな。

DSC_20171014 (20)
お次は「マウントゲイ XO」

こちとらブランデーも知識が薄いので、XOと聞いただけで、その方面のカルチャーがそんな名前を付けたのかなと。小売り価格がブラック・ラベル2500円に対してXO5000円なので、価格としてはVSOP当たりのランクで懐に優しいことになるのかな?

DSC_20171014 (19)
3番目から日本未発売の商品だ。「マウントゲイ マービー」

なんでも名前の由来はカリブのお茶からきているそうだ。カテゴリーとしてはスパイス・ド・ラムの属するそうで、蒸留→スパイスの漬け込み→再蒸留で作り上げるんだそうだ。

私には山椒の生の葉を口に入れた味わいで、ちょっと期待感からはズレていましたが、美味しいという御仁も周囲にはおりました。
 
DSC_20171014 (25)
4番目は「マウントゲイ オリジンシリーズ Vol.1 チャードカスク」

樽をチャーした(焦がす)こげ臭が鼻に入ってくるが味の厚みはそうでもなくて、海老沢さんに「桃」とか「杏仁豆腐」とか言われるとそんな気もする出来栄えでした。

DSC_20171014 (24)
5番目は「マウントゲイ オリジンシリーズ Vol.1  ヴァージンカスク」

溶剤。セメダイン。ウィスキーのシングルモルトでも出てくるニュアンスですが、うう、久しぶり。
 
DSC_20171014 (23)
6番目「マウントゲイ オリジンシリーズ Vol.2 100% クーパー ポット」(銅製スチル)

マンゴー、ネクタリン、セメダインも隠れている。
  
DSC_20171014 (22)
7番目「マウントゲイ オリジンシリーズ Vol.2 100% クーパー コルム」(連続式蒸留器)

香りは薄くハッカのキャンディーのようだが、舌に滑らかに粘りもあって酒質はよい。


順序は逆になったが、バルバドスの4つの蒸留所についてのレクチャーもあったよ。
DSC_20171014 (31)

DSC_20171014 (34)

DSC_20171014 (37)

DSC_20171014 (39)

DSC_20171014 (44)

DSC_20171014 (9)

DSC_20171014 (57)

DSC_20171014 (58)

DSC_20171014 (59)

DSC_20171014 (60)

DSC_20171014 (82)
むむ、あなたは...(その答えは7つ下の写真のコメントででます)

DSC_20171014 (122)
この日はラムベースのカクテルと

DSC_20171014 (84)
バルバドスに因んだおつまみが3品ほど出たんだな。

DSC_20171014 (92)

DSC_20171014 (94)
こちらの美女はインポターのレミー・コアントロー・ジャパンの方。趣向を凝らされていたのも、この方のおかげ。

DSC_20171014 (108)
久々にお金を出すに値する「モヒート」の味わいだ。

DSC_20171014 (117)
こちらは「ブラッド・スィート&テアァズ」。

ファラーナムというカリブのスパイスシロップを用いたクランベリージュースで割ったカクテルです。


DSC_20171014 (118)
このブログではバーテンダーで唯一店名と対で固有名詞のでる Bar Vie Lembrancaの秋谷修二さん じゃあ~りませんか。カクテル班として、カウンターの中でご活躍でした。

DSC_20171014 (130)

DSC_20171014 (133)

DSC_20171014 (109)
日本で販売中のものはこの2つですが、今後は覗いた酒屋で値段とご相談しながら検討していくことといたしませう。


にほんブログ村 酒ブログ 洋酒へ
にほんブログ村
  1. 2017/10/18(水) 21:53:50|
  2. ジン&ウォッカ&ラム&テキーラ&グラッパ
  3. | コメント:0

10月9日 Dive to Wine Jingu-mae 秋セレクトワイン15種試飲会

DSC_20171009 (1)
前回、春にガル・エデンの周年パーティーにお邪魔した時には、外苑前なら神宮球場=スワローズかなとポスターを写しましたが、今回はこれが目に入ったので、

ラグビーW杯

頑張ってほしいものです。

DSC_20171009 (4)
自転車のスタンドを備えた喫茶店。神宮って感じですね。

DSC_20171009 (5)
歩道に植えられたクチナシの白い色も上品~。

DSC_20171009 (7)
外苑前駅から外苑西通りを北上し、渋谷区との境にくればワインショップ

Dive to Wine

も、もうすぐです。

DSC_20171009 (9)
上手く曲がれない人はこの香港屋台を目印に。

DSC_20171009 (10)
ここです。来るのは4年ぶりくらいかな。

【開催データ】

フランス、イタリア、カリフォルニア、オーストラリアなどのワイン15種類の試飲即売会。

日時
 2017年10月9日(月祝) 13:00~16:00
 2017年10月10日(火) 17:00~20:00
会場
 Dive to Wine Jingu-mae
 東京都渋谷区神宮前3-1-21
参加費
 500円


DSC_20171009 (11)
15種類か~。これだけあれば気に入ったものも期待できるな。

DSC_20171009 (12)
さ、どんなもんでしょう。

DSC_20171009 (13)
向かって右から

ドメーヌ ローリエ スパークリング NV
フラット・ロック シャルドネ 2015
アイボリー&ハート シャルドネ 2014

DSC_20171009 (15)
向かって右から

オドアルディ・テラダミア カラブリアビアンコ 2015
Ch.リュサック・ル・ブラン 2016
ピュアクルー ビュオリティ 2014

DSC_20171009 (16)
向かって右から

ブレット&バター シャルドネ 2015
ドメーヌ・ドゥ・ラ・サンシェ パペタ 2015
マルキーロマーネ 2009

DSC_20171009 (17)

DSC_20171009 (19)

DSC_20171009 (20)
向かって右から

Ch.リュサック ルージュ 2003
ブレット&バター  ピノノワール 2015
アイボリー&ハート ジンファンデル 2014

DSC_20171009 (22)
向かって右から

オドアルディ・テラダミア カラブリア ロッソ 2014
ブレイダンヒル プレミアム シラーズ 2012
ピュアクルー サンジョベタ 2011

DSC_20171009 (26)
15種類飲んで、結果としては

 5番 Ch.リュサック・ル・ブラン 2016 → 酸と香りのバランスがgood。
 12番 アイボリー&ハート ジンファンデル 2014 → スパイス感がいいぢゃないか。

といった好みになりました。


にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村
  1. 2017/10/12(木) 21:58:33|
  2. ワイン
  3. | コメント:0

10月8日 東小金井 佐藤商店 2017秋の日本酒試飲会

ああ、7月23日の「岐阜の地酒に酔う」以来、時間の決まったイベントへの参加はと~てもとても、久方ぶりな訳でした。
DSC_20171008 (9)

DSC_20171008 (12)

この日は本来であれば神保町の「大金星」というお店で「焼そばと日本酒を楽しむ会」に参加し、静岡県静岡市の「正雪(しょうせつ)」と山形県酒田市の「楯野川(たてのかわ)」を楽しむつもりにしていたのに、前の予定が押してしまったので、急遽三多摩へ展開といっても中央線でスムースに行けそうなこちらの佐藤商店さんに9日に行くつもりを前倒しするべく急な舵を切ったのです。

佐藤商店HPより転載】

■2017秋の日本酒試飲会
主催:佐藤商店
日時は以下の通り。ご予約不要
①10月8日(日曜日) 15:00~19:00 (お好きな時間帯に)
②10月9日(月曜日・祝)13:00~18:00(お好きな時間帯に)
場所:佐藤商店・店内
お問い合わせ先:042-383-1011(佐藤商店)

会費は500円(試飲代+ミネラルウォーター)

今年も皆様からいただいた参加費は諸経費を除いた全額、
ご近所にある児童養護施設に責任を持って寄付させていただきます。
(寄付金をお届けした後の詳細は後日この場で公表いたします。)

皆様に自分好みのお酒を探してもらい、
日本酒シーズンを楽しむきっかけやヒントに
少しでもなれれば有難い! という企画です。

この秋の旬の日本酒13種類を、利き酒師である二代目の説明を混ぜながら、
冷酒~燗酒まで幅広い温度帯で楽しんでいただきます。

とくにこの季節は「ひやおろし」といって、
夏の間、涼しい蔵で寝かせたことにより、
角が取れまろみを帯びた日本酒が各蔵から出ています。

この機会に、
自分に合う「ひやおろし」や秋の味覚に合いそうな「ひやおろし」を飲み比べ見つけてみませんか?

日本酒をよく知らない方も大歓迎!


日本酒って難しそうだなと感じている方。
興味があるけれど何から飲めばいいか解らないという方など・・・

疑問や不安を少しでも解消いたします。

散歩がてらお気軽にお立ち寄りいただければ有難いです。
出入り自由。予約不要。

■■当店からのお願い■■
飲み放題ではございません。試飲会の趣旨はあくまで『試飲』ですので、
一回にグラスに注ぐ量も多くありません。ご了承ください。

ご自身の体調に沿った『適度な飲酒』をお願いいたします。
心に余裕が無い方、健康状態が優れない方のご参加はご遠慮下さい。

会の運営に支障をきたす行為などがお客様にあると当店スタッフが判断した場合は残念ながら退店をお願いすることも御座います。ご了承ください。


『利益度外視』の運営です。
当日はサービスが行きわたらない場合も予想されますが、
その点はご理解をお願いいたしますm(__)m

■試飲会についてのお問い合わせはこちら→TEL042-383-1011(佐藤商店)


★二十歳未満の方の参加・飲酒は固くお断りいたします。
★お車を運転される方の参加・飲酒は固くお断りいたします。


この会の告知を全部載せたのは、私にとってはお初のお店なのですが、何となく店の方の誠実さが伺われる文面だったので、ま、外れはないだろうと乗り込むことにした訳でござる。

DSC_20171008 (14)
お店は昭和の感じの残る懐かしい感じの店構えでした。そうですね~、改築前の御徒町のふくはらさんのところに棚の感じとか似ていましたね。

500円を投じて試飲させていただく前に冷蔵庫の中なんか見てみましょう。
DSC_20171008 (19)

DSC_20171008 (20)

DSC_20171008 (21)

DSC_20171008 (22)

DSC_20171008 (23)
なるほど~。知らないのが2/3だけど、店主さんの気に入ったので並べてる感は分かりました。

では、店主さんのお母さんが勧めてくれた通り、相変わらずいい加減なコメントとともに1番から、いざ。

DSC_20171008 (13)
1番 山城屋・純米 秋あがり(越銘醸・新潟)

 酸味がいい。舌ざわりはスムースでべとつかない。

DSC_20171008 (15)
2番 天明・純米 槽しぼり(曙酒造・福島)

 やや甘い。粉砂糖の甘さ。苦味も少し感じる。お燗にしてみたい。

DSC_20171008 (17)
3番 白木久・純米 無濾過原酒(白杉酒造・京都)

 旨いな、これは。リストのコメントにある「食べても美味しい」は正解。

 結論から言うとこれが冷やでの今日イチでございました。甘味、酸味、苦味のバランス良し。美味しかった~!!

DSC_20171008 (24)
4番 なんじゃもんじゃ・純米無濾過原酒(寺田本家・千葉)
 
 酸っぱさの立つのが前面に出ているので、お燗にするのが面白いのかな?

 で、結論2つ目はお燗。お燗はこの4番に捧げます。美味しかったです。他のお酒が丸く小さくまとまってしまう中で、ボリューム感が更に増したところに一票です。

DSC_20171008 (25)
5番 梵・大吟醸(小澤酒造・東京)

 この梵はもう終売してるんですとの有難い言葉であったんだけど、ちょっと冷やしていたのが戻ったのか、今ひとつ上品なだけの印象を超えられませんでした。

DSC_20171008 (27)

DSC_20171008 (26)
6番 高千代・辛口純米 無濾過生原酒・秋あがり(高千代酒造・新潟)

 辛い。酸と苦味が粘った感じ。燗で花開くか?

 で、お燗にして出してもらうと全体が滑らか、まろやかになった気はするが、どこに特徴を求めていいか個性が弱まった感じがする。

DSC_20171008 (28)
7番 玉川・山廃仕込み本醸造 ひやおろし(木下酒造・京都)

 酸が少し立ちながら米の甘味が感じられる。そのままでいいかな。

 で、こちらもお燗にして出してもらうとまろやかになった気はするが、平均的なだけで、それがいいかどうかは分からないとさ。

DSC_20171008 (36)

DSC_20171008 (35)

DSC_20171008 (29)
8番 天吹・純米大吟醸(天吹酒造・佐賀)

 花酵母と解説にあったが、それでどう美味しいのか分からない。花酵母ファンの方、すみません。

DSC_20171008 (31)
9番 学校蔵3号生(尾畑酒造・佐渡島)

 美味しい。ストレスなくそう感じます。お燗はどうかな~。お燗は軽くなっちゃいました。

DSC_20171008 (32)
10番 本金・純米吟醸 雄町(本金酒造・長野)

 やや軽やかで飲みやすい。

DSC_20171008 (33)
11番 豊賀・純米吟醸 無濾過生原酒(高澤酒造・長野)

 少し酸っぱくて甘い。ジュースに近いか。

DSC_20171008 (37)
12番 寺田本家 木桶仕込(寺田本家・千葉)

 古酒のイメージ。でも気になる。味わい深い。

DSC_20171008 (39)
13番 玉川・特別純米(木下酒造・京都)

 寺田本家の後が災いして、味が薄い。残念。

DSC_20171008 (42)
番外 さざなみ・純米吟醸(麻原酒造・埼玉)

 すみません。メモ残しておりません。

DSC_20171008 (43)

DSC_20171008 (46)
最初、こちらへお邪魔する前は、ひやおろしとか秋あがりとか時期からしてもかなり多いんだろうな~と勝手に想像していたのですが(ちなみに季節もののお酒は自分の好みのものを見つけられない傾向がありまして...)、結構にいろいろなものを取り揃えて出してくれて、ホントに

皆様に自分好みのお酒を探してもらい、
日本酒シーズンを楽しむきっかけやヒントに
少しでもなれれば有難い! という企画です。


が大当たりのラインナップでした。特にお燗までやってくれたところは特筆すべきものがあります。久々でありがたかった~。

DSC_20171008 (45)

DSC_20171008 (54)
お暇するのは16時半で、滞留時間は1時間半ほどでしたが、よいリズムで飲ませてもらい感謝感謝です。

DSC_20171008 (55)
で、感謝の気持ちを自宅に引き継ぐべく、3倍の白木久がお持ち帰りと相成りました。おしまい。


にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村
  1. 2017/10/10(火) 22:17:52|
  2. 日本酒
  3. | コメント:0

最新記事

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (2)
日本酒 (110)
酒類全般 (144)
シングルモルト (102)
カクテル (15)
ワイン (134)
焼酎 (0)
ジン&ウォッカ&ラム&テキーラ&グラッパ (19)
地ビール&海外ビール (146)
シェリー&ポート&マデイラ (13)
イベント・インフォメーション (6)
料理教室で飲む (7)
今日のランドル君 (3)
シードル&カルバドス (5)
初めての店 (4)

プロフィール

toratora.nomuzo

Author:toratora.nomuzo
FC2ブログへようこそ!

Ripreに参加しています。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード