お酒のある風景

トラトラ・ノムゾーはシングルモルト、日本酒、ワイン、地ビール、シェリー、ラム、グラッパ等々焼酎以外の大抵のお酒は好きなので、おウチ酒の時にも外で飲んだ時の様子をアップしておけば、それを見てその場の雰囲気に戻れるかなぁとこのブログを作ってみました。

1月29日 西荻窪チクロ 1周年記念パーティー

DSC_20170129 (100)

【facebookより転載】

あけましておめでとうございます、久しぶりにノリオの投稿となります!
知ってる方もいらっしゃっるかとは思いますが改めてパノラマキッチンの姉妹店チクロを紹介させていただきます。吉祥寺のお隣り駅である西荻窪南口で格子状の大きな窓ガラスが目印、もちろんイタリア料理を楽しんでいただけるお店です。
CICLO by panorama kitcen「チクロ」と呼んでますが、パノラマキッチンとの違いがいくつかあります。
例えば料理は一品辺りの素材の数を減らす事でお手頃な価格となってますし、前菜の多くは500円からメインディッシュは1200円からとしています。
そしてイタリア自然派ワインの品揃えは西荻窪で一番種類が多くあるかと思います。その日飲めるグラスワインの数も8種類程度とそこそこ開いてて白ワイン赤ワインともに450円から開けてます。ご近所様の台所として家族さん、カップルさん、お一人さん、と多くのお客様に普段使いにて御来店いただいております。そんなチクロはこの1月に1周年を迎えます、そこで1月29日(日曜日)の昼間に1周年パーティをしようと思います。
チクロ 1周年〜イタリアワインとグラッパ祭り〜
岡部シェフの料理とワイン30種 (泡5種類、白ワイン10種類、赤ワイン15種類)に加えて普段はあまり呑んだこと無い人もいるかと思いますがチクロではグラッパが良く呑まれてるので普段飲み比べないであろうグラッパを10種類用意します!!
普段から楽しんでいただいている5Lの巨大グラッパとその他9種類。
さらにイタリアワインの王様バローロや女王バルバレスコ、ブルネッロ、アマローネ…さらに普段はあまり出していないフランス産シャンパーニュも盛り込んでいこうと思います。なんとか1周年を迎えられた感謝の気持ちをこめて当日は沢山食べて飲んで下さいね、立食形式にてお一人様4000円の食べ放題飲み放題となりますのでお誘い合せのうえ、遊びに来て下さい!
ちなみにワイングラスを人数分用意する都合がありますので、あらかじめご予約いただきますようよろしくお願いしますね。
まとめ…
・1月29日(日曜日)
・11時から16時に完全終了
・立食形式 誰でも参加OK
・ワイン30種類とグラッパ10種類合計40種類飲み比べ(無くなり次第終了)
・お一人様 4000円
・当日は公共交通機関、徒歩でのご来店をお願いします。
・当日急遽参加の方は簡易グラス用意しておきますのでお気軽にどうぞ!


ノリオ君が

前の周年の時にはどこに店出すかの探してたんすけど、今年西荻に新しい店出せたんですよ。

って吉祥寺のパノラマキッチンで言ってたのが、1年たったのか。

イタリアワインだけならパノラマでも飲めると思ってたけど、そっか~、グラッパ飲ませてくれるのね。いいな~。ワインをチェイサーにグラッパ。まぁそんな鉄の肝臓ではないので、グラッパ時々イタリアワインぐらいの気持ちでお邪魔させていただきます。

ワインは
DSC_20170129 (65)
このとおりリストにまとまってるんだけど、グラッパは無し。無くても皆困らないだろうし、私も聞き取りメモする根性は持ち合わせていないので、以下絵日記調で、頭の中の代わりにこのブログに覚えておいてもらうことといたしませう。

DSC_20170129 (1)

DSC_20170129 (3)

DSC_20170129 (4)

DSC_20170129 (8)

DSC_20170129 (29)

DSC_20170129 (30)

DSC_20170129 (44)

DSC_20170129 (61)

DSC_20170129 (11)

DSC_20170129 (14)

DSC_20170129 (17)

DSC_20170129 (19)

DSC_20170129 (24)

DSC_20170129 (26)

DSC_20170129 (33)

DSC_20170129 (34)

DSC_20170129 (41)

DSC_20170129 (42)

DSC_20170129 (45)

DSC_20170129 (46)

DSC_20170129 (48)

DSC_20170129 (52)

DSC_20170129 (54)

DSC_20170129 (62)

DSC_20170129 (68)

DSC_20170129 (73)

DSC_20170129 (75)

DSC_20170129 (77)

DSC_20170129 (78)

DSC_20170129 (80)

DSC_20170129 (81)

DSC_20170129 (89)

DSC_20170129 (98)

DSC_20170129 (99)

DSC_20170129 (103)
あの「オルガン」と同じ通り沿いで勝負ができてるなんてスゴイな~と思いながら、2時間の予定が3時間お世話になりました。ノリオ君、お店の皆さん、どうもありがとうございました。楽しかったし、料理もお酒も美味しかったです。


にほんブログ村 酒ブログ 洋酒へ
にほんブログ村
  1. 2017/01/29(日) 19:31:11|
  2. ラム&テキーラ&グラッパ
  3. | コメント:0

お酒のある周辺(GW特別編成9)  Havana Club








にほんブログ村 酒ブログ 洋酒へ
にほんブログ村
  1. 2016/05/07(土) 00:33:45|
  2. ラム&テキーラ&グラッパ
  3. | コメント:0

お酒のある周辺  コ・マ・送・り の 秋谷修二さん(Bar Vie Lembranca)

DSC_20160313 (227)
このちょっとおどけた感じの方は Bar Vie Lembranca の 秋谷修二さん。


2014年夏に銀座のブルガリのビルの屋上でパトロンのイベントや
DSC_20140907 (21)

DSC_20140907 (82)

DSC_20140907 (92)

同じくこれは前回のビルボードライブ東京での雄姿かな。
DSC_20141109 (70)

DSC_20141109 (71)
作品の出来も華やかで、楽しい人だな~という印象を持っていました。


で、今回「のTEQUILA FESTA2016 TOKYO」で不満だったのが、会場が六本木のビルボードライブ東京と比較して企画倒れだったことと、秋谷さんのカクテルの出来が個人的には残念賞だったことです。

この写真は彼が上位3傑には入るだろうと飲む前にバシバシ撮ったものなのですが、是非次回はこのスマホカメラをブレさせてしまう激しい動きから、美味しいカクテルを送り出してほしいという願いを込めて、このブログに足跡を残しておこうと思います。

頑張って下さい、秋谷さん。
DSC_20160313 (218)

DSC_20160313 (219)

DSC_20160313 (220)

DSC_20160313 (221)

DSC_20160313 (222)

DSC_20160313 (223)

DSC_20160313 (224)

DSC_20160313 (225)

DSC_20160313 (226)

DSC_20160313 (228)

DSC_20160313 (229)

DSC_20160313 (236)

DSC_20160313 (237)

DSC_20160313 (238)

DSC_20160313 (239)

DSC_20160313 (240)

DSC_20160313 (241)

DSC_20160313 (242)

DSC_20160313 (243)

DSC_20160313 (244)

DSC_20160313 (245)

DSC_20160313 (246)

DSC_20160313 (247)

DSC_20160313 (248)

DSC_20160313 (249)

DSC_20160313 (251)

DSC_20160313 (252)

DSC_20160313 (253)

DSC_20160313 (254)

DSC_20160313 (255)

DSC_20160313 (256)

DSC_20160313 (257)

DSC_20160313 (258)

DSC_20160313 (259)

DSC_20160313 (260)

DSC_20160313 (261)

DSC_20160313 (262)

DSC_20160313 (263)

DSC_20160313 (264)

DSC_20160313 (265)

DSC_20160313 (266)

DSC_20160313 (267)

DSC_20160313 (268)

DSC_20160313 (269)

DSC_20160313 (270)

DSC_20160313 (271)

DSC_20160313 (272)

DSC_20160313 (273)

DSC_20160313 (274)

DSC_20160313 (275)

DSC_20160313 (276)

DSC_20160313 (277)

DSC_20160313 (278)


にほんブログ村 酒ブログ 洋酒へ
にほんブログ村
  1. 2016/03/19(土) 21:26:28|
  2. ラム&テキーラ&グラッパ
  3. | コメント:0

3月13日 TEQUILA FESTA2016 TOKYO

200種類以上のテキーラ&メスカル、
カクテルやメキシコビールと音楽が楽しめる、
アジア最大級のテキーラとメスカルの祭典「TEQUILA FESTA」。
参加型のカクテルコンペティション、
スペシャルゲストによるトークショーやDJ & LIVE、
豪華景品があたる抽選会など盛りだくさんなコンテンツ。
メキシコの文化や歴史・観光名所を紹介した体感ゾーン、
マルガリータバーやスペシャルカクテルを提供するBIRDY.BARも登場!

皆様のご参加をお待ちしております。


と、語られて、昨年度までは秋のよい時期に六本木だったのに、今度は春まだ浅い時期に東京湾岸だから、なんとなく

格落ち???

は否めない気持ちの中、それでも土地勘はまだある地域だったので浜松町から歩みを進めました。

DSC_20160313 (3)

DSC_20160313 (6)

DSC_20160313 (8)
受付は要領が悪いのか15分超待たされることに。六本木みたいにビルの中ならまだ我慢できるんですけど、さ、寒いぜ。

DSC_20160313 (13)
メキシコ人がしゃべれば絵になるってとことでしょうか。あんまりよく聞いてませんでした。

DSC_20160313-1 (1)
今年はこの10種類のカクテルが供されるようです。

今回のイベントに関するご紹介の手順はまずブースの様子とカクテルの感じをパンフレットで確認していただいて、それから私の歩いた順に順次写真とコメントを添えていこうと思います。

では、まず

DSC_20160313 (32)
向山直孝さん(BAR HERMIT bourbon side)率いるAチーム。テキーラス・デル・セニョール蒸留所のアラクラン・ブランコをベースにお作りになるのが

DSC_20160313-1 (5)
「メロモレ」。フレッシュメロンやメロンシロップ、ライムジュース等々でグリーンのイメージに作り上げるようだが、お味はいかに。時系列レポを待たれよ。

DSC_20160313 (31)
土屋智洋さん(ホテル椿山荘東京 ロビーラウンジ ル・ジャルダン)率いるBチーム。パトロン蒸留所のパトロン・シルバーをベースにお作りになるのが

DSC_20160313-1 (4)
「ベレッサ・オリエンタル」。レモンジュースに柚子スライス。そして蜂蜜と柚子こしょうパウダー、パプリカパウダー、セロリソルトを融合したスパイスのスノースタイルって長すぎんだけど旨いのかい??ってな具合です~ぅ。

DSC_20160313 (24)
小野田舞さん(BAR Chef TENDER 蒲田店)率いるCチーム。ドン・フリオのアネホを用いてお作りになるのが、

DSC_20160313-1 (7)
「プリマベーラ」。ラズベリーとリンゴ酢を利かせた一品だ。

DSC_20160313 (90)
敏兼洋介さん(NAGAOKA SAKUMO)率いるDチーム。アガバレス・レポサドを用いてお作りになるのが、

DSC_20160313-1 (8)
「アガバモス」。

DSC_20160313 (188)
秋谷修二さん(Bar Vie Lembranca バー-ヴィレンブランサ)率いるEチーム。クルエボ・トラディショナル・レポサドを用いてお作りになるのが、

DSC_20160313-1 (11)
「はるごこち」だ。

DSC_20160313 (196)
水田利明さん(表参道BAR MIZ)率いるFチーム。サウザブルー・レポサドを用いてお作りになるのが、

DSC_20160313-1 (12)
「デ ネグロ」だ。

DSC_20160313 (182)
釜谷道夫さん(乃木坂SEVEN THREE)率いるGチーム。エルドゥーラ・プラタを用いてお作りになるのが、

DSC_20160313-1 (14)
「宵桜」だ。

DSC_20160313 (286)
佐々木憲二さん(Bar Glory 桜木町店)率いるHチーム。ドン・アルバロ・ブランコを用いてお作りになるのが、

DSC_20160313-1 (16)
「バカランダス」だ。

DSC_20160313 (47)
渡邉由希子さん(ザ・プリンス パークタワー東京スカイラウンジ ステラガーデン)率いるIチーム。カスコ・ヴィエホブランコを用いてお作りになるのが、

DSC_20160313-1 (19)
「エル ベッソ デル アイレ」だ。

DSC_20160313 (44)
藁谷由香里さん(立川 BAR TAQUERIA CANTINA)率いるJチーム。エル・チャッロ・シルバーを用いてお作りになるのが、

DSC_20160313-1 (21)
「グラン ロデオ」だ。


DSC_20160313 (17)
さてさて、開始に向けて皆のエンジンはすでに暖まってきているが、

DSC_20160313 (20)
この混み混みの中で、ちゃんとした会場運営がなされて、作品を味わうことができるのだろうか?

DSC_20160313 (21)
水を抜いた飛び込みプールに入れられた駱駝のような気分で、うまく身動きとれず、よー分からんねぇ ?

DSC_20160313 (22)
こちらはIチーム。スマホいじって、ん?余裕?

DSC_20160313 (23)
こちらDチーム。緊張の面持ちでしょうか。

DSC_20160313 (39)
チーム紹介を受けるBチーム。結構な意気込みです。メーカーはパトロンだし、ここだけキャンギャル連れてきてるし、そりゃ当たり前か。

DSC_20160313 (58)
人ごみに流されながらHチームの前に来た時にスタートの合図がなされたので、ここのカクテル「バカランダス」から私の

TEQUILA FESTA2016

はスタートです。


DSC_20160313 (56)
で、お味はというと「甘かった」です。そんだけ。残念で賞かな。

DSC_20160313 (63)
2杯目はEチームの「はるごこち」だ。「ドライオレンジが嬉しい」が最初の1杯目の印象で、2杯目(全体の順番では12杯目になる)では「ドライオレンジを含め上手く甘くなっただけ」と、アルコールのパンチの度合いが効いていないメモが残っている。

DSC_20160313 (66)
リーダーの秋谷さんは私としてはいつも気になる(=楽しいカクテルを作ってくれる)存在なのだけれど、今回はもう少しで賞あたりになるんだろうか。

DSC_20160313 (68)
続いてのFチームの「デ ネグロ」は最初のメモが残っておらず

DSC_20160313 (126)
全体13杯目に飲んだ時のメモは「生ブルーベリーの粒が入っているのが嬉しいくらいか」と辛口の批評で、自分のことながらちょっと取りつく島がありません。

DSC_20160313 (74)
お次はIチーム。

DSC_20160313 (73)
「エル ベッソ デル アイレ」と名付けられたそのカクテルのお味はと言うと、「クランベリー系」と一言だけ。これでは旨いか不味いか分からない。
15杯目に再び順番がまわってきた時のメモは「クランベリー系の甘さのみ」ということで、どうやら自分にとっては不出来だったということらしいです。

DSC_20160313 (76)
そしてお隣Jチーム。

DSC_20160313 (75)
こちらの「グラン ロデオ」はいかがかというと、「ベリー系薄い味わいほうじ茶が入っているのがほのかに分かる」というのが最初のメモで、16杯目に再び飲むのがまわってきた時のメモには「ほうじ茶の好印象もへたってきた。」とあるので、割と新鮮な味わいであったのでしょう。多分良いほうだったと思います。

DSC_20160313 (77)
全体はコの字型にブースが作られていたのですが、Jチームまで来たので反対側のAチームへご訪問です。

DSC_20160313 (80)
「メロモレ」。メロン+唐辛子+ニンニクでとてもユニーク。なかなか楽しくて美味しかったです。

DSC_20160313 (81)
お次はBチーム。

DSC_20160313 (83)
「ベレッサ・オリエンタル」だ。綺麗な胸元までついてきて恐縮至極だが「旨い。柑橘系の王者」という最初のメモが残っているだけだけど、色仕掛けに屈した訳じゃなく旨かったとの印象さ。

DSC_20160313 (87)
お次はCチーム。

DSC_20160313 (86)
「プリマベーラ」と名付けられたカクテルは最初はよく掴みきれなかったのだけど、次の順番が廻ってきた時には「コンクジュースのような濃い喉ごし。甘くパンチが効いてアルコールもはっきりした味わいが嬉しい」と高評価。

後にも出てくるパターンだが、杯を空け進めて血中アルコール濃度が上がり酔いが少しずつ進んでいても、甘さ・アルコール・その他の要素がバランスを崩さず味わえるものに1票を投じることで好みのカクテルを選んでいたことになりました。

DSC_20160313 (114)
次なるチームはDチーム。

DSC_20160313 (115)
カクテル名は「アガバモス」。メモには「コリアンダーパウダーをまぶして混ぜるものも手が混んでいながらバランスがいい。旨い。」というのとアセロラ系(レシピにはマンダリンジュースとありました)だったのも飲み疲れ気味な中でもキッパリした味わいにここにも1票です。

DSC_20160313 (141)
1周回目としは最後はGチーム。賑やかですねぇ

DSC_20160313 (144)
「宵桜」。桜色は外の景色より少々先へ行っていて,メモには「レモン系柑橘系のベースに梅シソフレーバー(チリパウダーだそう)が嬉しい」とひと工夫に評価していました。


1周回して以降のクロール状態は、絵日記調で失礼します。
DSC_20160313 (145)

DSC_20160313 (149)

DSC_20160313 (150)

DSC_20160313 (154)

DSC_20160313 (157)

DSC_20160313 (160)

DSC_20160313 (166)

DSC_20160313 (171)

DSC_20160313 (179)

DSC_20160313 (180)

DSC_20160313 (193)

DSC_20160313 (199)

DSC_20160313 (203)

DSC_20160313 (207)

DSC_20160313 (211)

DSC_20160313 (215)

DSC_20160313 (283)

DSC_20160313 (296)

DSC_20160313 (303)

DSC_20160313 (304)

DSC_20160313 (306)


DSC_20160313 (308)
いや~、プラカップとはいえ飲んだ、飲んだ。という訳で、閉会30分前に会場を失礼しました。

絵日記の前に好き勝手を言いましたが、この日のベスト3は

3位 = Dチーム「アガバモス」

2位 無し

1位 同着で Bチーム「ベレッサ・オリエンタル」 と Cチーム「プリマベーラ」

※次点はAチーム「メロモレ」のユニークさに1票です。

総評としては飲み進んでも、アルコールのパンチが効いて味のバランスの良いものがいくつか見つけることができて収穫があったは反面、半分強は甘味以外の何がどこへ行っちまったのかさっぱり分からず残念で賞も多かったように思います。

しかし一番の戦犯は激混みの会場オペレーションだね。メーカーのブースが各チームの横だっので、激混みのため足を止めての味見が全くできなかった。来年も同じ会場なら私はパスだな。以上です。


※開催データ

■開催日時 3月13日 TEQUILA FEATA午後1時~午後6時30分
■開催場所 港区海岸2-6-24 TABLOID 
         《交 通》
         ゆりかもめ東京臨海新交通臨海線
         「日の出」徒歩1分/「竹芝」徒歩7分
         JR山手線、京浜東北線
         「浜松町」徒歩12分
         東京モノレール羽田線
         「モノレール浜松町」徒歩12分
■会 費 前売券 5500円 / 当日券 6500円

にほんブログ村 酒ブログ 洋酒へ
にほんブログ村
  1. 2016/03/15(火) 21:30:38|
  2. ラム&テキーラ&グラッパ
  3. | コメント:0

4月8日 クエルボ・トラディショナル発売記念パーティー

この日もいくつかの東京ビアウィークのイベントが重なっていて私を悩ませたのですが、ライブ付きでカクテルと新発売のクルエボのフリードリンクならかなり強力なプロモーションなんだろうなと、

4月8日はテキーラの日

ってな具合のくさい台詞を言い訳に、会場のビルボード東京へと急ぎました。

DSC_20150408 (1)
東京ミッドタウンもだんだん通いなれてきたぜ~。

DSC_20150408 (2)

DSC_20150408 (3)
こんな寄り道もしつつ

DSC_20150408 (4)

DSC_20150408 (5)
ガレリアを通り抜けて、奥のエレベーターからビルボード東京へ向かうと


CAI_20150408 (46)
おやおや、おいおい死ぬなよ、スマホカメ。ソフトの起動を妨害されちゃったのかい?

他の人のを見まわしてみると、iphoneは問題なくカメラが撮れているし、バージョンは分からねどアンドロイド端末でもカメラが撮れているので、故障したのか会場側から通話規制と同じ感覚で妨害されているのか訳の分からないまま、でもガラケーの1630万画素のカメラくんは問題なく起動してくれたので、以下そちらのカメラさんに切り替えです。

DSC_20150408 (10)

DSC_20150408 (11)
ビルボード東京の3か所に分かれてカクテルサービスのブースが設けられていました。今日の目標10杯=会費5000円だから1杯500円見当でどうだ!って目論見は、はたして上手くいくのでしょうか?

CAI_20150408 (2)

CAI_20150408 (4)
最初は見た目の鮮やかさでアボガドスムージー・マルガリータを選びました。味はいいのですが、粘っこくって飲みずれ~。

CAI_20150408 (6)
アリーナのフロアへ。ちなみにブースの彼は蝋人形ではありません。たまたまね。

CAI_20150408 (7)

CAI_20150408 (9)
次に飲みましたるはマルガリータ・マルガリータ。う~ん、この系統(トマトジュース割)はウォッカベースのブラディマリーの方に軍配です。

CAI_20150408 (18)
そのお次はといいますと、フルーツの美味しそうな色合いに魅かれてフレッシュパンチ・マルガリータです。う~ん、今のうちから言っちゃおうかな。これがこの日のベスト3のうちのひとつです。美味しかったよ~。

CAI_20150408 (23)

CAI_20150408 (26)
それに続くはアプリコット・マルガリータ。こちらはベスト3には入れなかったが、フルーツいっぱい買いこめないしな~的視点で自分でつくるなら相当旨いっしょと思いました。好きな部類ですね。

CAI_20150408 (27)
いつの間にやらマリアッチもステージへ。

CAI_20150408 (30)
フレッシュパンチ・マルガリータも好評だ。

CAI_20150408 (31)
ストロベリー・マルガリータをいただきました。身体の中の血中アルコール濃度が上がってくると、こういう氷系のものは美味しいですね。

CAI_20150408 (32)

CAI_20150408 (35)
マンゴー・マルガリータと氷系が続いたので、ちょっとこの頃危険水域だったのかもしれません。いかんぜ、ピッチを落とさんと。

CAI_20150408 (36)
ここでスペシャルゲスト:Don Francisco Hajnal alfaro(Maestro Tequilero)のご登壇。なんでも父方の名前も母方の名前も組み入れたお名前なんだそうな。

CAI_20150408 (38)

CAI_20150408 (42)
じいさんの話しは長い(まぁ、プロモーションなのだから仕方ない)ので

CAI_20150408 (43)
1フロア上がって、ブルーアップル・マルガリータをいただきました。 

CAI_20150408 (45)
ビップ席には新製品1本ズボッみたいな光景が。

CAI_20150408 (44)
じいさん元気いいぜ。

CAI_20150408 (47)
で、じいさんのお話しの時間待ちで飲んだ2階のフロアのローズ・マルガリータ。彼がベスト3に見事入賞。酸味を効かせた味わいがちょっと派手派手しい色合いの割には美味しかった。意外だったで賞なわけさ。

CAI_20150408 (49)
お次はブルーミント・マルガリータ。9杯目まできたよ。我ながらよくやるよね。

CAI_20150408 (51)
マリアッチ君に元気を注入してもらい

CAI_20150408 (55)
スプリングブリーズ・マルガリータへ。記念すべき目標の10杯目であったけど、見た目での期待感の割にはちょっとハズレでした。

CAI_20150408 (61)

CAI_20150408 (62)
で、最後に当たりが現れてくれてサイコーだった。飾りの具は品切れだったけどピニャ・マルガリータ(自家製ココナッツミックスとマンゴーが入っている)がベスト3の最後の一角です。トロピカルフルーツ系とテキーラの相性の良さに驚いたで賞ってところでしょうか。

CAI_20150408 (63)

CAI_20150408 (65)
様々なライブがあり、盛り上がりましたが、個人的にはカクテルの飲み比べでお好みも見つけられたし、クロークが混むのはいやだなと、20分ほど早く早退しました。

この秋に例年のテキーラ・フェスタがあればまた来たいなと思わせる、4月にしては寒いけれど、熱い会場を後に家路につきました。お終い。


※開催データ

■開催日時 4月8日 18:30 OPEN 19:00~22:00

■開催場所 東京都港区赤坂9-7-4 東京ミッドタウン ガーデンテラス4F ビルボードライブ東京 

■会 費 会費:5000円 / Jose Cuervo & Cocktails:FREE
                 FOOD & ソフトドリンク:キャッシュオン

【LIVE】 ZEEBRA
     CHOZEN LEE from FIRE BALL
     Backing Band: HOME GROWN

【SELECTOR】 COJIE of MIGHTY CROWN
スペシャルゲスト:Don Francisco Hajnal alfaro(Maestro Tequilero)
MC:Malisa Dominguez

にほんブログ村 酒ブログ 洋酒へ
にほんブログ村
  1. 2015/04/12(日) 22:38:37|
  2. ラム&テキーラ&グラッパ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

11月9日 TEQUILA FESTA2014 TOKYO

さぁ、当初から11月は

楽しむぞ!!

っと意気込むに足る大物のネタがいくつかあって、そのトップバッターがこれ

TEQUILA FESTA2014 TOKYO

だ。


いや~くるくるくるくるいろんなお楽しみが目の前に現れるので、ここは私の歩みそのままに、行きつく先々を解説していくことで、どうぞお付き合い下さい。

DSC_20141109 (6)
場所は六本木ミッドタウン。

DSC_20141109 (7)
会場は昨年と同じビルボードライブ東京だ。

DSC_20141109 (8)

DSC_20141109 (9)
この日は開場から30分くらい遅れて行ったので、入り口はそんなに混んでない。

DSC_20141109 (163)
今年もカクテルとボトルの試飲の2本立てで期待どおり大丈夫かな?

DSC_20141109 (10)

DSC_20141109 (13)

DSC_20141109 (28)
ウェルカム用のフラカップは4種類で、私はパクチーの乗せられた「シラントロとオレンジのマルガリータ」のカップを選びました。ん?オレンジはどこ?って感じだけどドンマイ、ドンマイ。

DSC_20141109 (14)
途中から入ったので、すでに舞台ではカクテルコンペのFチームの紹介中。あと2チーム紹介されれば時期カクテルのサーブが始まるはずだ。ビルボードライブ東京の観客席とステージフロアを目いっぱい使って、今年はどんなんかな~ぁ?

DSC_20141109 (20)

DSC_20141109 (54)

DSC_20141109 (29)
ほどなくカクテルのサーブが始まった。え?今回は客席の方にカクテルチームの配置なのか(昨年はインポーターが位置していた場所だったが、今年は場所を入れ替えしたのだった)。という訳で、うろうろするだけでは芸がないので、入り口通路に一番近かった

avocado & premium tequila AGUA(渋谷) 山本 悟さん率いるBチーム

のテキーラ「ラティリカ」ベースのオフレンダと名付けられたオレンジ味のなかなかナイスな1杯目をいただきました。

【ラティリカ解説】以下の解説は全て「TEQUILA FESTA2014 TOKYO」からの転載です。
300のアガベ農家が出資して作られた「ファナカトラン蒸留所」で製造され、メキシコの祝祭、「死者の日」に捧げられるガイコツを模したテキーラです。ボトルからは想像できない、華やかな香りと優しい甘みが特徴的。


DSC_20141109 (32)
続いては近間の

Bar Glory 桜木町店(桜木町) 佐々木 憲二さん率いるAチーム

のカクテルを。こちらのテキーラは「サウザブルー」をベースに課題が出たらしい。

【サウザブルー解説】
10月下旬に発売予定の、日本初上陸テキーラ。アメリカ市場で大人気の、鮮やかなブルーラベルが特徴の100%アガベ。「革新のサウザ」を代表する待望のテキーラです。

DSC_20141109 (33)

DSC_20141109 (124)
合わせたフルーツは青リンゴ。モナンのグリーンアップルリキュールも入っていた。味はいいんだがクラッシュドアイスが多めでインパクトが今ひとつ。ま、これはこれでよろしいんでないの?


DSC_20141109 (46)
舞台正面の観客席の中段に陣取ったチームに近づく通路が激コミだったので、その上の通路からえいやっと

Sweet KavaKava(津田沼) 工藤 正基さん率いるHチーム

のブースにアプローチ。

DSC_20141109 (41)
こちらのテキーラは「1800」が課題らしい。

【1800解説】
テキーラ最古のクエルボ蒸留所が作る、伝統的なブランド1800。バジェス地方のテキーラならではの、バランスのとれた味わいと、100%アガベの芳醇な香りが人気。

DSC_20141109 (42)
ローズマリーが乗ったこの色合い。9月に銀座ブルガリの屋上で飲んだパトロンの企画のパーティーで出たカクテルとはちと違うような?名前はドロップオブゴット。チョコレートとミックスベリーを加えてあるんだそうな。甘さは滑らかで嫌味なし。プロカップでなくちゃんと飲んでみたかった。


DSC_20141109 (56)
続きましては

Mixology&Elxir Bar BenFiddich(新宿) 鹿山 博康さん率いるCチーム

にアタック。使用ブランドの課題は馬の蹄のマークがあしらわれた「エラドゥーラ」。

【エラドゥーラ解説】
カーサ・エラドゥーラは1870年から続く老舗蒸留所で、現在もアシエンダ、つまり「荘園」の形をとる極めて美しい施設で造られている。使われるアガベは全て自社農園で育てられ、自然発酵のみにこだわった100%アガベテキーラ。

DSC_20141109 (117)

DSC_20141109 (52)
カルピスやミックスベリーのリキュール、グレープフルーツジュースもミックスされていたのは後から知ったのだけど、胡椒の実が入って、スパイスの効いた締まった味になっていて、私の中では

2等賞/8チーム中

おめでとうございますっていうか、大変ご馳走様でした。美味しかったです。


DSC_20141109 (62)
Cチームの次は通路がやっと空いてきたこともあり、その前後のチームに行くことができた。

DSC_20141109 (63)
怪しい煙はなんだろう。

DSC_20141109 (39)
はい、これは

Hilton Tokyo [Zatta Bar](11/1OPEN)(西新宿) 齋藤 恵太さん率いるFチーム

です。ブランドの課題は「ドン・フェルナンド」。

【ドン・フェルナンド解説】
メキシコの秘境“アマティタン”で製造され、昔ながらの手法にこだわり古来からの自然環境ではぐくまれた純粋な味わいのするプレミアムテキーラです。

配っている人が「紅茶味」と言っていたのが耳にのこっていたのだが、後から確認すると「アールグレー」が50mlで一番分量の幅を効かせていた。モナンのシロップも複数入っていたせいか、色味の割には紅茶感は少なかった気がするけど、ベタ付き感がなく、これはいい切り口なのかもと思わせる出来でした。


DSC_20141109 (67)
さぁ、続きましては

BVLGARI Il Bar(銀座)の 秋谷 修二さん率いるDチーム

です。9月のパトロンのイベントでは会場がBVLGARI Il Bar(銀座)ということもあり、当然彼もいたのですが、その時は和三盆とパイナップルをコラボさせ、しかもベースはパトロンだったので、今回の課題は「カサ ノブレ」。

【カサ ノブレ解説】
グアダラハラ出身のギタリスト、「カルロス・サンタナ」のプロデュースした100%アガベテキーラ。有機栽培のアガベを使用し、贅沢にフレンチオークで熟成させた独特の香りが魅力。

DSC_20141109 (70)

DSC_20141109 (115)
さて、その出来はというと、私的には

1等賞/8チーム中

おめでとーぅ!!!っていうか、チョコレート味、オレンジ、ミント、ベリーてんこ盛り的かつ食べ合わせの良さ(チョコをまぶしたオレンジピールが大好物なもので)でほんとに個人的な第1位でした。当然との字で美味しかったです。


DSC_20141109 (68)
横にずれましょう。はい、Eチームです。このチームを率いるのは

TEQUILA BAR Gatito(大井町) 伊藤 裕香さん。

こちらのテキーラの課題は個人的にはプレミアムテキーラで一番幅を効かせていると思う「パトロン」です。

【パトロン解説】
世界的に知られるウルトラ・プレミアム・テキーラで「テキーラ界のナパ・バレー」と称される素晴らしい土をもつロスアルトス地方アトトニルコ地区で造られる。2つの異なる生産ラインを持つ凝った造りで、もちろん100%アガベ。

DSC_20141109 (66)

DSC_20141109 (61)
フルーツの味(キウイ、抹茶、ライム、レモン、オレンジ等々)がたっぷりで、女性なら第1位になること間違いなしのテイストだったんですが、「濃いの」から「爽やか」の順だった(しかも濃いのが好みの味だったので)ので、

今回は巡り合わせが悪かった

と思って下さいまし。


DSC_20141109 (18)
最後はGチームです。Gチームは

コネスール グランドプリンスホテル高輪 (品川) の水田 利明さんが率います。

DSC_20141109 (107)

DSC_20141109 (50)
お味は、お味は、お味はといいますと、

甘いベリー系の味わいだったこと以外、よく覚えていません、すみません。

パトロンと双璧のような「ドン・フリオ」を使っての作品だったのに、ステージから向かって正面右端の人の流れが多い場所だったので、ご縁が少なく申し訳ない。

【ドン・フリオ解説】
テキーラ界の伝説の男フリオ・ゴンザレスが造る、「プレミアムテキーラ」の観念を作り上げた、アトトニルコ地区を代表するブランド。ミルキーで芳醇な香りが魅力の100%アガベテキーラ。


と、こんな具合に今年はカクテルに重きを置いて参戦しました。

昨年はインポーターのブースも総花的に巡ったので、会場を出てからB1の「デリー」でカレーを食べているところから記憶が怪しくなっていたのですが、今年はデリーは無事通過し、帰宅後風呂が沸くまでベットでスマホをいじりながら待っていて次に目が覚めたのが午前3時半。家の中の話しだからokです。

なので、会場の雰囲気やインポーターのブースは絵日記調で申し訳ないのですが、さらさらっとご覧ください。

DSC_20141109 (25)

DSC_20141109 (27)

DSC_20141109 (38)

DSC_20141109 (76)

DSC_20141109 (83)

DSC_20141109 (84)

DSC_20141109 (85)

DSC_20141109 (86)

DSC_20141109 (90)

DSC_20141109 (89)

DSC_20141109 (94)

DSC_20141109 (95)

DSC_20141109 (97)

DSC_20141109 (98)

DSC_20141109 (106)

DSC_20141109 (134)

DSC_20141109 (149)
武蔵屋の小林さん、お世話様。また来夏もコヒーバでラム&ラムパーティーの企画、よろしくね。

DSC_20141109 (152)

DSC_20141109 (159)


※開催データ

■開催日時 11月9日 TEQUILA PARTY 正午~午後4時

■開催場所 東京都港区赤坂9-7-4 東京ミッドタウン ガーデンテラス4F ビルボードライブ東京 

■会 費 前売券 5500円 / 当日券 6500円


にほんブログ村 酒ブログ 洋酒へ
にほんブログ村
  1. 2014/11/14(金) 23:05:54|
  2. ラム&テキーラ&グラッパ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

8月23日 COHIBA ATMOSPHERE TOKYO(西麻布) ラム『酒』×ラム『羊』BBQ

夏だ!暑いぜ!でも、ビールでなくてもね,,,というのがこの日のお題です。

ラム『酒』×ラム『羊』BBQ う~ん、なんて素敵な企画なんだ!!
DSC_20140823 (64)

DSC_20140823 (2)

DSC_20140823 (3)

【COHIBA ATMOSPHERE TOKYO の facebookより転載】

ラム『酒』が好きな方! ラム『羊』が好きな方! とっても素敵なBBQイベントを開催したいと思います♪
ラム『酒』はなんと武藏屋さんのお力添えも頂き、
イケメンラムコンシェルジュの小林さんが、
数十種類のラムの試飲でお客様をお迎えします。
フリードリンクのカクテルには、 ビールやラムカクテル、ソフトドリンクもご用意しております♪

そして、ラム『羊』はWAKANUI LAMB CUISINE JUBANのお力添えを頂き、 ニュージーランド産の臭みが全くと言ってイイほど無い、そしてジューシーなラムチョップをご用意します!
http://www.wakanui.jp/juban/
なんとこの十番のお店は弊社姉妹店のCOZY TABLEの
コラボレストランになります。
とてもジューシーなラムチョップをテラススペースで炭で焼き上げます♪ また、ラム肉と豆の煮込みやサラダ、前菜等もブッフェ形式でご用意します。
※一人ラムチョップ10本程度は食べれる予定です(^^)/

*基本的にBBQスタイルですので、皆さんカジュアルな服装でお越し下さい。
夏の夜はラム×ラムで楽しい時間を過ごしませんか!?
人数に限りが御座いますので、ご予約の程ほどよろしくお願いしますm(_ _)m
日時:8月23(土)18時〜21時 
場所:COHIBA ATMOSPHERE TOKYO(西麻布)
会費:6500円(フリードリンク、BBQフード、数十種類のラム試飲)
問い合わせ先:COHIBA ATMOSPHERE 三木 03-5414-0025

DSC_20140823 (6)

DSC_20140823 (5)


ポルフィディオ「ラム」シルバーマルティニーク(メキシコ)
DSC_20140823 (14)

ラディオラム・リキュールグアバ(ラオス)
DSC_20140823 (15)

キャプテン・モルガン1674ジャック(プエルトリコ)
DSC_20140823 (18)

DSC_20140823 (19)

ディクタドールXOインソレント(コロンビア)
DSC_20140823 (21)

DSC_20140823 (24)

エイジングしたラムって初めてさ。
DSC_20140823 (26)

ナインリーヴス クリア(日本)
DSC_20140823 (28)

DSC_20140823 (32)

ロン・センテナリオ・フンダシオン20年(コスタリカ)
DSC_20140823 (35)

DSC_20140823 (37)

DSC_20140823 (39)

クラーケンブラック・スパイスド・ラム(トリニダード・トバコ)
DSC_20140823 (43)

みっきー頑張れ!
DSC_20140823 (47)

DSC_20140823 (44)

DSC_20140823 (45)

イエラム・サンタマリア ゴールド(日本)
DSC_20140823 (54)

DSC_20140823 (90)

コロンビア産の20年物(リスト外)
DSC_20140823 (56)

ロン・グアンタナメラ10年エリクシール(ドミニカ)
DSC_20140823 (97)

ニカラグア産のシガー
DSC_20140823 (76)

さぁ!最終コーナーだぁ。
DSC_20140823 (86)

DSC_20140823 (100)

ブルガル1888(ドミニカ)
DSC_20140823 (108)

DSC_20140823 (107)

どうもご馳走様。あんまりお腹いっぱいだったので、店に来た最初に思い浮かんだ近所の「タフィア」のカリビアンカレーとティポンシュへの蛇行は見事に吹っ飛んでしまったぜ。ま、いいんだ。お酒も料理も美味しかったから。

にほんブログ村 酒ブログ 洋酒へ
にほんブログ村
  1. 2014/08/25(月) 22:11:34|
  2. ラム&テキーラ&グラッパ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

11月17日 TEQUILA FESTA 2013@Billboard Live その2

CAI_20131117 (126)
TEQUILA FESTA 2013。今回はA~Hチームの8組がカクテルコンペティションに臨んだんだが、2杯ずつ飲んで優劣を更に明確にするはずが、酔っ払ってFチームの作品をすっ飛ばす羽目に。Fチームの方々、申し訳ない!!

CAI_20131117 (128)


ま、そんなこんながありながら、Aチームから順にご紹介しよう。

Aチーム 作品名「レジェンド・オブ・メキシコ」 Don Flano(ドンフラノ)ベース。
CAI_20131117 (118)

CAI_20131117 (75)

Bチーム 作品名「アルバロ・ガール」 Don Alvaro(ドン・アルバロ)ベース。
CAI_20131117 (120)

CAI_20131117 (71)

Cチーム 作品名「アカベ・ローサ」 Agavales(アガバレス)ベース。
CAI_20131117 (121)

CAI_20131117 (61)

Dチーム 作品名「テックスココ」 HERRADURA(エラドゥーラ)ベース。
CAI_20131117 (122)

CAI_20131117 (63)

Eチーム 作品名「クラシオン」 PATRON(パトロン)ベース。
CAI_20131117 (69)

CAI_20131117 (66)

Fチーム 作品名「烏の行水」1800(ミル・オチョ・シエントス)ベース はすっ飛ばしてしまい、ごめんね、ごめんね、ごめんんんんねぇぇぇ!

Gチーム 作品名「ホジェロ」 RANCHO LA JOYA(ランチョ・ラ・ホヤ)ベース。
CAI_20131117 (58)

CAI_20131117 (59)

Hチーム 作品名「カラバザ エン テカ」CHIMAYO(チマヨ)ベース。
CAI_20131117 (57)

CAI_20131117 (56)

そしてこちらが、作品をすっ飛ばしてしまったFチームだ。来年は見逃さないからさ。
CAI_20131117 (44)


で、です。会場の投票結果がどうだかは知らないが、個人的にはAチームが断トツの旨さだったように思う。お酒で、甘く、パンチがあるバランスのとれた作品だった。
なので、そうなってしまうと他がケチョンケチョンかというと2番目は僅差でBチーム「アルバロ・ガール」、Eチーム「クラシオン」、Gチーム「ホジェロ」に同着2番としたいところだが、この日の気分がキウィの味を捉えて離さなかったので、Eチーム「クラシオン」を2番としておこう。

CAI_20131117 (65)
ら、ら、来年は、そこのお盆でカクテルを運んでる人!それはpremium tequila bar AGUAの山本 悟さんの作品かね?って必ず聞くからさ、許してね、Fチーム。


※開催データ

■日時 12月21日 第1部 正午から午後4時

■場所 ビルボードライブ東京 

■会費 5,000円(前売)

にほんブログ村 酒ブログ 洋酒へ
にほんブログ村
  1. 2013/11/25(月) 22:27:10|
  2. ラム&テキーラ&グラッパ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

11月17日 TEQUILA FESTA 2013@Billboard Live その1

所は乃木坂、目指すは東京ミッドタウン⇒ビルボードライブ東京だ。
CAI_20131117 (2)

お酒の会だというのに、ライブ会場が開催場所というのに最初はさしたる疑問も持たずに臨んだのです。
CAI_20131117 (15)

テーマはテキーラ。日本テキーラ協会によると「日本最大級の」テキーラフェスタが開催されたので、お邪魔してきました。
CAI_20131117 (25)

会場の一風景ですが、この階段状の空間は未知の体験。どのように説明したらいいか分からないので、「その1」はこの会場の説明と雰囲気に留め、「その2」では大いに楽しませてもらったテキーラベースのカクテルコンペをご紹介します。
CAI_20131117 (79)
まず、上の写真、ステージ下のフラットなところの右奥にカクテルコンペに参加の8チームの試飲ブースがあり、皆それぞれに好みの味を探しています。

CAI_20131117 (109)
これは上段の席から中段の席を覗いたもの。右端がステージ方向で、スタンディング、通路、試飲提供ブース、またスタンディング、通路ってな順に人が立っているんだけど分かるかな?

CAI_20131117 (145)
近くに寄るとこんな感じです。正直勝手が違いましたが、慣れてくるとこれはこれでいいのかもと思えてきました。

CAI_20131117 (148)
但し、そんなに奥行がないので、どこかが混み合っちゃうと、通路も兼ねているので先に行けなくなっちゃうのが難点ですかね。

CAI_20131117 (85)
ま、でもこの会は2部制で、2部はキューバミュージックのライブが控えていたので、「一粒で二度美味しい」な発想はスゴイなと、ハイ。

CAI_20131117 (87)
テキーラを取り上げたのは一昨年の12月以来なのですが、やはりテキーラマエストロ(いつの間にかテキーラソムリエから宗旨替えしてた)のような博識はないので、どのメーカーのものを飲んでよいか分からず

CAI_20131117 (52)
俗っぽく、ジョージ・クルーニーのテキーラなんか飲んでフムフムと分かったような顔をしていたのが正直なところですね。

CAI_20131117 (92)
いや~、しかし上や下を眺めながら、あそこで何をやってるんだろう?と上下にキョロキョロしたのは初めてだったので、気疲れして酔いが早かったこと。

CAI_20131117 (93)
こうしたイベントが成功すれば(勿論今回は成功したと勝手に思ってる)、徐々に「お酒の会に参加するのでビルボードライブ東京へ行ってきました。」とコメントすることが増えるでしょうね。関係者の皆さん、頑張って下さい。


※開催データ

■日時 12月21日 第1部 正午から午後4時

■場所 ビルボードライブ東京 

■会費 5,000円(前売)

にほんブログ村 酒ブログ 洋酒へ
にほんブログ村
  1. 2013/11/18(月) 22:17:41|
  2. ラム&テキーラ&グラッパ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

12月21日 西麻布COHIBA ATMOSPHERE TOKYO ドン・フリオ ニューボトル リリースパーティー

いつもダンスイベントとか葉巻のニューリリースの情報をチェックしている西麻布のコイーバのHPでこんな告知がされていたので、行ってみることに。
DVC20111221 (8) DVC20111221 (9)
ハリスコ州 アトトニルコで造られる伝説のスーパープレミアムテキーラ

「ドン・フリオ」 新ボトル レポサド(8ヶ月熟成) アネホ(18ヶ月熟成)
ドン・フリオ カクテル「Metsパローマ」他3種類

計6種類飲み放題 & チップス    3500円

テキーラベースのカクテルもあるんなら、ストレートがハズレであったとしても悔やみはすまいて。いざ。

DVC20111221 (7) DVC20111221 (10)
コイーバの店内はいつ来ても艶めかしい照明だこと。おやカウンターの上にあるのが、

DVC20111221 (2) DVC20111221 (3)
レポサド(写真左・8ヶ月熟成)と、アネホ(写真右・18ヶ月熟成)だ。

DVC20111221 (12) DVC20111221 (14)
この会は日本テキーラ協会の主催ということもあって、会長さんの挨拶でスタート。まずは「グッドショット」というシナモンを淵にまぶしたグラスでレポサドとアネホをお味見。
アネホは洗練されたプレミアムウォッカにも共通する透明なスピリッツ感があるが、私は若いレポサドの方が地酒くさくて好きでしたね。

DVC20111221 (18) DVC20111221 (19)
会話は弾む。私のグラスを空ける速度も弾む。それにしてもテキーラ協会の会員の一群にまぎれて酒を飲んでいたのだが、気安いいい人達ばかりで驚いた。やはり酒の力は人のコミュニケーションに不可欠だなぁと感じ入った次第。

DVC20111221 (20) DVC20111221 (21)
ブラッディ・マリー(写真一段上右)、テキーラ・サンライズ(写真左)、メッツ・パローマ(写真右)と続けて飲んだ後に、ブラッディ・マリーがとても旨かったのでそればかり飲んでくっちゃべって

DVC20111221 (23) DVC20111221 (22)
2時間の賑やかな夜は更けていったのでした。


※開催データ

■日時 12月21日 午後8時から10時

■場所 西麻布COHIBA ATMOSPHERE TOKYO

■会費 3,500円

にほんブログ村 酒ブログ 洋酒へ
にほんブログ村
  1. 2011/12/24(土) 11:32:25|
  2. ラム&テキーラ&グラッパ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

最新記事

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
日本酒 (105)
酒類全般 (102)
シングルモルト (94)
カクテル (15)
ワイン (101)
焼酎 (7)
ラム&テキーラ&グラッパ (12)
地ビール&海外ビール (125)
シェリー&ポート&マデイラ (11)
イベント・インフォメーション (31)
料理教室で飲む (6)
今日のランドル君 (1)

プロフィール

toratora.nomuzo

Author:toratora.nomuzo
FC2ブログへようこそ!

Ripreに参加しています。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード