お酒のある風景

トラトラ・ノムゾーはシングルモルト、日本酒、ワイン、地ビール、シェリー、ラム、グラッパ等々焼酎以外の大抵のお酒は好きなので、おウチ酒の時にも外で飲んだ時の様子をアップしておけば、それを見てその場の雰囲気に戻れるかなぁとこのブログを作ってみました。

卯月の絵日記

DSC_20150409 (1)

DSC_20150409 (2)

CAI_20150412-1 (10)

CAI_20150412-1 (9)

CAI_20150412-2 (2)

CAI_20150412-2 (14)

CAI_20150412-2 (19)

CAI_20150412-2 (33)

CAI_20150412-2 (35)

CAI_20150412-2 (48)

DSC_20150414 (2)

DSC_20150414 (7)

DSC_20150414 (5)

DSC_20150414 (6)

CAI_20150421 (2)

CAI_20150421 (3)

DSC_20150423 (1)

DSC_20150423 (3)

DSC_20150423 (4)

CAI_20150422 (2)

CAI_20150422 (3)

DSC_20150427 (94)

DSC_20150427 (90)

DSC_20150427 (92)

DSC_20150427 (93)

CAI_20150428 (2)

CAI_20150428 (4)

CAI_20150429 (14)

CAI_20150429 (4)

CAI_20150429 (5)

CAI_20150429 (11)

CAI_20150429 (12)

CAI_20150429 (13)

CAI_20150430 (2)

CAI_20150430 (3)




にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村
  1. 2015/04/27(月) 23:00:16|
  2. 酒類全般
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

4月17日 オルカインターナショナル・Spring Bacchanal in ROTI六本木

DSC_20150417 (7)
3年振りにオルカインターナショナルの「Spring Bacchanal」に行ってきました。オルカのイベントとしても昨年8月の日本橋のイベント以来です。まったく、このポスターのように待ち遠しくて踊りだしたい気分でしたね。

DSC_20150417 (2)
手前のご遠慮下さいは駐車に関するアピールなんだが、ROTI六本木でのSpring Bacchanal、ああ、遠慮なんかしておられぬわぁ!!

DSC_20150417 (39)


DSC_20150417 (25)

DSC_20150417 (23)


DSC_20150417 (18)
メシが旨いROTIではありますが、この日は結構なお客さんの数で、まずは間口の広いワインの会場に陣取りオルカが押していた「ソーコル・ブロッサー」を端からいただくことに

DSC_20150417 (8)

DSC_20150417 (10)
泡はウェルカムでいただき

DSC_20150417 (9)
自分のチョイスはピノ・グリからです。以下、順に

DSC_20150417 (11)
スタンダードの白

DSC_20150417 (16)
ピノ・ノワールのお高めのやつ

DSC_20150417 (13)
リーズナブルなピノ・ノワール

DSC_20150417 (12)
スタンダードの赤

の他にあと2本のピノ・ノワールがあり、ちょっとピノ・グリが期待ハズレで、スタンダードの白に1等賞をあげました。

DSC_20150417 (26)
外は雨が降ってきちゃったけど、周囲のワインへの熱気が冷めることはありません。

DSC_20150417 (41)

DSC_20150417 (44)
リラックスして

DSC_20150417 (55)
楽しめてるよね。

DSC_20150417 (60)
私もこの日の友達と会話が弾んでご機嫌さ。

DSC_20150417 (76)
生演奏まで、痛み入りますってなもんだ。


この日は最初に紹介したスペシャルゲストのワイナリー(ソーコル・ブロッサー)以外にもオルカの商品33種類のワインが並んでいて、後から

これはええんでないの!!

と思えたものは

DSC_20150417 (48)
ハウスワインのフィッシュハウス(白)に

DSC_20150417 (59)
チャールズスミスワインズのカンフーガール・リースリング(白)だ。

白は好きだけど赤で発見することが多い最近の傾向とは異なり、リーズナブルな白に多く軍配が上がった1日でした。


DSC_20150417 (69)
右の彼がソーコル・ブロッサーのアレックス君ね。

DSC_20150417 (36)
宴は続き

DSC_20150417 (81)
いつしか雨も上がって

DSC_20150417 (85)

DSC_20150417 (90)
帰る途中で、どうにもこうにもお腹が減って(混んでたのとおしゃべりとで、最初のローストビーフ以外ほとんどミールを食べなかった)、途中渋谷の東急の駅ビルで天ぷらそばを食べて帰りました。次回はきっと食べてから飲んでやるぜ~!いい夢みろよ。



※開催データ

■開催日時 4月17日 午後7時~

■開催場所 ROTI六本木

■会費 7,500円(前売り)

にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村
  1. 2015/04/25(土) 14:39:46|
  2. ワイン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

4月11日 造りを知ればより美味しい☆御殿場高原ビール

DSC_20150411 (1)
東京駅丸の内口のこの日の天候は曇り時々雨。まぁビール工場の見学なんで、屋内だから気にしない。

DSC_20150411 (2)
バスを仕立ててくれるなんて恐縮しちゃうよ。バスに乗ってからの説明では料金の3500円は現地での飲み放題のお金で、これは併設のレストランと同じ価格。料理は勝手に自腹でオーダーしてねということなので、東京から往復させてもらった私は、往復の足代とこの日の工場見学(定期的にはやっていないそうで、そんな意味でも希少性はあるかな)が

タダ

という仕組みだ。東京から御殿場へ行くだけでも結構な費用だが、東名高速の御殿場インターから20分くらい走ったので、タクシーで駅から行ってもそれだけでもバカにならない。ありがとう御殿場高原ビールさん!!

DSC_20150411 (7)
霞が関から首都高に乗り

DSC_20150411 (8)
海老名サービスエリアを経て

DSC_20150411 (14)
桜が満開の御殿場へ連れてきていただきました。

DSC_20150411 (16)
菜の花畑を左手に

DSC_20150411 (22)
御殿場高原ビール営業部長さんの待つ駐車場へ

DSC_20150411 (258)
ビール工場だけでなく、複合リゾート施設として開発されたようで、グラウンドや日帰り温泉施設など、結構な規模が見てとれます。

DSC_20150411 (26)
さ、桜のトンネルを抜けて酔っ払いに行きましょう。

DSC_20150411 (30)

DSC_20150411 (34)
こ、この鳥さんにはなんとリアクションを取ってよいやら、皆???でした。

DSC_20150411 (36)
もうちょっとで御殿場高原ビールの世界だぁ。

DSC_20150411 (38)
ごぉぉ~るいぃんっ!!!

DSC_20150411 (40)
どんな味かはビアフェスで目鼻はついているんだけど、やはりお酒は作られるその地で飲むのがベストだという信仰心は私にも根強くあります。

DSC_20150411 (39)
これがバーレイネクターかい。バスの中で一通りの説明は受けて、ちょっと楽しみにしてたんだ。

DSC_20150411 (42)
では、いざ参戦。

DSC_20150411 (49)
結構な広さだね~。銀座7丁目のライオンビアホールの2倍くらいの広さかな?

DSC_20150411 (48)
3時間半の飲み放題=参加費3500円の時間の中で工場見学もするので、見学はいいから飲みたいって方はどうぞそのまま飲んでていただいても結構です。

そんな説明は受けてはいたが、めったに入れない工場見学をふいにするノムゾーではない。そう、私の場合はミルゾー、ノムゾー君なのだから。飲むだけが芸じゃないんだぜぃっと早速ちょっとの休憩時間の間に頼みましたバーレイネクター。う、う、旨い!!!

DSC_20150411 (51)
限定ビールをスッといただいて、空きっ腹じゃやられちゃうかなとピクルスをオーダーし、お次はヴァイツェンボックを。高アルコールがいいパンチです。

DSC_20150411 (56)
あ、ジョッキじゃないと300mlなのか。

DSC_20150411 (54)
お次はヴァイツェン。そういえば河口湖の富士桜高原もおおよそこうしたラインナップだったと思うが、気候的にアドバンテージがあるからでしょうか。

DSC_20150411 (61)

DSC_20150411 (63)


DSC_20150411 (66)
では、お待ちかね工場見学です。見学開始までに3種類は制覇したので、多少時間がかかっても全種類制覇は目前さ。

DSC_20150411 (69)
次回また行くときにこの写真を記録しておいてどれだけカウントが上がったか確認しないとね。

DSC_20150411 (75)
最初に釜が客席から見えるところにあるのでこの写真が最初ですが、説明はもうちょっと先の工程から先の組と入れ違うように行われました。

DSC_20150411 (80)
さ、触りたい。

DSC_20150411 (83)
こちらですよ~と言われて向かった先は

DSC_20150411 (89)
充填室でした。

DSC_20150411 (91)
サイズの違う容器をこなすことができるそうですが、自動の箱詰めはもとより長いラインではないので、前後は手作業。これはこれで大変だそうです。

DSC_20150411 (94)

DSC_20150411 (110)
醗酵室を抜けて次に向かうは

DSC_20150411 (116)
麦芽の粉砕室でした。

DSC_20150411 (115)

DSC_20150411 (118)
ここでは麦芽とホップのサンプルも用意されていました。ホップはペレットしか使用していないようです。

DSC_20150411 (119)

DSC_20150411 (123)

DSC_20150411 (124)

DSC_20150411 (133)
マッシュタンとロイタータンクの場所に戻ってきました。ブルワーさんはこんな風に袋を担いで持ち上げてねっと話していたんでしょうか?

DSC_20150411 (136)

DSC_20150411 (141)
甘い醗酵前の麦汁も飲ませてもらいました。

DSC_20150411 (143)

DSC_20150411 (149)
中は次の仕込みに備えてピッカピカです。

DSC_20150411 (150)
う~ん、我慢我慢。

DSC_20150411 (156)
こっちですよ~。

DSC_20150411 (173)
こちらはケグに充填中です。

DSC_20150411 (176)
で、最後は醗酵・熟成のエリアです。やっぱりここでビールとして仕上がっていくとなると、糖化・濾過の釜のところと違い静かですが、やはりわくわくしますね、個人的には。

DSC_20150411 (182)

DSC_20150411 (186)

DSC_20150411 (191)

DSC_20150411 (200)

DSC_20150411 (213)
さぁ、見学も終わり、飲み放題メニューの再開です。

DSC_20150411 (229)
御殿場高原ビールといえば「これ」はこれでしょうねぇ。ビアフェスでも目を引きますし。何杯でも飲める飲みやすさも捨てがたい。

DSC_20150411 (230)
つまみも豪勢にしちゃいました。

DSC_20150411 (232)
次はピルス。地元ではこれが一番人気だそうです。

DSC_20150411 (245)
シュバルツ。これがこの日の発見といっていいでしょう。飲みやすい黒ビールにはなかなか出会いませんが、こいつぁ旨かった。

DSC_20150411 (249)
音楽もあり

DSC_20150411 (250)
醸造長さんのお出ましもあり

DSC_20150411 (260)
ご機嫌ないい思いを胸に満足して夜の東名を東京へと送っていただきました。

【開催データ】

イベントの種類 educate
開催日時 2015/4/11 (土)
募集人数 40名程度(バスの定員は40名)
参加費用 税込3500円
開催店舗 御殿場高原ビール
開催住所 静岡県御殿場市神山719
アクセス ・JR御殿場線岩波駅からタクシーで約5分 ・JR御殿場線御殿場駅から無料シャトルバスで約25分 ・JR東海道線三島駅から約40分 (東京駅発のバスを用意しますので、ご希望の方はお申込時にお申し出ください)
禁煙/喫煙 禁煙
予約 予約必要
予約方法 電話
公式ページ http://gkb.co.jp/
主催団体 御殿場高原ビール株式会社

にほんブログ村 酒ブログ 海外ビール・地ビールへ
にほんブログ村
  1. 2015/04/20(月) 00:14:32|
  2. 地ビール&海外ビール
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

4月5日 Brunch&Brewery Tour @ Hamamatsucho & DC Brewery!!

DSC_20150405-1 (3)
別にモノレールから羽田へ向かう訳じゃない。以前なら芝浦の鈴木さんのところへ向かうのはここから東芝の前を通ってというのが常だったが、これからは新しいルートとして今日がその第一歩となるんだかならないんだか???どうなんでしょ~う。

DSC_20150405-1 (6)
金杉橋方面へのS5階段を下りて線路沿いに道なりに

DSC_20150405-1 (8)
デビルクラフト浜松町店はありました。


DSC_20150405-1 (9)
クラフトビール東京のポスターがあり、この日のBrewery Tourの他にもイベントを組むなど、結構このお店は頑張ってやってらっしゃるようでした。

DSC_20150405-1 (19)
ツアーに関係ないお客さんも多く、席が8割がた埋まっているのは驚きです。日曜日のお昼ですよ。近所のタワーマンションの住人さんなんでしょうかって一団もいらっしゃいましたね。

DSC_20150405-1 (17)
ツアーの料金はフードが含まれていましたが、飲み物はフリーでのオーダー制だったんで

DSC_20150405-1 (16)
ラグニタスの「ニュードクウタウンペールエール」とチョイスです。うまそ~!!!

DSC_20150405-1 (21)
出てきたフードもうまそ~!!!

DSC_20150405-1 (24)
旨いフードでお酒が進み次はマウイ・ブルーイングのブラックロックラガー。

DSC_20150405-1 (25)
ラガーというだけあって、軽めのテイストがナイスでした。

DSC_20150405-1 (34)
車がきたようです。

DSC_20150405-1 (35)
ワゴンタクシーなのか。初めてだな~。これで大井町のデビルクラフトの建設中のBreweryへ。

DSC_20150405-1 (36)
乗り心地よかですばい。

DSC_20150405-1 (37)
大井町の現地につくと、え?あなたは...?

DSC_20150405-1 (39)
近くに仲間ができるのが嬉しくってとおっしゃってられました。

DSC_20150405-1 (40)
マイクさんの流暢な日本語での解説がありがたい。

DSC_20150405-1 (41)
やっぱりいろいろ気になるのね。

DSC_20150405-1 (43)
1階は醗酵・熟成タンクなどのエリアとなり、2階で糖化、煮沸の過程をこなすんだとか。

DSC_20150405-1 (45)
まだまだ準備段階のものがそこここに。

DSC_20150405-1 (46)
ご近所さんの彼の話しでは、創業時からある程度までしか感じない匂いがあるんだと言っていました。稼働が軌道にのり新たな匂いに塗りつぶされてしまうんで感じなくなってしまう匂いなんだとか。

追体験にご機嫌のようです。

DSC_20150405-1 (48)
2階はまだまだこれからのようです~ね。

DSC_20150405-1 (58)
ドリンクも用意されていたので、

DSC_20150405-1 (59)
ワンコイン投じていただきました。

DSC_20150405-1 (60)
ご厚意で3階の居住スペースも見せてもらうことに。

DSC_20150405-1 (64)

DSC_20150405-1 (65)

DSC_20150405-1 (66)
なんか新婚さんの新居のお披露目会モードでビールそっちのけな雰囲気のひと時でした。

DSC_20150405-1 (68)
一番上のバルコニーからの景色でここがどこいらへんか分かるとよいのですが。クリーム色のビルが第一三共製薬の研究所で、大崎から品川への山手線に乗ると、南側に見えてくるもので、その先にちょんちょんと覗く高いビルが大崎の再開発でできた明電舎やソニーのある大崎駅西口あたりとなります。

DSC_20150405-1 (71)
この後は屋上まで見せてもらえることに。

DSC_20150405-1 (75)

DSC_20150405-1 (76)

DSC_20150405-1 (93)
2階まで戻ってきて、浜松町までもどるタクシー待ちで

DSC_20150405-1 (88)
ポップコーンをつまみに

DSC_20150405-1 (83)
また飲みましょう。

DSC_20150405-1 (86)
2階から眺めるお向かいさんはこんな感じ。中小の工業地帯ですね。

DSC_20150405-1 (85)
道に向かってリフト(500kgは上げられるそうです)で麦芽を搬入できるからここで糖化・煮沸の行程を行い、パイプで醗酵・熟成の1階へ落としていく目論見が成り立つんだとか。

DSC_20150405-1 (87)
私を含めて、タクシーで浜松町へは戻らずここで飲み続ける猛者だけが残りました。

DSC_20150405-1 (102)
まだまだ飲むよ。

DSC_20150405-1 (107)
ワイワイガヤガヤ、ワイワイガヤガヤ。

DSC_20150405-1 (112)
でも後続のツアーの方がいらして、説明のためにブルワリーツアーの解説で忙しいこともあり、そろそろ失礼を。


DSC_20150405-1 (116)
大崎まではそんなに難しくないよ、と言われたのを鵜呑みにして

DSC_20150405-1 (117)
いざ、帰宅の途へ。

DSC_20150405-1 (119)

DSC_20150405-1 (120)

DSC_20150405-1 (121)

DSC_20150405-1 (126)

DSC_20150405-1 (127)

DSC_20150405-1 (131)
ここいらへんへ来て、やっと見通しがつきました。20分弱の行程。こんど行くときは反対の道を行けるかな~?

【開催データ】

開催日時
4月5日(日)

募集人数 30名
参加費用
1500円

開催店舗 デビルクラフト浜松町店及びデビルクラフトブルワリー
開催住所 105-0013東京都港区浜松町2-13-12ライズウェルビル1F
アクセス
JR浜松町駅南口改札から徒歩2分。金杉橋出口を出て左方向線路沿いを直進。突き当りを右折すぐ!

禁煙/喫煙 禁煙


にほんブログ村 酒ブログ 海外ビール・地ビールへ
にほんブログ村
  1. 2015/04/19(日) 09:10:24|
  2. 地ビール&海外ビール
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

4月3日 東京ビアウィーク2015キックオフイベント

お話しが前後しましたが、

東京ビアウィーク2015キックオフイベント

に、不肖ノムゾー参加してきました。人の話しを聞くよりさっさと飲んでいましたので、基本絵日記調で失礼します。
DSC_20150403 (3)
こっちに浮気する気はないが

DSC_20150403 (5)

DSC_20150403 (6)
会場につく前に寄り道して4月8日のイベントのチケットを購入し

DSC_20150403 (10)
少々予定より遅れて到着です。

DSC_20150403 (11)
フードのブースです。熱気むんむん。

DSC_20150403 (12)
翻って会場はこれからのご出陣をまつようにこの時点ではまだまだ余裕ですが

DSC_20150403 (13)
業界の人や

DSC_20150403 (14)
「ビア鍋」のチラシを配るyesな人など、多士済々です。

DSC_20150403 (68)

DSC_20150403 (69)


DSC_20150403 (70)

DSC_20150403 (15)
最初に目についたのがこのブース。最初は伊勢角のはるはるさんのことを思い出したのですが、手を出したのは浮気をして

DSC_20150403 (28)

DSC_20150403 (29)
お隣さんの英国のビンテージエール「フラー」を飲みました。2012年物が美味しかったです。

DSC_20150403 (22)
乾杯に続き

DSC_20150403 (32)
キリンさんのところのスプリングバレーも参戦されて熱心に説明していらっしゃいました。

DSC_20150403 (33)
サンクトガーレンと常陸野があったので

DSC_20150403 (37)
まずは常陸野ネストのシングルモルトバレルをいただきます。

DSC_20150403 (47)
だんだんお客さんも多くなってきました。

DSC_20150403 (48)

DSC_20150403 (54)
4杯目はこばつさんのところのドランクンセイラーを。美味しかったです。

DSC_20150403 (59)

DSC_20150403 (60)
上の階からみるとこんな感じ。

DSC_20150403 (62)

DSC_20150403 (72)
お次はサンクトガーレンの渋谷ビールとやらへ

DSC_20150403 (73)
マカ入りなのか...・オヤジ向けなのね。それとも渋谷に集う若者は疲れているって意味なのかしら?味はマカのイメージよろしく不味かったです。

DSC_20150403 (81)

DSC_20150403 (82)

DSC_20150403 (84)
6杯目は所沢ビールの燦々午後セゾンIPAを。なんかここらへんになると週末の疲れか美味しかったかどうか覚えていない。サンクトのマカの効き目もなかったらしい。

DSC_20150403 (85)

DSC_20150403 (106)
オープニングイベントはどこまで続くか分からなかったんだけど、こうして若手のスタッフが集合写真のために集まってきた頃合いをみて、お先に失礼しました。

昨年より倍増以上の広がりをみせる東京ビアウィーク。この時点でどれに参加するかは決めていて、結果として数が増えることはなかったのですが、行けない先のイベントもどう評価され次年度へ引き継がれるのか今後のイベントの中で顔見知りとのこのイベントに関する会話が楽しみです。


【開催データ】

■日時
4月3日(金) 15:00-21:00

■会場
THE ROOM DAIKANYAMA (ザ ルーム 代官山)
東京都渋谷区恵比寿西1-34-17 Za HOUSEビル3F,4F
Tel:03-5459-9571
theroomdaikanyama.com

■出品ビールラインナップ(一部)

・網走ビール/流氷ドラフト
・アイコンユーロパブ/フラーズヴィンテージエール(ボトル)
・いわて蔵/三陸牡蠣のスタウト
・伊勢角屋麦酒/東京ビアウィート(ボトル)
・うしとら/東京ビアウィーク・ペールエール
・FB.JAPAN/アノステーケブロンド”フレンチスタイル ビエール・ド・ギャルド”
・AQベボリューション/Revolution Brewing-Fist City
・AQベボリューション/Heretic Brewing-Evil Cousin IIPA
・オラホビール/インディア ウィート
・鬼伝説/”金鬼SSSペールエール シトラVer. TOKYO BEER WEEK 2015・仕様セッションペールエール”
・軽井沢高原ビール/アメリカンウィート
・木内酒造/バーボンバレル インペリアルスタウト
・木内酒造/ファルコナーズフライト
・KOBATSUトレーディング/ドランクンセイラー-IPA
・コエド/Red Rye IPA
・コエド/毬花-Marihana-
・御殿場高原ビール/霞桜
・サンクトガーレン/渋谷ビール~Energy~
・湘南ビール/セッションブラックセゾン
・志賀高原ビール/山伏 壱
・スワンレイク/ポーター
・スクーナー・エグザクト/Tokyo Beer Week Special Mild
・スプリングヴァレーブルワリー/496
・胎内高原ビール/シトラヴァイツェン
・所沢ビール/3355 (燦々午後)東京ビアウィーク限定 セッションIPA
・那須高原ビール/スコティッシュスタイルエール
・日本クラフトビール/Far Yeast 東京ブロンドExport
・富士桜高原麦酒/ラオホ
・ブルーマスター/あまおうノーブルスイート
・ヘリオス酒造/シークワーサーホワイトエール
・ベアードブルーイング/ライジングサンペールエール
・松江ビアへるん/ヴァイツェン
・ロコビア/Unite Red Ale -TBW2015-
・ワイマーケット/アメリカンセッションIPA
ほか

■料金

前売りチケット:1000円(ドリンク1杯付き)
当日チケット:1200円(ドリンク1杯付き)
ビール:¥500/1杯
フード : ¥500 /1枚 ¥1000/2枚

当日は混雑が予想されますので前売り券をお求めください。

にほんブログ村 酒ブログ 海外ビール・地ビールへ
にほんブログ村
  1. 2015/04/18(土) 21:29:02|
  2. 地ビール&海外ビール
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

お酒のある周辺 東京ビアウィーク2015特集 その2

お待たせしました。今回は

【4月11日】造りを知ればより美味しい☆御殿場高原ビール

御殿場ビールさんのお酒のある周辺です。デビルクラフトさんの時より機械が整然と並んでいたので、醸造工程のパズルを解ける人も多いんじゃないかな?では、どうぞ。

(デビルクラフトと御殿場高原ビールのちゃんとしたレポートはしばしお時間をくださいませ。)
DSC_20150411 (4)

DSC_20150411 (5)

DSC_20150411 (10)

DSC_20150411 (72)

DSC_20150411 (79)

DSC_20150411 (82)

DSC_20150411 (103)

DSC_20150411 (106)

DSC_20150411 (108)

DSC_20150411 (109)

DSC_20150411 (112)

DSC_20150411 (114)

DSC_20150411 (129)

DSC_20150411 (139)

DSC_20150411 (145)

DSC_20150411 (183)

DSC_20150411 (188)

DSC_20150411 (190)

DSC_20150411 (192)

DSC_20150411 (196)

DSC_20150411 (203)

DSC_20150411 (206)

DSC_20150411 (209)



にほんブログ村 酒ブログ 海外ビール・地ビールへ
にほんブログ村
  1. 2015/04/14(火) 21:00:39|
  2. 地ビール&海外ビール
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

お酒のある周辺 東京ビアウィーク2015特集 その1

今回の東京ビアウィーク2015は、沢山あるうち初期段階で告知のあった

・4月3日 オープニングイベント

・4月5日 浜松町デビルクラフトのブリュワリーツアー

・4月11日 御殿場高原ビール工場見学と飲み放題

の3つに絞って応募しました。


なので、写真をいっぱい撮ったのの中で人が写り込んでいないのものが多くあり、醸造工程の機械たちに敬意を表するつもりで「お酒のある周辺」シリーズとしてアップしてみることに。


で、デビルクラフトさんなどはまだまだ操業へ向けての準備段階なのを公開してくれたのと、御殿場高原ビールさんも説明のグループを二手に分けた関係上、醸造工程とリンクしない見学順となっているので、ジグソーパズルを考えるように、どの工程のものか想像してみてください。

今回はデビルクラフトさん。次回は御殿場高原ビールさんの順で。では、いきましょうか。

【4月5日】 Brunch&Brewery Tour @ Hamamatsucho & DC Brewery!!

DSC_20150405-1 (4)

DSC_20150405-1 (8)

DSC_20150405-1 (13)

DSC_20150405-1 (117)

DSC_20150405-1 (38)

DSC_20150405-1 (44)

DSC_20150405-1 (49)

DSC_20150405-1 (50)

DSC_20150405-1 (53)

DSC_20150405-1 (54)

DSC_20150405-1 (55)

DSC_20150405-1 (56)

DSC_20150405-1 (69)

DSC_20150405-1 (74)

DSC_20150405-1 (79)

DSC_20150405-1 (80)

DSC_20150405-1 (105)

にほんブログ村 酒ブログ 海外ビール・地ビールへ
にほんブログ村
  1. 2015/04/13(月) 21:37:38|
  2. 地ビール&海外ビール
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

4月8日 クエルボ・トラディショナル発売記念パーティー

この日もいくつかの東京ビアウィークのイベントが重なっていて私を悩ませたのですが、ライブ付きでカクテルと新発売のクルエボのフリードリンクならかなり強力なプロモーションなんだろうなと、

4月8日はテキーラの日

ってな具合のくさい台詞を言い訳に、会場のビルボード東京へと急ぎました。

DSC_20150408 (1)
東京ミッドタウンもだんだん通いなれてきたぜ~。

DSC_20150408 (2)

DSC_20150408 (3)
こんな寄り道もしつつ

DSC_20150408 (4)

DSC_20150408 (5)
ガレリアを通り抜けて、奥のエレベーターからビルボード東京へ向かうと


CAI_20150408 (46)
おやおや、おいおい死ぬなよ、スマホカメ。ソフトの起動を妨害されちゃったのかい?

他の人のを見まわしてみると、iphoneは問題なくカメラが撮れているし、バージョンは分からねどアンドロイド端末でもカメラが撮れているので、故障したのか会場側から通話規制と同じ感覚で妨害されているのか訳の分からないまま、でもガラケーの1630万画素のカメラくんは問題なく起動してくれたので、以下そちらのカメラさんに切り替えです。

DSC_20150408 (10)

DSC_20150408 (11)
ビルボード東京の3か所に分かれてカクテルサービスのブースが設けられていました。今日の目標10杯=会費5000円だから1杯500円見当でどうだ!って目論見は、はたして上手くいくのでしょうか?

CAI_20150408 (2)

CAI_20150408 (4)
最初は見た目の鮮やかさでアボガドスムージー・マルガリータを選びました。味はいいのですが、粘っこくって飲みずれ~。

CAI_20150408 (6)
アリーナのフロアへ。ちなみにブースの彼は蝋人形ではありません。たまたまね。

CAI_20150408 (7)

CAI_20150408 (9)
次に飲みましたるはマルガリータ・マルガリータ。う~ん、この系統(トマトジュース割)はウォッカベースのブラディマリーの方に軍配です。

CAI_20150408 (18)
そのお次はといいますと、フルーツの美味しそうな色合いに魅かれてフレッシュパンチ・マルガリータです。う~ん、今のうちから言っちゃおうかな。これがこの日のベスト3のうちのひとつです。美味しかったよ~。

CAI_20150408 (23)

CAI_20150408 (26)
それに続くはアプリコット・マルガリータ。こちらはベスト3には入れなかったが、フルーツいっぱい買いこめないしな~的視点で自分でつくるなら相当旨いっしょと思いました。好きな部類ですね。

CAI_20150408 (27)
いつの間にやらマリアッチもステージへ。

CAI_20150408 (30)
フレッシュパンチ・マルガリータも好評だ。

CAI_20150408 (31)
ストロベリー・マルガリータをいただきました。身体の中の血中アルコール濃度が上がってくると、こういう氷系のものは美味しいですね。

CAI_20150408 (32)

CAI_20150408 (35)
マンゴー・マルガリータと氷系が続いたので、ちょっとこの頃危険水域だったのかもしれません。いかんぜ、ピッチを落とさんと。

CAI_20150408 (36)
ここでスペシャルゲスト:Don Francisco Hajnal alfaro(Maestro Tequilero)のご登壇。なんでも父方の名前も母方の名前も組み入れたお名前なんだそうな。

CAI_20150408 (38)

CAI_20150408 (42)
じいさんの話しは長い(まぁ、プロモーションなのだから仕方ない)ので

CAI_20150408 (43)
1フロア上がって、ブルーアップル・マルガリータをいただきました。 

CAI_20150408 (45)
ビップ席には新製品1本ズボッみたいな光景が。

CAI_20150408 (44)
じいさん元気いいぜ。

CAI_20150408 (47)
で、じいさんのお話しの時間待ちで飲んだ2階のフロアのローズ・マルガリータ。彼がベスト3に見事入賞。酸味を効かせた味わいがちょっと派手派手しい色合いの割には美味しかった。意外だったで賞なわけさ。

CAI_20150408 (49)
お次はブルーミント・マルガリータ。9杯目まできたよ。我ながらよくやるよね。

CAI_20150408 (51)
マリアッチ君に元気を注入してもらい

CAI_20150408 (55)
スプリングブリーズ・マルガリータへ。記念すべき目標の10杯目であったけど、見た目での期待感の割にはちょっとハズレでした。

CAI_20150408 (61)

CAI_20150408 (62)
で、最後に当たりが現れてくれてサイコーだった。飾りの具は品切れだったけどピニャ・マルガリータ(自家製ココナッツミックスとマンゴーが入っている)がベスト3の最後の一角です。トロピカルフルーツ系とテキーラの相性の良さに驚いたで賞ってところでしょうか。

CAI_20150408 (63)

CAI_20150408 (65)
様々なライブがあり、盛り上がりましたが、個人的にはカクテルの飲み比べでお好みも見つけられたし、クロークが混むのはいやだなと、20分ほど早く早退しました。

この秋に例年のテキーラ・フェスタがあればまた来たいなと思わせる、4月にしては寒いけれど、熱い会場を後に家路につきました。お終い。


※開催データ

■開催日時 4月8日 18:30 OPEN 19:00~22:00

■開催場所 東京都港区赤坂9-7-4 東京ミッドタウン ガーデンテラス4F ビルボードライブ東京 

■会 費 会費:5000円 / Jose Cuervo & Cocktails:FREE
                 FOOD & ソフトドリンク:キャッシュオン

【LIVE】 ZEEBRA
     CHOZEN LEE from FIRE BALL
     Backing Band: HOME GROWN

【SELECTOR】 COJIE of MIGHTY CROWN
スペシャルゲスト:Don Francisco Hajnal alfaro(Maestro Tequilero)
MC:Malisa Dominguez

にほんブログ村 酒ブログ 洋酒へ
にほんブログ村
  1. 2015/04/12(日) 22:38:37|
  2. ラム&テキーラ&グラッパ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

4月6日 新宿御苑前 地酒セルフ角打ち・やまちゃん 花浴陽飲み放題祭

DSC_2087.jpg
うらぶれた・・・と言うには語弊があるかもしれないが、土地勘のない人には

こんなところのお店に来て大丈夫だろうか

と思いたくなるような立地でも

さすがやまちゃん、大丈夫!!!

とさっさと結論付けてしまいたくなるような「地酒セルフ角打ちやまちゃん」に、この日は埼玉の

花浴陽飲み放題祭

に、四谷三丁目にお店があった頃から数えて三度目のお邪魔をいたしました。

DSC_20150406 (70)

DSC_20150406 (71)

え?ここいらへんの時期は東京ビアウィークでビール漬けじゃなかったのかって?

いや、そちらもこなさないではなかったのですが、なにせ沢山すぎる選びきれないイベントの数に辟易してしまったのと、
DSC_20150406 (8)

花浴陽飲みホか~、悪くないなぁ

と、ビールで荒れた胃壁を地酒で洗うような節操のない行動をしてしまったノムゾーなのでした。(ビアウィーク関連は別途まとめてお伝えします、はい。)
DSC_20150406 (1)

ちょっと待ってられない日本酒好きのお兄さ~んとお姉さ~んに囲まれて、小生勿論待たずにさっさと(順番は守って)飲みました~。
DSC_20150406 (16)

花浴陽以外の冷蔵庫の80種類のお酒に少しでも到達できるかな???
DSC_20150406 (14)

さ、一番手は美山の大吟瓶囲無濾過生原酒。美味しかったよ~。バランスいいし香り抑えめサイコーさ。
DSC_20150406 (4)

二番手は美山の純吟のおりがらみ。旨い。やっぱ私は美山好き。
DSC_20150406 (5)

三番手は雄町純吟。ちと酸っぱい。
DSC_20150406 (6)

四番手は八反のおりがらみ。甘めでんな。
DSC_20150406 (7)

五番手は八反の大吟醸。旨い!!
DSC_20150406 (10)

手近なテーブルの最後は山田の純吟。はい、山田ですね、わかりました。
DSC_20150406 (11)


で、なんだかんだでぐい飲みで飲んだメモが20番目まであるので、おおよそ四合瓶の3/4は飲んだことになるんだろうか。

もちろん花浴陽オンリーではいくら美味しくても疲れちゃうんで、
DSC_20150406 (22)
こんなものとか

DSC_20150406 (24)
これも

DSC_20150406 (30)
あれも(花浴陽以外ではこの三芳菊が一番美味しかったな~。)

DSC_20150406 (35)
こちらも

DSC_20150406 (38)
この方も

DSC_20150406 (61)
さけ武蔵という酒米の純米大吟醸も旨かったぜ~

と、とても幸せな夜でした。

DSC_20150406 (51)
で、大勢の幸せは夜遅くまで続きましたとさ、お終い。


※開催データ

■開催日時 4月6日 午後6時半分~

■開催場所 新宿御苑前(新宿区新宿1丁目)やまちゃん

■会費 3500円

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村
  1. 2015/04/10(金) 22:43:14|
  2. 日本酒
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

4月3日(金) 東京ビアウィーク2015 開催!!!

DSC_20150403 (2)

DSC_20150403 (113)

DSC_20150403 (97)

DSC_20150403 (112)

先月以下のようなコメントでその開催を告知した東京ビアウィーク2015だが、

【以下、先月の記事】

東京ビアウィークの2015年版が、今年は

東京ビアウィーク2015

として4月3日より10日間、東京各地でイベントが行われるようです。


まだ、公式サイトにエントリーしているイベントはわずかですが、いずれ昨年のように増えていくことでしょう。私の胃袋はこの時期はビールのためだけに空けておこうと思います。皆さんもどうぞ、東京ビアウィーク2015にご期待下さい。


正直、イベントが爆発的に膨れ上がり、参加する側もこの収拾のつかなさ加減をどう切り分けてどれに参加すればいいのか、全くわかりません。皆さん個々にお楽しみになられることを祈っておりま~す。

にほんブログ村 酒ブログ 海外ビール・地ビールへ
にほんブログ村
  1. 2015/04/04(土) 20:06:46|
  2. 地ビール&海外ビール
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

最新記事

カレンダー

03 | 2015/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
日本酒 (105)
酒類全般 (97)
シングルモルト (92)
カクテル (14)
ワイン (95)
焼酎 (7)
ラム&テキーラ&グラッパ (12)
地ビール&海外ビール (121)
シェリー&ポート&マデイラ (11)
イベント・インフォメーション (21)
料理教室で飲む (6)
ジン (0)

プロフィール

Author:toratora.nomuzo
FC2ブログへようこそ!

Ripreに参加しています。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード