お酒のある風景

トラトラ・ノムゾーはシングルモルト、日本酒、ワイン、地ビール、シェリー、ラム、グラッパ等々焼酎以外の大抵のお酒は好きなので、おウチ酒の時にも外で飲んだ時の様子をアップしておけば、それを見てその場の雰囲気に戻れるかなぁとこのブログを作ってみました。

11月25日 三軒茶屋のみ山 Nakai Vineyard Wine Party

せ、せ、世田谷線、世田谷線、世田谷線とくれば、ここはまぎれもなく三茶なわけさ。
DVC20101125 (1) DVC20101125 (2)
三軒茶屋に来たのは昨年の6月くらいにイタリアンの店「グッチーナ」のグラッパの会に来て以来じゃないかな。今日はそことはまた別のワインのお店「のみ山」さんを開拓なのだ。
今日は日本人でカリフォルニアでワイン造りをしている中井章恵さんのワイナリーのものを揃えたワイン会「Nakai Vineyard Wine Party」に潜入です。

DVC20101125 (3) DVC20101125 (5)
三軒茶屋の駅を出たら246号線を世田谷郵便局の方へ進み、途中から写真左の脇に逸れる道を進むと

DVC20101125 (6)
カウンター8席のちょっと目立たないお店「のみ山」さんがあなたを迎えてくれるわけだ。

DVC20101125 (7) DVC20101125 (9)
この日のワインリストは

Sauvignon Blanc 2009、2006
Chardonnay 2006、2004
Merlot 2006、2004、2003
Pinot Noir 2008

の8種類が楽しめる趣向。座っても8席のスペースに20人のスタンディングなので、結構薄い酸素の中で料理もガッツリいただいたところの雰囲気を以下の写真でご確認あれ。

DVC20101125 (8) DVC20101125 (10)

DVC20101125 (11) DVC20101125 (12)
ここは手酌じゃないんだね、ご主人が注いでくれるの。ソムリエのバッチもつけてたし、来ている人のほとんどがご常連といった感じで、顔見知り同士で大きく2つのグループでわいわいやる中に、私は腰も軽くそれに混ざって楽しんでおることができました。

DVC20101125 (13) DVC20101125 (15)
写真左のこちらを向いてるグレースーツの紳士が中井さん。もう70代とは思えぬ張り艶のある若々しさにびっくり。好きなことをやるのって若さを保つ秘訣なんだろうか。

DVC20101125 (17) DVC20101125 (16)
8種類をいただいて出された料理も美味しかったし、特にフランスパンにエクストラバージンオリーブオイルを浸して食べまくっちゃいました。

この日の今日イチ、今日二は赤、白1本ずつイチを上げて終わりにします。

赤=Pinot Noir 2008 渋味抑え目。香りは高くないがエレガントで美味しい。

白=Sauvignon Blanc 2006 香りがいい。ライム、パッションフルーツを感じる。熟成年に対する期待感を裏切らない。

DVC20101125 (21)
とまぁ、相も変わらずいい加減なコメントを記述したワインリストとともに帰りはわざわざ世田谷線経由で帰宅しました。おしまい。

※開催データ

■開催日時 11月25日 午後7時~

■開催場所 のみ山三軒茶屋

■会費 6,000円。

にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村
  1. 2010/11/26(金) 22:53:04|
  2. ワイン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

11月13日 ワインバー・エスペルト フランク・マッサール氏を迎えてのワイン会

DVC20101113 (1) DVC20101113 (2)
こっちの方に行くのは1~2年振りじゃなかろうか。行先はなつかしや池袋のワインバー・エスペルトだ。

行こうと思ったのは、エスペルトのブログに(↓)こ~んな告知が載せられていたから。

元英国ソムリエチャンピオン フランク・マッサール氏来日! [イベント情報]

フランク・マッサール氏を迎えてのワイン会 ★
(有)ヴォルテックス、(有)ヴァンクール、(有)ワイナリー和泉屋 合同企画

DVC20101113 (3) DVC20101113 (4)
んでもって、出されるワインのリスト(↓)も普段よりもお高めで、なんだかんだで一人1本の分量は飲めますというお約束もあり、行ってみたいな~と思った訳さ。

《Dominio do Bibei ドミニオ・ド・ビベイ》
あの予約の取れないレストランとして有名なロセスのエル・ブジでD.O.リベイラ・サクラの定番がこのドミニオ・ド・ビベイです。プリオラートのカリスマ女性醸造家のサラ・ペレスも参画。白はゴデージョをメインにし、赤はメンシアをメインにワイン造りを行います。このエリアを代表する最高のワインたちです。
☆ラポーラ 2007 ※インポーター希望価格:5,250円(税込)
☆ペーニャ 2006 ※インポーター希望価格:8,400円(税込)
★ララーマ 2006 ※インポーター希望価格:5,250円(税込)
★ラチーマ 2006 ※インポーター希望価格:8,400円(税込)

《Franck Massard フランク・マッサール
今回の主役であるフランク・マッサール氏のボデガ。メインのワインはD.O.Ca.プリオラートで造られるウエリャス。ウエリャスはスペイン語の指紋という意味でラベルに描かれた指紋はフランク自身のもの。彼の理想のワインは力強さの中にエレガントさが備わったもの。主役のワイン、とくとお楽しみください。
☆ヴィーニャ・アルタ・ブランコ 2008 ※インポーター希望価格:1,575円(税込)
★ヴィーニャ・アルタ・ティント 2008 ※インポーター希望価格:1,575円(税込)
★キュヴェ・ウエリャス 2007 ※インポーター希望価格:5,775円(税込)

《フェレール・ボベ》
2008年、ファースト・ヴィンテージのフェレール・ボベ2005は驚きのワインだった。いきなりスペインで最も有名なワイン専門誌シバリタスでワイン・オブ・ザ・イヤーを受賞。彗星のように現れたこのワインに世界中が驚いた。大富豪のフェレール氏とトーレスで16年間醸造責任者を務めたラウル・ボベのコンビと聞けばその結果もわからなくはない。
今、D.O.Ca.プリオラートは大きく変わろうとしている、まさにその変革を代表するのがこの造り手だろう。
★フェレール・ボベ 2006 ※インポーター希望価格:9,450円(税込)
★フェレール・ボベ・セレクシオ・エスペシャル2006 ※インポーター希望価格:16,800円(税込)

《カステル・デンクス》
ラウル・ボベがピレネーの麓でワイン造りを行っている少量生産のボデガ。彼自身が今まで暖めていたことを実践する為のボデガ。エカムはおそらくスペインNo.1のリースリングだろう。ヨーロッパNo.1といわれるトーレス社の研究所を仕切っていた経験、知識にそして才能に裏付けされたラウル・ボベの力量を感じます。昨年3つ星に昇格したカン・ロカのソムリエ、ジュセップ・ロカ氏はカステル・デンクスの大ファン。
☆エカム2008 ※インポーター希望価格:7,350円(税込)
☆スステリス2008 ※インポーター希望価格:7,350円(税込)

さて、リストを読むのも疲れたでしょうから、ここからは絵日記調でいきませう。
DVC20101113 (8) DVC20101113 (10)
上の右の写真でパソコンを操りながら話してくれているのがマッサールさんだ。

DVC20101113 (11) DVC20101113 (12)
11種類のテイスティング(店側でサーブしてくれた)が終わったあと、テーブルのそこここに置かれたものを適宜写したので、ボトルは全部は写ってないのはご勘弁いただきたい。
写真左=★ラチーマ 2006 ※インポーター希望価格:8,400円(税込)。渋味が強い。でも赤ワイン好き(私は白ワイン好き)にはこれくらいが必要かもしれない。パワーとバランスが取れている。
写真右=★ララーマ 2006 ※インポーター希望価格:5,250円(税込)。スムースな赤。なにも飛び出さない。香り滑らか。余韻長く。

DVC20101113 (13) DVC20101113 (14)
写真左=★フェレール・ボベ 2006 ※インポーター希望価格:9,450円(税込)。これは旨かった。香りがエレガントで酸味渋味もいい具合に納まっていて突出しないバランスとボリューム感に満足、満足。これが私の赤の今日イチでございました。

DVC20101113 (15) DVC20101113 (16)

DVC20101113 (17) DVC20101113 (18)
写真右=★キュヴェ・ウエリャス 2007 ※インポーター希望価格:5,775円(税込)。マッサールさんの畑のものだ。味は軽く、渋味もアクセント程度で白好きには旨い。

DVC20101113 (19) DVC20101113 (20)
写真右=☆ペーニャ 2006 ※インポーター希望価格:8,400円(税込)。酸がしっかりとした白。でもきつくは感じず、その特徴を持ちながらうまくバランスをとって飲みごたえがある。

DVC20101113 (21) DVC20101113 (22)
写真右=えぞ鹿のシチュー。この秋冬の私的なジビエ第1号。お店のみなさん、ありがとうございます。

DVC20101113 (23) DVC20101113 (24)
写真左=★フェレール・ボベ・セレクシオ・エスペシャル2006 ※インポーター希望価格:16,800円(税込)。濃厚さを感じながらスっとした喉越し。カリニェナの尖がった味なのか酒質に厚味を感じる。

と、まぁ酔っ払いながらメモしたいい加減なコメントとともに当日の様子をレポしましたが、酒の良し悪しはともかく、自分も行ってみたいなぁという気分になっていただければ幸いです。

最後に白の今日イチ=☆ラポーラ 2007 ※インポーター希望価格:5,250円(税込) と相成りました。コメントは「白にベルベットはおかしいが、ベルベットのような滑らかな香りと口当たり」でしたぁ!(写真がなくて申し訳ない)

※開催データ

■開催日時 11月13日 午後6時~

■開催場所 ワインバー・エスペルト池袋

■会費 6,300円。

にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村
  1. 2010/11/14(日) 15:00:52|
  2. ワイン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

11月12日~14日 光が丘・酒泉たつなみ 秋の試飲会

DVC20101112 (2) DVC20101112 (3)
ありゃりゃ、最初からピンボケだ。おいおい、ノムゾー、どーしたんだ?

ここは東京都練馬区光が丘。左のリンクに入れてもらっている半可通さんのシマ・酒泉たつなみさんだ。


なんでピンボケかというと午後8時closeの試飲会に間に合うかなぁと思う時に限って、都営大江戸線からエレベーターに乗って2階で降りるところを1階で降りてしまって、たどり着けるかドキドキだったんだ。

ここの秋の試飲会は50種類の一升瓶が新聞紙でくるまれたブラインド形式(御徒町のふくはら酒店さんの日本酒会と一緒だ)で、手酌でどんぞ!のありがたい(のか自分の舌のいい加減さに打ちのめされるのか)企画なのである。

とっとと仕事にかからねばならぬので、プライバシーも保護しつつ、中はこ~んな感じですぅ~。
DVC20101112 (4) DVC20101112 (7)
「王冠は変えてあります」かぁ~。さすがだね。

DVC20101112 (6) DVC20101112 (5)
手持ち時間で50種類全部は無理なので、とりあえず奇数番号でどこまでいけるか試してみたところ20種類を呑むことができました。

DVC20101112 (8) DVC20101112 (10)
ここに午後3時から来ておられたご常連と思しき方は、ものによっては3周回目という方もいた。すっげ~。
この日の私は、ウコンの力を飲んでいかなかったから、スピードが加速できず20/50という不甲斐ない結果にトホホでござる。

DVC20101112 (16) DVC20101112 (17)
あまりにもぐい飲みの空ける伸びが出ないので、午後7時40分にはコースアウトして店内の散策へ。なかなかいいお酒を揃えてらっしゃる。

DVC20101112 (12) DVC20101112 (13)
なになに、「美酒の設計」とな。都内で3店舗の扱いだって。どこだろう?

DVC20101112 (14) DVC20101112 (15)
なるほど、「雪の茅舎」の齋彌酒造さんですか。この日の私はちょっと体調万全ではなかったので、雪の茅舎の山廃純米の札の赤文字「特に素晴らしい」に魅かれてこれを買って帰りました。

以下に開催データも記載しましたが、お得感たっぷりで、いや~酒呑みにはうれしいやさしい企画でございました。店長さん、どうもありがとうございました。


また、帰りに種明かしとして渡されたリストから、ちなみに20種類の私の今日イチ、今日二は

今日イチ 三芳菊 新酒おりがらみ22BY 造り=純米吟醸・無濾過生原酒
今日二  三芳菊 壱 造り=純米企画・清酒生原酒

と、日本酒フェスティバルで気に入っていた徳島の三芳菊の原酒パワーに魅かれた結果となりました。


※開催データ

■開催日時 11月12日 午前10時~ 11月14日午後8時

■開催場所 光が丘酒泉たつなみ

■会費 500円(アンケートに答えて500円のお買物券をいただける。ワォ!!)

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村
  1. 2010/11/12(金) 22:38:57|
  2. 日本酒
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

10月31日 ニッポンクラフトビアフェスティバル2010

DVC20101031 (1)
ウ×コ色雲の左手に東京スカイツリーを認識したのは今年の2月だった。あれから大きくなったんだねぇ。

DVC20101031 (5) DVC20101031 (6)
ま、ここはスカイツリーの将来を期待しつつも、目の前のクラフトビアの出来に思いを馳せて急ぐことといたしませう。

DVC20101031 (8)
12時開場の20分過ぎに入ってみたら、ウゲ、前回より混んでる!

DVC20101031 (10) DVC20101031 (11)
まだ動けるスペースがあるだけマジと思い、いざ出陣。

DVC20101031 (12) DVC20101031 (13)
最初は湘南ビール。天青の蔵見学とともに遊びに行きたかったんだけど、別件が入って断念だ。お味はというと、いや~美味しい!キャラメルのような味と香りがよろしゅうございます。
で2杯目はスワンレイクのバーレイ08いただきます。ねっとりとした口当たりの香りの強さが魅力的。とても旨い!

DVC20101031 (16) DVC20101031 (17)
サーブするのは今年もボランティアの人たち。ピンクのTシャツはブリュワーの人たちだ。

DVC20101031 (26) DVC20101031 (35)
3杯目はノースアイランドビールのコリアンダーブラック。以前、八重洲のタワーズでも飲んだんじゃなかったけか。スパイスビールとして期待に応える個性的な出来で、私は個人的に好きな方面です。
4杯目は城端ビール・俺の味。結論から言おう。今回の城端ビールは個人的に期待感が強かったのが災いして、味的にはハズレでした。「俺の味」は甘すぎ。後半では「はかまエール」を飲むんだが、これもたいしたことがなかった。六本木のグランビエールの良かった印象が裏目にでた結果でした。

DVC20101031 (27) DVC20101031 (53)
さぁ、ここからは個人的に思い入れのある長野のブリュワーさんたちだ。まずは東御市のオラホビール(一番右のマイクの人)。
出品したのはビエール・ド・雷電IPA。オレンジピールの香りと苦味を効かせたような素晴らしい出来だった。好みは分かれるかもしれないけど、私には◎。あまり地ビールのイベントへの出展が少なくて寂しかったので、今回の味はgoodでした。

DVC20101031 (32) DVC20101031 (20)
さぁ続いては南信州ビールの「アップルホップ」。リンゴの蜜と酸味を感じる、バランスが良くてとても美味しかった。フルーツビールを好きでない方も多いかもしれないが、私は甘い酒も大好きなんで(甘すぎるとダメだけど)、何杯でもどんと来いの出来栄えです。

DVC20101031 (37) DVC20101031 (45)
お次は9月にお世話になったヤッホーブルーイングさん。この日の味は醸造所の味を思い出しちゃうよ~。旨かったもんね~。

DVC20101031 (30) DVC20101031 (31)
さても皆様飲めや歌えやではなくて、音楽は会場入り口脇のステージに任せて、飲めや飲めやでございます。

DVC20101031 (41) DVC20101031 (47)

DVC20101031 (34) DVC20101031 (40)

DVC20101031 (39) DVC20101031 (52)
5杯目はスワンレイクのインペリアルスタウト。今年初めてインペリアルスタウトを作ったんで是非とブリュワーさんに言われたので、というのもあるが、当日の私のお仲間たちはこのスワンレイクのインペリアルスタウトにとても評価が高かった。バーレイよりもスムースな分飲み易かったのかもしれない。私も好きな味でした。
6杯目は大山Gビールの八郷秋あがり。酒米エールということだが、これが4月の六本木グランビエールで城端ビールが出した「和」を思い出させる味でなかなか美味しかった。

DVC20101031 (54) DVC20101031 (59)
7杯目は龍神酒造のオゼノユキドケ・ホワイト。これは飲み進んで疲れた舌に新鮮だった。山椒のようなピりっと感が忘れられないいいイメージで残っている。
8杯目は箕面ビール・インペリアルスタウト。この後間違ってもう1杯頼んだくらいだから好きな味だったんだと思う。ここいら辺から舌が疲れてきた。

DVC20101031 (60) DVC20101031 (65)
9杯目は城山ブルワリー・ハーブエール。レモングラスを入れてあるということだが、実は1杯頼む前に仲間内で回し飲みで廻ってきたのを味見して美味しかったんで頼んだんだ。いい味です。ハーブスパイスビールのカテゴリーだが、焼酎以外なんでもござれのノムゾー君にはストライクでございましたぁ。
10杯目は金しゃちのコーヒースタウト。ヤッホーブルーイング佐久醸造所で教えてもらったような麦芽のローストの技術でこんな味が出せるんだろうか。疲れた舌にもほんとにコーヒーの味覚を感じたよ。なかなか良ろしい!!

DVC20101031 (63) DVC20101031 (64)

DVC20101031 (80) DVC20101031 (70)

DVC20101031 (76) DVC20101031 (78)

DVC20101031 (83) DVC20101031 (84)

DVC20101031 (88) DVC20101031 (89)
11杯目の城端ビール・はかまエールは4杯目の「俺の味」の残念賞の失地回復を期待したが、ダメ!
12杯目のベアードのビックレッドマシーンは追加銘柄だったので、メモし忘れてコメント無しです。まぁ覚えてないんだからそれなりかい??

DVC20101031 (101) DVC20101031 (99)
とりあえずこの日の今日イチ、今日ニはスワンレイクのバーレイ08がイチ、大山Gビールの八郷秋あがりがニという結果になりました。

え~、スワンレイクのインペリアルスタウトがイチじゃねぇのかよ~という声も聞こえてきそうですが、

お酒は嗜好品です。楽しく健康を損なわない程度に飲みましょう

という言葉でお返事したいと思います。


さて、500mlのミネラル1本だけで4時間居続けたので、あまり足がよたつく前にまだ明るいけれど退散いたしました。
近くの勝安房守(勝海舟)の銅像が「修行が足りん!!」と言っていたか否かは定かではない。


※開催データ

■開催日 10月31日 正午から

■場所 すみだリバーサイドホール

■会費 3500円(前売り券のみ)


にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村
  1. 2010/11/06(土) 15:17:16|
  2. 地ビール&海外ビール
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

最新記事

カレンダー

10 | 2010/11 | 12
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
日本酒 (107)
酒類全般 (106)
シングルモルト (96)
カクテル (15)
ワイン (105)
焼酎 (7)
ラム&テキーラ&グラッパ (13)
地ビール&海外ビール (132)
シェリー&ポート&マデイラ (11)
イベント・インフォメーション (39)
料理教室で飲む (7)
今日のランドル君 (2)
シードル&カルバドス (1)

プロフィール

toratora.nomuzo

Author:toratora.nomuzo
FC2ブログへようこそ!

Ripreに参加しています。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード