お酒のある風景

トラトラ・ノムゾーはシングルモルト、日本酒、ワイン、地ビール、シェリー、ラム、グラッパ等々焼酎以外の大抵のお酒は好きなので、おウチ酒の時にも外で飲んだ時の様子をアップしておけば、それを見てその場の雰囲気に戻れるかなぁとこのブログを作ってみました。

6月11日 恵比寿ワインバーM M's TASTING PARTY /VOL.4 「イタリアDOCワイン 全20州から20種」

DSC_20170611 (25)

DSC_20170611 (22)
2月にお世話になった「恵比寿ワインバーM」のテイスティング。3月は予約したものの自分の都合でコケたので、4ヶ月と久方ぶりです。

DSC_20170611 (1)
Mは恵比寿駅から山手線沿いの道に面した立地で、駅からの道もとても分かりやすい立地にあります。

DSC_20170611 (3)
2時間勝負です。いざ。

DSC_20170611 (16)
男女入り乱れて狙うはいずこのボトルなんだろうか?

DSC_20170611 (4)
では、ボトルの紹介はエントリー順にいきましょう。

1.ヴァッレ・ダオスタ フミン カーヴ・デ・オンズ・コミュヌ (ヴァッレ・ダオスタ州 品種フミン 赤)
2.ランゲ・ロッソ アルド・コンテルノ (ピエモンテ州 品種フレイザ 赤)

DSC_20170611 (5)

3.チンクエ・テッレ カンヒーナ(リグーリア州 品種ボスコ他 白)
4.キアレット・モルメンティ コスタリバ (ロンバルディア州 品種品種ゲロペッロ他 ロゼ)
5.ラグレイン テルラーノ(トレンティーノ・アルトアディジェ州 品種ラグレイン 赤)

DSC_20170611 (6)

6.フリウーリ・コッリ・オリエンターリ サクリサッシ・ビアンコ(フリウリ・ヴェネツィア・ジュリア州 品種フリウラーノ 白)
7.プロセッコ DOC スプマンテ・ブリュット ラ・ジャラ(ヴェネト州 品種グレーラ 泡)

DSC_20170611 (7)

8.コンチェルト・レッジアーノ・ランブルスコ・セッコ メディチ・エルメーテ(エミリア・ロマーニャ州 品種ランブルスコ・サラミーノ 微泡)
9.バローネ・リカーゾリ ヴィン・サント・デル・キアンティ・クラシッコ(トスカーナ州 品種マルヴァージア 甘口)

DSC_20170611 (8)

10.オルヴィエート・クラッシコ・セッコ トッリチェッラ ビジ(ウンブリア州 品種ブロカニコ他 白)
11.ヴェルデッキオ・ティ・マテリカ コレッステファノ(マルケ州 品種ヴェルデッキオ 白)

DSC_20170611 (9)

12.ダーマ モンテプルチアーノ・ダブルッツォ(アブルッツオ州 品種モンテプルチアーノ 赤)
13.ティンティリア カンティーナ・デゥーヴァ(モリーゼ州 品種ティンティリア 赤)

DSC_20170611 (10)

14.エスト・エスト・エスト・ディ・モンテフィアスコーネ イタロ・マツィオッティ(ラツィオ州 品種ブロカニコ他 白)
15.プリミティーボ・ディ・マンドゥーリア マッキア リッツァーノ(ブーリア州 品種プリミティーボ 赤)

DSC_20170611 (15)

16.ネロモーラ ヴィジアノ(カンパーニャ州 品種アリアニコ 赤)
17.アリアニコ・デル・ヴルトゥレ カンティーナ・ディオメーデ(バジリカータ州 品種アリアニコ 赤)
18.チロ・ロッソ・クラシコ ヴィニコラ・ジート(カラブリア州 品種ガリオッポ 赤)

DSC_20170611 (14)

19.コステーラ アルジオラス カンオナウ・ディ・サルディーニャ(サルディーニャ州 品種カンノナウ他 赤)
20.マルサラ・スーペリオーレ・セッコ バーリョ・クラトロ・アリーニ(シチリア州 品種グリッロ他 酒精強化)

DSC_20170611 (20)

DSC_20170611 (18)
う~ん、こうやって飲ませてもらうと

「マルサラ酒」

ってしっかり認識して飲んだのは初めてだよね。味?味はシェリーのいいのより劣っていたので、何となく似たようなお酒なんだな~という域は出ませんでした。でも、マルサラ酒だけ集めて10種類くらい飲めばいいものが見つかりそうな気がしました。イタリアってグラッパだけじゃないんだね~。

DSC_20170611 (30)

DSC_20170611 (49)
で、20種類飲んだ中で、美味しかったのを挙げてみますと、まずは7番「プロセッコ DOC スプマンテ・ブリュット ラ・ジャラ」。メモは飲みやすいといたって簡単。

DSC_20170611 (50)
次は8番「コンチェルト・レッジアーノ・ランブルスコ・セッコ メディチ・エルメーテ」。赤の微発砲はなかなかののど越しでした。メモは飲みやすいとこれまたいい加減。

DSC_20170611 (52)
お次は1番「ヴァッレ・ダオスタ フミン カーヴ・デ・オンズ・コミュヌ」。ブラックベリーのような果実味、木の実の感じと知ったぶり。でも、最初に飲んだのが1番で、印象は良くそのまま最後までイメージを保った感があります。

DSC_20170611 (54)
最後は17番「アリアニコ・デル・ヴルトゥレ カンティーナ・ディオメーデ」。これは旨い。果実味、渋味、えぐ味諸々のバランス良しってか。う~ん、いい加減の極みのようなコメントだ。でも、美味しかったのでいいんです。

DSC_20170611 (58)
白好きの私が、旨いと挙げたのは全部赤なのが、やっぱりテイズティングとか試飲会に参加する意義を感じる瞬間てことでしょうか。まだまだ知らないことが多いってことですよ。恵比寿ワインバーMさん、今回もお世話になりました。ありがとうございました。機会を捉えてまたお邪魔しま~す。


M・HPより転載】
M's Tasting party Vol.4はイタリア特集です。
イタリアは面白い!北緯37~47度の範囲に位置し、
北はアルプス山脈、イタリア半島の中央を
走るアペニン山脈があり土地によって標高の差を生み、
アドリア海、ティレニア海の影響を受け
南には島、シチリア、サルディーニャが存在します。
そしてなにより多様な土着品種がある事でそれぞれの州で
味わいの違うワインのバリエーションが豊富!

魅力的なイタリアワインDOCを全州から各一本ずつ全20種集めました。
プレミアムワイン(有料)もあり!
是非この機会にお楽しみください。
恒例のブラインドも有り(当てるとプレミアムワインをグラス一杯)

予約制     キャンセルのため空席あり
お一人様    ¥3,000(税込)
人数      30名予定 
日にち      6月11日(日曜日)
時間      13時~15時(二時間)
場所       wine bar M 恵比寿西1-3-5 アルス恵比寿メイクス2F
※定員に達し次第受付終了となります。

にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村
  1. 2017/06/17(土) 00:24:40|
  2. ワイン
  3. | コメント:0

6月4日 トラヴァリーノ 三宿イタリアワインバール ピエモンテ州ロエロ地区・デマリエ社のパオロ氏来店

DSC_20170604 (43)
練馬のエノテカ・アリーチェは、ご無沙汰続きではあるものの、ここのおかげで無料試飲会はもちろんのこと

練馬・バールイタリアーノ ダ・パオロ

と巡り合ったり、いい事ずくめの相性のいいお店で、そんでもって今回はここの支店の三宿「トラヴァリーノ」にてイベントがあるのを発見し、参陣いたすた訳でござるよ。

【facebookより転載】

ピエモンテ州ロエロ地区より、中世から続く老舗の実力派ワイナリー、デマリエ社のパオロ氏がこの日のために来店していただいての飲み放題!!この日は特別に気にいったワインを購入も可能です✨
普段は聞けないお話しや、お料理との組み合わせまでいろいろ楽しんでいただけるイベントとなっております(^^)
日曜の12:00〜15:00までと気持ち良く楽しんでいただける時間帯での開催となりますので皆さまお気軽にワイン好き、お酒好きの方お誘いの上ご来店お待ちしております🍷🍷🍷
詳細↓
6月4日(日)
11:45ドアオープン
12:00乾杯〜15:00クローズ
立食スタイルでの飲み放題&軽いお食事もご用意致します。
¥6500-(1名様、税込)
定員20名様
じわじわ埋まりつつありますので、ご予約、詳細などのお問い合わせお早めにお待ちしております\( ˆoˆ )/


では、今日は少々美味しくって飲みすぎちゃった訳で、どうであったかは絵日記調からご推察くだされ。

DSC_20170604 (76)

DSC_20170604 (5)

DSC_20170604 (6)

DSC_20170604 (9)

DSC_20170604 (10)

DSC_20170604 (11)

DSC_20170604 (23)

DSC_20170604 (29)

DSC_20170604 (32)

DSC_20170604 (35)

DSC_20170604 (37)

DSC_20170604 (51)

DSC_20170604 (52)

DSC_20170604 (56)

DSC_20170604 (53)

DSC_20170604 (60)

DSC_20170604 (68)

DSC_20170604 (74)

DSC_20170604 (28)


にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村
  1. 2017/06/04(日) 21:59:29|
  2. ワイン
  3. | コメント:0

5月20日 Rosé Revolution 2017

DSC_20170520 (7)
ロゼと言えば

Lave Rosé

というのが、自分の中での頼りになるイベントであったのだけど、最近はイベントの便りがさっぱり届かない時にこのイベントが目に入ってきました。


【Rosé Revolution ホームページより転載】

Rosé Revolution - 世界初のロゼワイン·フェスティバルが、今年5月に香港、シンガポール、東京、3つの都市で開催されます。 20種類以上の厳選されたロゼを味わうことができます。この夏、Rosé Revolutionはあなたの五感に特別な旅を提供します!
東京初上陸となるRosé Revolutionは、5月18日(木)から20日(土)まで、世界各ワイン生産地から集めた贅沢なロゼをご用意しています。


いいじゃないか。最近は平日の夜が厳しいので、土日のイベントは御の字なんだよね。

DSC_20170520 (83)
所は麻布台のアメリカンクラブ。

DSC_20170520 (2)

DSC_20170520 (8)
ガイドブックは全部英文だ~。

DSC_20170520 (6)

DSC_20170520 (9)
出品は全部で22種類だったらしい。

DSC_20170520 (10)

DSC_20170520 (21)

DSC_20170520 (22)

DSC_20170520 (41)

DSC_20170520 (45)

DSC_20170520 (56)

DSC_20170520 (67)

会場は陽の高い時間帯のこともありそんなに混んでなくて助かりました。クローズまでは2時間ありましたが、2時間ゆっくり18種類楽しんで、3位以上は以下のとおり。

DSC_20170520 (18)
3位 Gerard Bertrand Chateau la Sauvageonne 2016(フランス ラングドック)

感想は「軽やかさの次から味わい深さが繰り出してくる」 

DSC_20170520 (25)
2位 Eddie McDougall Langworthy Rosé 2016 (オーストラリア マーガレットリバー)

感想は「美味しい果実味に豊かなニュアンス」

DSC_20170520 (40)
1位 L'Eclat de Montaud NV France (フランス プロバンス)

感想は「ベリー系のパンチが効いて、苦味、渋味、さらにスパークリングシュワシュワが嬉しい」

5月にしては暑い日の昼下がり、良い時間を持てて何よりです。


にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村
  1. 2017/05/21(日) 22:47:53|
  2. ワイン
  3. | コメント:0

5月18日 日本シャルキュトリ協会 シャルキュトリソワレ(パテ・クルート世界選手権アジア大会決勝表彰式)

DSC_20170518 (3)
所は東京大学教養学部駒場校舎敷地内の「ルヴェソンヴェール駒場」

DSC_20170518 (4)
何が行われるかと言えば

パテ・クルート世界選手権アジア大会決勝 の結果発表

を兼ねたシャルキュトリソワレだ。

DSC_20170518 (2)

DSC_20170518 (40)
開会の辞に続いて早速行われたのはパテ・クルート世界選手権アジア大会決勝の結果発表。

DSC_20170518 (42)
ご贔屓の方の結果はどうだろう。

DSC_20170518 (44)

DSC_20170518 (73)
結果はこの時点で出たのだが、参加者の力作を色眼鏡なく見てもらうため、このブログでは作品の紹介のあとに結果ということにいたしましょう。

DSC_20170518 (103)
ホテル日航熊本 田代敬一朗

DSC_20170518 (102)
品川プリンスホテル 時田啓一

DSC_20170518 (101)
明治記念館(東京) 福田耕平

DSC_20170518 (99)
俺のフレンチ・イタリアン松竹角座店 笠原鉄平

DSC_20170518 (100)
びわ湖大津プリンスホテル 左近陽平

DSC_20170518 (104)
まいど食堂(京都) 備前圭輔

DSC_20170518 (105)
鹿児島城山観光ホテル 徳重慎一郎

DSC_20170518 (106)
オーボンヴュータン(東京) 河田力也

DSC_20170518 (107)
ホテルグランヴィア京都 鈴木昴

DSC_20170518 (98)
セルリアンタワー東急 塚本治

DSC_20170518 (97)
ア・タブール(東京) 中秋陽一

DSC_20170518 (96)
ロイヤルホテル大阪 寺田篤史


以上12名の中から5位以上の結果発表が行われました。私のどうでもいい感想(現地メモ)も含めてどうぞ。

5位 ホテル日航熊本 田代敬一朗  食べた感想は「いちぢく 肉 その間にもう一息欲しい」
DSC_20170518 (16)

4位 ア・タブール(東京) 中秋陽一 食べた感想は「パイ生地が美味しいかった」
DSC_20170518 (6)

3位 ホテルグランヴィア京都 鈴木昴 食べた感想は「中の脂の具合が個人的には好きだ」
DSC_20170518 (15)

2位 品川プリンスホテル 時田啓一 食べた感想は「肉、レバー、フルーツと次々出てくる。面白い。」
DSC_20170518 (15)

1位 セルリアンタワー東急 塚本治 食べた感想は「レバーの印象が強く、ベリー、ナッツとバランスよく合わさっていて旨い。」
DSC_20170518 (7)

ここからは会場のいろいろなブースに並んだお酒や食材のご紹介。全部写せた訳じゃない。でもコンクールの作品試食の前にこれだけ美味しそうな食材をならべられつとついつい。

ついついのあたりはこの一連の写真の後に会の進行の中で紹介していきます。
DSC_20170518 (22)

お酒はいろいろ並んでいたのですが、この日は「シャルキュトリを食す」が主眼だったので、シャンパンをフリュートグラスで5杯とクローネンブルグのブランを1杯もらっただけに留めました。
DSC_20170518 (23)

DSC_20170518 (24)

DSC_20170518 (25)

DSC_20170518 (26)

DSC_20170518 (27)

DSC_20170518 (28)

DSC_20170518 (29)

DSC_20170518 (30)

DSC_20170518 (31)

DSC_20170518 (32)

DSC_20170518 (33)

DSC_20170518 (46)

DSC_20170518 (84)

DSC_20170518 (86)

DSC_20170518 (87)

DSC_20170518 (90)

DSC_20170518 (117)

DSC_20170518 (120)

DSC_20170518 (122)

DSC_20170518 (138)
料理もこんなもんじゃないくらい沢山美味しいものてんこ盛りなのですが、キリがないのでこれからは私の歩みの方向で目にしたものを取り上げていきましょう。

コメントなしのノンストップ絵日記調でどうぞ。

DSC_20170518 (80)

DSC_20170518 (81)

DSC_20170518 (95)

DSC_20170518 (109)

DSC_20170518 (114)

DSC_20170518 (115)

DSC_20170518 (118)

DSC_20170518 (119)

DSC_20170518 (124)

DSC_20170518 (127)

DSC_20170518 (128)

DSC_20170518 (129)

DSC_20170518 (133)

DSC_20170518 (134)

DSC_20170518 (139)

DSC_20170518 (142)

DSC_20170518 (145)

DSC_20170518 (146)

DSC_20170518 (147)

DSC_20170518 (149)

DSC_20170518 (152)

DSC_20170518 (151)

DSC_20170518 (153)

DSC_20170518 (154)

DSC_20170518 (155)

DSC_20170518 (157)
アルザスの衣装を身に纏った娘さんの美しいことだ。

DSC_20170518 (159)

DSC_20170518 (162)

DSC_20170518 (160)

DSC_20170518 (164)
昨年もこの会には来たのですが、写真がいっぱいになって処理しきれずアップをあきらめていました。

今年は飲むことを抑えて食べることを8分目に抑えてそれでも大満足の一夜だ。関係者の皆さん、どうもありがとう。

DSC_20170518 (165)


【開催情報】

日時/Date:2017 年 5 月 18 日(木)18 時 30 分~21 時
場所/Lieu:ルヴェ・ソン・ヴェール駒場 Acces Map
住所/Adresse :〒153-8902 東京都目黒区駒場 3-8-1 東京大学駒場校構内
電話/Tél :03-5790-5931 (井の頭線駒場東大前駅から徒歩 2 分)
参加費/Participation:ACFJ 会員(membre ACFJ) 5,000 円/ 非会員(Visiteur)7,000 円
定員/Places limitées:100 名(先着制、定員になり次第締め切りさせて頂きます。)

にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村
  1. 2017/05/20(土) 23:28:41|
  2. ワイン
  3. | コメント:0

4月28日 Riesling Ring Tasting 2017

DSC_20170428 (59)
やってきました「リースリング・リング」。昨年も来たんだけれど、前回は「絵日記」の中に押し込めてしまったので、今回は少しちゃんとご紹介したいと思います。

リースリング・リングHPより転載】

今年で9回目を迎える、世界各国のリースリングが一堂に会する試飲会「Riesling Ring Tasting 2017」を開催致します。

『白ワインの女王』とも呼ばれ、辛口から甘口まで様々なタイプのワインがあるリースリング。

パレスホテル東京の開放的な雰囲気の中で、約200種類のリースリングの中からお好みのワインを見つけて下さい。
日時
2017年4月28日(金) 13:00~20:30
第一部:13:00~16:30 ワイン業界関係者対象
第二部:18:30~20:30 ワイン愛好家対象
場所
パレスホテル東京2階 橘の間
東京都千代田区丸の内1-1-1 TEL:03-3211-5211(代)
入場料 ※現金払いのみ
第一部:1,000円/人
第二部:3,000円/人
(時間内は自由試飲、フード提供はございません。)
定員
第一部:定員はございません、名刺を2枚ご持参ください
第二部:200名、要申し込み(20歳以上の方限定)


大手町のパレスホテル。改築する前から都内では小ぶりだが質の高いホテルと認識している。
DSC_20170428 (6)

DSC_20170428 (10)

さ、いきなり会場に入っちゃいましょうかね。18あるインポーターの中から最初にお邪魔したのが、「ジェロボーム」さんです。
DSC_20170428 (38)

2回に分けて訪問しオーストラリアとフランスの計9種類をいただきましたが、ここイチは

オーストラリア ジムバリーの「フロリタ・リースリング2013」6,000円也

に一票です。
DSC_20170428 (13)

お次は「ヴァインベルク」さんへ。
DSC_20170428 (15)

ドイツの計6種類をいただきましたが、ここイチは

ドイツ ファルケンシュタインの「アルテンベルク トロッケン2015」3,400円也

に一票です。
DSC_20170428 (18)

お次のインポーターは「ワイン・イン・スタイル」さんへ。
DSC_20170428 (19)

アメリカの4種類を飲ませてもらった中からここイチは

アメリカ サンタバーバラ・カウンティの「タトーマー キック・オン・ランチ・リースリング2014」4,500円也

に一票です。
DSC_20170428 (20)

DSC_20170428 (23)

お次のインポーターは「ラック・コーポレーション」さんへ。
DSC_20170428 (28)

恰幅のいい人だったので、このとおり他のブースとは「注ぎ」の量が一味違う。
DSC_20170428 (29)

ニュージーランドとフランスの計9種類をいただきましたが、ここイチは

ニュージーランド ピラミッド・ヴァレー・ヴィンヤードの「マールボロ リースリング2015」3,800円也

に一票です。
DSC_20170428 (30)

お次のインポーターは「カーヴ かない屋」さん。
DSC_20170428 (35)

フランス、イタリア、セルビアの計4種類をいただきましたが、ここイチは断然

セルビア ポンジローの「ポエマ2011」3,500円也

に一票です。結論を前倒しすると、このポエマが今日イチの位置も確保しました。おめでとうございます。リースリングなのにナッツのニュアンス(アーモンドじゃなくて皮つきのクルミの感じでしょうか)とてもユニークな味で美味しかったです。
DSC_20170428 (33)

DSC_20170428 (40)

お次のインポーターは「ヘルンベルガー・ホーフ」さんへ。
DSC_20170428 (42)

ドイツ、オーストリアの計12種類のうち8種類をいただきましたが、ここイチは

ドイツ ラッツェンベルガーの「バッハラッハー ゼクト ブリュット2009」4,000円也

に一票です。
DSC_20170428 (44)

DSC_20170428 (46)

お次のインポーターは「ラシーヌ」さんへ。
DSC_20170428 (49)

ドイツ、フランス、イタリア、オーストリアの計12種類のうち8種類をいただきましたが、ここイチは

ドイツ A.J.アダムの「リースリング トローナー トロッケン2014」3,800円也

に一票です。
DSC_20170428 (51)

DSC_20170428 (52)

お次のインポーターは「ワインキュレーション」さんへ。
DSC_20170428 (56)

ドイツの計6種類をいただきましたが、ここイチは

ドイツ バッハーマン・ヨーダンの「エステート リースリング2015」1,880円也

に一票です。
DSC_20170428 (57)


さ、飲んだ飲んだ54種類。よく飲んだよね。

でも、昨年あたりからインポーターを絞ってそこの全部を飲むようにしたら、好き嫌いの好みがよりハッキリ分かるようになって切り上げのタイミングも図りやすいし助かってます。、
DSC_20170428 (60)

こういうところが大きなホテルが会場だと気分がいいところかな。
DSC_20170428 (62)

大手町の夜景を見つつ、地下鉄の階段に向かって歩みを進めました。
DSC_20170428 (63)


にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村
  1. 2017/04/29(土) 21:52:03|
  2. ワイン
  3. | コメント:0

4月8日 青山ウィルトスワイン 「ヴァンクゥール、ヴィナイオータ、ラヴニール 3社合同試飲会 ~フランス、イタリア、スペインのヴァン・ナチュール~」

DSC_20170408 (4)

パソコンが壊れてしばらくアップができずにすみませんでした。新しいのに買い替えたので、是非また見にきてください。

久方ぶりに新規のワインショップの試飲会です。

facebookより転載】

DESIGN小石川で合同試飲会は2回目。今回はヴァン・ナチュールにスポットを当て、国ごとにインポーターさんにお越しいただきます。フランス、イタリア、そして最近注目のスペインです!それぞれにヴァン・ナチュールの第一人者ばかり!興味深い試飲会になりそうです。
 
・ヴァンクゥール(フランス中心のナチュールのパイオニア)
・ヴィナイオータ  (イタリアのナチュールを牽引する大御所)
・ラヴニール    (スペインのナチュールを広めた立役者)

各インポーターの営業の方も来ますので、色々ご質問してみてください。当日は数量限定ですが、試飲アイテムが特別価格でご購入できます。ヴィナイオータさんからは食材なども出品予定です。

参加費:事前予約¥2000、当日参加¥2500
主催:wine plat ,ウィルトスワイン神宮前 
場所:DESIGN 小石川  日時:4月8日土曜日 12:00~14:30

東京都文京区小石川2-5-7佐佐木ビルB棟2階
東京メトロ南北線・丸ノ内線「後楽園」駅出口6 or 4bから徒歩3分
都営地下鉄大江戸線・三田線「春日」駅出口6から徒歩3 分
事前予約はこちらへ 
contact@virtus-wine.com
03-4405-8537 
FACEBOOK

ヴァン・ナチュールも久方ぶりだ。ヴィナイオータがいるんだから、ま、外れはないだろう。

DSC_20170408 (7)

DSC_20170408 (8)
全部で

DSC_20170408 (9)
22種類か。ガバガバお腹いっぱいではなくてお味見の匙加減かな。お値段からしても。

DSC_20170408 (20)
会場の「デザイン小石川」って初めてさ。会場の奥には家具やら台所用品など、いろんな展示の用途に使われているところらしいです。

DSC_20170408 (13)
オリーブオイルもね、好きなんだよね。この一瓶で3000円くらいだと手が出ないなんだけど、味見する分にはいろいろな味わいがあって素敵です。

DSC_20170408 (15)
まずは「ヴィナイオータ」のイタリアから。

DSC_20170408 (52)
スロヴェニアのレブーラという2009年ものの白が「ここイチ」でした。

DSC_20170408 (59)

DSC_20170408 (58)

DSC_20170408 (24)
さてさて、「ヴァンクゥール」のフランスはいずれかというと

DSC_20170408 (29)
クレマン・ド・ブルゴーニュが「ここイチ」でした。

DSC_20170408 (43)
お隣の「ラヴニール」のスペインはというと

DSC_20170408 (48)
フエンテミラノ、ヴェルデホが「ここイチ」でした。1600円だしね~、かなり何本か買っていきたい衝動がありました。

DSC_20170408 (51)
君も飲む?

DSC_20170408 (32)
目を他に転じると、なかなか面白いスペースだったんだよね。自立式お玉にも心が揺れたな。

DSC_20170408 (33)

DSC_20170408 (35)

DSC_20170408 (23)
だけど、この日の「今日イチ」はやはり「ヴィナイオータ」の

DSC_20170408 (55)
「茄子とミントのソース」990円也でしょうか。美味しかった~。半額だったら6本くらい買うところだった。


にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村
  1. 2017/04/19(水) 22:39:18|
  2. ワイン
  3. | コメント:0

2月26日 恵比寿wine bar M  M's Tasting Party /Vol.1 「世界のカベルネソーヴィニヨン VS ピノノワール」

DSC_20170226 (1)
ここは恵比寿。ワインバーMにお邪魔しました。

今までもMにお世話になることもあったのですが、それは春の2日合わせて100種類試飲会で南青山の会場に行くばかりで、本丸のMに入るのは初めてです。先月近くの料理教室に行く道すがらに場所を確認しておいたのが活きました。

DSC_20170226 (58)
写真奥の横じまのが恵比寿の駅ビル。写真左は山手線の土手。写真右に薄茶色に白の縞のビルの2階部分が「M」です。駅から結構近いと思いますよ。

恵比寿wine bar M HPより転載】

wine bar Mが主催する国際葡萄品種を代表する二種の飲み比べテイスティングパーティー。

世界各国のカベルネソーヴィニヨン15種、ピノノワール15種、全30種のワインをご提供いたします。

好みが分かれる代表的な葡萄品種で、作られる国によっても味わいが異なり飲み比べると面白いワイン達が勢ぞろいしています。

この機会に是非ご自身の好みのワインを発見してみてください。

カジュアルに楽しんでいただく試飲会形式のワインパーティー第一弾です。

お誘い合わせの上、お越しくださいませ。


当日のお楽しみとして、ボルドーとブルゴーニュのプレミアムワインをご用意

(別途料金がかかります)

また完全ブラインドテイスティングもあります。葡萄品種、ヴィンテージ、国を当てた方にはプレミアムワインを一杯サービス。

是非こちらもお試しくださいませ。


予約制     お電話 or 下記フォームにて

お一人様   ¥3,000(税込)

人数      35名予定

日にち      2月26日(日曜日)

時間      13時~15時(二時間)

場所       wine bar M 恵比寿西1-3-5 アルス恵比寿メイクス2F


帰り際に知ることになるんだけど、例の2日間で100種類の試飲会は今年はやらず、ちょっと小ぶりにしたこのパーティーを回数を増やす予定ですとのことで、ま、こちらもペースが落ちていることもあり、参加人数も35名と小ぶりなら混まずにゆっくり味わえました。

DSC_20170226 (3)
さてと

DSC_20170226 (8)
どういう順で飲むかというと

DSC_20170226 (54)
カベソーとピノが半々であるならば、大きくどっちかに振って制覇し、残りはエイヤーで決め打ちしていくかと骨格が決まり、

DSC_20170226 (28)
いざ、向かうはリスト後半のピノ・ノワールへ。

以降、香りや味やバランスを ◎、 ○、 △ 式の3段階方式で最初の印象を評価することにいたしまする。自分のメモなので、他の人では参考にならないかもしれませんが、まぁ一応いってみましょう。

まずはラインヘッセン シュッベートブルグンダー ペーターウィンター2013(ドイツ・ラインヘッセン) = ◎ ライチやクランベリーのよう。

DSC_20170226 (27)
ヒューゲル・ピノノワール 2012(アルザス) = ○

DSC_20170226 (26)
ドメーヌ・ロシュパン ブルゴーニュ・ピノノワール2014(ブルゴーニュ) = △

DSC_20170226 (25)
レゼルヴ・サン・マルタン ピノ・ノワール ヴィナイディー2015(ラングドック) = △

DSC_20170226 (24)
コルシカ・ピノノワール ラウル・クレルジェ(コルシカ) = ○

DSC_20170226 (23)
イゾラ ピノネロ2015(イタリア・ヴェネト) = ◎ コンクジュース。果実味豊か。

DSC_20170226 (22)
ラ・ヴィ・ピノ ノワール ドメーニレ・サハティーニ2014(ルーマニア・ムンテニア) = ◎ 酸味がエレガント。渋みもうまく混ざっている。

DSC_20170226 (21)
イーエム ソリ・ピノノワール2014(ブルガリア) = ○

DSC_20170226 (20)
サイクルズ・グラディエーター ピノノワール2013(アメリカ・カリフォルニア) = ○

DSC_20170226 (19)
クルーガー・ファミリー・ワインズ ピノノワール2015(南アフリカ・ステレンポッシュ) = ◎ 皮をずっと漬けていたような濃い~ぃ感じ。最後に◎だけ飲みなおしてみたのですが、これがこの日の「今日イチ」です。

DSC_20170226 (18)
北ワイン ピノノワール 千歳ワイナリー2015(北海道) = ○

DSC_20170226 (17)
アデレート・ヒルズ ピノノワール バイク&ジョイス2013(オーストラリア・アデレートヒルズ) = △

DSC_20170226 (16)
ペピック・ピノノワール ジョセフ・クローミー2015(オーストラリア・タスマニア) = ○

DSC_20170226 (15)
キムラ・セラーズ ピノノワール2014(ニュージーランド・マールボロ) = △

DSC_20170226 (14)
エコ・バランス・ビオビオバレー ピノノワール2015(チリ・ビオビオバレー) = ○

以上がピノノワールを周回しての印象でした。


で、◎のみ再度チャレンジした後、余勢をかって、カベルネ・ソーヴィニヨンも5本ほど手を出してみることに。

DSC_20170226 (37)
ドゥルト ベリーズ・グッドオーディナリークラレット2014(ボルドー)

DSC_20170226 (38)
ドゥーカ・マッテオ・カベルネ・ソーヴィニヨン2014(イタリア・ヴェネト)

DSC_20170226 (39)
ボデーレ・サパイオ マニェーテ・カベルネ・ソーヴィニヨン2014(イタリア・トスカーナ)

DSC_20170226 (40)
フェウド・アランチョ カベルネ・ソーヴィニヨン2014(イタリア・シチリア)

DSC_20170226 (41)
ヤルデン・カベルネ・ソーヴィニヨン2012(イスラエル・ゴランハイツ)

20杯は飲んでかなり舌が疲れてきた段階での5本でしたので、パンチの利いた個人的な好みになって恐縮ですが、この5本の中では「ヤルデン」が押しですかね。濃くて香り豊かで美味しかったです。

DSC_20170226 (42)
時間は2時間あったのですが、そこそこ飲み比べの成果は得ることができたんじゃないかと思い、30分くらい余して賑やかな会場を後にしました。wine bar Mさん、どうもご馳走様でした。ありがとう。


にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村
  1. 2017/02/28(火) 13:41:14|
  2. ワイン
  3. | コメント:0

2月8日 ワシントン・オレゴンワイン エクスペリエンス 試飲会 2017

【facebookより転載】

2017年2月8日(水)18:00~19:30、ワイン愛好家の皆様を対象としたアメリカ ワシントン州、オレゴン州のワインの試飲会をグランドハイアット東京 3F『タラゴン』で開催致します。

出展するインポーター及びワイナリーは約30社。世界的にも評価の高まっているワシントン州、オレゴン州のワインにぜひ触れてみませんか?

参加費:1,500円(税込)当日会場受付にお支払い頂きます。
参加方法:ページ上部の『参加予定』ボタンをクリックして下さい。

<お願い>時間内の入退場は自由ですが、ご来場の皆様には、19:30の閉会時間と同時にご退場を願いますのでご理解の程宜しくお願い致します。

年齢確認のため、入場時に写真付きの身分証明書(運転免許証、パスポート等)のご提示をお願い致します。ワイン試飲会のため、お車でのご来場は堅くお断り致します。

主催: オレゴンワインボード・ワシントンワイン協会 日本代表事務所


「テイスト ワシントン」でワシントン州のワインをアメリカンクラブのラグジェアリーな雰囲気で飲ませてくれたものが、オレゴン州とくっついてからしばらく業者向けにしか試飲会をしてこなかったのが、一般愛好家向けに試飲会を開いたこの日、六本木のグランドハイアットに行ってきました。

行ってみたはいいんだけど、ボールペンを持っていかなかったのと、スマホのXperiaのカメラが照明に対して根性が出せなかったので、しっかりしたレポートができず、こ~んな雰囲気でしたという緩~い絵日記の雰囲気に終始することをお許しあれ。

DSC_20170208 (2)

DSC_20170208 (3)

DSC_20170208 (4)

DSC_20170208 (19)

DSC_20170208 (20)

DSC_20170208 (27)

DSC_20170208 (29)

DSC_20170208 (31)

DSC_20170208 (41)

DSC_20170208 (42)

DSC_20170208 (43)

DSC_20170208 (47)

DSC_20170208 (48)

DSC_20170208 (49)

DSC_20170208 (51)

DSC_20170208 (52)

ま、全部飲んだら大変ですよ、ということで、オルカ・インターナショナルのブースは、4月のROTIのスプリングバッカナルに譲ることとしてすっ飛ばして他のブースを回って楽しみました。1時間半だったけど、ちょっと飲み過ぎたかな。


にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村
  1. 2017/02/09(木) 20:39:35|
  2. ワイン
  3. | コメント:0

12月30日  練馬・バールイタリアーノ ダ・パオロ Bar Italiano DA PAOLO(トレフレッチェ(株))感謝祭

DSC_20161230 (1)
練馬である。練馬といえば「エノテカ・アリーチェ」の感謝祭は?とネットを確認していたら、

DSC_20161230 (3)
今年は系列店の

DSC_20161230 (2)
ダ・パオロで30日にやるんだとか。

DSC_20161230 (19)
キッカケがなく未踏破のお店だったので、この機会を有り難く活用させていただくことにいたしましたとさ。

DSC_20161230 (10)

DSC_20161230 (12)

DSC_20161230 (13)

DSC_20161230 (18)

DSC_20161230 (4)
ハム・チーズのコーナーはとっても美味そうだ。エノテカ・アリーチェから持ってきているんだから、当然味の出来に否やはないんだろうけど。

DSC_20161230 (14)
こちらの料理もね、美味しかったです。

DSC_20161230 (20) - コピー

DSC_20161230 (17)
いや、予想どおりめちゃめちゃ旨いぞ。

DSC_20161230 (16)
白や

DSC_20161230 (24)
赤や

DSC_20161230 (29)
いろいろいただきましたが、圧巻はこちらですかね。アバウト12リットルだそうです。

DSC_20161230 (31)
名前がフェラーリとは、早くなくなっちゃうんかいな?


開栓のご苦労はこちらをどうぞ。

DSC_20161230 (41) - コピー

DSC_20161230 (43)

DSC_20161230 (44)

DSC_20161230 (46)
いや、とても料理の美味しい、気の置けないいいお店でした。紅白歌合戦でゲスト審査員だった春風亭昇太が誰かに座布団3枚と言ったけど、私の方は

山田くん、ダ・パオロに座布団5枚

の気分ですね。


【開催データ】

■開催日時 12月30日 午後1時~午前0時

■開催場所 バール イタリアーノ ダ・パオロ

■会費 4,500円(食べ放題+飲み放題)


にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村
  1. 2016/12/31(土) 23:43:28|
  2. ワイン
  3. | コメント:0

12月15日 代々木八幡・クリスチアノ6周年パーティー

今年もあの美味しいポルトガル料理を食べに行きたい!

そんな気持ちを持ってfacebookを注視していたのだが、今年もお約束の周年パーティーの告知があったので、馳せ参じることにいたしました。

【以下facebook転載】

みなさま。
2016年12月15日木曜日、ポルトガル料理「Cristiano's 」は開店して丸6年になりますので6周年のパーティを行います。

当日はファドの生演奏と運動会のような忙しい料理とガブガブ飲めるヴィーニョヴェルデなどを用意いたします。

ご予約などは不要ですが、あらかじめご来店がわかる方は事前にお知らせください。お気軽に聴いて食べて飲んでいただける会です。みなさまの御参加お待ちしています。


日時 12月15日(木)
   18:00~22:00
会費 4000円(税込)

イベント
   ファド生演奏

※カジュアルな会です。お気軽にお越しください。


DSC_20161215 (7)

DSC_20161215 (37)

DSC_20161215 (29)

DSC_20161215 (28)

DSC_20161215 (27)

DSC_20161215 (15)

DSC_20161215 (16)

DSC_20161215 (8)

DSC_20161215 (10)

DSC_20161215 (11)

DSC_20161215 (18)

DSC_20161215 (19)

DSC_20161215 (20)

DSC_20161215 (23)

DSC_20161215 (24)

DSC_20161215 (25)

DSC_20161215 (34)

DSC_20161215 (32)

食べるのに一生懸命で、こうしてブログを綴りながら振り返ってみると、「美味しかった」の羅列になってしまうので、今回は大人しめに絵日記調に終始しました。

美味しいポルトガル料理を食べに、次回はあなたも是非出かけてみてはいかがですか。


にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村
  1. 2016/12/16(金) 22:42:08|
  2. ワイン
  3. | コメント:0
次のページ

最新記事

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
日本酒 (105)
酒類全般 (102)
シングルモルト (94)
カクテル (15)
ワイン (101)
焼酎 (7)
ラム&テキーラ&グラッパ (12)
地ビール&海外ビール (125)
シェリー&ポート&マデイラ (11)
イベント・インフォメーション (31)
料理教室で飲む (6)
今日のランドル君 (1)

プロフィール

toratora.nomuzo

Author:toratora.nomuzo
FC2ブログへようこそ!

Ripreに参加しています。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード