お酒のある風景

トラトラ・ノムゾーはシングルモルト、日本酒、ワイン、地ビール、シェリー、ラム、グラッパ等々焼酎以外の大抵のお酒は好きなので、おウチ酒の時にも外で飲んだ時の様子をアップしておけば、それを見てその場の雰囲気に戻れるかなぁとこのブログを作ってみました。

2月21日 ウィスキーマガジンライブ2010 in tokyo その5

さて、私の個人的なお楽しみ、ボウモアだ、だ、、だ、けどグラスが6つだぜ。しかもニューポット、12年、15年と前の列に並び、後ろの列は16年のシェリー、ポート、ワインのそれぞれのカスクフィニッシュだ。
DVC20100221 (158)

スピーカーはシニアブレンダーのイアン・マッカラム氏。マジ、これだけっすか?できて15年ちょいくらいのアラン蒸留所とは歴史が違うっしょ!!
DVC20100221 (159)

ピート(泥炭)が出てきたり、舌のどの部分がどんな味覚を感じ取るのかレクチャーは進むが、

俺は極上の味を感じ取りたいんだよ!!

という思いはついに満たされることはなかった。
DVC20100221 (162) DVC20100221 (163)

まだ会場が表参道だった時にT、ちょうどジム・マッキュワンが出た後くらいの時期にボウモアのマスタークラスを受けたことが、自分達のポテンシャルの高さを示すグラスが2杯くらいは出たと記憶している。
これが証拠。この第4回のスピーカーはケニス・マッカイ氏でその前の年も同じだったようだが互いの40年ものが披露されている。40年だぜ。16年の何倍だぁ?
DVC20100226.jpg

更に悪いことに、昨年はジュラ蒸留所のリチャード・パターソン一本槍でこれが大当たりだったことも手伝って、まったく私にとってはハズレのクラスとなりました。普通は全部飲み干すんだぜ、わたしゃ。当然ここでの今日イチはニューポット。
DVC20100221 (171)

で、悪いことは続くものさ。憂さ晴らしにサントリーのブースへ行ってボウモアの16年のボトルが3つ(蒸留年が1999~2001くらいだったかな。うる覚えですみません。)並んでいたので、カウンターの中のお嬢さんに

垂直で試させてくれる?

とおねだりして飲ませてもらったら、これが旨いこと、旨いこと。
DVC20100221 (178) DVC20100221 (179)
金出して飲むのよりタダの方が旨いとはどういうことだぁ!このバカちんがぁ!!

と、要はこういうことなのである。

飯を食うのも並ばされるし、ちょっとここ3年くらいではハズレの第10回と私の記憶の中には残っちゃったな。残念っ!!


※開催データ

■日時 2月21日 午前10時半から

■場所 東京ビックサイト

■参加費 6000円(入場料・前売り・ランチ付。マスタークラス料金は3000円。)

にほんブログ村 酒ブログ 洋酒へ
にほんブログ村
  1. 2010/02/26(金) 20:38:41|
  2. シングルモルト
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

2月21日 ウィスキーマガジンライブ2010 in tokyo その4

さあ、マスタークラスのご紹介に行こう!!でも、今回の入場券とマスタークラスアラン蒸留所」のチケットは、昨年末の「アラン・ブロガーティスティング」の参加者へのプレゼントなので、すでにこの時参加のブロガーの皆さんによって紹介済みなのが多いです。画面左横の「なほりんさん」と「まぐぽさん」のリンクのところもクリックしてみて下さい。

さて会場はパワーポイントを活かすためにダウンライトだけなので、私のケータイカメラ君も分が悪いこと限りなし。
DVC20100221 (33) DVC20100221 (36)

スピーカーはアラン蒸留所のプロダクション・ディレクターのジェームス・マクタッガート氏。画面は彼のどアップからスタートしたんだ。で、もって、机の上にはグラスが6つ。シートは8つの丸があるから期待しちゃうだろ?でも出てこなかった、クスン。若い蒸留所じゃしょうがないのかな。
DVC20100221 (34) DVC20100221 (35)

スケジュールは講義を一通りぶっ通して、それからティスティングという流れ。初留釜(左)、再留釜(右)。
DVC20100221 (40) DVC20100221 (41)

スピリッツセイフ(左)、ウェアハウス(右)。
DVC20100221 (43) DVC20100221 (44)

実はこの日の6つのグラスのうち、5つはブロガーティスティングで体験済みだったんだけど、他の人には関係ないことだし復習も兼ねて、え~と10年、12年、ピーコックは写真を撮らなかったので省略。詳しくはこちらのレポートで確認してね。で、右はシェリーシングルカスクでウィスク・イー専用の出荷だそうだ。バニラと手元のメモには書いてある。バーボン樽じゃないのにね。??
DVC20100221 (48) DVC20100221 (49)

左はバーボンシングルカスク2005.軽く甘い。ここでの今日イチはこれだった。右はお初のTHE RDWAN TREE 1997。ななかまどの木という意味だそうだ。ミント、スパイスてんこ盛り。元気がないと飲めないな、ということでこの手のヤツが好きな方はこれから日本で近日発売だそうなのでチャレンジしてみて下さい。
DVC20100221 (50) DVC20100221 (51)

マクタッガート氏の人柄が良かったせいか、終了となっても壇上付近に人が絶えなかった。そして「ブローカー」と呼ばれる方が似合うんじゃないかと思う私にも、一応ブロガー君ということで、このような盾をいただきました。ども、ありがとう。
DVC20100221 (53) DVC20100221 (59)

次回へ続く。


※開催データ

■日時 2月21日 午前10時半から

■場所 東京ビックサイト

■参加費 6000円(入場料・前売り・ランチ付。マスタークラス料金は3000円。)

にほんブログ村 酒ブログ 洋酒へ
にほんブログ村
  1. 2010/02/25(木) 20:27:58|
  2. シングルモルト
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2月21日 ウィスキーマガジンライブ2010 in tokyo その3

会場正面入り口から左から右へ時計周りに巡っています。最初1回のつもりがもう3回目。ボトルと味のコメントの方が面白いんでしょうけど、あんまり器用じゃないんでご勘弁を。

昨日のペルノ・リカール・ジャパンの次にはアサヒビール・ニッカ軍団(左)。その手前が三陽物産さん(右)。
DVC20100221 (83) DVC20100221 (81)

次では足が止まってしまった。肥土さんのベンチャーウィスキー。水ナラとかちょこちょこ舐めさせてもらったけど、新発見という要素も加味しての今日イチはこれかな、「シングルグレーン川崎1982」。色からするとシェリーべとべとで私の好みから外れてしまうんだけれど、シングルグレーンということもあってさらっとした甘さに仕上がっていて良かった。いや~、美味しゅうございました。

なんでも昔三楽オーシャン(メルシャンの前身)がグレーン工場をこともあろうに川崎に持っていて、そこが潰れた時に樽をメルシャンの山梨のワイナリーに持っていって寝かせたのが回ってきたんだって。
DVC20100221 (80) DVC20100221 (87)

さて、まだまだいきます。お次はポリニジャパン(左)、オザキトレーディング(右)。
DVC20100221 (77) DVC20100221 (74)

そん次はリカーズ・ハセガワ(左)ブラックアダーのトゥチェック氏も相変わらず健在だ。アムルットウィスキーの人もいたぞ。で、その次はレアーズ・バウ(右)。ビールサーバーが目立ってた。
DVC20100221 (71) DVC20100221 (69)

そして入り口からするとすぐ右のところに小売店と私が会員のスコッチ文化研究所が陣取っていた。

まずは入り口奥から成城石井、信濃屋食品、河内屋。いや~、河内屋もついに出てきましたか。で入り口手前右にスコッチ文化研究所。ちゃんと今日まで待って、ここで昨年末刊行の「シングルモルトウィスキー大全」買ったですよ。ま、私の辞書みたいなもんだから、ハイ。
DVC20100221 (67) DVC20100221 (66)

DVC20100221 (65) DVC20100221 (64)
暫くご無沙汰だったが、土屋さんも元気でなにより。

あとは、真ん中のアイランドっぽく2つの島があったので、ちゃちゃっとね。
DVC20100221 (73) DVC20100221 (72)

DVC20100221 (100) DVC20100221 (101)

DVC20100221 (117) DVC20100221 (174)

オマケも少しね。
DVC20100221 (131) DVC20100221 (132)


次回へ続く。


※開催データ

■日時 2月21日 午前10時半から

■場所 東京ビックサイト

■参加費 6000円(入場料・前売り・ランチ付。マスタークラス料金は別。)

にほんブログ村 酒ブログ 洋酒へ
にほんブログ村
  1. 2010/02/24(水) 19:28:19|
  2. シングルモルト
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2月21日 ウィスキーマガジンライブ2010 in tokyo その2

昨日の続き。因みに、一連の会場紹介はレイアウト順にいっているので、私が俳諧した順とは異なりますので、へんな飲み方してんなとお思いの方は、そういう順番ではないことをご了承下さい。


さて、フロアレイアウト順に行くと、正面左手奥に大きく陣取っているのがサントリーだ。ここはいつもかわいい女の子をカウンターに揃えていて、しかもモルトの話しがわかるからヘタなCAよりよっぽど素敵に見えるのだが、私同様ケータイカメラ君も暗めのところでは目が眩んで、かくの様なザマに。まぁいいんだ、ちゃんとこの眼で見れたからね。
DVC20100221 (26) DVC20100221 (22)

で、今様のサントリーといえばハイボールだが、ここでは白州で作ってもらった。で、その横には角ハイボールがドドーン!まさかサントリー角瓶がライブに並ぶとは、表参道開催の時代には思いもよらなかった。トシとったのか若返ったのかよくわかんないな。
DVC20100221 (176) DVC20100221 (177)

会場正面はセレモニーの舞台。トークショーやらバクパイプ(東京リアルエールフェスに出てた同じモヒカン君だった)やら、飲む手を休めるにはちょうどよい内容だった。
DVC20100221 (90) DVC20100221 (91)

DVC20100221 (139) DVC20100221 (149)

正面の舞台右手にはペルノ・リカール・ジャパンのブースが。実は何も飲まずにまず全体をサーっと眺めようと思っていたんだけど、最初に寄ってしまったのはここ。これも男のかなしい佐賀、いやいや悲しい性だとお笑い下さい。
ついでに、サントリーのパクリ路線も笑ってね。こっちはシーバスベースのハイボールでした。
DVC20100221 (124) DVC20100221 (123)

DVC20100221 (120) DVC20100221 (119)

次回へ続く。


※開催データ

■日時 2月21日 午前10時半から

■場所 東京ビックサイト

■参加費 6000円(入場料・前売り・ランチ付。マスタークラス料金は別。)

にほんブログ村 酒ブログ 洋酒へ
にほんブログ村
  1. 2010/02/23(火) 20:40:25|
  2. シングルモルト
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2月21日 ウィスキーマガジンライブ2010 in tokyo その1

この道は~いつか来たみ~ち。あ~あ~、そおだよ~ぉ、って昨年も一昨年もこの道さ、ライブだ、ライブ。ウィスキーマガジンライブへ行くんだよ~!天気もいいぜ、最高ぉ!(ではホントはなかったんだな、蓋を開けてみるとこれが)
DVC20100221.jpg DVC20100221 (2)

いろいろネタはあるんですが、3回に分けてご紹介していきたいと思います。

第1回(今日) 会場内の雰囲気
第2回  マスタークラス「アラン蒸留所」
第3回  マスタークラス「ボウモア蒸留所」

では、会場内にレッツゴー!
DVC20100221 (9)
DVC20100221 (10) DVC20100221 (11)

会場内はマスタークラスの間にも何回か回遊したんだけど、時間の前後は外して、便宜上入り口から左回りにいきませうか。
DVC20100221 (93) DVC20100221 (96)
サムウッド(左)、ベリーブラザース&ラット(右)。

ベリーブラザース&ラットのブースには昨年11月の西麻布の長野屋さんの時の営業の方がいて、良くしてくれた。ここでのアタリはじゃじゃん!
DVC20100221 (110) DVC20100221 (112)
グレンスコシア。旨かった。飲める(?)スコシアというのが初めてだったので。あと98のラフロイグもイケました。

DVC20100221 (97) DVC20100221 (98)
大信製作所+コイーバ(左)、NPO法人日本の地ビールを支援する会(右)。もし、先週東京リアルエールフェスティバルに行ってなければ、チェイサーでガンガン飲んで正体をなくすところでした。美味しいことはわかるけど、モルトと地ビールはちゃんぽんにすると足を取られかねません。

DVC20100221 (16) DVC20100221 (20)
スコッチモルトウィスキーソサエティ(左)、カクテルライフデザインオフィスは写真無し。国分(右)

DVC20100221 (103) DVC20100221 (104)
ソサエティはいつもお世話になっているので外せません。最初に飲んだモーレンジ(125.25)も良かったけど、勧めてくれたスモーキーな出来のブルイックラディ(10.69)もなかなか捨てがたい美味しさだった。発見の加点が効いてブルイックラディの勝ち!!

な~んかこうしてタイプしていると、写真も多いし結構時間がかかりそうなので今日はここまで。会場の雰囲気は何回かに分けてお伝えします。

※開催データ

■日時 2月21日 午前10時半から

■場所 東京ビックサイト

■参加費 6000円(入場料・前売り・ランチ付。マスタークラス料金は別。)

にほんブログ村 酒ブログ 洋酒へ
にほんブログ村
  1. 2010/02/22(月) 10:14:13|
  2. シングルモルト
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2月14日 東京リアルエールフェスティバル

DVC20100214 (3) DVC20100214 (4)
さぁ、今日はノムゾー全開になれるのかよくわからない、でも地ビール好きには信じられない「いまさら東京リアルエールフェスティバル初デビュー」です。ドキドキ。場所はあの浅草アサヒビール本社社屋と金色ウ×コビルの近くの「すみだリバーサイドホール」ですぅ。

DVC20100214 (9) DVC20100214 (10)
会場のセンターにはビールサーバーが並び

DVC20100214 (6) DVC20100214 (6)
午後1時からとなっていたのに開場はそれより早めですでに皆のんでるぢゃないか!!

別に雰囲気に呑まれに来たんじゃなくって、ビールを飲みに来たんだから、さっさと飲んじゃいましょ。まずは
DVC20100214 (13) DVC20100214 (12)
今度の日曜日にマガジンライブでお世話になるウィスク・イー出品のゲストビール。ブースで顔を合わせてウチも出してるんですとの一言に敬意を表して1杯目。この後顔見知りの集団に混ぜてもらい、意見交換や回し飲みもしたんだけれど、ここのPunk・IPAは好評でした。私はもうひとつのアンバーエールの方が気に入ったのだけど。

2杯目~!
DVC20100214 (17) DVC20100214 (18)
名古屋の金しゃちインペリアルスタウト、めちゃくちゃ甘~い!バレンタインデーだからいいっちゃいいが。

3杯目~!
DVC20100214 (24) DVC20100214 (23)
厚みがあり甘く複雑な味。美味しかった。結局、これが最後のアンケート投票1位になった。よなよなエールなんて珍しくないメーカーになったけど、こういうものが出てくると楽しみは尽きない。

4杯目~!
DVC20100214 (27) DVC20100214 (29)
ここも昨年のグランビエールで目にとまったところ。柑橘系のフレッシュな香りがした。

5杯目~!
がない!!ないんだ。だってウィスク・イーのブースでソサエティのボウモア3・151とチケットを引き換えてから、ちょうどその前後に顔見知りと合流できたことも手伝って、

いちいちチェックしてられるか!!

モードにスイッチが入ってしまった。

申し訳ないがあとは苦肉の策といえばこれ!「お酒のある風景」でその場にいた気になってちょ。
DVC20100214 (30) DVC20100214 (32)

DVC20100214 (29) DVC20100214 (42)

DVC20100214 (37) DVC20100214 (38)

DVC20100214 (41) DVC20100214 (43)

DVC20100214 (50) DVC20100214 (52)

DVC20100214 (66) DVC20100214 (67)

DVC20100214 (73) DVC20100214 (77)

DVC20100214 (76) DVC20100214 (78)

DVC20100214 (81) DVC20100214 (79)

DVC20100214 (83) DVC20100214 (90)


※開催データ

■開催日 2月14日 午後1時から

■場所 すみだリバーサイドホール

■会費 3500円


にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村
  1. 2010/02/17(水) 19:59:28|
  2. 地ビール&海外ビール
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2月12日 獺祭 新酒の会

午後6時半はちょっと早いが、日曜日は東京リアルエールフェスティバルが入っているから、何とか頑張って今年も来ました、獺祭新酒の会にね。

でか!今年は去年の倍の広さだった。これが去年並みに人が埋まるのだから、一つの蔵としては恐れ入る。
DVC20100212 (1) DVC20100212.jpg

各テーブルには仕込み水と三割九分が2本ずつ置いてある。乾杯用だ。私のテーブルが乾杯まで持つか保証はないが。
DVC20100212 (2) DVC20100212 (3)

桜井社長以下、蔵の幹部の紹介の後は
DVC20100212 (10)

突撃あるのみ!!
DVC20100212 (13) DVC20100212 (12)

DVC20100212 (14) DVC20100212 (15)

DVC20100212 (16) DVC20100212 (17)

DVC20100212 (20) DVC20100212 (21)

DVC20100212 (19) DVC20100212 (22)

いや~、当たり前だがふどちらを向いても獺祭獺祭。遠心分離からおりがらみからスパークリングまで楽しませていただきましたぁ、ハイ。

で、いつもの今日イチ、今日ニは野暮なので今日は無しです。


※開催データ

■開催日 2月12日 午後6時半から

■場所 麹町 都市センターホテル

■会費 4000円

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

  1. 2010/02/15(月) 20:53:34|
  2. 日本酒
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2月8日 荻窪 いちべえ 鶴齢 利き酒会

2月のいちべえのお題は「鶴齢」。新潟のお酒だ。この日は8種類。(1)純米大吟醸、(2)純米吟醸山田錦50%精米生原酒、(3)特別純米越淡麗55%精米生原酒、(4)特別純米五百万石55%精米生原酒、(5)純米酒山田錦65%精米生原酒、(6)純米吟醸、(7)純米酒、(8)ノーラベル。

DVC20100208.jpg DVC20100208 (1)

この日は幹部席(一番下の左の写真)の更に奥だったので、種類は全部飲んだが瓶が回ってこなかったのもあって、他の人より飲んだ量が種類によりムラがあるのだが、

今日イチは→特別純米越淡麗55%精米生原酒。甘い。旨みがノッてる。冷えすぎていないのもいい。

今日ニは→純米酒山田錦65%精米生原酒。山田の良さがでているが控えめで好感がもてる。

という結果でしたぁ。

左=(3)、右=(4)。
DVC20100208 (3) DVC20100208 (4)

左=(5)、右=(6)。
DVC20100208 (6) DVC20100208 (11)

左=幹部席、右=幹部席奥の奥の院からの眺め。
DVC20100208 (12) DVC20100208 (14)


※開催データ

■開催日 1月12日 午後7時半から

■場所 荻窪駅北口 居酒屋いちべえ

■会費 5000円

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

  1. 2010/02/14(日) 11:30:04|
  2. 日本酒
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2月6日 神田モルタン スワンレイクを飲みつくせイベント

12月のノミホーイベントに来たくせに、やっぱりわかりづらい店でであったが、やっと見つけたぜ、神田モルタン君。

ちなみにこの日の詳細は以下のとおりだ。

スワンレイクを飲みつくせイベント
2月6日(土曜日)16時~20時くらいまで(ビールが終わるまでです)
会費は3600円 飲み放題の予定です。但しビール以外は別会計です。
スミマセン。
当日店内でフードは販売しませんので御了承ください。持ち込み大歓迎です。
ビールのサービングはセルフサービスになります。自信のない方は店員に仰ってください。
当日はグラスの数の問題でプラカップをお使いいただきます。マイグラスを使いたい方はお持ちください。
ビールラインナップ
ポーター
アンバーエール
ヴァイツェン
ゴールデンエール
こしひかり仕込み
#B-IPA(ビーアイピーエー)
スワンレイクバーレイ
リアルエール(ポーター)
150Lくらいを予定してます。

DVC20100206.jpg DVC20100206 (1)
DVC20100206 (2)
も少し上見て歩かにゃいかんかったんだな。風俗の看板が女性には少し引き気味にさせるかもしれないが、階段を下に降りれば、そこは単なる呑み助の巣窟だっていうことかな。ということは私には居心地がいいわけです。

DVC20100206 (3) DVC20100206 (4)
会計をすませて、ま、とりあえず出されたビールを一堂にご紹介。

DVC20100206 (5) DVC20100206 (13)

DVC20100206 (6) DVC20100206 (14)

DVC20100206 (7) DVC20100206 (18)

DVC20100206 (8) DVC20100206 (20)

DVC20100206 (9) DVC20100206 (22)

DVC20100206 (12) DVC20100206 (24)

この日、私はこのサイクルを2回転半しました。で、この日の私の今日イチ、今日ニはじゃじゃん!!

今日イチ = #B-IPA(ビーアイピーエー)。 ベルジアン・インディアン・ペールエールっつーうんだって。IPAまではお蔭様で覚えたけれど、ベルジアンが付くなんてカコイイじゃん。でも、ま、そんなオマケはともかく、甘くローストの香り良く、心地よい酔い心地なのでした。う、旨い!!

今日ニ = こしひかり仕込み。淡麗なれどほのかにフルーティー。泡がきめ細かくチェリーの香りと捉えたが、大多数はポン菓子の甘みという意見に賛同者が多かった。旨けりゃ譲るよ、どっちでも。

こうしている間にも、店内は呑み助どもで楽しい夜がふけていくのでした。
DVC20100206 (26) DVC20100206 (28)

DVC20100206 (27) DVC20100206 (29)

DVC20100206 (30) DVC20100206 (31)

開催データは文頭をご覧あれ。

◆食べログ モルタン

にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村
  1. 2010/02/10(水) 19:15:17|
  2. 地ビール&海外ビール
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

最新記事

カレンダー

01 | 2010/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
日本酒 (107)
酒類全般 (106)
シングルモルト (96)
カクテル (15)
ワイン (105)
焼酎 (7)
ラム&テキーラ&グラッパ (13)
地ビール&海外ビール (132)
シェリー&ポート&マデイラ (11)
イベント・インフォメーション (39)
料理教室で飲む (7)
今日のランドル君 (2)
シードル&カルバドス (1)

プロフィール

toratora.nomuzo

Author:toratora.nomuzo
FC2ブログへようこそ!

Ripreに参加しています。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード