お酒のある風景

トラトラ・ノムゾーはシングルモルト、日本酒、ワイン、地ビール、シェリー、ラム、グラッパ等々焼酎以外の大抵のお酒は好きなので、おウチ酒の時にも外で飲んだ時の様子をアップしておけば、それを見てその場の雰囲気に戻れるかなぁとこのブログを作ってみました。

5月23日 スコッチ・モルト・ウィスキー・ソサエティ日本支部 横浜ティスティング会 in スリー・マティーニ

元町中華街の駅に降り立ってみると、ふ~ん、今日はマリンタワー復活の日なんだぁ。
DVC20090523.jpg DVC20090523 (2)
中華街の北門・朝陽門を逆に見ながら、確か山下公園に向かってホテルニューグランドの手前の交差点で左折しろって言ってたな。初めてなんだよね、スリー・マティーニって。

どれどれ、何処何処?
DVC20090523 (3) DVC20090523 (4)
氷川丸はいつもの(といっても昔は緑色の船体だったが)色だが、マリンタワーは白っぽい色一色になっちゃったんだ。

そんなこんなで左折したらばありました、スリー・マティーニ。
DVC20090523 (5) DVC20090523 (6)

中に入ってみると、なるほどオーセンティックなバーやねぇ。いつものお約束どおり、ソサエティのボトルもずらりと並んでいる。
DVC20090523 (11) DVC20090523 (12)

さぁ、飲もうぜ、飲もうぜ、始めようじゃないか!と言う心の声を感じてか、人数も多くなったので担当のMさんの判断でフライングスタートに。ありがとうMさん。
DVC20090523 (21) DVC20090523 (25)

だから、この挨拶の場面はスタートしてから少々経ってのもの。
DVC20090523 (16)

おしゃべりノムゾー君は、この日は同年代と思われえる地元の御夫婦と相席になったので話しが弾んでしまった。なんでもこの御夫婦、初めての参加だそうなんだけど、ドイツ人の友人の方から美味しいモルトをもらったのが参加のキッカケだったとか。

どの蒸留所だったのですか?

私が尋ねると、なんとそれは「グレン・グラッサー」だと言うじゃないか!

くぅ~う、いいお友達をお持ちですねぇ!ってんで、この後は3人でシェアしながらガッツリいただきました。
DVC20090523 (31) DVC20090523 (26)

DVC20090523 (27)
結局ですな、3人で2時間で18の杯の共同作業だった。
 
喉を刺激し、鼻腔に心地良い香りを運んでくれたモルトを、ソサエティの蒸留所番号順にいくと

 2.73   グレンリベット 16年 52.0%
 3.142  ボウモア 18年 58.5%
 4.126  ハイランドパーク 9年 60.7%
 4.128  ハイランドパーク 23年 52.1%
 10.65  ブナハーブン 11年 56.4%
 24.102 マッカラン 23年 54.4%
 25.46  ローズバンク 17年 56.1%
 27.70  スプリングバンク 11年 59.0%
 31.17  ジュラ 18年 57.6%
 50.36  ブラッドノック 18年 55.2%
 66.27  アードモア 23年 52.3%
 73.29  オルトモア 15年 58.3%
 97.11  リトルミル 18年 56.0%
 104.11 グレンクレイグ 34年 47.8%
 118.1  カネマラ 9年 58.2%
 119.9  山崎 18年 48.0%
 125.18 グレンモーレンジ 13年 56.9%
 125.19 グレンモーレンジ 13年 56.3%
 G5.1   インバーゴードン 34年 55.1%(グレーン)

てな具合。大体及第点だったけど、ローズバンクやあのリトルミルが当たりだったのが嬉しかった。
DVC20090523 (29) DVC20090523 (34)
4時のお開きで人も少なくなったようだしお暇かなと思って外に出たら、なんのことはない単に店の中にいた人が外まで広がっていただけだった。酒呑みの姿勢としては多いに見習いたいものである、ウム。

で、これはオマケ。私の好きなホテル・ニューグランドの中庭。酔い覚ましには優雅すぎる
DVC20090523 (38)

※開催データ

■日時 5月23日 午後2時から

■場所 横浜市山下町 スリー・マティーニ

■会費 ノンメンバー 6000円

にほんブログ村 酒ブログ 洋酒へ
にほんブログ村
  1. 2009/05/26(火) 10:08:32|
  2. シングルモルト
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

5月22日 ふくはら酒店 ワインを楽しむ会

台東区御徒町(酒屋さんの住所は台東区台東3丁目なんだけど)というところは私にとって未知の領域でごんす。
だいたい御徒町なんてほとんど降りんもんね。どっちかっていうと無理して言っても地下鉄の「上野広小路」の方が身近なんだけれども、なぜこの地に降り立ったかというと「ワインが飲みたかった」から。

というわけで、この日はふくはら酒店さんの「ワインを楽しむ」にお邪魔しましたぁ。
DVC20090522 (19)
ノムゾーさん、初めてですよね。どこでお知りになったんですか?

いや、ネットの告知で、はい。


確かに紹介でもなく、街の酒屋さんの立ち飲みのテイスティングに来るなんてとても珍しがられた。

社だって明後日の方向からやってきたんだから無理もない。でも、お酒呑みのいいところ。飲んでるうちにワイワイと打ち解けて、これが美味しいの、もっと冷やすと美味しいはずだの、香りが素晴らしいだの、単なるワイン好きの飲みモードだ。(因みにこの日はブラインド)
DVC20090522 (5) DVC20090522 (4)

細かいブランドまで書き取るより飲む方に忙しくって、証拠写真は飲んだ順に以下のとおり・最初2本がリースリング。後3本が赤のローヌワイン。最後は撮り忘れたぁ。
DVC20090522 (6) DVC20090522 (7)

DVC20090522 (8) DVC20090522 (9)

DVC20090522 (10) DVC20090522 (13)

最後に参加者からオマケがあって、韓国から日本で就職して働いていらっしゃる参加者のSさんからの差し入れがこれ。焼酎の眞露が作っている「覆盆子=ポップンジャ」。クランベリーみたいな実から作るお酒なんだって。甘くて美味しかった。Sさん、どうもありがとう。(右は説明してくれてるSさん)
明後日の方向まで来た甲斐がありました。
DVC20090522 (11) DVC20090522 (12)


※開催データ

■開催日時 5月22日 午後7時半30分~

■開催場所 御徒町(台東区台東3丁目)ふくはら酒店

費 割り勘(この日はなんと1,800円だった。ホントに原価で提供してくれてんのね。)

にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村
  1. 2009/05/25(月) 12:31:42|
  2. ワイン
  3. | コメント:0

5月9日 四季酒(よきさけ)の会 新酒の会

この日は日本酒に関して参考にさせてもらっているブログ「四季(よき)酒の会」のtakeさんとall that jazz氏の主宰する新酒の会にむりやり入れてもらってきましたぁ!!(takeさん、ありがとう)

DVC20090509.jpg
場所は千駄木のうなぎ屋「稲毛屋」さん。日本酒の会もお店が主体でやられていて、日本酒好きには有名なんだって。オイラはこの日が初めてさ、ドキドキ。

酒リストとともに趣意書もあった。静かな熱いメッセージがそこにはあった。
DVC20090509 (2)

最初に挨拶して物腰の低い丁寧な人だなぁとの印象であった。が、彼(右)とall that jazz氏(左の長身の方)のコンビネーションによるこの「四季酒の会」とはいかなものであるのだろう?御代は見てのお帰りだぁ。ってか相変わらすプライバシー保護モードのケータイカメラくんのおかげでピンボケこの上ないが、雰囲気だけでも伝わってくれるとうれしいんだけど。
DVC20090509 (5)

ええい、最初に雰囲気からいっちゃおうかな。
DVC20090509 (11)

座敷に入れ込みだが、人の顔が届く範囲で主催者がもてなすキャパを考えて人数を切っているようだ。オイラは追加組だったんで、ご参加の皆さんには狭くして申し訳ねぇでさぁね。
DVC20090509 (49) DVC20090509 (50) DVC20090509 (51)
着物姿が多いのもこの会の特徴らしい。今からの季節、涼やかでよろしいではないか、ウム。

で、この日のお酒は12種類。今まで「荻窪いちべえ」とか、「西荻三ツ谷酒店」などでの蔵元を囲む会のパターンか酒造組合やなんたら協会の試飲会が主だったので、日本酒ファンの個人がコーディネートしてくれるのは初めてだったので、はっきり言って全部知らない銘柄だった。
石高の小さい蔵元エッサホイサといつも東京をウロついているわけもなく、こうした隠れた銘柄ってあるのねって再認識。

相変わらずボケて、おまけに撮り忘れもあるので、順番は違うんですけど、一通りご紹介を。
まず、これは全員にいきわたった後の12本のラインナップ。この後、呑み助の餌食にあって空いちゃうんだな。
DVC20090509 (57)

DVC20090509 (9) DVC20090509 (12)

DVC20090509 (13) DVC20090509 (14)

DVC20090509 (17) DVC20090509 (23)

DVC20090509 (24) DVC20090509 (27)

DVC20090509 (38) DVC20090509 (39)

DVC20090509 (45)

撮り漏らしたのが初雪盃・本醸造、以下会津中将・大吟醸、分福・純米生原酒、勢正宗・普通酒濾過生原酒、青雲・颯・純米吟醸、北安大國・純米吟醸無濾過生原酒、初雪盃・純米無濾過生原酒、本金・純米生原酒、宮の舞・純米吟醸しずく媛、釜屋・純米吟醸雫滴、國揮・特別純米無濾過、永寛屋・純米吟醸中汲み。

正直に言おう!いい会だった。牢名主のような人がいるわけでもなく、年齢はご年配から若い人まで幅広く、女性のお一人さんもそれなりに、要は構えずお酒を、日本酒を楽しみたいという人々に門戸の開かれたいい会であったということが言いたいわけだぁ!
銘柄からすると玄人受けするような気はするが、初心者の人にこそふさわしいと思う。主催者のホスピタリティがあなたを素晴らしい日本酒の世界へ誘ってくれるだろう。
騙されたと思って結構!騙されたとおもって、彼らの話しに乗っかって、ハズレくじを引いたと思わないことを、私は保証しようぢゃないか!!どうだい、当日現場にいた皆の衆??


※開催データ

■開催日時 5月9日 午後5時~

■開催場所 千駄木・稲毛屋

■会費 6,000円

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村
  1. 2009/05/11(月) 21:37:20|
  2. 日本酒
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

5月7日 荻窪いちべえ くどき上手 利き酒会

この日もオイラの「日本酒虎の穴」荻窪いちべえは大盛会だ。山形の「くどき上手」がいちべえ初お目見えなんだとか。すでに池袋ホテルメトロポリタンの山形の酒の会で旨さは確認できてるけれどね。
DVC20090507 (19)

春にケータイ変えて更にピンボケ度が増して皆様には申し訳ない(でもこいつはモノクロコピーだよ)。
この日は8種類プラスサプライズ1種類。大吟醸だけで「出羽燦燦、雄町、出羽の里、亀の尾」と四つも出る。ウシシシシ。
DVC20090507 (6)

お披露目机に並んだ獲物を眺めて
DVC20090507 (5) DVC20090507 (4)

社長さんの説明では「くどき上手」ではなくて「ばくれん」という銘柄もお勧めよっとのこと。フムフム。
DVC20090507 (7)

さぁ、なんでもいいから持ってきておくれーーっ!てなことでオイラの今日イチ、ニはというと
DVC20090507 (9) DVC20090507 (10)

DVC20090507 (12) DVC20090507 (14)
上段右の雄町44純米大吟醸がイチ、酒未来・純米吟醸がニでしたぁ。
雄町もそうだが、酒未来50%精米であったが香りとコクに「よろしいっ!」と納得感の持てる厚みというかボリューム感がオイラウケでございました。

逆に淡麗辛口方面がお好きなら「ばくれん」ということになるんでしょうか。ま、ご自分の舌で味わってみて下さい。そうそう、写真右下の「古代黒紫米 純米酒」も面白い美味しさだったよ。古酒にハーブワインのミックスってな感じで、はい。

※開催データ

■開催日 5月7日 午後7時半から

■場所 荻窪駅北口 居酒屋いちべえ

■会費 4500円

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村
  1. 2009/05/10(日) 16:26:34|
  2. 日本酒
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

4月29日 フィエスタ・デ・しぇりークラブ

前回が2月11日(祝)だから、2ヶ月ぶり??の銀座しぇりークラブだ。
この日は近くのみゆき通りで、チューリップを道に敷き詰めたイベントがあったようなんだけど、フェイスタ開場の午後4時まで仕事をしていたオイラには残念ながら関係なかった。泰明小学校前の柳の緑も鮮やかで春の気分はこちらですませ、お店へ急いだ。
DVC20090429.jpg DVC20090429 (1)

さぁ、いつものお店へ...って言っても2回目なんだけどね。
DVC20090429 (3) DVC20090429 (5)

店は2階と3階の2フロアに分かれるんだけど、3階でベネシアンドールの女性がら注いでもらったマンサとキッシュみたいなの2切れ+ひよこ豆(かな??)とポークの煮込みをビュッフェコーナーでとって、スタンディングフロアの2階へ。なぜ2階かというと、フードは3階で、シェリーはこちらにごっそり有るからさ。
DVC20090429 (8) DVC20090429 (10)
どうだい、フィノで3種類、マンサも3種類クーラーのバケツにぶっさしてある。カウンターのはアモンティリャードから上の甘いタイプかな。カウンターに陣取るのは、私が「シェリーおかわり君」と化す以外にも理由があるのさ。これだぁ!

DVC20090429 (24)

DVC20090429 (28) DVC20090429 (31)

DVC20090429 (35) DVC20090429 (39)

カウンターによっかかってベストポジションでプロのフラメンコのパフォーマンスが眺められるからなんだ。

で、フィエスタはこれでは終わらない。私はシェリーが目当てだが、ここに来るほとんどの人は9対1の割合で圧倒的に女性が多く、それもフラメンコの方へのウェイトが高い。
まぁ、本職ではないのだから上手い上手くないはあっても、皆陽気ににこやかに踊り始める様は非常に健康的で、これがヘレスの陽光の下であったなら、さぞや眺めている私も至高の気分にしてくれるだろうと思わざるを得ない。
女性がニコニコしていて、むっつりしているバカなんてこの世にいるのだろうか?ねぇ。
DVC20090429 (50)

DVC20090429 (59) DVC20090429 (60)

実は、前日に朝日新聞の雑誌「アエラ」に婚活の特集が組まれているのをパラパラと眺めたが、少なくとも男性諸君がフラメンコを1年みっちり(いや、付け焼刃でもなんとかなるかもしれない)やれば、もてることは請合おう!9対1だぜ。

そんな炊き付ける私はというと、まともに踊りはしなかったが、3人の女性と親しく話しが弾んだ。
シックで寡黙だけどランキングに入っている熱い思いのフラメンコダンサー(が彼女の職業かどうかまでは??)、キュートで目がくりっとチャーミングな茶目っ気たっぷりのレディ、私の一番の得意領域のシングルモルトに造詣が深い微笑みを絶やさないマダム(これが知り合いのお母様だったんだ、ビックリ)と、こんな感じ。

どう?私は酒は好きだが、酒を交えていろいろな人と話しができるのはもっと好きだ。お酒の試飲会でも、今まで会ったこともない人と結構べらべら話している。その場の出会いと別れでも、その時のお互いのご機嫌を分ち合えれば、それでなにより。

旨い酒は大好きだけど、それってホントは一緒に飲んだ人もご機嫌になる確率が高いから好きだという側面もあるのかもしれない。一人より二人、二人より三人。人とはそういうものだと思う。

で、次回のインフォメーションはこちら。
DVC20090429 (4)
残念!23日はぶつかっている西荻の三ツ谷さんの「まんさくの花」の会も泣く泣く振って、シングルモルトウィスキーソサイエティ日本支部の「横浜テイスティング会」に行くんだな。
最近替えたケータイカメラも、やっぱり暗い場所ではピントがもうひとつで申し訳ないのだが、プライバシー保護にも一役買っているようだし、今後もこのようなイベントの雰囲気がお伝えできればと思う次第。ではまた。

※開催データ

■日時 4月29日 午後4時~

■場所 銀座泰明小学校 はす向かい 銀座しぇりークラブ

■会費 6000円

にほんブログ村 酒ブログ 洋酒へ
にほんブログ村
  1. 2009/05/01(金) 13:43:09|
  2. シェリー&ポート&マデイラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

最新記事

カレンダー

04 | 2009/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
日本酒 (105)
酒類全般 (102)
シングルモルト (94)
カクテル (15)
ワイン (101)
焼酎 (7)
ラム&テキーラ&グラッパ (12)
地ビール&海外ビール (125)
シェリー&ポート&マデイラ (11)
イベント・インフォメーション (31)
料理教室で飲む (6)
今日のランドル君 (1)

プロフィール

toratora.nomuzo

Author:toratora.nomuzo
FC2ブログへようこそ!

Ripreに参加しています。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード