お酒のある風景

トラトラ・ノムゾーはシングルモルト、日本酒、ワイン、地ビール、シェリー、ラム、グラッパ等々焼酎以外の大抵のお酒は好きなので、おウチ酒の時にも外で飲んだ時の様子をアップしておけば、それを見てその場の雰囲気に戻れるかなぁとこのブログを作ってみました。

3月12日 スコッチ文化研究所設立10周年記念パーティー 中止

DVC20110128.jpg
代表の土屋さんとしては、会場をランクの高い恵比寿のウェスティンホテル東京にして意気込みの程も察するに余りある。

少人数の所帯なので電話に出てくれることはあまり期待していなかったが案の定電話は繋がらなくって、ホテルの宴会予約に先ほど電話をいれて確認したら、

主催者様側からキャンセルの連絡がありました。大変お忙しいようで、参加者皆様への連絡には苦慮されているようでしたよ。

とのことだった。

会員である私も残念だ。でも、津波で体が流されちゃった訳じゃないんだから、またいつかを期待したい。

あとは、スコッチ文化研究所の支部に宮古や北上、福島といった東北地方の被災されたと思われる会員もいるかもしれない。会員であるとないとに拘わらず、今回の震災の被災者が少しでも少なく、また少しでも多く救命されて元気を取り戻すことを祈ってやまない。被災者も救助者もどうか頑張っていただきたい。

にほんブログ村 酒ブログ 洋酒へ
にほんブログ村
  1. 2011/03/12(土) 17:30:47|
  2. シングルモルト
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

3月4日 高円寺麦酒工房

DVC20110304 (11)
今回はお酒の会の紹介ではありません。普段も修行している一端をご披露です。この日は高円寺の住宅街に地ビールを飲ませる店ができたと聞いて行ってみることに。

DVC20110304 (3) DVC20110304 (2)
JR中央線の高円寺駅北口に出て、地図を北が上にした場合、長方形を横たえたロータリーの左上の方がねじめ正一の本で結構有名な高円寺純情商店街なのだが、そっちではなく右上の方向から少し奥まったディスカウントのオリンピックを目指して進んでほしい。

DVC20110304 (4) DVC20110304 (5)
これが当面の目標物オリンピック。ここの角に立った写真が右側のもの。この電柱のたもとから小さく見える時間貸し駐車場のところで左折です。

DVC20110304 (6) DVC20110304 (7)
オリンピックまで3分、電柱から2つ目の曲がり角まで1分、そこから1分で到着。ここが

高円寺麦酒工房

です。吉祥寺あたりのいかにも中央線沿線のお店って感じです。

DVC20110304 (8)
店内は木をふんだんにつかったロッジ風のインテリアでした。

DVC20110304 (9) DVC20110304 (10)
まずはアメリカンペールエールMサイズ590円をごくり。

DVC20110304 (14) DVC20110304 (13)
レジ近くのカウンタテーブルーに陣取ったので、少し上目目線です。

DVC20110304 (15) DVC20110304 (16)
レッドエールMサイズ390円もいただく。

私の行った時間は陽も沈む前で静かだったし店も真新しくて落ち着ける感じでした。ビールは自家製のものは2種類が出されていましたが、作りの進行により提供されるものが異なるし値段もその時期の設定のようなので、これを見て行こうと思われる方は事前にお店のブログで提供される品名をチェックされるとよいでしょう。

味については未知数な部分が多く、コメントは控えようと思いますが、総体的にみて

応援したいかな

と思わせる部分の多いお店でした。


※営業・所在地データ

■営業時間 平日     午後4時~午後10時30分(LOは午後10時)
      土曜・祝前日 午後3時~午後10時30分(LOは午後10時)
      日曜・祝日  午後3時~午後 9時30分(LOは午後 9時)

■住所 杉並区高円寺北2-24-8

◆食べログ 高円寺麦酒工房

にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村
  1. 2011/03/06(日) 10:52:29|
  2. 地ビール&海外ビール
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2月26日 天王洲アイル・CRAFT BEER PARTY 醸造工程見学

DVC20110226 (43)
お~い、行くよ~って言われて誘われるままに、前回ご紹介したTYハーバーブルワリーの「CRAFT BEER PARTY」の途中で工場エリアの見学へ参加しました。

DVC20110226 (45) DVC20110226 (46)
敷地をぐるっと回り込んで

DVC20110226 (47) DVC20100925 (52)
この時間に見せてもらえたのはマッシュタン糖化槽。※パネルは昨年秋のよなよなエールで写したものを説明のため流用しました。)の工程ですね。

DVC20110226 (48) DVC20110226 (49)
麦芽の投入は自動化ではなく力仕事のようです。

DVC20110226 (57) DVC20110226 (59)
覗き窓もあるんですね。糖化途中の麦汁を飲ませてもらいました。気分はオートミール×1/2ってとこかな。

DVC20110226 (62) DVC20110226 (66)
それから稼働しているマッシュタンの内部を見せてもらいました。

DVC20110226 (67) DVC20110226 (68)
見終えて振り返ると、おや、併設のレストランとはガラスを隔てただけで丸見えなんですねぇ。

DVC20110226 (71) DVC20110226 (69)
みんなが順に見終わってから、レストランを抜けて会場へ戻りました。

DVC20110226 (73) DVC20110226 (74)

DVC20110226 (75) DVC20110226 (76)

※開催データは前回のレポートを参照

◆食べログ TYハーバーブルワリー

にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村
  1. 2011/03/05(土) 10:32:16|
  2. 地ビール&海外ビール
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2月26日 天王洲アイル・CRAFT BEER PARTY

私、ノムゾーはことビールに関してはこの

ねこさんといっしょ

という、ちょっと捉えどころのない名前だが実は地ビールバリバリの情報源を愛用させていただいているわけです。

で、先月も↓こ~んな情報が掲載されていて、


天王洲アイル・CRAFT BEER PARTY 2/26

CRAFT BEER PARTY

◆開催日: 2011年2月26日(土)

◆時 間: 12:00~16:00

◆場 所:
T.Y.ハーバー 水上ラウンジ「ウォーターライン」
東京都品川区東品川2-1
モノレール・りんかい線天王洲アイル駅より3~5分
http://www.tyharborbrewing.co.jp/brewery/Craft%20Beer%20Party%202011%20Winter.pdf

◆出品ビール:
TYハーバーブルワリー
常陸野ネストビール
ハーベストムーン
こぶし花ビール
プレストンエール
湘南ビール

◆主 催: T.Y. HARBOR BREWERY

◆問合せ先:
T.Y. Harbor Brewery
Tel: 03-5479-0776
Mail: brewery@tyharborbrewing.co.jp

◆その他:
入場料 6,000円(ビールとお食事代)
申込みはこちらのみ、100名限定

おお、これはオイラには新天地だな、行ってみるべし!

と、新たなシーンを開拓してきたですよ。
DVC20110226 (1) DVC20110226 (4)

DVC20110226 (5) DVC20110226 (6)

DVC20110226 (7) DVC20110226 (8)
天王洲アイルにお勤めの方は

あ、あそこね。で、どしたの?

と言うかもしれないけど、わたしゃ思ったね

かっけーっ! おっしゃれーっ!


ただ、ビールの味がそれに伴うかは別問題だ。本題に入ろう。

さぁ、それでは飲み干したビールを順に、時に料理と店内を交えながらご紹介しようじゃないか。
DVC20110226 (82) DVC20110226 (9)

DVC20110226 (10) DVC20110226 (12)
写真左=当日は半分以上が手酌でサーバーからどうぞの体制。写真右=こぶし花ビール・メルツェン。カラメルの香りを強く感じた。オクトーバーフェストに出されるミュンヘン風ラガービールだそうだ。

DVC20110226 (16) DVC20110226 (18)
写真左=こぶし花ビール・ベルギー・ホワイト。ホントはこれか前出のメルツェンをヴァイツェンと読み違えて選んでどちらにしようか悩んでいたので、期待どおりのフルーティーな味に満足でした。

DVC20110226 (21) DVC20110226 (26)

DVC20110226 (27) DVC20110226 (30)
写真右=常陸野ネストビール・賀正ビール。ベルジアンストロングエール。4種類のホップと5種類のハーブも入っているとのことだったが、写真を撮り忘れたんだけど、同じ常陸野ネストビールのNIPPONIAの方がソラチエースを使っていたこともあり、パンクIPAのようで飲みやすく、私はそっちが好きだった。(結局これがこの日の今日二となりましたね。)

DVC20110226 (33) DVC20110226 (36)
写真右=TYハーバーブルワリー・インディアンペールエール。IBU45。これは美味しかった。いきなりで申し訳ないけど、これが私の今日イチでした。

DVC20110226 (37) DVC20110226 (41)
写真右=湘南ビール・バーレーワイン。え、こんな色なの。もっと醤油を煮しめたような色じゃないのと思ったらアメリカンスタイルのバーレーワインと記述があり、別に黒い色なのが能じゃないということらしい。8,5%のアルコール度数であったが、どうもピンとこなくてすみませんby林家三平って感じでしたね。

DVC20110226 (44) DVC20110226 (76)
写真左=ハーベストムーン・ゆずエール。もう「ゆず!」ってそれだけです、はい。

DVC20110226 (77) DVC20110226 (78)
写真右=プレストンエール・スタウト。ま、こんなもんでしょう。

DVC20110226 (97) DVC20110226 (81)
写真左=プレストンエール・ペールエール。ま、こんなもんでしょう。写真右=湘南ビール・湘南ビター。ビター??ここで大よそ10杯目くらんだったので、舌にきていたせいかビターってのがピンとこなかった。
それにしてもプレストンエールって最後までピンとこず仕舞いでしたねぇ。残念。

DVC20110226 (84) DVC20110226 (88)
写真左=TYハーバーブルワリー・ジャスミンスウィート。ジャスミンじぁんって以降に話しが先に進みませんでした。

DVC20110226 (89) DVC20110226 (91)

DVC20110226 (99) DVC20110226 (96)
写真左=ハーベストムーン・シュバルツ。甘味を抑えたスムースな飲み心地という記述は的を得ていたが、終盤戦に差し掛かった私には、もう少しパンチのある方を望みたかったです。

DVC20110226 (100)
で、この日は飲むのと同じ以上に食べたのと、知り合いのグループに混ぜてもらって会話も弾んだので、翌日は意外とへばってしまいました。でも楽しかったですね。いいところを知りました。


※開催データは冒頭のコメントを参照

◆食べログ TYハーバーブルワリー

にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村

  1. 2011/03/02(水) 20:34:26|
  2. 地ビール&海外ビール
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2月20日 ウィスキーライブ tokyo 2011 at Tokyo Midtown in roppongi その5

DVC20110220 (100) DVC20110220 (101)
業務用のエレベータに乗せられて来てみたところはミッドタウンの入居企業のためのミーティング用フロアといった感じのところで、区切りの分かりずらいデザインなので、案内の人がいないと全然わかんなかったな。

DVC20110220 (103)
最初の挨拶の時だけデイヴは座っていたけれども、それで彼が済むはずがない。身振り手振り無しのスピーチなんて彼には成り立たないのさ。ではこの日のお題

ウィスキーの四季

の始まり始まり~。

DVC20110220 (102) DVC20110220 (107)
テーブルに出されたネタは5種類。白州バーボンバレル=春。

DVC20110220 (108) DVC20110220 (106)
ニッカ・カフェグレーン=夏。竹鶴21年=秋。

DVC20110220 (105) DVC20110220 (104)
イチローズモルト・羽生ミズナラ=秋。軽井沢=冬。

DVC20110220 (111)
なんだ、「四季」って、もろに日本の四季を日本のモルトで語ろうということか。ま、以前にソサエティで「寿司とモルト」なんてお題で延々と語り尽くした彼の弁舌に期待していたので、ま、いいんだけどね。

DVC20110220 (110) DVC20110220 (112)
とりあえず、「春」は桜、「春」は緑。よって「緑」は森の白州ということだ。森の息吹きにパイン、レーズン、松を感じないかとデイヴは宣う。日本人からは聞き慣れたセリフも、スコッツがどう冬まで噛まずに語り尽くせるか興味は津々、頑張ってほしいものだ。

DVC20110220 (114) DVC20110220 (115)
「夏」は黄色。バナナ、イエローフルーツ、ココナッツ(ってかコパトーンの匂いだって)、バニラアイス。それにはボトルごとフリーザー行きかオンザロックでニッカ・カフェグレーンということだそうだ。
左の法被姿の少年の写真は、知人から日本の夏の写真を送ってもらった中で一番印象に残ったからだそうで、右の樽の写真はデイヴの最近の夏のバカンスのもの。場繋ぎで出てきただけで、ここでのコメントはそう長くはなかった。

DVC20110220 (116) DVC20110220 (117)
「秋」は赤。紅葉の「赤」。琥珀色を連想させる。竹鶴21年は干し柿の身の甘さと種の苦さ、ブーツの香り、スモーク、フレッシュなマッシュルーム、苔など。羽生2000ミズナラは神社・お寺の匂い、ニスなど。
ウィスキーの秋・冬はウッドが重要な要素だど語っていた。
で「冬」は黒。黒は冬の滝を連想させるとデイヴの言だが、おいおい華厳の滝は群馬県で軽井沢は長野県ですよと周囲のジャパニーズがアドバイスせんでどうすんだいって写真ですな。黒はダークブーケアロマ、クリスマスプティングが浮かぶ軽井沢1991を「冬」として、日本の四季を締めくくりました。

う~ん、ここまでタイプしてもちっともデイヴの笑ったりほくそ笑んだりするような語り口にはとどかない訳で、なんだか分からない方々は是非来年のマスタークラスへお越しあれ。

※開催データ

■日時 2月19日及び2月20日 午前11時から

■場所 東京Tokyo Midtown

■参加費 5000円(入場料・前売り。マスタークラス料金は1クラス300円。)

にほんブログ村 酒ブログ 洋酒へ
にほんブログ村
  1. 2011/03/01(火) 20:33:42|
  2. シングルモルト
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

最新記事

カレンダー

02 | 2011/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
日本酒 (105)
酒類全般 (97)
シングルモルト (92)
カクテル (14)
ワイン (95)
焼酎 (7)
ラム&テキーラ&グラッパ (12)
地ビール&海外ビール (121)
シェリー&ポート&マデイラ (11)
イベント・インフォメーション (21)
料理教室で飲む (6)
ジン (0)

プロフィール

Author:toratora.nomuzo
FC2ブログへようこそ!

Ripreに参加しています。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード