お酒のある風景

トラトラ・ノムゾーはシングルモルト、日本酒、ワイン、地ビール、シェリー、ラム、グラッパ等々焼酎以外の大抵のお酒は好きなので、おウチ酒の時にも外で飲んだ時の様子をアップしておけば、それを見てその場の雰囲気に戻れるかなぁとこのブログを作ってみました。

9月28日 知る、飲む、うまい! わかとりBAL 第3回 とっとりのワインはうまい!

知る、飲む、うまい! わかとりBAL

日本海と中国山地に囲まれた鳥取の地には、豊かな自然があふれています。鳥取の自然や風土、職人の技によって培われた酒や食の魅力を見て、聞いて、味わって下さい。

第1回 とっとりのビールはうまい! 世界一の大山Gビール

第2回 とっとりの日本酒はうまい! 鳥取生まれの酒米・強力!純米酒を飲み比べ

第3回 とっとりのワインはうまい! 鳥取の砂丘で育ったぶどうでつくられた北条ワイン
 鳥取といえば砂丘。県中部に広がる北条砂丘で育ったぶどうから仕込まれるのが、香り高い北条ワインです。国産ワインを扱う下北沢のワインカフェタンブランでは、北条ワインが人気のメニューとして、多くの人々を楽しませています。カフェオーナーの大場尚子さんから北条ワインの特徴や魅力についてお話をうかがいます。その後は、鳥取の食材を使った特別メニューとワインを楽しみましょう。
ゲスト/大場尚子さん(ワインカフェタンブランオーナー/ソムリエ)
日 時/2013年9月28日(土)17時
会 場/ワインカフェタンブラン(東京都世田谷区代沢4-41-7)
定 員/20人

【会費】各回それぞれ3,500円(飲食代込み)。



この告知を見て最初に目についたのは「大山Gビール」の方だったんだけど、時すでに遅く、これは終了していたので、次なる目標に気持ちが引っかかったのが第3回の「北条ワイン」だ。確かふくはら酒店さんのグレイスワインの会で、レクチャーしてくれた中央葡萄酒の方が

鳥取は結構なワインの生産量があります。

ってなことを教えてもらった覚えがあり、ちょっと期待してのこの日となりました。
CAI_20130928 (2)

CAI_20130928 (3)
あんまり詳しく聞かなかったけど、鳥取の若い方が中心となって運営されていたようです。

CAI_20130928 (10)
テーブルに並んだのは10種類。「おひとり様1本以上の勘定になりますので~」との仰せだが、人気不人気は別れちゃうんだろうな~。

CAI_20130928 (9)
お店のソムリエさんが北条ワインの写真を見せながら、ワインの醸造工程を説明してくれました。

CAI_20130928 (12)
杯が進むと店内の雰囲気も和やかに。

CAI_20130928 (13)
大山地鶏の料理もいっぱい出たんだぜぃ。

CAI_20130928 (17)
空き瓶もいっぱい出てきた。

CAI_20130928 (23)
結局、午後8時近くまで、お邪魔したことに。

CAI_20130928 (16)
この日の白の今日イチは「砂丘 白」(シャルドネ)です。樽の独特の香りが鼻に抜けるのが心地よかった。サントリーの登美の丘もそうですが、白に関して味わいは「薄い」っていうのは国産は共通なんでしょうか?

CAI_20130928 (20)
この日の赤の今日イチは「ヴィンテージ 赤」(メルロー)です。赤はある程度の飲みごたえがあり、満足です。


鳥取に行って飲むと、もっと美味しいんでしょうね。北条ワイン、なかなか良いワインでした。関係者の皆様、ありがとうございました。


にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村
  1. 2013/09/30(月) 22:31:04|
  2. ワイン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

9月20日 Dive to Wine Jingu-mae サザンクロスナイト~NZワインと牡蠣を楽しむ夜

南半球の大自然からの贈り物☆ NZワインとオイスターを楽しもう!
ワイン&オイスターイベント「サザンクロスナイト ~ニュージーランドワインと牡蠣を楽しむ夜~」を開催します。

オイスターメニューも各種ご用意、ワインは6種類プラスアルファを飲み放題でお楽しみください。当日はニュージーランドから、ブラッケンブルック・ヴィンヤードの笑顔がチャーミングなウルスラさんも来店、ニュージーランドワインの魅力を直接聞けちゃいます!

毎回人気の高いワイン&オイスターイベント、電話・メールでのお申込みも受け付けています。皆様のご参加、お待ちしています。

【日時】
9月20日(金)19:00-21:00 (18:45OPEN)

【参加費】
3900円(ニュージーランドワイン飲み放題、オイスターメニュー各種ご用意します)

【定員】
20名程度

【会場】
Dive to Wine Jingu-mae
東京都渋谷区神宮前3-1-21
03-6319-1915

※当日のお車や自転車などでのご来店はお控え下さい。
※参加は20歳以上の成人に限ります。



場所がお初のところだ。う~ん、こんな告知を見せられるとなんとな~く、良い?、かもしれない。かもしれなくなくても、会費が3900円だから「外れてちくしょー」ってな具合であっても、飲み放題だからヤケ酒代としては適正価格だなと思いエントリーしてやって来たです。ともかくワインが飲みたかった訳さ、分かるでしょ。

CAI_20130920 (4)

CAI_20130920 (3)

CAI_20130920 (2)
場所はね、店名は神宮前としているが、外苑前っすね。外苑西通りから10mほど引っ込んだところでお店を開いています。昔、昔、その昔、キースヘリングのイラストが大々的にペイントされていた建物のご近所さんでした。トシがバレるなぁ。

CAI_20130920 (7)

CAI_20130920 (6)
会が始まるとオイスターもバンバン出てくるし、近所の中華からの援軍もあるし、

CAI_20130920 (8)
最初はオーナーも来ているNZのワイナリー=ブラッケンブルック・ヴィンヤード中心でサーブされていたけれど、なんだかんだで他のNZのワイナリーも混ぜて15種類くらいいただきました。
個人的にはインヴィーヴォのソーヴィニヨン・ブランがNZのソーヴィニヨン・ブランっぽくない感じで発見だったし美味しかったですね。ブラッケンブルック・ヴィンヤードではゲヴァルツかな。なにしろ白好きの私としては満足できる種類の多さに、ありがたさいっぱいでした。

CAI_20130920 (9)

CAI_20130920 (10)
途中、外人のパフォーマーが現れ、思わず「これも仕込んであったらスゴイですね」と言ってしまったが、店とは赤の他人だったようです。

CAI_20130920 (14)

CAI_20130920 (16)
楽しい時間はあっという間に過ぎていき

CAI_20130920 (19)
私は1日ズレた仲秋の名月+1を見ながら帰宅の途につきました。店長さん、お店はまだ開店8ヶ月だそうですが、是非頑張って下さい!!


にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村
  1. 2013/09/26(木) 22:24:31|
  2. ワイン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

9月16日 ビアフェス横浜2013 (後半)

CAI_20130916 (31)
この写真が13時16分に会場入り口方向を撮影したものだ。前半でご紹介した会場の写真の時より少しくらいは人数が増えたかな?

さて、これからは会場の山下公園側(上の写真で左かな)のブースをご紹介していこう。ここからはブースも9月16日に撮影のものです。

CAI_20130916 (13)
34番 盛田金しゃちビールさん。赤味噌ラガー、なかったね。

CAI_20130916 (14)
35番 ◆風の谷のビールさん。ナウシカじゃないよって手書きの看板はズルすぎます。

CAI_20130916 (16)
36番 ベアードブルーイングさん。中目黒しかタップルームは行ったことがないんだよね~、ゴメンしてね。

CAI_20130916 (17)
37番 御殿場高原ビールさん。ビジネス本でビールを中心とした観光開発の成功例を読んだんで、ちょっと感化されてます。

CAI_20130916 (18)
38番 志賀高原ビールさん。いつも御徒町のふくはら酒店でお酒の会が開催されるまでの間に1本飲んでます。

CAI_20130916 (19)
39番 南信州ビールさん。よっ!不動のアップルホップ!!

CAI_20130916 (20)
40番 ヤッホーブルーイングさん。2日目はバレルフカミダスに間に合わなかったぁ~。10月の赤坂直営店オープン、頑張ってね~。

CAI_20130916 (21)
41番 コナビール/ヴォヌさん。ブースはいつも見るんだけれど、しっかり飲みにいかなくってゴメンなさい。

CAI_20130916 (22)
42番 シルバーシティブリュワリー/ハウンダリーブリュワリーさん。お初で手がでなくって申し訳ない。

CAI_20130916 (24)
43番 ナガノトレーディングさん。今回は伺わなかったが、多分阿佐ヶ谷のビアバー「STONE」で取扱いの銘柄はちょくちょく飲んでいると思うです。

CAI_20130916 (25)
44番 ブルームーンさん。お初でしたが有名なんですね。みんな、いいと言っていました。

CAI_20130916 (26)
45番 AQベボリューションさん。3種類飲みましたが、こんど月末の阿佐ヶ谷のビアバー「STONE」で飲むので、それも楽しみです。

CAI_20130916 (79)
46番 THE CLET EXPERIENCEさん。すごい長い列で根負けしました。

CAI_20130916 (78)
47番 ブリュードック/ウィスク・イーさん。15日、16日ともにM木さんに敬意を表してパンクIPAでスタートしました。

CAI_20130916 (80)
48番 馨和KAGUAさん。ビアタイムズに記事が掲載されていたんだけれど、ここまで追いつかなくって残念。

CAI_20130916 (81)
49番 KOBATSUトレーディングさん。コバツさん、無事のご活躍なによりです。

CAI_20130916 (33)
50番 Jena GmbH.さん。ドイツ・オーストリアのビールをお取扱いだとか。まだそちら方面まで手が回りません。ごめんなさい。

CAI_20130916 (34)
51番 F.B.ジャパンさん。おフランスのビールなんですねぇ。そちら方面も手が回りません。ごめんなさい。

CAI_20130916 (35)
52番 バラデンさん。イタリアのビールなんですねぇ。桜上水のオカズデザインさんでも飲めるのかしら?

CAI_20130916 (36)
53番 タイベビールさん。パレスチナのビールですか。キリストの聖杯かなんかで飲むのかしら。良く分かってなくてすみません。

CAI_20130916 (37)
54番 LongSunBrewingさん。台湾初のクラフトビールだそうです。頑張ってほしい!


さてキリのいいところまできたので、あとは協会ブースと言われる混成軍団のブースをコメント無しでチャッチャッとご紹介しよう。

CAI_20130916 (48)

CAI_20130916 (49)

CAI_20130916 (50)

CAI_20130916 (51)

CAI_20130916 (52)

CAI_20130916 (53)

CAI_20130916 (54)

う~ん、ゲップが出るくらい、いっぱいのブルワーさんやらインポーターさんやらおられました。さすがにビアフェス、皆がありがたがって訪れる訳だ。グランビエールの1.5倍くらいいたような気がするよ。


で、今回のビアフェスに関するノムゾーのご報告は以下の2つです。

◆何が美味しかったか?

 これはですね~、普段ご縁のないブルワーさんを中心に(浮気もいっぱいしましたけど)味見して回りました。「◆」をつけたのがそのブルワーさんでんな。

 ◆田沢湖ビールさん。
 ◆那須高原ビールさん。
 ◆呑龍夢麦酒さん。
 ◆周山街道ビールさん。
 ◆京都一乗寺ブリュワリーさん。
 ◆出石城山ガーデンさん。
 ◆松江ビアへるんさん。
 ◆ニヘデビールさん。
 ◆足柄ハッピーモルトさん。
 ◆風の谷のビールさん。

これらのブルワーさんの出されているビールを一通り総なめにして、でもこの切り口ではピンとこないことが多かったです。先入観がよろしくないのかな~。このリストの中での ココイチ は

CAI_20130916 (77)
 ◆風の谷のビールさん。オーガニックビールでした。で、よくよく見たら

 (ノ)あれ、これ、オラッチェビールじゃん!

 (ブ)そうですよ、風の谷のビールはオラッチェビールです。

 (ノ)ええ~、俺、毎年このビール、人間ドックで泊まった病院でいつも飲むやつだ~!

どうも飲みなれたものに軍配を上げてしまったようです。


◆ボランティアをした感想は?

 大変なんだろうなと思っていましたが、そうではありませんでした。初対面の方達ばかりでしたし、やることも全て初めてのことばかり。でも、皆ビール好きでビールのことをやっているということが

ストレスフリー

に近い環境でした。もっと簡単に言うと、

飲まない飲み会のノリ

とでも言うのかな、毎日ビアフェス終了「大打ち上げ大会」が用意されているものの、それがなくても十分楽しく仕事ができたと思います。

ビール好きと集いたい

というのが、クラフトビール好きのボランティア熱の源泉なのかなぁと思いました。


さぁ、この横浜で今年のビアフェスは終わりました。皆さん、またどこかのビアバーやビアフェスでお会いしましたら、よろしくお願いします。



開催データ

日 時 :鵜   9月14日(土) 14時~18時(ラストオーダー17時45分)
       9月15日(日) 12時30分~16時30分(ラストオーダー16時15分)
       9月16日(祝) 12時30分~16時30分(ラストオーダー16時15分)
会 場 : 横浜港大さん橋ホール みなとみらい線「日本大通り駅」より徒歩10分
横浜市中区海岸通1-1-4
前売券 : 4,600円(税込)(6月13日~9月13日)

にほんブログ村 酒ブログ 海外ビール・地ビールへ
にほんブログ村
  1. 2013/09/23(月) 20:34:25|
  2. 地ビール&海外ビール
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

9月16日 ビアフェス横浜2013 (前半)

この日は前日に引き続き台風18号が関東襲来もあり得るとニュース報道が連呼し、事実京都などでは新設された気象予報の「特別警報」が早速お出ましとなるなど、

出かける???

って人は気がふれているんじゃないかってなぐらいの世間の視線をかいくぐりやってきました、2日目の横浜へ。この日は一般参加だよ~。

CAI_20130916 (8)
イベント会場へ向かっているのに人がほとんどおりません。

CAI_20130916 (9)
大桟橋側では海に落ちないようにと配慮がなされ、

CAI_20130916 (10)
看板くんは人ではないので放っておかれ、

CAI_20130916 (11)
ご覧のとおり雨は開場となるお昼頃にはほとんど降らず、風だけがハンパなく強いといったビアフェス3日目のスタートです。

CAI_20130916 (12)
なので、会場の総面積がグランビエール2フロアと同じくらいの大桟橋なのに人口密度は空き空きです。ラッキー!!!渋谷から鈍行しか走っていない東急電車に乗ってきたきた甲斐があったよ。


55を超えるブルワーやらインポーターやら全部紹介するにはカメラのバッテリーが心配だったので、前半の1~33番(会場の桜木町側)は9月15日のボランティアの際の休憩時間に撮影したでござるよ、ご了承をね。

CAI_20130915 (59)
1番 みちのく福島路ビールさん。フルーツビール有名やね~。
2番 猪苗代地ビールさんは、あれあれ??

CAI_20130915 (58)
3番 いわて蔵ビールさん。神田モルタンで飲ましてもろてからご無沙汰やね~。

CAI_20130915 (57)
4番 あくらビールさん。さくらウィート大好きです。

CAI_20130915 (56)
5番 ◆田沢湖ビールさん。今回4種類飲ましてもらいました。

CAI_20130915 (55)
6番 常陸野ネストビールさん。ニッポニア外せません!!

CAI_20130915 (54)
7番 シャトーカミヤさん。え、牛久ビール言うてたんちゃうんかな。

CAI_20130915 (52)
8番 ◆那須高原ビールさん。3種類いただきました。

CAI_20130915 (51)
9番 ◆呑龍夢麦酒さん。群馬県太田市ですか。初めてっす。

CAI_20130915 (50)
10番 こぶし花ビールさん。グランクリュ飲みたかったんだけど、忘れちゃった。

CAI_20130915 (49)
11番 コエドブルワリーさん。いろんな場所でお求めやすいブルワーさんで結構でおます。

CAI_20130915 (48)
12番 ティー・ワイ・ハーバーブルワリーさん。あえてお求めにくくしてるけど美味しいんだよね。

CAI_20130915 (47)
13番 ハーヴェスト・ムーンさん。ここに写っておらんけど、園田の姉さん、頑張って!

CAI_20130915 (46)
14番 富士桜高原麦酒さん。相変わらず分かり易い。いえいえ、旨いからいいんですよ。

CAI_20130915 (45)
15番 伊勢角屋麦酒さん。中部圏の名門なのに写真がブレてすみまっせん。

CAI_20130915 (44)
16番 ◆周山街道ビールさん。3種類いただきました。

CAI_20130915 (43)
17番 ◆京都一乗寺ブリュワリーさん。甘夏ビールいただきました。

CAI_20130915 (42)
18番 箕面ビールさん。ここに写っておらんけど、3姉妹頑張ってください。

CAI_20130915 (41)
19番 ◆出石城山ガーデンさん。こちらもお初。レア・ブルーベリー、なっかなかぁ~!

CAI_20130915 (40)
20番 大山Gビールさん。ヒデさんはじめ短めの頭は社内規則なんでしょうか?いいんですよ、美味しければ。

CAI_20130915 (39)
21番 ◆松江ビアへるんさん。今回、しっかり飲ませてもらいました。

CAI_20130915 (38)
22番 ブルーマスターさん。ボトルのラベルの絵が嫌でも目を引く、ポップなビール。

CAI_20130915 (37)
23番 宮崎ひでじビール株式会社さん。きんかんラガー、旨いっぃ!!

CAI_20130915 (33)
24番 ヘリオスクラフトビールさん。沖縄からおいでやす~ぅ。

CAI_20130915 (32)
25番 ◆ニヘデビールさん。
26番 箱根ビールさん。
27番 ◆足柄ハッピーモルトさん。
す、す、すみません。1枚に押し込めてしまったのしか残ってなくて。

CAI_20130915 (31)
28番 厚木ビール株式会社さん。また飲めると思って今回はお邪魔しませんでした。

CAI_20130915 (30)
29番 湘南ビールさん。日本酒・天青といっしょにお世話になってます。

CAI_20130915 (29)
30番 ブリマーブルーイングさん。昨年はブルワリー見学行ったよ~! 9月20日に南青山のブリマービアボックスに行ったら、月を眺めて飲もうと思ったのに店の人が居なくて飲めなかったよ~。

CAI_20130915 (27)
31番 ベイブルーイングヨコハマさん。ベイブルーイングさんは近いようで自分は良く分かってないので、今度別の機会にしっかり飲みたいと思います。

CAI_20130915 (26)
32番 横浜ビールさん。驛の食卓もご無沙汰だぁ~、行きたいな~。

CAI_20130915 (25)
33番 サンクトガーレンさん。原宿のOMOHARAビアガーデンお疲れ様でした~。


ひとつずつご紹介していると結構な量になったので、1度での掲載は諦めて、後半は会場の山下町側のブースをご紹介します。気長に待ってね。


開催データ

日 時 :   9月14日(土) 14時~18時(ラストオーダー17時45分)
       9月15日(日) 12時30分~16時30分(ラストオーダー16時15分)
       9月16日(祝) 12時30分~16時30分(ラストオーダー16時15分)
会 場 : 横浜港大さん橋ホール みなとみらい線「日本大通り駅」より徒歩10分
横浜市中区海岸通1-1-4
前売券 : 4,600円(税込)(6月13日~9月13日)

にほんブログ村 酒ブログ 海外ビール・地ビールへ
にほんブログ村
  1. 2013/09/22(日) 20:53:54|
  2. 地ビール&海外ビール
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

9月15日 ビアフェス横浜2013 ボランティアデビュー

CAI_20130915 (19)

CAI_20130915 (23)

CAI_20130915 (22)

CAI_20130915 (24)

CAI_20130915 (61)

CAI_20130915 (62)

CAI_20130915 (63)

CAI_20130915 (67)

CAI_20130915 (68)

CAI_20130915 (69)

CAI_20130915 (72)

CAI_20130915 (73)

CAI_20130915 (75)

CAI_20130915 (77)

CAI_20130915 (78)

CAI_20130915 (84)

CAI_20130915 (79)

CAI_20130915 (87)

CAI_20130915 (95)


開催データ

日 時 :   9月14日(土) 14時~18時(ラストオーダー17時45分)
       9月15日(日) 12時30分~16時30分(ラストオーダー16時15分)
9月16日(祝) 12時30分~16時30分(ラストオーダー16時15分)
会 場 : 横浜港大さん橋ホール みなとみらい線「日本大通り駅」より徒歩10分
横浜市中区海岸通1-1-4
前売券 : 4,600円(税込)(6月13日~9月13日)

にほんブログ村 酒ブログ 海外ビール・地ビールへ
にほんブログ村
  1. 2013/09/15(日) 22:28:24|
  2. 地ビール&海外ビール
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

9月14~16日 いざ横浜ビアフェス参戦

CAI_20130729 (31)
わたくし、フーテンの寅さんのようにあっちの会こっちの会とお酒の会に参上していますが、なんとクラフトビール好きなら必ず行くであろうビアフェスには、どこにもまだ一度も行ったことがございません。

理由はというとですね、端的に六本木のグランビエールの居心地の良さに比べ、激コミだという噂にひるんでいるだけなんですが。


で、今年はなんかいつもと違うひと捻りが欲しいなと思い、学生の時にキャンプのカウンセラーをやって以来の

ボランティア

を横浜ビアフェスでやってくることに決めました。なぜビール好きはイベントボランティア熱が他の酒好きに比べて異様に高いのか?私にとっての謎を体感しにまいります。3日の期間中1日はボランティアで、1日は一般参加者として大桟橋にいます。

3日間とも天候に恵まれて美味しいビールが飲めるといいですね~。

にほんブログ村 酒ブログ 海外ビール・地ビールへ
にほんブログ村
  1. 2013/09/09(月) 00:03:57|
  2. 地ビール&海外ビール
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

9月5日 MHD グランド モルト テイスティング 2013

CAI_20130905 (9)

CAI_20130905 (7)

CAI_20130905 (8)

CAI_20130905 (11)

CAI_20130905 (12)

CAI_20130905 (13)

CAI_20130905 (17)

CAI_20130905 (19)


※開催データ

■開催日時 9月5日 午後7時~

■開催場所 SHOT GALLERY(渋谷・松濤)

■会費 3,000円(前売り)


にほんブログ村 酒ブログ 洋酒へ
にほんブログ村
  1. 2013/09/06(金) 21:42:07|
  2. シングルモルト
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

9月1日 ブロガーイベント「登美の丘ワイナリー 技師長が語る 特別ワイナリーツアー2013 秋篇」 

9月を前にサントリーさんから登美の丘でのブロガーイベントへお招きをいただいていた。


告知から当選の報までの間に、お酒ネタのようなそうでないような

 ・第25回福生インターナショナルフェア
 ・THE-MASH-TUN-TOKYO マルスウイスキーと南信州ビールを楽しむ会
 ・第12回 若手の夜明け2013 in ベルサール原宿

など、いろいろとバッティングする悩みのネタがあり、中には前売りを買ってはいたものの、2回目にも関わらずお呼びいただいたのだからと、やはりありがたくお受けした。


前回は2年前

 11月3日 サントリーブロガーイベント 「登美の丘ワイナリー秋のぶどう収穫感謝祭 技師長が語る"日本ワイン"の魅力」 
 ・プロローグ
 ・はたらくおじさん・高谷技師長
 ・レストラン「ワインテラス」での昼食からぶどう畑へ
 ・ワイナリー見学から懇親会まで

など初めてのこともあっていくつもネタをご披露したが、今回は前回以上に技師長の詳細なコメントをそのままアップするぞと思っていたら、レコーダーの前のデーターを消し忘れて話しが半分も進まないうちに

メモリがいっぱいです。

のメッセージ。これではこちらの頭もいっぱいいっぱいで、2つのチャラいカメラでなんとか全編の画像は取り揃えたものの、最初の意気込みを埋め尽くすだけの情報量を手にすることができす、

こんな感じでした~

というレポートに落ち着かせざるをえなかった。申し訳ない!!!


【ということで、頭を垂れつつ前回の4本立てと異なり1本勝負でゆるゆるといこうぢゃないか】

CIMG 20130901 (33)
この日の式次第。

CAI_20130901 (111)
登美の丘ワイナリー 技師長とはこの方、高谷さんです。

CIMG 20130901 (16)
実物です。

CIMG 20130901 (29)
レストランとショップのあるエリアにまずは到着。

CIMG 20130901 (27)
日本海側の台風なんぞどく吹く風。

CIMG 20130901 (42)
まずはメシ。

CIMG 20130901 (51)
肉か魚にグラスワインがつきました。もちろん、サントリー株式会社おご馳走タイムに入ってます。

CIMG 20130901 (50)
先ほどより一段上のテラスから、更に夏の空を満喫。

CIMG 20130901 (52)
ノムゾーはワイン1杯では間が持てないので、ショップの無料試飲で3種類ほどいただくことに。

CIMG 20130901 (55)
では、お待ちかね「自家ぶどう園」へ参りましょう。

CAI_20130901 (4)
雨除け(白のビニール)があったり

CAI_20130901 (5)
無かったりと、畑もいろいろです。(2つとも垣根囲い。甲州なんかは棚囲いです。)

CAI_20130901 (14)
技師長を囲む我ら麦わら軍団。ワイナリーの皆さんからの日焼けへの心遣い、痛み入ります。

CAI_20130901 (17)
序盤から熱弁全開、高谷技師長。「皆さんが黙っていてもしゃべり続ける」との有言実行で、最後までスピーチがへたらないのは大したものだ。

CAI_20130901 (18)
彼のスピーチの一部を紹介すると、さぁ上の写真、手前は垣根にそったワイヤーが左から右(=傾斜に沿っている)に張られていて、ぶどうもそう伸びていくように準備されている。
片や、写真中段の雨除けの白のビニールの畑は左の坂の道に平行に垣根を伸ばしていっている。
成長や収量、品質などどう違ってくるかを水の流れの視点から、作業効率の視点から、それぞれ実地で試しているんだって。私らなんか、言ってくれなきゃ気がつかんよね、そんな事。仕事とは言え頭が下がるよ。

CAI_20130901 (20)
では、実際にぶどう畑へ降りていきましょう。

CAI_20130901 (23)
緑のネットは獣除けだそうです。私らブロガーも猛獣といい勝負ですが、許可付きということで。

CAI_20130901 (28)
枝や葉っぱはこんなふうに残して伸ばしてやるんですよ~、と高谷技師長。

CAI_20130901 (46)
成長の度合いが違うからと、ちょうど品種の切れ目の列に連れてきてもらった。こちらがメルロー。

CAI_20130901 (45)
こちらがカベルネ・ソーヴィニヨンだ。

CAI_20130901 (39)
甘いからともいでもらったメルローが回ってきた。

CAI_20130901 (40)
生食用ではないのに甘い、甘いね~。

CAI_20130901 (50)
さてさて、ここからは、醸造棟や熟成庫など、畑からワイナリーの機能のあるエリアへ移動した訳です。これはレクチャーコーナーの一角にある登美の丘のジオラマで、我々がどこを移動してきたかを復習しているところね。

CAI_20130901 (53)
次に訪れたキラキラしているところは、世間へのお披露目一週間とたたない新造設備の一般人初公開。

CAI_20130901 (54)
高級ブランド用の仕込みに注力するとのことだが、拙者ウィスキーの製造工程のポットスチルにはネックの角度がどうだと、よりクリーンで強烈なモルトが出来るだの出来ないだの、世間一般の「オタク」的知識は多々ある訳ですが、ワインの製造工程ではちょっと設備の外観を見ただけで出来栄えまでを占うには至らす、ここは後で回ってくるテイスティングを3年後、5年後に

あの時の新造設備の最初のロットを瓶詰したものを今日はお出しします。

なんていわれたら嬉しいだろうし、そこでの評価に委ねたいと思いました。

CAI_20130901 (71)
次に訪れたのは、従来からある既存の発酵工程のエリア。

CAI_20130901 (72)
この写真の右端にのぞき窓があるのが分かるだろうか。見学者は見学通路からこのタンクのみ覗くことができるのだが、生憎にもこのタンクが稼働していなかったので、技師長のブロガーの為にずんずんと手すりを越えて(一般の見学ルートの人はしてはいけません)頭上に気を付けながら奥のタンクへ遠征です。

CAI_20130901 (69)
中はこんな具合。よく分からんけど無濾過って感じですねぇ~。

CAI_20130901 (78)
次は熟成庫へ。

CAI_20130901 (82)
樽熟成。

CAI_20130901 (85)
瓶熟成。庫内は1本くらいくすねても分からなそうな暗さなのだが、ラベルがないので何をくすねたか分からないので意味がないのだ。

CAI_20130901 (95)
そこを抜けるとお待ちかねのテイスティングタイム。

CAI_20130901 (91)
リストによれば一番お値打ちなのは登美ノーブルドール1997(52,500円也)なのだが、

CAI_20130901 (96)
5杯あるぢゃないか!!!

CAI_20130901 (99)
これはまだシャトーリオンというブランドの時に登美の丘で作った1975年カベルネフランでした。枯れた味っつーのかな、若干紹興酒テイストが香りつつもへたり負けって訳じゃない年数の重みを感じさせる味でした。
なんだそれって、別に分かんなくていいんです。皆さんまず飲めないんだから言ったもん勝ちですよ、オホホ。

CAI_20130901 (103)
では、ワイナリーの醸造工程エリアにさよならして

CAI_20130901 (105)

CAI_20130901 (106)

CAI_20130901 (110)
ショップ・レストランエリアへカムバックです。蟒蛇爆発ってとこですか。


で、この後は、サントリー株式会社の方々と我々ブロガーの懇親会となる訳ですが、そんな他人が飲んだくれているところを見ても楽しくはないでしょうから、ちょうどこの日の前日になにやら日本ワインの賞をお取りになったという懇親会にご提供いただいたボトルの写真をご披露して(すみません、あと受賞製品とは別に5種類も出してもらいました)

ちきしょう!次回は俺が行ってやる~ぅ!

という意欲の糧にしていただければ幸いです。
CAI_20130901 (126)

CAI_20130901 (127)

CAI_20130901 (128)

【余談1】
サントピのまるさんが「かわいいですよね~!」と教えてくれたコルクをベースにした動物たち。ちょっと魅せられてしまって3つ買ったので私の勝ちだ、ってそんなことで競ってどうすんだい?!
CAI_20130901-1.jpg

【余談2】
登美の丘ではこの秋も「技師長が語る 特別ワイナリーツアー2013秋篇「プレミアムコース」(有料)」というのをやっている。もし間に合うようなら是非参加されることをお勧めする。畑の話しからテイスティング(5杯目は保証しないが)あたりまでは同レベルのものを感じ取れるでしょう。レッツ甲府~ふぅ!!




にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村
  1. 2013/09/05(木) 22:56:10|
  2. ワイン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

8月30日 ニューオータニホテルズ・カクテルコンペティション 2013

CAI_20130830 (6)
この週の前の日曜日に自分の乗った高速バスがオカマを掘って1時間も現場で救援のバスの待ちぼうけを喰わされて以来、ダウンバーストが吹いたりやんだりの生活であったのですが、都合良くこんな保険が効いてくるとは思ってもみなかった。


1ヶ月以上前にネットで予約しておいた、昨年の私の中のベスト5イベントに入る

ニューオータニホテルズ・カクテルコンペティション 2013

に今年は更なる浮揚感を期待して勇んで来たという訳さ。さぁ、みんなで楽しく飲むぞ~!っと。



ニューオータニの告知コメントには

グループホテルの予選を勝ち抜いたバーテンダーが、一堂に会する決勝の舞台!お客さま全員が審査員となり、優勝カクテルを決定する参加型のコンペティションです。選手の情熱が込められたカクテルと、ホテル自慢の料理やデザートに舌鼓を打ちながら、年に一度のバーテンダーの祭典をお楽しみください。ホテルオリジナルのプレゼントが当たる抽選会や、料飲メーカーがおすすめする商品をチェックできるブースもご用意しております。

と、1等賞は総選挙結果というAKBスタイル。それが本筋としていいかどうかはともかく、昨年はかなりの会場の盛り上がりだった。

CAI_20130830 (16)

CAI_20130830 (18)

CAI_20130830 (13)


では、出場選手を順にご紹介!!

CAI_20130830 (22)
1番=ホテルニューオータニイン札幌・藤田豊さん「ダンシングハーブ」(スパークリングワインベース)。

CAI_20130830 (23)
2番=ホテルニューオータニ東京・佐藤貴恵さん「トリニティ」(梅酒ベース)。

CAI_20130830 (24)
3番=ホテルニューオータニ長岡・半藤学さん「フシオンカフェ」(テキーラベース)。

CAI_20130830 (25)
4番=ホテルニューオータニ博多・下村清貴さん「ロイヤルホープ」(アールグレーティーリキュールベース)。

CAI_20130830 (26)
5番=ホテルニューオータニ幕張・石川阿友美さん「新夏」(杏露酒ベース)。

CAI_20130830 (27)
6番=ホテルニューオータニ長富宮(北京)・房偉さん「シルクロード」(白ワインベース)。

CAI_20130830 (28)
7番=ニューオータニイン横浜・岡庭葉子さん「ミチ」(生すだち酒ベース)。

CAI_20130830 (30)
8番=ホテルニューオータニ東京・坂口拓也さん「歩の花」(白ワインベース)。

CAI_20130830 (31)
9番=ホテルニューオータニ鳥取・山根翼さん「光」(日本酒ベース)

CAI_20130830 (32)
10番=ニューオータニイン東京・中村はるかさん「マカナ」(ピーチネクターベース)。

CAI_20130830 (33)
11番=ホテルニューオータニ大阪・高島政勲さん「ブラックインパクト」(アサヒスーパードライベース)。

CAI_20130830 (34)
12番=ホテルニューオータニ熊本・村上弘樹さん「ドリームモンスター」(ウィスキーベース)。

CAI_20130830 (35)
13番=ホテルニューオータニ東京・松岡翠さん「イットガール」(赤ワインベース)。

CAI_20130830 (36)
14番=ホテルニューオータニ博多・中川京介さん「ファインモーション」(ポートワインベース)。

CAI_20130830 (37)
15番=山形グランドホテル・平山孔三さん「ヒストリー」(韓国焼酎=チャミスルベース)

CAI_20130830 (38)
16番=ホテルニューオータニ長岡・鈴木美紀さん「クリステル」(ピブノティック=フランス製リキュールベース)。

CAI_20130830 (39)
17番=ホテルニューオータニ東京・櫻井拓也さん「ヌエボムンド」(パッソア=パッションフルーツリキュールベース)。

CAI_20130830 (40)
18番=ホテルニューオータニ高岡・高田浩平さん「セカンドライン」(マンゴージュレ酒ベース)。

CAI_20130830 (41)
19番=ホテルニューオータニ幕張・舩橋麻実さん「エデンズベリー」(ルジェクレームドフランボアーズベース)。

CAI_20130830 (42)
20番=NASPAニューオータニ・志賀宏明さん「フィースト」(ベリアサイフレーバーウォッカベース)。

CAI_20130830 (43)
21番=ホテルニューオータニ大阪・花田知樹さん「カリビアンシー」(ラムベース)。


CAI_20130830 (60)
会場入り口付近にはこのように作品が陳列されていて、昨年は作品中心だったので、今年は出場選手中心にご紹介した訳だ。



2つのブースに10~11名の選手が陣取って直接作ってサービスしてくれるのは、HBAの創作カクテルコンペティションとは大きく異なるし、お客様が選挙人であり出されたプラカップのを飲んだ印象でほぼ全て決まるので、選手は気の抜けない1時間15分というところだろうか。

で、私の飲んだ経過だが、グループの全員で先攻後攻を決めてテーブルを死守することとし、比較的空いたところで両ブースを回ることができました。

最初に10杯は6番の口開けの1杯の「シルクロード」がブルーキュラソー嫌いの私には意外なほどに美味しく感じたものの、残念ながら以後コークスクリュージェットコースターの甘すぎ、薄すぎ、トンチンカンでございました。
でも、なんだかんだと21杯飲み終えまして、とりあえずベスト3まで絞り込み、今度は再度ブースにもらいにいって確かめました。

ホイ、ノムゾーのニューオータニホテルズ・カクテルコンペティション 2013の第3位は

20番=NASPAニューオータニ・志賀宏明さん「フィースト」
CAI_20130830 (48)

第2位は

19番=ホテルニューオータニ幕張・舩橋麻実さん「エデンズベリー」
CAI_20130830 (47)

第1位は

16番=ホテルニューオータニ長岡・鈴木美紀さん「クリステル」
CAI_20130830 (45)
CAI_20130830 (46)

3つに共通する印象はパンチ(甘さも含めて総合的なバランス)が強かったことで、甘さのベタ付き感のそぎ落とし順に順位を決めました。


でもね、昨年は1位2位ドンピシャで当てたのですが、会場審査員の総意は私とは違い、こ~んな感じです。

3位 ⇒ 4番=ホテルニューオータニ博多・下村清貴さん「ロイヤルホープ」
2位 ⇒ 10番=ニューオータニイン東京・中村はるかさん「マカナ」
1位 ⇒ 13番=ホテルニューオータニ東京・松岡翠さん「イットガール」

ぜ~んぜん違うじゃん。まぁいいんですよ、好きで美味しければ他人のことなんて。

CAI_20130830 (69)

そこのあなたも指を咥えて見てないで、来年は会場で直接頑張るバーテンダーさんの作品を味わってみてはいかがでしょうか。では、最後に総選挙ご当選の3人の作品で今年はお別れです。アスタルエゴ~。

CAI_20130830 (76)

CAI_20130830 (75)

CAI_20130830 (74)



■日時 8月30日 19:00~21:30

■場所 ホテルニューオータニ/1階 宴会場「芙蓉の間」

■入場料 :¥6,000(前売)

にほんブログ村 酒ブログ 洋酒へ
にほんブログ村
  1. 2013/09/03(火) 21:26:16|
  2. カクテル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

最新記事

カレンダー

08 | 2013/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
日本酒 (107)
酒類全般 (106)
シングルモルト (96)
カクテル (15)
ワイン (105)
焼酎 (7)
ラム&テキーラ&グラッパ (13)
地ビール&海外ビール (132)
シェリー&ポート&マデイラ (11)
イベント・インフォメーション (39)
料理教室で飲む (7)
今日のランドル君 (2)
シードル&カルバドス (1)

プロフィール

toratora.nomuzo

Author:toratora.nomuzo
FC2ブログへようこそ!

Ripreに参加しています。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード