お酒のある風景

トラトラ・ノムゾーはシングルモルト、日本酒、ワイン、地ビール、シェリー、ラム、グラッパ等々焼酎以外の大抵のお酒は好きなので、おウチ酒の時にも外で飲んだ時の様子をアップしておけば、それを見てその場の雰囲気に戻れるかなぁとこのブログを作ってみました。

9月25日 ヤッホーブルーイング佐久醸造所への再訪の約束を果たす その2

さあ、頭はパーマおばさん、足は長靴okで、これで醸造工程へ入る準備はできました。いざ!行かん!
DVC20100925 (29) DVC20100925 (30)

最初の説明は実はここの上に上がるのさ。
DVC20100925 (31) DVC20100925 (33)

この日は定員15名いっぱいだったので、2組に分れてのツアー。醸造所の人の前に置かれたのはモルトとホップのサンプルだ。
DVC20100925 (35) DVC20100925 (43)

DVC20100925 (37) DVC20100925 (38) DVC20100925 (39)
上の麦芽、左からペールモルト、キャラメルモルト、チョコレートモルトの順です。

まずはペールモルトを食べてみましょうでパクリ、モグモグ。う~ん、麦ですねってか、これって三陽物産の時にも出ていたニッカウィスキーのスナックモルトと大して変わらんなぁ、モグモグ。

次いきましょう、次。キャラメルモルトをパクリ、モグモグ。う~ん、ちょっと甘い。なんでも説明ではペールモルトは発酵で糖化される「でんぷん」の状態でローストを止めているのに対して、キャラメルモルトは幾分か糖化をさせて醸造工程で使われる時にはすでに糖を含んだ状態にあるんだそうだ。もちろん甘くしたい時に使うんだって。

で、最後のチョコレートモルトは食べると苦い。麦芽が焦げましたってな作りようで、色や苦味を加えたい時に使うとのこと。チョコのような甘さなど皆無。最後に試飲の時、ブラックモルトというのもあると話していたから、この3つは代表例として出してもらえたんだろうな。

DVC20100925 (40) DVC20100925 (41) DVC20100925 (42)
次はホップの説明。写真左からリーフホップで種類はカスケード、次がそれを割って広げたもの、最後がペレットホップ。

まずはリーフホップ。ふわふわと柔らかいが、料理に使う香辛料のような香りの強さはない。煮りゃ香り成分が出てビールらしくなるんだろうか?
次にそれを割って広げる前に

両方の手の平で挟んで擦って摩擦熱を与えてみて下さい。

と言われたのでやってみると

おっお~、よなよなだぁ~

と多くの人から驚きの声が。

摩擦熱もそうだけど、それに応えたのが割って広げた写真に写っている黄色い粒。ルプリンと言うんだそうだ。シトラスやオレンジの香りがここから生まれてくるものらしい。

ペレットホップはご覧のとおり粒状なので、貯蔵や品質が維持しやすいんだろうな。ホップの8割はこれを使い、発酵へ移る手前の段階でリーフホップを使い香りづけをしっかりとやるんだそうだ。

DVC20100925 (47) DVC20100925 (54) DVC20100925 (55)
みなさん、キリンの一番搾りって飲んだことありますか。これはうちのよなよなエールの一番搾りです。

と言って、参加者に配ってくれたのがこれ。

よなよなエールはキリン一番搾りのようなピルスナータイプではないので、もともと茶色の水飴色ではあるんだが、その水飴を薄く溶かしたような

甘い!!

ってのが参加者全員の感想。基本的には一番麦汁だけでは麦芽の甘さが勝ってしまうようだ。なるほどね。

DVC20100925 (56) DVC20100925 (57) DVC20100925 (64)
じゃ、これが貯蔵タンクへ送られる前の段階の麦汁です。

と言ってもう一杯。

おっお~、よなよなだぁ~

うむ、わしゃ何回でも「よなよなだぁ~」って言っちゃうよ。残念だな、この日が今シーズンラストの見学で。でも、この見学はまだまだお楽しみが続くのでありました。

次回を請うご期待!


※開催データ

■お断り 今年度の開催は9月25日(土)をもって終了しました。次年度開催は未定です。

■開催日時 9月25日 第2部午後3時30分~ 90分

■開催場所 ヤッホーブルーイング佐久醸造所

■会費 900円

にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村
  1. 2010/09/29(水) 23:51:45|
  2. 地ビール&海外ビール
  3. | コメント:0

9月25日 ヤッホーブルーイング佐久醸造所への再訪の約束を果たす その1

8月18日のレポートの中で、最後にこんな言葉で締めくくったのは...覚えてないよな。

DVC20100819 (145)
>本来の目的はどんな醸造所なんだろうということだけが知りたかったのですが、玄関の前をうろうろしていると、
>なんと醸造所ツアーをやってるというお知らせじゃあ~りませんか。夏の間の土曜日の特別企画のようです。ラッ
>キー。
>と、いうことでノムゾー君は最終日の9月25日にエントリーしました。あなたとご一緒することが出来たら、ぜ
>ひよろしくお願いします。

ま、いいんだ。自分さえ分かっていれば。という訳でシュワちゃんよろしくアイルビーバック!でございます。
って、そこはどこ??ってわかんない人は右の写真を見てね。JR東日本の佐久平駅です。
DVC20100925 (5) DVC20100925 (6)
佐久平駅がどこかわかんないって??それはね長野新幹線の軽井沢と上田の途中にある駅なんだな。そこがどこかわかんないって??。そんな人はこちらをクリック。

私としては個人的に自転車が調達できるので、自力で醸造所にたどり着き思うがままにビールを飲めるわけですが、それを軽井沢方面からやると行きは下りでいいのですが、帰りの上り坂で確実に死にますってか、ビールを飲んだ意味が消え失せてしまうのでお勧めしません。

まぁぐちゃぐちゃ言ってるより、少しでもヤッホーブルーイング佐久醸造所にペダルを進めましょう。
DVC20100925 (8) DVC20100925 (10)
この日は快晴。雲は秋の雲。道端のコスモスは前回醸造所を訪れた時も咲いてはいたが猛暑だったので、やはり涼しい風になびくコスモスは心和ませてくれるものがあります。

DVC20100925 (13)
高速上信越道の佐久ICを過ぎて...

DVC20100925 (14)
ちょっと体を和ませていました。インター近くの家電量販店でね。だってまだ第2部の午後3時半まで1時間以上あるんだもの。有益な時間消化。タダで2パターン(自動と強力)、30分以上潰すことができました。ありがとうございます、ベイシア電器さん。

DVC20100925 (20) DVC20100925 (21)
県道9号線の浅間山を遠くに臨むこの三叉路(小田井南)に着いたら、県道を離れ右折(気持ち的には県道が左カーブなので直進のイメージ)します。で、これを過ぎてすぐの交差点をまた右折すると

DVC20100925 (23) DVC20100925 (24)
ものの30秒で我らがヤッホーブルーイング佐久醸造所のお出ましとなる訳です。

DVC20100925 (27) DVC20100925 (25)

DVC20100925 (28)
さぁ、食品工場のお約束=全員白長靴にパーマおばさん人間に変身できました。

で、写真もいろいろ、コメントのメモもいろいろとった訳ですが、全作揃えて毎日続々アップする自信がないので、とりあえず醸造工程のボードに沿って一気に全過程をスナップでご紹介の後、

ブリュワーの人から聞いてフムフムしちゃったポイント

をご紹介できればと思います。どうぞ気長にお付き合いください。そんじゃいってみよっか!!

DVC20100925 (46)
醸造工程の説明ボードってこんな感じで~す。説明はボードのを読み取って「プチ醸造所萌え」してみて(ちょっと意味不明??)下さい。

DVC20100925 (51) DVC20100925 (48)

DVC20100925 (52) DVC20100925 (50)
早速すみません。外観が上手く撮れなかったので、内部構造でご勘弁を。基本的にはマッシュタンとロウワータンク、ワールプールは似た外観です。

DVC20100925 (53) DVC20100925 (44)

DVC20100925 (58) DVC20100925 (45)

DVC20100925 (59)
またもやすみません。ウォートクーラーについては撮れませんでした。

DVC20100925 (60) DVC20100925 (70)

DVC20100925 (61) DVC20100925 (73)

DVC20100925 (62) DVC20100925 (76)

DVC20100925 (63) DVC20100925 (78)

DVC20100925 (83) DVC20100925 (84)
はい、最後が缶詰から出荷への工程です。午前中は稼働していたそうなのですが、ぜひ土日操業の場合は抜き取り毒見検査係に雇ってほしいものだと思いました。でも仕事となると「ウコンの力」どころではなくなるか。お酒は楽しく飲みましょう。

では、詳細編は次回を待つべし!!


※開催データ

■お断り 今年度の開催は9月25日(土)をもって終了しました。次年度開催は未定です。

■開催日時 9月25日 第2部午後3時30分~ 90分

■開催場所 ヤッホーブルーイング佐久醸造所

■会費 900円

にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村
  1. 2010/09/26(日) 18:05:47|
  2. 地ビール&海外ビール
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

9月19日 第9回ベネンシアドール公式称号資格認定試験 & 第4回シェリー・カクテル・コンペティション その3

さて、シェリー・カクテル・コンペティションについては前回ふれましたので、今日はベネンシアドール公式称号資格認定試験他をお送りしましょう。


■ 日 時 : 2010年9月19日(日)
      17:30 開場 ベネンシアドールによるシェリー・サービス
      18:00 開宴 ビュッフェ
      18:30 シェリー・カクテル・コンペティション ファイナル
      19:25 ベネンシアドール公式称号資格認定試験
           最終公開実技試験
      20:15 フラメンコ・ショー
      20:45 表彰式
      21:00 終了 

いや、なんといってもビックリしたのは選手の応援団の多いこと、多いこと。カメラの数だってこのとおり。カクテル作りに来たバーテンダーさんの取り巻きよりはっきり多人数でございました。
DVC20100919 (130) DVC20100919 (132)

みな、緊張して真剣です。
DVC20100919 (109) DVC20100919 (113)

競技は1つのグラスと3つのグラスに注ぎいれる2部構成。連続で行います。家族連れも多かったですね。応援し終えたから疲れちゃったのかな?
DVC20100919 (117) DVC20100919 (133)

で、審査の合間を縫ってフラメンコのショー。華のある踊りに会場も湧きます。
DVC20100919 (137) DVC20100919 (140)

結果は第1位に受験番号34番の清水千里さん(SHERRY BAR SPANISH SOUL VENGA)、第2位に受験番号5番の石川和伸さん(BAR CASK&SATILL)が入り、見事へレスへの研修旅行をゲットされました。おめでとうございます。

私もたっぷりカクテルや各社インポーターのシェリーを堪能できて、満足満足マンサニージャ大満足でございましたです、ハイ。


※開催データ

■日時 9月19日 午後5時半から

■場所  西新宿 ハイアット リージェンシー 東京

■会費 4000円

にほんブログ村 酒ブログ 洋酒へ
にほんブログ村
  1. 2010/09/22(水) 03:18:23|
  2. カクテル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

9月19日 第9回ベネンシアドール公式称号資格認定試験 & 第4回シェリー・カクテル・コンペティション その2

さてさて、では肝心なところへ入りますかね。全体スケジュールの中の

シェリー・カクテル・コンペティション ファイナル

をご紹介します。

■ 参考  17:30 開場 ベネンシアドールによるシェリー・サービス
      18:00 開宴 ビュッフェ
      18:30 シェリー・カクテル・コンペティション ファイナル
      19:25 ベネンシアドール公式称号資格認定試験
           最終公開実技試験
      20:15 フラメンコ・ショー
      20:45 表彰式
      21:00 終了 

実際のところは壇上に2人一組でカクテルを作成する過程まで審査されるのだが、こっちはその辺のところは素人で、作業手順にムラがあるのかないのかまで分かる訳もなく、でも一番楽しみにしていたのは創作メニューを実地に試飲できるからだ。
DVC20100919 (82) DVC20100919 (90)

壇上には作成者が上がるが、同じバーテンダー協会の会員バーテンダーが同じレシピで開場左サイドで一生懸命試飲用のを作って観客にサービスしてくれている。私自身は普段カクテルに縁がない酒の飲み方をしているので、特にシェリーベースの創作カクテルを12種類も試すなんてまさに天国さ。
DVC20100919 (44) DVC20100919 (51)

さて、基本的に飲んだ順に私の拙い味覚での感想をご紹介していこう。登録番号順にならなかったのは、できるだけ作り立てのものを選んで飲んだため。ぬるいカクテルなんてね、嫌でしょ、誰でも。

2番:遠藤真彦 バーセブンシーズ
 ⇒リキュールのほのかな甘さの後からシェリーの濃い香り。シェリー以外の甘さが抑え気味なのにシェリーの甘さとバランスが悪かった。
DVC20100919 (40) DVC20100919 (41)

5番:片岡弘之 LA CHINA SHERRY DINING
 ⇒チェリーリキュールのよう。スムースな甘さはいい。
DVC20100919 (47) DVC20100919 (48)

3番:大竹学 セルリアンタワー東急ホテル
 ⇒フレシネの威力か。酸味がはじけて飲みやすい。
DVC20100919 (42) DVC20100919 (43)

4番:尾路直治 オーセントホテル小樽
 ⇒順番の影響もあるかもしれないが、これは新鮮。フレッシュミントとシロップをバランスよく使えている。美味しい!!
 というわけで、この日の私は自分の中での順位付けで、この4番を第2位に推しました。
DVC20100919 (45) DVC20100919 (46)

1番:石田朋也 BAR FAKE
 ⇒このビターは何??と思ったらカンパリのそれだそうだ。この日のコンディションはカンパリ系に辛い点数だったのでごめんなさい。
DVC20100919 (38) DVC20100919 (39)

7番:高山直美 高知新阪急ホテル
 ⇒パッションフルーツとフレッシュライムをシェリーにマッチングさせ、何かが突出しない丸みのある味に仕上げてとてもバランスがいい。とても美味しい!!
 というわけで、この日の私は自分の中での順位付けで、この7番を第1位に推しました。
DVC20100919 (52) DVC20100919 (53)

10番:寅谷幹夫 FIFTY SECONDO BAR
 ⇒この10番の方だけ、レシピの表を撮り漏らしてしまい申し訳ない。

 ベース=フィノ(ティオペペ/ゴンザレスピアス)40ml
     チョーヤ梅酒エクセレント10ml
     フレッシュライムジュース50ml
 作り方=シェイク(ライムピール)
 で、味の方だが、梅酒10mlに対してフレッシュライム50mlはいかがなものか。

(2010.10.04追記)
先日、名無しの権兵衛さんからご指摘があり、レシピは主催者側のミスプリントでフレッシュライム50mlは5mlが正解とのことでした。訂正いたします。
DVC20100919 (62)

9番:田村誠 GLORY 桜木町店
 ⇒バランスよく飲みやすいが、没個性。
DVC20100919 (56) DVC20100919 (57)

8番:高山譲二 ホテルグランヴィア岡山
 ⇒カンパリのビターな感じが冴えている。しかし、この日のコンディションはカンパリ系に辛い点数だったのでこの方にもごめんなさい。
DVC20100919 (54) DVC20100919 (55)

11番:山田秀幸 SHERRY BAR SPANISHI SOUL VENGA!!
 ⇒酸っぱい!!
DVC20100919 (60) DVC20100919 (61)

12番:吉田宏樹 ㈱ニューオータニ
 ⇒甘い!!シャルトリューズが邪魔か?酸っぱ苦甘い!!
DVC20100919 (58) DVC20100919 (59)

6番:嶋田愛紀 BAR DE OLLARIA
 ⇒アニスを入れて複雑さが出る。いろいろ入れている割りには全体はさっぱりして飲みやすい。
DVC20100919 (49) DVC20100919 (50)

コンペティションが終わったところでそれぞれの作品が会場の後ろに並べられました。あなたのお好みは見つけられそうですか?
DVC20100919 (118) DVC20100919 (119)

DVC20100919 (120) DVC20100919 (121)

DVC20100919 (122) DVC20100919 (123)

DVC20100919 (124) DVC20100919 (125)

DVC20100919 (126) DVC20100919 (127)

DVC20100919 (128) DVC20100919 (129)

審査が終わり選手の登壇と結果発表。緊張しますね。審査員の結果は発表順に

 2位 10番 寅谷幹夫さん。
 特別賞 7番 高橋直美さん。(=会場人気投票1位)
 1位  7番 高橋直美さん。

という結果になりました。
DVC20100919 (143) DVC20100919 (144)
私が2位に推した尾路さんは残念でしたが、自分の味覚もまんざらでもないと納得の結果であったのとともに、会場に残っていた高橋さんの試飲のプラカップをひょいとつまんで飲んでみたら、甘くて飲めたもんじゃありませんでした。
やっぱりカクテルって作られてから平らげるまでのタイミングってのがあるから私には敷居が高いなぁと思いながらも、これだけの創意工夫の作品を楽しむことができて満足満足。

次回はベネンシアドール公式称号資格認定試験他をお送りします。

※開催データ

■日時 9月19日 午後5時半から

■場所  西新宿 ハイアット リージェンシー 東京

■会費 4000円

にほんブログ村 酒ブログ 洋酒へ
にほんブログ村
  1. 2010/09/21(火) 10:10:11|
  2. カクテル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

9月19日 第9回ベネンシアドール公式称号資格認定試験 & 第4回シェリー・カクテル・コンペティション その1

今回はと~ても長ったらしいお題だが勘弁してほしい。それくらいいろいろお楽しみが詰まっているわけさ。


「第9回ベネンシアドール公式称号資格認定試験」の最終公開実技試験


 
「第4回シェリー・カクテル・コンペティション」のファイナルシェリー・パーティ

が、東京西新宿の「ハイアットリージェンシー東京」で開かれ、それに私・ノムゾー君も顔を出してきたわけです。


全体のスケジュールはこんな感じ

■ 日 時 : 2010年9月19日(日)
      17:30 開場 ベネンシアドールによるシェリー・サービス
      18:00 開宴 ビュッフェ
      18:30 シェリー・カクテル・コンペティション ファイナル
      19:25 ベネンシアドール公式称号資格認定試験
           最終公開実技試験
      20:15 フラメンコ・ショー
      20:45 表彰式
      21:00 終了 

■ 場 所 : ハイアット リージェンシー 東京
      〒160-0023 東京都新宿区西新宿2-7-2 Tel. 03-3348-1234

■ 会 費 : 一人4000円 

ここ、ここ。コンランショップでも冷やかしながら開場を待・つ・と...し、し、してもいいのかな?
DVC20100919 (3) DVC20100919 (4)

んん?おかしい。パーク・ハイアット東京とは書いてあるが、ハイアットリージェンシー東京とは書いてないぞ。iモードで検索したれ、よいしょっと。

答えはこちらでした。
DVC20100919 (23) DVC20100919 (24)
んだよ!前の小田急センチュリーハイアットじゃん。紛らわしいなぁ、ぷんぷん。

正しい会場には30分前について、でも結構人がいましたね。後から聞いたんだけど、ベネンシアドール公式称号資格認定試験の最終実技試験が公開されるのであって、ファイナリスト10名の前の2次審査を通過した人達の試験を開場前からやっていたようで、それで関係者が多かったようです。
DVC20100919 (27) DVC20100919 (29)

開場すればベネンシアドールによるシェリー・サービスが待ち受けていて、フィノをサーブしてもらえます。
DVC20100919 (31) DVC20100919 (33)

このシェリーのサービスの他に会場には冒頭に紹介したステージでの演目の他、中央にはビュッフェ、サイドにはインポーターのシェリーの試飲ブースとカクテル・コンペティションと同じレシピでのカクテルサービスが同レベルのプロのバーテンダーにより提供されるという訳だ。うれしい、うれしすぎるぅ~。

DVC20100919 (66) DVC20100919 (73)

DVC20100919 (72) DVC20100919 (77)

DVC20100919 (64) DVC20100919 (108)

DVC20100919 (85) DVC20100919 (105)

DVC20100919 (106) DVC20100919 (107)

公開試験やコンペティションの前にいっぱい写真を入れすぎたので、この2つは次回のお楽しみということで少々お待ちください。では、また。

※開催データ

■日時 9月19日 午後5時半から

■場所  西新宿 ハイアット リージェンシー 東京

■会費 4000円

にほんブログ村 酒ブログ 洋酒へ
にほんブログ村
  1. 2010/09/20(月) 10:55:30|
  2. カクテル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

9月17日 ニュージーランドワイン倶楽部

今日はワ~イ、ワ~イ、ワイン~。白好きの私にうれしいニュージーランドワインの会なのさ~。

で、目指すは日本通運本社ビル。汐留再開発地区の奥の方だ。はずかしい話しだが、この日初めてパークホテル東京のある汐留メディアタワーが地下通路で繋がっているってしったのさ。今度のソサエティは雨でも晴れでも地下通路で行こうっと。
DVC20100917 (1) DVC20100917 (2)

しかし大会社の本社とはいえ、な~んとなくニュージーランドワイン倶楽部が過去に開催した六本木全日空ホテル、シティ・クラブ・オブ・トーキョーや、昨年春の東武マリオットホテル銀座より格落ちじゃないかという不安は大当たり。
DVC20100917 (3) DVC20100917 (4)

綺麗な会社の大会議室で立ち飲みって図式に見えるの私だけ??
DVC20100917 (8) DVC20100917 (10)

DVC20100917 (11) DVC20100917 (35)

最初はいつも目をつけている「SPY VALLEY」。4種類(ソービニヨン・ブラン、リースリング、ゲヴェルツトラミネール、ピノノワール)から。4種類の中ではゲヴェルツトラミネールが美味しかったが、7月の芝浦・鈴木屋酒店の方がもっと美味しかったので、少々複雑な心境。
DVC20100917 (14) DVC20100917 (13)

あとは全部のインポーター回るには至らなかったが、「SPY VALLEY」のアルマ・トレードの他に

ジェロボーム
オーシャンワイン
KMワイン
コーディアンワインズ
ミナト・ワイン
カミマル
アプレヴ・トレーディング
ポニー

で、計35種類を試してみました。
DVC20100917 (15) DVC20100917 (18)

そんな中からこの日の私のお勧めはこれ!!第1位はミナト・ワインのESCARPMENTピノノアール2008。第2位はジェロボームのDogPointSelectionソービニヨンブラン2008。
DVC20100917 (26) DVC20100917 (29)

第3位はカミマルのペリグリン・ラストバーン・リースリング。面白いで賞にポニーのSaintClairPioneerBlack4ピノノアール2008でした。
DVC20100917 (30) DVC20100917 (32)

インポーター全体の印象としては平均的に質が高いと思ったアプレヴ・トレーディングが受賞です。パチパチパチ。
DVC20100917 (33) DVC20100917 (34)

35種類試させてもらって、今回の出品作では代表的品種のソービニヨン・ブランよりリースリングの方が他の人達の会話からも高い評価を得ていました。逆にいうとソービニヨン・ブランはパッとしませんでしたね、残念。また個人的には赤で発見がいくつかあったのも収穫です。

また、会の事務局には1時間半の中途半端な時間設定は勘弁してもらいたいと強く言いたいですね。少し遅れてくれば1時間もないわけでしょ。
ニュージーランド大使までつれてくるなら、昔の全日空ホテル時代のマオリのパフォーマンスも入れてほしいな。ほんとに今回は綺麗な体育館かなんかで立ち飲みした気分でヤレヤレでした。
DVC20100917 (36)

DVC20100917 (37)
で、なんで最後に南アルプスの天然水のペットボトルで〆るのかって。それはですな、私10月は白州へ出張(全部が主催者持ちではないんで、正確な表現じゃないけどドンマイドンマイ)してくることになりました。

蒸留所自体は、すでにしっかり見たことがあるので、今回は水にこだわって見学してこようと思ってます。アップは気長にお待ちください。では、今日はお終い。


※開催データ

■開催日時 9月17日 午後7時~

■開催場所 日本通運株式会社本社2階ホール

■会費 3,000円。

にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村
  1. 2010/09/18(土) 11:47:10|
  2. ワイン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

9月9日 三陽物産「モダン モルト ウイスキー マーケット 2010」 試飲編

前回でも触れたのだが、今回のモダンモルトウイスキーマーケット・2010は、西麻布の長野屋さんのご厚意で入場券をいただいたのだが、その浮いたお金で当時長野屋さんが注文を募集していたラフロイグのBATCH2を注文していたので、飲み損ねたBATCH1がここで飲めるとは思わなかった。

DVC20100909 (9) DVC20100909 (8)
「カスクですが」との一言にも指し示す1本指に従ってプラカップに注いでくれたものを味わう。ちょっとシェリーを感じヨードがかなり少ないので、57.8%とはちょっと思えない印象だった。BATCH2はどんな味なんだろう~?

DVC20100909 (17) DVC20100909 (51)
さ、次は邪道かもしれないが、これが良かった!!リフレッシュコーナー。マガジンライブでも是非やってほしいものだ。お勧めは水割りともう一つを構成していた「ヘンドリックス・ジン」のジントニック。

DVC20100909 (41) DVC20100909 (42)
旨い!!旨かった。きゅうりの味も良かったぜ。5杯くらいお世話になっちゃったかな。


後は長々個々にお話しするのもなんなので、大括りでひとつ。(ボトラーズは画像だけではイメージしずらいかなと抜いてあります。ご了承を。)

■美味しかった、もしくは新たな味の発見があったグループ。
DVC20100909 (19) DVC20100909 (21)

DVC20100909 (23) DVC20100909 (55)

DVC20100909 (56) DVC20100909 (57)

DVC20100909 (74) DVC20100909 (75)
最後のウーガダールとアーリーナムビーストは次の「以前と同じ印象の味を再確認できたグループ」に入れてもよかったのですが、最後のグループにブラスダにコリーヴレエッカンが入ってしまった反動?ととっていただいてもいいかと思います。

■以前と同じ印象の味を再確認できたグループ。
以前のように美味しかった、または、この蒸留所はこの味だよねと期待を裏切らなかったグループです。
DVC20100909 (11) DVC20100909 (24)

DVC20100909 (26) DVC20100909 (27)

DVC20100909 (31) DVC20100909 (60)

DVC20100909 (63) DVC20100909 (64)

DVC20100909 (65) DVC20100909 (68)

DVC20100909 (69) DVC20100909 (70)

DVC20100909 (77)

■この日の体調と相性が悪かったのか、旨くねっ!と感じたグループ。
DVC20100909 (29) DVC20100909 (30)
ブラスダにコリーヴレエッカンは「甘いアードベッグ??」と受け入れ難かったですね。

DVC20100909 (79)
白州のヘビーピートも、三陽物産のブースにあったものなのですが、この瓶に関しては森の香りと不一致でパスしました。



■日時 9月9日 12:00~18:00

■場所 有楽町 東京国際フォーラム ホールB5

■入場料 :¥4,000(税込)

にほんブログ村 酒ブログ 洋酒へ
にほんブログ村
  1. 2010/09/14(火) 02:50:01|
  2. シングルモルト
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

9月9日 三陽物産「モダン モルト ウイスキー マーケット 2010」 会場編

前日の8日にパークホテル東京で会った顔見知りのほとんどが

行く!!

と言った三陽物産の「モダン モルト ウイスキー マーケット 2010」。
スコ文研関係の重鎮も数多く来場し、さながら

夏のプチ・マガジンライブ

ってな具合になったと感じた今年でした。

DVC20100909 (2) DVC20100909 (5)
この赤四角のプレートも久しぶりやね。今年は休みをとって時間は万全、肝臓は少しお疲れで、各ブースを回っても

ちょっとでいいです。

とハナからプラカップで少々なのに、更にそれを削りながら浮遊しておりました。また、今年は西麻布の長野屋さんのご厚意で入場券ゴチでの参加です。どうもありがとうございましたです、ハイ。


じゃ、今日は参加できなかった方向けに会場の様子をピックアップ。ボトルのなにがしがどうのこうのは分量的にも明日にいたしましょう。
DVC20100909 (6) DVC20100909 (7)
1時くらいに会場到着。まだ、人が通り過ぎる余地有り。

DVC20100909 (13) DVC20100909 (18)
サントリーガールズも、ベンチャーウイスキーの若手くんも頑張っております。

DVC20100909 (32) DVC20100909 (49)
3時を過ぎてレクチャーを受けた人がどっと出ると立錐の余地もないくらい。注ぐのもホレホレ忙しい。

DVC20100909 (61) DVC20100909 (83)
4時過ぎても暑い熱気はうせず、5時でお店関係の方々が引け始め、6時20分前にはこんな感じ。


■日時 9月9日 12:00~18:00

■場所 有楽町 東京国際フォーラム ホールB5

■入場料 :¥4,000(税込)

にほんブログ村 酒ブログ 洋酒へ
にほんブログ村
  1. 2010/09/13(月) 02:09:07|
  2. シングルモルト
  3. | コメント:0

9月8日 ウイスキー・ウェーブ Vol.5 at パークホテル東京 25F Bar HIGH SOCIETY in Tokyo その3

さぁ、グレンドロナックです。サントリーのラインナップにあった時にやはりオフィシャルを1本空けた以降はしっかり飲んでいなかったので、前回のベンリアックの次に持ってきました。

お、リストにはない1996と2002まで出てきちゃって、うれしいねぇ~。
DVC20100908 (45) DVC20100908 (47)

DVC20100908 (43) DVC20100908 (49)
2002年は8年としては私は一本勝ちでいいんじゃないでしょうか。鈴木桂治もスカっと勝ってほしかったですね。関係ないか。まぁまぁ。1996年はちょっと赤ワインカスクフィニッシュかと思ってしまいました。具体的なコメントじゃなくてすみません。

では、続きまして、ホイ、このラインナップを頂戴いたします。
●グレンドロナック12年 シェリーカスク 46%   
●グレンドロナック15年 シェリーカスク 46%   
●グレンドロナック18年 シェリーカスク 46%   
●グレンドロナック1972 37年 シェリーカスク 54.4%  
DVC20100908 (63)

DVC20100908 (55) DVC20100908 (57)

DVC20100908 (59) DVC20100908 (61)
●グレンドロナック12年 シェリーカスク 46%   
  ⇒ひね香(日本酒で使う酸化の進んだ香り)。シェリー樽だけどシェリー自体は薄めにしか出てない。

●グレンドロナック15年 シェリーカスク 46%   
  ⇒みりん。ウィスキーボンボン。

●グレンドロナック18年 シェリーカスク 46%   
  ⇒濃い目のシェリー。すいすい飲める。

●グレンドロナック1972 37年 シェリーカスク 54.4%  
  ⇒グレート!!ビターな杏orプルーンの味

結局アランは後手後手に回ってしまい、全部はご紹介できないのですが、最初にパンクIPAとともに平らげたアラン15周年アニバーサリー記念ボトル54.6%のボトルが写真左で、写真右はこの日の隠し玉のひとつ・アラン蒸留所限定発売ボトル15年ものです。スパイス・甘味・酸味、いろいろな味がバランスよく突出しないで、とても美味しかった。日本だけには突出して発売してほしいものだと切に思う次第でございます。
DVC20100908 (41) DVC20100908 (69)
 
まだまだ大人の夜は続く。商談(?)も続く。
DVC20100908 (65) DVC20100908 (83)

なごりは尽きねど、そろそろフェードアウトへ。
DVC20100908 (79)


■日時 9月8日 午後6時から

■場所 汐留 パークホテル東京25階 Bar HIGH SOCIETY in TOKYO

にほんブログ村 酒ブログ 洋酒へ
にほんブログ村
  1. 2010/09/12(日) 10:40:22|
  2. シングルモルト
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

9月8日 ウイスキー・ウェーブ Vol.5 at パークホテル東京 25F Bar HIGH SOCIETY in Tokyo その2

DVC20100908 (13)

さぁ、まずはベンリアックです。ロングモーンから切り離される前のオフィシャルを1本しっかりと空けた経験が強く残っていて、その後はキュオリアシタスなんかを飲ませてもらって

ふ~ん、面白いんじゃないの

くらいしか味わったことがなかったんでね。31年まで出していただいて恐縮でございます。写真の順も若いもんからでございます。

●ベンリアック10年キュオリアシタス(ピーティー) 46%  
●ベンリアック12年シェリーカスク 46%  
●ベンリアック21年オーセンティカス(ピーティー) 46%  
●ベンリアック1977 31年モスカテル 54.9%  
DVC20100908 (31) DVC20100908 (29)

DVC20100908 (27) DVC20100908 (25)

●ベンリアック10年キュオリアシタス(ピーティー) 46%
  ⇒ライトで少しスモーキー。アイラ引くことのヨード願いましてはキュオリアシタスってか?

●ベンリアック12年シェリーカスク 46% 
  ⇒シェリーでスモーキーさが打ち消されてる。ライトタイプでモルトお初の女性向け??

●ベンリアック21年オーセンティカス(ピーティー) 46% 
  ⇒ピーティーとは思わない。21年にしては軽い後口。最初にモルトを感じるのにいい酒質。

●ベンリアック1977 31年モスカテル 54.9%
  ⇒参りました!!これは旨い。ミントもシェリーも複雑に絡み合ってバランスが最高。


で、結局残り香を楽しみたくってこのザマです。
DVC20100908 (51)


DVC20100908 (53)
おっと、これはリンクを貼らせていただいているなほりんさんご持参のアランのサンプル。2樽も持ってるなんてどんだけお金持ち??綺麗な顔に似合わず豪胆レディです。

え~、こんなお宝もゴチになりながら大人の夜は更けていくのさ。では次回はグレンドロナックです。

※開催データ

■日時 9月8日 午後6時から

■場所 汐留 パークホテル東京25階 Bar HIGH SOCIETY in TOKYO

にほんブログ村 酒ブログ 洋酒へ
にほんブログ村
  1. 2010/09/11(土) 19:21:52|
  2. シングルモルト
  3. | コメント:0

9月8日 ウイスキー・ウェーブ Vol.5 at パークホテル東京 25F Bar HIGH SOCIETY in Tokyo その1

先日ご紹介した「ウイスキー・ウェーブ Vol.4」より前に、ウィスク・イーさんからFacebookで5回目のお呼ばれがあったので、

アランはともかく、グレンドロナックとベンリアックをしっかり飲むのは久しぶりだな~

と、うきうきしながらいつものパークホテル東京 25F Bar HIGH SOCIETY in Tokyoへはせ参じたわけでございます。
DVC20100908 (9) DVC20100908 (11)

出品商品は以下のようなラインナップ。

●アラン15周年アニバーサリー記念ボトル54.6%  ¥600(30ml)
●アラン1997限定ボトル ローワンツリー 46%  ¥600(30ml)
●アラン10年 46%  ¥500(30ml)
●アラン12年 46%  ¥500(30ml)
●グレンドロナック12年 シェリーカスク 46%   ¥500(30ml)
●グレンドロナック15年 シェリーカスク 46%   ¥600(30ml)
●グレンドロナック18年 シェリーカスク 46%   ¥700(30ml)
●グレンドロナック1972 37年 シェリーカスク 54.4%  ¥1,000(15ml)
●ベンリアック10年キュオリアシタス(ピーティー) 46%  ¥500(30ml)
●ベンリアック12年シェリーカスク 46%  ¥500(30ml)
●ベンリアック21年オーセンティカス(ピーティー) 46%  ¥700(30ml)
●ベンリアック1977 31年モスカテル 54.9%  ¥1,000(15ml)

他、アラン、ベンリアック、グレンドロナックの新商品

スコットランドのビール

●ブリュードッグ パンクIPA(樽生)  ¥600(グラス)

ま、これは一例ですね。どぞ。
DVC20100908 (13)
DVC20100908 (15)
DVC20100908 (17)

前回同様ブリュードッグの、この日はパンクIPA(樽生)←昨年の東京リアルエールフェスで人気だったんだよねぇ!とアラン15周年アニバーサリー記念ボトル54.6%を頂戴します。まぁ結構なお点前で、ウホン。見てるだけのあなた、申し訳ない。
DVC20100908 (19)

DVC20100908 (21) DVC20100908 (23)

3つの蒸留所があると、すし詰めにしてはかなり混乱するので、明日以降ゆっくりご紹介していきますね。

※開催データ

■日時 9月8日 午後6時から

■場所 汐留 パークホテル東京25階 Bar HIGH SOCIETY in TOKYO

にほんブログ村 酒ブログ 洋酒へ
にほんブログ村
  1. 2010/09/10(金) 22:07:17|
  2. シングルモルト
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

9月4日 目黒マッシュタン 初秋の宴2010

え~と、ひもの屋のところを曲がって???

(ノム)すみませ~ん、ひもの屋のところを曲がれって書いてあったんで。

(S)えっと、焼肉屋さん見えます?その建物の上です。あ、まだ仕込み途中なんで5時過ぎにお願いします。

(ノム)へい。

DVC20100904 (1) DVC20100904 (2)
というわけで、私の初「マッシュ・タン」このようにして始まったんですな。

DVC20100904 (3)
カウンターが暗い中に数か所ダウンライトがあるんで、こんな写真ばっかり。約30種類くらい入れ替わりとっ替りで飲んでました。

DVC20100904 (4) DVC20100904 (6)
この日の一番のクチの「ダルヴェニー20年オフィシャル」。美味しかったよ~。他にもレアモルトシリーズの19年物(ミルバーンだったか酔っぱらって蒸留所名は記憶にない)とか、アイラのバテッド(ボウモア、カリラ、ラフロイグ)とかもようございました。初「マッシュ・タン」は満足、満足でございました。


※開催データ

■日時 9月4日 午後5時から8時

■場所 目黒 マッシュ・タン

■会費 5000円

にほんブログ村 酒ブログ 洋酒へ
にほんブログ村
  1. 2010/09/06(月) 22:28:24|
  2. シングルモルト
  3. | コメント:0

8月31日 ウイスキー・ウェーブ Vol.4 at パークホテル東京 25F Bar HIGH SOCIETY in Tokyo

先週送られてきた「ウィスク・イーメール」に

アイラ島の最新蒸溜所“キルホーマン”の創業者アントニー・ウィルズ氏が緊急来日!
8/31のウェーブVol.4の初日は、ウィルズ氏ご本人もイベントに参加いたします(18:00~20:00)。

とあったので、どれどれと物好きな気持ちがもたげて、またまた夕暮れせまる汐留メディアタワーに出かけて行きました。
なにせ、アイラのキルホーマンをまだしっかり認識できた機会がなかったので、う~ん、いいチャンスです。
DVC20100831 (2) DVC20100831 (3)
 
出されるリストはこれですね。

● キルホーマン ニュースピリッツ2006 バレル61.6%
● キルホーマン ニュースピリッツ2006 バーボン61.5%
● キルホーマン ニュースピリッツ2006 フレッシュシェリー62%
● キルホーマン ニュースピリッツ2006 シェリーバット61.7%
● キルホーマン ニュースピリッツ2007 フレッシュバーボン63%
● キルホーマン ニュースピリッツ2008 オプティック63.5%
● キルホーマン ニュースピリッツ2008 63%
● キルホーマン ニュースピリッツ2009 63.5%
● キルホーマン2年
● キルホーマン3年ファーストリリース
● キルホーマン3年セカンドリリース
● キルホーマン3年サードリリース
● キルホーマン3年フォース サマーリリース(新)

ま、全部という訳にはいきませんが、いってみましょう!


最初はこれがいいですよと言われた“ブリュードッグ”がリリースした41%のビール「シンク・ザ・ビスマルク41%」
DVC20100831 (4)
う、う、旨い。ガツンとくるホップの高い香りと適度な苦味。泡も細かくて結構なお点前です。

DVC20100831 (5)
写真右がキルホーマン2年。写真左がキルホーマン3年セカンドリリース。

DVC20100831 (6) DVC20100831 (7)
このグラスは上と同じ並びです。

味はですね~、2年62%が旨い!!。スモーキーなトップに続いてすぐ甘さが広がる。バタースカッチ。現場にいたウィスク・イーのディビットさんも「2年でこれですからね。変に10年、12年で出すよりも7~8年くらいの方がちょうどいいかもしれませんね。」と言ってました。
3年セカンドリリースの方は46%ということもあって順番が悪かったせいか少々物足りなかったですね。

DVC20100831 (8)
写真右はキルホーマン・ニュースピリッツ2009 63.5%、写真左がキルホーマン・ニュースピリッツ2007フレッシュバーボン63%

DVC20100831 (11) DVC20100831 (12)
このグラスは上と同じ並びです。

ニュースピリッツは当たり前ですけど、口に含むとアルコールがドーンと先に鼻孔に飛び込んで、次にミント、ホワイトアスパラ。なんかアグリコールラムを飲んでいるような気分でした。
フレッシュバーボンはニュースピリッツより丸い口当たりでした。

DVC20100831 (20)
写真右はキルホーマンニュースピリッツ2006シェリーバット61.7%、写真左がキルホーマンニュースピリッツ2006フレッシュシェリー62%。

DVC20100831 (22) DVC20100831 (24)
このグラスは上と同じ並びです。

シェリーバットは苦味、雑味、ホワイトラム?シェリーはどこにある??状態。フレッシュシェリーはエーテル香を先に感じました。

DVC20100831 (26)
写真右はキルホーマン3年ファーストリリース、写真左がキルホーマン3年サードリリース。

DVC20100831 (28) DVC20100831 (31)
このグラスは上と同じ並びです。

ファーストリリースはちょっと薄い。ヨードは感じるがそれ以上のものが出てこない。サードリリースはファーストよりヨードが出て粘性も感じる。カリラの極軽い感じ??

DVC20100831 (38) DVC20100831 (39)

この晩の収穫はキルホーマン2年は最高っ!!ということと、3年物のいろいろな味のスタイルから、この先の変化も楽しみだと、アランが成長してきたような味の変遷を楽しんでいきたいと思いましたとさ。


※開催データ

■日時 8月31日 午後6時から

■場所 汐留 パークホテル東京25階 Bar HIGH SOCIETY in TOKYO

にほんブログ村 酒ブログ 洋酒へ
にほんブログ村
  1. 2010/09/02(木) 10:08:03|
  2. シングルモルト
  3. | コメント:2

8月28日 インターナショナル・ビアコンペティション2010 審査終了ビール感謝試飲会

ここはどこ?う~ん、ここはやっぱり恵比寿ガーデンプレイスでしょう。ビアフェスには来たことのない私でも、タイユバン・ロブションくらいは、まぁ分かるわけですよ。
DVC20100828 (2) DVC20100828 (5)

そして、ガーデンルームはこちらの標識に従って進んで行けば、そこはインターナショナル・ビアコンペティション2010 審査終了ビール感謝試飲会の会場なわけでございます。
DVC20100828 (6) DVC20100828 (7)

手酌でgo!go!のスタンスですから(それにしてもミネラルウォーターのないのにはびっくりした。地ビール協会ってそういう気は利かないですよね。入場料が安いからと言われてしまえばそれまでだが。)、はっきり言ってわんこソバ状態で飲んだビールをひたすらアップするのみです。リストもくれないし、50種類近くを2時間でとなればね。あなたも現場に来ればわかる。では、いってみましょう!!
DVC20100828 (12) DVC20100828 (15)

DVC20100828 (13) DVC20100828 (16)

DVC20100828 (17) DVC20100828 (18)

DVC20100828 (19) DVC20100828 (20)

DVC20100828 (21) DVC20100828 (22)

DVC20100828 (26) DVC20100828 (27)

DVC20100828 (28) DVC20100828 (29)

DVC20100828 (30) DVC20100828 (32)

DVC20100828 (36) DVC20100828 (37)

DVC20100828 (34) DVC20100828 (35)

DVC20100828 (38) DVC20100828 (39)

DVC20100828 (40) DVC20100828 (45)

DVC20100828 (46) DVC20100828 (47)

DVC20100828 (50) DVC20100828 (51)

DVC20100828 (52) DVC20100828 (53)

DVC20100828 (55) DVC20100828 (57)

DVC20100828 (58) DVC20100828 (63)

DVC20100828 (64) DVC20100828 (65)

DVC20100828 (66) DVC20100828 (67)

DVC20100828 (71) DVC20100828 (73)

DVC20100828 (74) DVC20100828 (75)

DVC20100828 (76) DVC20100828 (77)

さて、42杯のうち、この日の今日イチ、今日二は

今日イチが スワンレイクビール ロブスト・ポーター

今日ニが あくらビール ビスケット・ヴァイツェン

でした~!!
 
あとね、フルーツビールで 城端麦酒 グランブルー と 横浜ビール 綱島桃エール

も、なかなかいけましたね。

コメントがなくって申し訳ないのですが、この写真の量でゲップがでない人がいたらお目にかかってみたいものです。
 

※開催データ

■開催日時 8月28日 午後5時半~7時半

■開催場所 恵比寿ガーデンルーム

■会費 2,000円(前売りのみ)

にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村
  1. 2010/09/01(水) 10:04:36|
  2. 地ビール&海外ビール
  3. | コメント:0

最新記事

カレンダー

08 | 2010/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
日本酒 (105)
酒類全般 (99)
シングルモルト (95)
カクテル (14)
ワイン (96)
焼酎 (7)
ラム&テキーラ&グラッパ (12)
地ビール&海外ビール (122)
シェリー&ポート&マデイラ (11)
イベント・インフォメーション (22)
料理教室で飲む (6)
ジン (0)

プロフィール

toratora.nomuzo

Author:toratora.nomuzo
FC2ブログへようこそ!

Ripreに参加しています。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード