お酒のある風景

トラトラ・ノムゾーはシングルモルト、日本酒、ワイン、地ビール、シェリー、ラム、グラッパ等々焼酎以外の大抵のお酒は好きなので、おウチ酒の時にも外で飲んだ時の様子をアップしておけば、それを見てその場の雰囲気に戻れるかなぁとこのブログを作ってみました。

1月24日 スコッチ文化研究所 究極のモルトマラソン 第1回目

年が明けたある日のこと、加入しているスコッチ文化研究所のサイトを見ていたら、

究極のモルトマラソン

土屋守の「シンングルモルトウィスキー大全」に掲載のモルト(ABC順)をAから順に飲んでいこうの会をやりますと発表されていた。終わるのはなんと2年後(現行本を数えてみたら、スコットランドだけで閉鎖蒸留所も入れて126もあった)なんだとか、う~ん。

う~んと悩むには理由があって、現行の「シンングルモルトウィスキー大全」の2版前の「モルトウィスキー大全」(下の写真ね)に10年以上前に出会ってから、1本買ってはまた頁を繰ってまた1本と買って飲んでモルトを覚えていったのだけど、いつの頃からかボトラーズものに食指を伸ばしてしまい、まだちゃんと飲んでいない(モルト会で飲んだことはあってもグラス1個で飲み進めるため、テイスティングではないからしっかり覚えていない)蒸留所のものが1/3くらいはあったので

今更なぁ~

と気恥ずかしい気持ちと裏腹に

やり残しをやっつけるいいチャンスじゃないか

と、正直心惹かれるものがあったのです。
CAI_20130126.jpg

さて、ここは西麻布。ここから広尾方向に10分程度のマンションの一角がスコッチ文化研究所が所在するんですな。
CAI_20130124 (2)

何年ぶりかで訪れたら、別に一室借りてセミナールームができていたのにはビックリした。外苑西通りに面したマンションの一角に構えていた小さな事務所で7人MAXのモルト会に出入りしていた時からすると夢のようだね。
CAI_20130124 (6)

並んだボトルは
・ABERFELDY アバフェルディ 21年 シングルカスク ミツバチラベル
・ALLT-A-BHAINNE アルタベーン 1996 GM コニサーズチョイス
・ARDBEG アードベッグ 2000 スコ文研 奈良支部限定ボトル
・ARDBEG アードベッグ ブラスダ
・ARDMORE アードモア 1993 GM
・AUCHENTOSHAN オーヘントッシャン クラシック
私が参加したのは木曜日でしたが、この企画は当初火曜日で設定されていたのが、希望者が多く木曜日のクラスを急遽追加したとのこと。
CAI_20130124 (4)

始めますの声とともに、初回のサービス精神からか1時間以上連続した土屋さんの熱い講義で、フツーだったら飲みながら聞きながらなのにブーイングがでないかハラハラだったが、皆我慢強い人たちが参加していたようで「大人やね~」って感じですね。
CAI_20130124 (8)

まぁ、レクチャー形式でのテイスティングなので、毎回こんな様子をご紹介していくことは考えてないのですが、世の中にはこんなことをやっている酔狂な一団がいるってことをお話ししてみたかったということです。

で、この日の今日イチは蒸留所が直接土屋さんに送りつけてきたという「アバフェルディ 21年 シングルカスク」の結果となりました。他にもアルタベーンはこんな味だったのかとか、アードベッグ・ブラスダってオフィシャルなのにメタ糞不味いなとか、参加費5000円で楽しく遊ばせてもらいましたですよ、ハイ。
CAI_20130124 (10)

どうなんだろ?全部は参加できるかどうか分かりませんが、細切れのお遍路さんみたいにちょこちょこ参加できればなとは考えています。


にほんブログ村 酒ブログ 洋酒へ
にほんブログ村
  1. 2013/01/26(土) 13:22:02|
  2. シングルモルト
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

1月21日 千駄木 稲毛屋 雄町の酒を味わう会

この駅の案内板を何度見上げても飽きることがない。行く先には美味しいものが待っているからさ。
CAI_20130121 (1)

東京メトロ千駄木駅の改札を抜けて、およそ10分ほどで到着するのが「鰻の稲毛屋」さん。
CAI_20130121 (2)

今日は雄町だ。ど、ど、ど、どんなんかなぁ~??
CAI_20130121 (3)

出る酒は乾杯酒を入れて11種類。普段14~5本のラインナップより寂しいが、
CAI_20130121 (11)

この日は結構空いていて(同じ内容の22日の会の参加が多かったらしい)ゆったりした人数で席を囲んでいられたので、ま、こんな本数でも大丈夫でしょ~う。
CAI_20130121 (4) CAI_20130121 (5)

CAI_20130121 (6) CAI_20130121 (7)

CAI_20130121 (8)

つまみも美味しそうだなぁ。肥満解消の節制なんて、これ見たら吹き飛ばされちゃうぜ。
CAI_20130121 (10)

店長の乾杯の発声の後、私の目の前に来たのは「写楽 純米吟醸23BY」。ちょっと淡い感じで今一つ捉えどころが私にゃなかった。
CAI_20130121 (13)

次のお目見えは「昇龍蓬莱 特別純米23BY」。カプロン酸がきついとメモには記されている。好きな人、ごめんなさい。
CAI_20130121 (15)

合鴨をつまみ、紅ふじ鶏の焼き鳥と山うに豆腐にも手を伸ばし、
CAI_20130121 (14) CAI_20130121 (16)

ちょ~っと気になっていた「松の寿 純米吟醸23BY
CAI_20130121 (17)-2

VS「松の寿 純米吟醸24BY」の垂直飲み比べだ。
CAI_20130121 (36)
24BYはまだ市場に出ていないということで、初鰹的付加価値はあるんだろうけど、個人的には23BYに軍配です。華やかな香りや味が好みなら24BYでしょうけどね。


菜の花とゆばの辛子和えに、豆腐あんかけ。菜の花旨かったな~。
CAI_20130121 (19) CAI_20130121 (26)

で、ですよ、来ましたね。5番目でようやく今回の世間一般のツートップの一角「而今 純米吟醸21BY」。いや、旨い。旨いね、これ。甘すぎず、苦すぎず、鼻につかず。絶妙のバランス。
CAI_20130121 (20)

そして次は而今の前から超有名の「十四代 純米吟醸23BY」。これも旨いんだな。而今とは別の味わいであり、そして甲乙つけがたい。あんまりネームバリューにすり寄る気持ちは更々ないのだが、他の蔵と比べてしまうとやはり違いって出てしまうものなんですね。
CAI_20130121 (27)


パチパチパチ、ここでリストにはない小左衛門の濁り酒登場。
CAI_20130121 (22)

賞味期限が瓶詰から4日という流通経路の確かなところにしか卸していないものだそうです。今回のお酒の会のために特別だとか。
ただ、ここまでこんなコメントで引っ張ったのになんですが、私は武重本家の十二六の方が好きです。
CAI_20130121 (24)

楽しい趣向の次はまたただの酒飲みに戻りまして、次なるは「大観 純米吟醸24BY」。すみません、何も書いていません。 
CAI_20130121 (25)

大根と鶏肉の煮物に、ポテトサラダ。
CAI_20130121 (32) CAI_20130121 (37)

次は「燦然 特別純米24BY」。これは旨かったね。而今十四代抜きで考えたら、これが私のこの日の今日イチでした。(今日ニも言ってしまうと「松の寿 純米吟醸23BY」です)
酸が乗っていて、人により好き好きがあるかと思います。お燗で出してもらって旨いと言った方もいらっしゃいましたが、私は常温に一票です。
CAI_20130121 (29)

ラス前の「賀茂金勇(光) 純米吟醸23BY」は私のメモでは不評でした。
CAI_20130121 (28)

ラストは「田光 純米吟醸23BY」。バランスよく納めているとメモしてありますが、ここらへんの順番になってくると(私のコメント自体が)怪しいものです。
CAI_20130121 (30)

腹がくちくなってくると
CAI_20130121 (39)

みんな笑顔が止まらない。美味しいお酒があればこそです。
CAI_20130121 (35)

では、最後は稲毛屋の必殺技「ひつまぶし」とともに皆さんとお別れしましょう。食らうアホウ見るアホウ、同じアホなら食らわにゃ損損。
CAI_20130121 (40)



■開催日時 1月21日 午後7時~

■開催場所 千駄木・稲毛屋

■会費 6,500円

◆食べログ 稲毛屋

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村
  1. 2013/01/23(水) 23:57:53|
  2. 日本酒
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

1月13日 自然派ワインバー【WANDO湾処】「自然派ワインと牡蠣の会」

この日は連休の中日。成人の日のように大雪でなくてよかった。

JR田町駅の東口を出て、線路に沿ってというか、モノレールを見上げながら歩いていく先は
CAI_20130113 (1)

芝浦一丁目会館です。この日はここで近所に店構えする鈴木屋酒店の「WANDO湾処」の鈴木さんが店のお客さんを集めて

「自然派ワインと牡蠣の会」

を行うというので、やってきたのです。
CAI_20130113 (58)
CAI_20130113 (59)

2階が会場ですと言われて外階段を上がっていったのですが、ほっほ~、ここは「鉄ちゃん」の聖地のようなところですなぁ。
CAI_20130113 (55)

ほぼひとり1本の配分でお酒が出されているとのことで、こんな酒の山が3つくらいテーブルのそこここに置かれました。
CAI_20130113 (12)

牡蠣は生牡蠣と土手鍋がありましたが、生牡蠣はほぼ食い放題状態でしたねぇ。
CAI_20130113 (11)

その他のオードブルも美味しかった。
CAI_20130113 (10)

レモンの数が食い意地の張り具合を示しています。
CAI_20130113 (23)

完璧宴会モードなので、何を飲んだかは写真でわかるのですが、うんちくまでは求めないでいだきたいってことで、さぁ順にいきましょう!
CAI_20130113 (13) CAI_20130113 (17)

CAI_20130113 (21) CAI_20130113 (25)

CAI_20130113 (32) CAI_20130113 (36)

土手鍋も登場です。
CAI_20130113 (28)

「お酒切れました~」のコールがあって、参加者一同追加投資へ。
CAI_20130113 (53) CAI_20130113 (65)

鈴木屋へ買い出しに行った方には日本酒も飲みたかった人がいたんでしょうかね?上喜元の純米吟醸ならokです。
CAI_20130113 (68) CAI_20130113 (69)

飲んだ中では白はロワールのミュスカデ
CAI_20130113 (21)

赤はイタリアのモンテプルチアーノが美味しかったです。
CAI_20130113 (36)

会の雰囲気はというと、これは土手鍋が出始めたあたりで、中盤に差し掛かったくらいでしょうか。
CAI_20130113 (35)

食欲は落ちません。
CAI_20130113 (37)

CAI_20130113 (39)

さすが、町会さんの建物ですね。お神輿はつきものです。
CAI_20130113 (49)

13:00から始まった会が、この写真の時点で15:30近く。
CAI_20130113 (63)

窓の明るさを比べると分かるのですが、時間は16:30近くになっており、陽は傾き、人格は酒に飲まれて崩れていくわけですよ。
CAI_20130113 (72)

これぞ座敷の飲み会という様相を、決して私は嫌いではありません。むしろ正しい日本人のあり方かと、ハイ。
CAI_20130113 (78)
来年は皆さんとここでお会いしましょう。


※開催データ

■開催日時 1月13日 午後1時~5時オーバー

■開催場所 芝浦・鈴木屋酒店 から近所の芝浦一丁目町会館 

■会費 5,000円+酒足らないことによる追加徴収。

にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村
  1. 2013/01/14(月) 15:55:04|
  2. ワイン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

開けてないけど、おめでとうございます。

皆様、ノムゾーです。明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。


あれは12月初旬のことでした。キリンさんからお手紙をいただきました。なになに。
CAI_20121223 (1)
ふ~ん、あれから10年経つのね。えっと、内容はキリンの御殿場蒸留所へ連れて行ってもらい、蒸留所見学やブレンディング体験をさせてもらった「Mt.Fujiウィスキーカレッジ」から10年になるので、

お約束の樽空けと頒布をするので、有料なのだが希望はあるか

との問い合わせであった訳です。


モルトの道に足を踏み入れたのは10年以上前ですが、この「Mt.Fujiウィスキーカレッジ」に参加したあたりからイベントにおいてお酒を飲むのが、いろいろな種類をパパッと試せて

効率がいい

と、以降イベントで飲むことへの志向を強めていったような気がします。


うん、買うよ、買うよ、買うから送ってとはがきを返したら、ほれ、この通り。
CAI_20121223 (4)
実をいうと、返ってくるのは当時キリンの主流だったロバートブラウンのレシピと同じブレンデッドウィスキーだとばかり思っていたのですが、きたのはな~んと

SINGLE CASK WHISKY (NON CHILL FILTERED)

やった~、加水調整はあってもシングルカスクの上にノンチルだよ。ボトルがボストンクラブと同じなのはご愛嬌として、

どんな時に飲もうかな~???

と、ちょっと手を焼くお年玉が舞い込んだ形となりました。


あなたの2013年も、良い幕開けであるよう祈念しております。


にほんブログ村 酒ブログ 洋酒へ
にほんブログ村
  1. 2013/01/01(火) 09:36:53|
  2. シングルモルト
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

最新記事

カレンダー

12 | 2013/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1)
日本酒 (106)
酒類全般 (104)
シングルモルト (94)
カクテル (15)
ワイン (103)
焼酎 (7)
ラム&テキーラ&グラッパ (12)
地ビール&海外ビール (126)
シェリー&ポート&マデイラ (11)
イベント・インフォメーション (35)
料理教室で飲む (6)
今日のランドル君 (1)

プロフィール

toratora.nomuzo

Author:toratora.nomuzo
FC2ブログへようこそ!

Ripreに参加しています。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード