お酒のある風景

トラトラ・ノムゾーはシングルモルト、日本酒、ワイン、地ビール、シェリー、ラム、グラッパ等々焼酎以外の大抵のお酒は好きなので、おウチ酒の時にも外で飲んだ時の様子をアップしておけば、それを見てその場の雰囲気に戻れるかなぁとこのブログを作ってみました。

弥生の絵日記

DSC_20170305 (3)

DSC_20170305 (6)

DSC_20170307 (3)

DSC_20170307 (5)

DSC_20170309 (1)

DSC_20170309 (4)

DSC_20170309 (3)

DSC_20170309 (5)-1

DSC_20170309 (8)

DSC_20170309 (9)

DSC_20170310 (2)

DSC_20170310 (1)

DSC_20170311 (15)

DSC_20170311 (49)

DSC_20170311 (21)

DSC_20170311 (24)

DSC_20170311 (31)

DSC_20170311 (25)

DSC_20170311 (32)

DSC_20170311 (43)

DSC_20170314 (2)

DSC_20170320 (4)

DSC_20170320 (8)

DSC_20170320-1 (8)

DSC_20170320-1 (11)

DSC_20170320-1 (12)

DSC_20170321 (2)

DSC_20170323 (1)

DSC_20170323 (2)

DSC_20170323 (5)

DSC_20170323 (6)

DSC_20170323 (7)

DSC_20170323 (9)

DSC_20170324 (2)


にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村
  1. 2017/03/24(金) 22:18:28|
  2. 酒類全般
  3. | コメント:0

お酒のある周辺 向ヶ丘遊園 ブルーパブ・ムーンライト

3月18日のことである。19日に墓参りが決定したことで表参道のセントパトリック・デーパレードの目が消えたノムゾー君としては、3連休に何がしかのお楽しみがなければと考えた末に

DSC_20170318 (1)
降り立ちましたのはJR横浜線相模原駅。

DSC_20170318 (7)
ところは神奈川県相模原市の在日米陸軍相模総合補給廠。

DSC_20170318 (11)
ここで3月18日19日に行われる

St.Patrick’s Craft Festival(セントパトリックス・クラフトフェスティバル)

の初日に来てみたんだが、

DSC_20170318 (15)
君たち商売人じゃないから文句を言ってもしょうがないが

DSC_20170318 (33)
複数ある入場後のチケット売り場の全部が

DSC_20170318 (23)
長~い100m以上の列で(売り子が少ないんだからさもありなん)、30分たっても20~30mしか進まず(グリーンの帽子を被った人を観察してたらそうだった)

DSC_20170318 (28)
売り場の数はこのとおりバッチリなのに、チケットを買えない人ばかりで閑古鳥もいいとこさ。

列に真面目に並ぶのが苦手なノムゾーとしては、会場をプラプラ散歩したり、ライブ音楽を聴いたりして時間を潰してながら列の減り具合を眺めていたのですが、午後1時から2時まで会場にいたものの、状況は一向に改善せず、そこで一句浮かんだことは

ショバを変えよう!

せっかく都内から「サガミッパラ」(私の会社では俗語でこう呼んでいる)まで来たのに、手ぶらではやってられないと、ない頭を絞って考え付いたことは、

近いところで手を打とう!

そこまで思考回路が回った時に思いついたのが

確か登戸の近くにブルーパブがあったはず

というものでした。どれどれ、スマホ、スマホ。で、出てきた答えがこれ

ブルーパブ・ムーンライト

さ。

DSC_20170318 (34)
向ヶ丘遊園駅からの方が近かったので

DSC_20170318 (63)
駅から北西に向かうこと8分(ちょっと歩くのノロいので)

DSC_20170318 (61)
これかな、これかな

DSC_20170318 (37)
手作り醸造所と看板があるので、到着でしょう。

DSC_20170318 (54)
う~ん、素敵。

DSC_20170318 (38)
10タップというのが宣伝の売りのようでしたが、この日は8つが稼働中。

DSC_20170318 (57)
自分の席を見つけて

DSC_20170318 (40)
最初はドュンケル・ヴァイツェン

DSC_20170318 (45)
お次は金柑エール

DSC_20170318 (46)
そんでもってスタウト

DSC_20170318 (59)
最後にペールエールをいただきました。

味はね~、ペールエールが美味しかったのと、金柑エールが新鮮だったかな。

DSC_20170318 (62)
とにかく落ち着いて飲めたのがなによりでした。正直言うと高円寺麦酒工房の方が近いので、わざわざ多摩川超えてっていうことにはならないと思うけど、ここにも素敵なビール屋さんがあったということにこの日は助けられました。どうもありがとう。


にほんブログ村 酒ブログ 海外ビール・地ビールへ
にほんブログ村
  1. 2017/03/19(日) 22:31:33|
  2. 地ビール&海外ビール
  3. | コメント:0

お酒のある周辺 3月28日 オトナノ HardRock!HevyMetal!Night 2nd round at アオジソシガヤ

DSC_20151118 (13)
祖師谷大蔵の「アオジソシガヤ」で楽しそうなイベントが行われるらしい。これはサロメリア69さんとこのfacebook経由で知った話し。年度末なので、仕事が許してくれないが、近くだったら行ってみたいなと、そう思います。


【facebookより転載】

今回も懲りずにオトナノ HardRock!HevyMetal!Night
やります!
サルメリア69(ハム、サラミ)新町氏
青山小西商店(自然派ワイン)鈴木氏
アオジ・ソシガヤ(ピッツァ)後藤
に加え今回はorgan(フレンチ)の紺野氏がメンバーに加わり
イベント版メニューをご用意し、
パワーアップしての開催です!!

中略

会費
・オルガン、アオジ・ソシガヤの料理
  ¥4000のチケット制になります。
  (いわゆるバイキングスタイルではありません。
   一品ごとにチケットの中から代金を頂戴いたします)
  (追加分は現金で承ります
使用されなかった差額は返金いたします)
・サルメリア69のハム、サラミと
 青山小西商店のスペシャルワイン
  別途キャッシュオンになります。
 
今回は2部制になります。 
・1部 17:00~19:15
・2部 19:45~22:00
・立食
・予約制・・・ご予約はアオジ・ソシガヤで一括して電話でのみ承ります。
SNS等の参加表明やメッセージ等では一切承れませんのでご了承ください。


写真は一昨年の別のイベントで、あくまでイメージです。
DSC_20151118 (8)

DSC_20151118 (23)

DSC_20151118 (14)

DSC_20151118 (25)


にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村
  1. 2017/03/18(土) 02:12:27|
  2. イベント・インフォメーション
  3. | コメント:0

お酒のある周辺  Tokyo Beer Week 2017 は 5月27日から6月12日

昨年は行きそびれた東京ビアウィーク。今年はどないなっとるのやろ?と思うていたら

このたび、今年で第4回目となる「東京ビアウィーク2017」を
5月27日(土)~6月11日(日)の16日間にわたり開催することになりました。
キックオフ会場を青山・表参道「Commune 2nd(コミューン・セカンド)」で、
またそこから至近の国連大学・青山ファーマーズマーケットも連動して
イベント開始を盛り上げていく予定で計画を進めております。
また、イベントPR活動やホームページを大幅強化し、
参加店舗様やイベントのお知らせを強化するなど
例年よりパワーアップした内容での開催を計画しております。



まだまだ、詳しいことのアナウンスには至らないようですが、期間も長いし、お楽しみはいっぱい仕込まれているのではないでしょうか。

昨年、一昨年と楽しませてもらったので、今年はぼちぼち再出馬といきましょうかね?
CAI_20140413 (112)

CAI_20140416 (10)

CAI_20140420 (8)

DSC_20150403 (52)

DSC_20150405-1 (37)

DSC_20150411 (4)


にほんブログ村 酒ブログ 海外ビール・地ビールへ
にほんブログ村
  1. 2017/03/17(金) 02:23:02|
  2. イベント・インフォメーション
  3. | コメント:0

お酒のある周辺 世界のワイン 葡萄屋 3/25 イスラエルの銘醸ヤルデン10種と春の特製イタリアンの会

DSC_20170226 (41)
2月の恵比寿のワインバーMの試飲会でも美味しかったヤルデン。


3月の連休の家の用事が19日と決まったので、セントパトリック・デーのパレードへの参加が潰れた穴埋めに何か入れたいなと思って見つけたのが

世界のワイン 葡萄屋 3/18 イスラエルの銘醸ヤルデン10種と春の特製イタリアンの会

ところが申し込みが遅くキャンセル待ちだそうなので涙を飲み、さらに25日も同じ企画で設定されているとのアナウンスを受けたものの、こちらは当方の都合が悪く、二重の涙を飲んだのだが、

ヤルデン 美味しいのでご覧の皆さまよろしければ是非ご参加を。

葡萄屋HPより転載】

■3/25 イスラエルの銘醸ヤルデン10種と春の特製イタリアンの会〈開催概要〉
開催日:2017年3月25日(土)
時 間:14:30~16:30
場 所:ANTIVINO(アンティヴィーノ)
開催場所の地図はこちら
参加費:お一人様6,500円
内容:イスラエルのヤルデンシリーズ10種類をテイスティングいただきます。
お料理は、渋谷・並木橋にあります「ANTIVINO」にて春のイタリアンコースをお召し上がり頂きます。お一人様から、お友達を誘っても楽しめるワイン会です。

中略

<今回の10種類のYardenワイン(予定)>
●ヤルデン ブラン・ドゥ・ブラン【スパークリング・辛口】
●ヤルデン・マウント・ヘルモン・ホワイト【白ワイン・辛口】
●ヤルデン・ソーヴィニヨンブラン【白ワイン・辛口】
●ヤルデン・シャルドネ【白ワイン・辛口】
●ヤルデン ゲヴェルツトラミネール【白ワイン・辛口】
●マウント・ヘルモン・インディゴ【赤ワイン・辛口】
●ヤルデン・ピノノワール【赤ワイン・辛口】
●ヤルデン シラー【赤ワイン・辛口】
●ヤルデン・カベルネソーヴィニヨン【赤ワイン・辛口】
●ヤルデン・カベルネソーヴィニヨン バロン・ヴィンヤード【赤ワイン・辛口】


下の写真は昨年夏の葡萄屋のスペインワインがテーマのワイン会のものです。
DSC_20160827 (8)

DSC_20160827 (10)

DSC_20160827 (15)


にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村
  1. 2017/03/16(木) 21:49:28|
  2. イベント・インフォメーション
  3. | コメント:0

3月4日 BrewDog Roppongi 3rd Anniversary!

DSC_20170304 (23)
ブリュードック・バー六本木、開店3周年おめでとうございます。

【facebookより抜粋転載】

2017年3月1日でBrewDog Roppongiは3周年を迎えます。

3周年にあたり皆様からの日頃のご愛顧に感謝を込めて、3月1日(水)~5日(日)の5日間、特別なイベントを日替りで開催します。

(中略)

4th (Sat) March 〈1 Coin Day〉

BrewDogを愛する全ての方に感謝を込め、BrewDogのビール20種類を終日1コイン¥500でご提供します!

提供サイズはBerliner Weisseスタイルのビールを除く、ABV.9.4%以下のビールをLarge Size (378ml)で。

Berliner WeisseスタイルのビールとABV.9.5%以上のビールをSmall Size (189ml)で提供致します。

大変申し訳ありませんが、BrewDog Roppongi 3rd Anniversary BeerのWhite Outは1コイン対象外とさせて頂きます。


DSC_20170304 (10)
という訳で、1コインの権利を行使しようと思って来てみたら、開店前に30人くらい店の前に並んでいたよ。みんないっぱい飲むつもりなんだね。

DSC_20170304 (16)

DSC_20170304 (11)
では最初の1歩を買い求めましょう。

DSC_20170304 (19)
あ、季の美もあるんだね。

DSC_20170304 (20)
私はシングルホッップのシムコーを、相方さんはライを頼みました。

DSC_20170304 (21)
こいつはアッセンビリーポップ。2杯目です。ココナッツの香りが気が利いてる飲みやすいポーターでした。

DSC_20170304 (24)-1
店内混み混み~。

DSC_20170304 (25)
3杯目はパンクIPA、4杯目はインペリアルスタウトのTOKYOを頼みました。どちらも旨かったっす。

DSC_20170304 (27)
そんで用事があるので

DSC_20170304 (29)
先に帰ろうとしたら、

DSC_20170304 (30)
神田モルタンのお知り合いがいたので、店内で寄り道してもう1杯のみました。

DSC_20170304 (32)
外に出ると

DSC_20170304 (33)
お、これが噂のブリュードックカーですね。

どうもご馳走様でした。ディビットさん、角田さん、これからもご発展を祈念します。


にほんブログ村 酒ブログ 海外ビール・地ビールへ
にほんブログ村
  1. 2017/03/05(日) 11:37:44|
  2. 地ビール&海外ビール
  3. | コメント:0

お酒のある周辺 へ~、大したものだ

DSC_20170302 (3)
土屋さんのスコ文研から

WhiskyGalore 創刊号

が、送られてきた。

どこの書店に置いても恥ずかしくな立派な雑誌じゃないか。もっとお手製の会報の臭いが残るのかと思っていたのでビックリです。


にほんブログ村 酒ブログ 洋酒へ
にほんブログ村
  1. 2017/03/02(木) 21:40:31|
  2. シングルモルト
  3. | コメント:0

お酒のある周辺 5月13日~14日 東京インターナショナルバーショー



開催の詳細はこちらを、昨年の模様は上のYoutubeをご覧ください。下の写真は渋谷が会場だった頃の2013年の様子です。

CAI_20130420 (5)

CAI_20130420 (7)

CAI_20130420 (8)
デイブ・ブルームもこの時よりかなりトシをとったようです。

CAI_20130420 (144)

CAI_20130420 (96)


にほんブログ村 酒ブログ 洋酒へ
にほんブログ村
  1. 2017/03/01(水) 20:51:29|
  2. イベント・インフォメーション
  3. | コメント:0

2月26日 恵比寿wine bar M  M's Tasting Party /Vol.1 「世界のカベルネソーヴィニヨン VS ピノノワール」

DSC_20170226 (1)
ここは恵比寿。ワインバーMにお邪魔しました。

今までもMにお世話になることもあったのですが、それは春の2日合わせて100種類試飲会で南青山の会場に行くばかりで、本丸のMに入るのは初めてです。先月近くの料理教室に行く道すがらに場所を確認しておいたのが活きました。

DSC_20170226 (58)
写真奥の横じまのが恵比寿の駅ビル。写真左は山手線の土手。写真右に薄茶色に白の縞のビルの2階部分が「M」です。駅から結構近いと思いますよ。

恵比寿wine bar M HPより転載】

wine bar Mが主催する国際葡萄品種を代表する二種の飲み比べテイスティングパーティー。

世界各国のカベルネソーヴィニヨン15種、ピノノワール15種、全30種のワインをご提供いたします。

好みが分かれる代表的な葡萄品種で、作られる国によっても味わいが異なり飲み比べると面白いワイン達が勢ぞろいしています。

この機会に是非ご自身の好みのワインを発見してみてください。

カジュアルに楽しんでいただく試飲会形式のワインパーティー第一弾です。

お誘い合わせの上、お越しくださいませ。


当日のお楽しみとして、ボルドーとブルゴーニュのプレミアムワインをご用意

(別途料金がかかります)

また完全ブラインドテイスティングもあります。葡萄品種、ヴィンテージ、国を当てた方にはプレミアムワインを一杯サービス。

是非こちらもお試しくださいませ。


予約制     お電話 or 下記フォームにて

お一人様   ¥3,000(税込)

人数      35名予定

日にち      2月26日(日曜日)

時間      13時~15時(二時間)

場所       wine bar M 恵比寿西1-3-5 アルス恵比寿メイクス2F


帰り際に知ることになるんだけど、例の2日間で100種類の試飲会は今年はやらず、ちょっと小ぶりにしたこのパーティーを回数を増やす予定ですとのことで、ま、こちらもペースが落ちていることもあり、参加人数も35名と小ぶりなら混まずにゆっくり味わえました。

DSC_20170226 (3)
さてと

DSC_20170226 (8)
どういう順で飲むかというと

DSC_20170226 (54)
カベソーとピノが半々であるならば、大きくどっちかに振って制覇し、残りはエイヤーで決め打ちしていくかと骨格が決まり、

DSC_20170226 (28)
いざ、向かうはリスト後半のピノ・ノワールへ。

以降、香りや味やバランスを ◎、 ○、 △ 式の3段階方式で最初の印象を評価することにいたしまする。自分のメモなので、他の人では参考にならないかもしれませんが、まぁ一応いってみましょう。

まずはラインヘッセン シュッベートブルグンダー ペーターウィンター2013(ドイツ・ラインヘッセン) = ◎ ライチやクランベリーのよう。

DSC_20170226 (27)
ヒューゲル・ピノノワール 2012(アルザス) = ○

DSC_20170226 (26)
ドメーヌ・ロシュパン ブルゴーニュ・ピノノワール2014(ブルゴーニュ) = △

DSC_20170226 (25)
レゼルヴ・サン・マルタン ピノ・ノワール ヴィナイディー2015(ラングドック) = △

DSC_20170226 (24)
コルシカ・ピノノワール ラウル・クレルジェ(コルシカ) = ○

DSC_20170226 (23)
イゾラ ピノネロ2015(イタリア・ヴェネト) = ◎ コンクジュース。果実味豊か。

DSC_20170226 (22)
ラ・ヴィ・ピノ ノワール ドメーニレ・サハティーニ2014(ルーマニア・ムンテニア) = ◎ 酸味がエレガント。渋みもうまく混ざっている。

DSC_20170226 (21)
イーエム ソリ・ピノノワール2014(ブルガリア) = ○

DSC_20170226 (20)
サイクルズ・グラディエーター ピノノワール2013(アメリカ・カリフォルニア) = ○

DSC_20170226 (19)
クルーガー・ファミリー・ワインズ ピノノワール2015(南アフリカ・ステレンポッシュ) = ◎ 皮をずっと漬けていたような濃い~ぃ感じ。最後に◎だけ飲みなおしてみたのですが、これがこの日の「今日イチ」です。

DSC_20170226 (18)
北ワイン ピノノワール 千歳ワイナリー2015(北海道) = ○

DSC_20170226 (17)
アデレート・ヒルズ ピノノワール バイク&ジョイス2013(オーストラリア・アデレートヒルズ) = △

DSC_20170226 (16)
ペピック・ピノノワール ジョセフ・クローミー2015(オーストラリア・タスマニア) = ○

DSC_20170226 (15)
キムラ・セラーズ ピノノワール2014(ニュージーランド・マールボロ) = △

DSC_20170226 (14)
エコ・バランス・ビオビオバレー ピノノワール2015(チリ・ビオビオバレー) = ○

以上がピノノワールを周回しての印象でした。


で、◎のみ再度チャレンジした後、余勢をかって、カベルネ・ソーヴィニヨンも5本ほど手を出してみることに。

DSC_20170226 (37)
ドゥルト ベリーズ・グッドオーディナリークラレット2014(ボルドー)

DSC_20170226 (38)
ドゥーカ・マッテオ・カベルネ・ソーヴィニヨン2014(イタリア・ヴェネト)

DSC_20170226 (39)
ボデーレ・サパイオ マニェーテ・カベルネ・ソーヴィニヨン2014(イタリア・トスカーナ)

DSC_20170226 (40)
フェウド・アランチョ カベルネ・ソーヴィニヨン2014(イタリア・シチリア)

DSC_20170226 (41)
ヤルデン・カベルネ・ソーヴィニヨン2012(イスラエル・ゴランハイツ)

20杯は飲んでかなり舌が疲れてきた段階での5本でしたので、パンチの利いた個人的な好みになって恐縮ですが、この5本の中では「ヤルデン」が押しですかね。濃くて香り豊かで美味しかったです。

DSC_20170226 (42)
時間は2時間あったのですが、そこそこ飲み比べの成果は得ることができたんじゃないかと思い、30分くらい余して賑やかな会場を後にしました。wine bar Mさん、どうもご馳走様でした。ありがとう。


にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村
  1. 2017/02/28(火) 13:41:14|
  2. ワイン
  3. | コメント:0

お酒のある周辺 3月24日~ 目黒川お花見CHANDONクルーズ

月2回はディアジオのHPをチェックしておかないと、モルトやワインのイベントに行きそびれてしまうからと今月2回目のクリックした先には

モエ・ヘネシー・ディアジオHPより転載】

あの大人気お花見プランが帰ってくる。
昨年大好評につき発売後即完売した
目黒川お花見CHANDONクルーズが今年もやってきます!

桜色のCHANDONロゼを片手に優雅にお花見を楽しむという
アニバーサリークルーズが提案する新お花見スタイルは早くもお花見の新定番
昨年は雑誌やテレビと様々なメディアで取り上げていただくことができました!

約4kmに渡り800本ものソメイヨシノが立ち並び、お花見スポットとして全国随一の人気を誇る目黒川を我らがアニー号でゆったりとクルージング。

今年もアニー号はお花見期間限定でシャンドンロゼのブランドカラーへと変身します!
目黒川ではその人気の高さ故に陸上からはゆったりとお花見を楽しむことができませんが
アニー号でのお花見ならばストレス無く思う存分、桜とシャンドンロゼをお楽しみいただくことができます。
お花見シャンドンアニー号外装内装
※外装写真は2016年のアニー号の姿です。

«目黒川お花見CHANDONクルーズ2017詳細»

【日程】2017年3月24日(金)~4月9日(日)
   文末の申込フォーム中にてご希望の日時をご選択下さい。
   2時間クルージング、1日最大4便運航

【集合時間】出航時間の20分前

【受付場所】朝潮小型船乗り場
   中央区晴海3-1 黎明橋公園 朝潮小型船乗り場
   「Anniversary Cruise」と書かれた青色ののぼりの所までお越し下さい。

【船舶】アニー号

【定員】各便 乗合7名様/貸切9名様
   各便定員に達した時点で販売終了となります。
   ※貸切でのご利用をご希望のお客様
    6名様から貸切可能でございます。

【料金】御一人様12,000円(税込)
   12歳未満のお子様は6,000円(税込)、3歳未満のお子様無料

【運航コース】目黒川お花見コース
   勝どきの朝潮小型船乗り場を出航し、レインボーブリッジの下を通過しお台場の景色を眺めながら
   全国有数のお花見スポットである目黒川へと入っていきます。
   ※増水や強風等の場合には、隅田川お花見コースや大横川お花見コースなどへ
    状況に応じて変更させていただきます。

【お飲物】CHANDONロゼ・白ワイン・ビール・ソフトドリンク
    ※お二人様につきCHANDONロゼ1本、その他白ワイン・ビール・ソフトドリンクは飲み放題

【お食事】3種のディップとクラッカー

悪天候時の対応
悪天候時には延期となり、空きのある別便をご案内させていただきます。
別便への振替が難しい場合には、キャンセル(ご返金)にて承ります。


そっか~、目黒川か。私が以前TYハーバーのイベントで行った時にはすでに盛りを過ぎていたんだけれど、波の影響のない川上りは快適で楽しかったことを覚えています。

目黒川河口までの経路も速度も違うかもしれませんが、参加を検討される方は以前撮影した動画を参考にしてみてください。








にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村
  1. 2017/02/25(土) 19:14:04|
  2. イベント・インフォメーション
  3. | コメント:0

お酒のある周辺 BrewDog Bar Roppongi もうすぐ3周年


BrewDog Bar Roppongiの3周年のイベントを調べていて、開業当時のビデオに行きつきました。神楽坂のロイヤルスコッツマンのマスターも友情出演なんでしょうか、バグパイプを奏でているところが微笑ましいです。


DSC_20160226 (15)

DSC_20160226 (16)
今年はスコットランドからではありませんが、北海道のNorth IslandビールからBrewDog Roppongi3周年記念ビールを醸造し開栓させるのだとか。ソラチエースを使った「White Out」、楽しみです。


にほんブログ村 酒ブログ 海外ビール・地ビールへ
にほんブログ村
  1. 2017/02/22(水) 21:25:38|
  2. 地ビール&海外ビール
  3. | コメント:0

如月の絵日記

DSC_20170203 (2)

DSC_20170203 (5)

DSC_20170206 (1)

DSC_20170206 (4)

DSC_20170206 (3)

DSC_20170206 (6)

DSC_20170206 (7)

DSC_20170211 (100)

DSC_20170221 (1)

DSC_20170221 (4)

DSC_20170221 (10)

DSC_20170224 (4)

DSC_20170227 (3)


にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村
  1. 2017/02/21(火) 22:41:33|
  2. 酒類全般
  3. | コメント:0

お酒のある周辺 2月26日~27日 DevilCraft Hamamatsucho【Japan Brewers Cup 2017 受賞ビールの会】

DSC_20160512 (2)

DSC_20160512 (36)
デビルクラフト浜松町店で以下の催しが行われるらしい。

【facebook転載】

【Japan Brewers Cup 2017 受賞ビールの会】

横浜大さん橋ホールにて開催されたJAPAN BREWERS CUP FESTIVAL 2017。
その開催中に行われる“ビアコンペティション(ビール品評会)”。
他のコンペティションとの大きな違いが、全ての審査員が実際にビールを作っている職人(ブルワー)であること。
今年は、「ピルスナー/IPA/小麦系/濃色系」の計4部門を、職人の方々が厳しく審査しました。

そこで、審査を勝ち抜いた各部門1位のビールを含め受賞ビールたちを可能な限り開栓いたします!
特にIPAは受賞上位のビールが5種類集まります!

各関係者及び醸造所の皆様、ご協力ありがとうございます。

当日は、JAPAN BREWERS CUPの主催者である横浜ベイブルーイング株式会社・代表取締役の鈴木真也氏を始め、受賞ビールに関わる方々のご来店を予定しております。
※鈴木真也氏の来店は月曜日予定。
※ベイブルーイング関内本店で行われるイベントも要チェック! ⇒https://www.facebook.com/events/706638972847678/

乾杯!

【Japan Brewers Cup 2017 Winners Tap Takeover】
日時 Date:2017年2月26日(Sun,)- 2月27日(Mon,)
2/26(Sun,) 13:00 - 22:00 (21:30 L.O)
1/27(Mon,) 17:00 - 23:00 (22:30 L.O)
場所 Place:浜松町店 DevilCraft Hamamatsucho
入場料 Charge:無料 Free
営業形態:(予定)open as usual

※当日は混雑が予想されます。お早めのご来店をお勧めいたします。なおテーブル席はご予約も可能です。
- It might be very crowded during the peak time, we recommend to visit us early time!

◆ビールラインナップ-Beer Line Up-◆
{IPA部門:IPA Style}
1位 : Lucille IPA / Georgetown Brewing (インポーター: EverGreen Imports)
2位 : Founders All Day IPA / Founders Brewing Co (インポーター:ナガノトレーディング)
3位 : Karl Strauss Aurora Hoppyalis IPA / Karl Strauss brewing company (インポーター:ナガノトレーディング)
4位 : 鬼は外IPA / 株式会社わかさいも本舗 のぼりべつ地ビール鬼伝説
6位 : IPA American Style / 湘南ビール
その他、調整中。

{ピルスナー部門:Pilsner style}
1位:太陽のラガー / 宮崎ひでじビール株式会社
その他、調整中。

{小麦系部門:Pilsner style}
1位 : ベイヴァイス / 横浜ベイブルーイング株式会社
その他、調整中。

{濃色系部門:Dark style}
1位 : Criollo Ale / 横浜ビール
その他、調整中。


JAPAN BREWERS CUP FESTIVAL
http://japanbrewerscup.jp/


DSC_20160512 (20)
暫くぶりに、シカゴピザを食べてビールを飲みに行きたくなってきたな~。


にほんブログ村 酒ブログ 海外ビール・地ビールへ
にほんブログ村 
  1. 2017/02/20(月) 22:49:10|
  2. イベント・インフォメーション
  3. | コメント:0

2月14日 木下インターナショナル 2017 春のワインテイスティング会【一般愛好家様向け】

木下インターナショナルHPより転載】

ナチュラルなロワールワインを中心に新着シャンパーニュ&ブルゴーニュをご紹介いたします。
その他、安定した品質が人気のニュージーランドのヴィラマリア、
シャトー酒折の新ヴィンテージを含む約95アイテムを出展いたします。

<< 来日メーカー(予定): ドメーヌ ランドロン、ドメーヌ サン・ニコラ >>

■「2017 春のワインテイスティング会【東京】」のご案内書 PDFはこちらから■

■日時: 2017年 2月14日(火)18:00~20:00
■会場: 第一ホテル東京 21階ルミエール
■定員: 100名様 (定員に達し次第締切とさせていただきます。)
■会費: 3,240円(税込)
※銀行振込でご入金をお願いいたします。
 お申込み確認メールで振込先をお知らせいたします。
※ご入金を確認した時点でお申込み完了となります。


DSC_20170214 (37)
木下インターナショナルさんの試飲会に何となく応募してやって来ました、第一ホテル。

DSC_20170214 (25)
小ぶりな会場だったけど、値段も良心的なので文句のあろうはずもなく、

DSC_20170214 (26)

DSC_20170214 (27)
でも、ロワールもブルゴーニュも、何から飲んでいっていいか見定めが出来なくて困っていると

DSC_20170214 (29)
天の助けが舞い降りてきてくれました。

そっか、マデイラ酒があったのか!

DSC_20170214 (1)
全部で16種類!!やったー。

DSC_20170214 (13)
過去にほとんどマデイラを飲み比べる機会がなかった(だいぶ以前に1回だけでしょうか)ので、

DSC_20170214 (11)
宣教師だか騎士団だか知らんが、あなたのご託宣もありがたく聞いちゃうよ~。

で、ブースが混雑していたのと、解説をこと細かにタイプしていられないので、飲んだのをズラっと並べると以下のようだ。

DSC_20170214-1 (1)-1
・ヴィニョス バーベイト ドライ 3120円
・ヴィニョス バーベイト ミディアムスイート 3120円

ま、ここいらはすんなり飲めばいいだけですね。

DSC_20170214-1 (11)-1
・ブランディーズ セルシアル5年 3600円
・ブランディーズ ブアル5年 3600円

マデイラは品種の違いはあっても醸造の違いは加熱熟成の過程の2種類しかないようで、ここでの違いは品種の違い(2つとも白品種)を指しています。さすがにそう謳うだけあって味わいは単なる甘い味わいとは異なります。

DSC_20170214-1 (12)-1
・ブランディーズ ヴェルデーリョ 5年 3600円
・ブランディーズ マルムジー 5年 3600円

どちらも白品種とのことだそうです。

DSC_20170214-1 (4)-1
・ヴィニョス バーベイト デルヴィーノ レゼルバ5年 2400円

こちらは島で唯一の黒品種ティンタ・ネグラを80%使用とのこと。

おっとそもそもマデイラ酒を知らない人にお断りしておくと、マデイラ酒はポルトガルのお酒(酒精強化ワイン=シェリーやポートも同じ)で、ポルトガル本土から960km西の大西洋上に浮かぶマデイラ島で作られるお酒をそう呼びます。 もらった資料によると島出身の有名人は文句なしにサッカー選手のクリスチアーノ・ロナウド選手がひとりだけ書かれていました。ま、彼ならひとりで十分だよね。

ちょっと横道に逸れましたが、お酒に関する細かいことはこちらウィキペディア「マデイラ酒」に譲ることとしましょう。

DSC_20170214-1 (13)-1
・ブランディーズ アルバタ5年 2800円

こちらもブレンドされたものですね。

DSC_20170214-1 (14)-1
・ヴィニョス バーベイト セルシアル10年 6000円
・ヴィニョス バーベイト ブアル10年 6000円

ここらへんになってくると、甘さにも複雑さが出てきます。甘酸っぱいとかほの苦甘いとか。

DSC_20170214-1 (15)-1
・ヴィニョス バーベイト ヴェルデーリョ10年 6000円
・ヴィニョス バーベイト マルヴァジア10年 6000円

DSC_20170214-1 (6)-1
・ペレイラ ドリヴェイラ ヴェルデーリョ2000 8900円

ここから更に10年超の上級クラスですかね。

DSC_20170214-1 (7)-1
・ヴィニョス バーベイト リベリロ・レアル ティンタ・ネグラ1996 12000円

DSC_20170214-1 (8)-1
・ペレイラ ドリヴェイラ マルヴァジア1996 12000円

DSC_20170214-1 (10)-1
・ペレイラ ドリヴェイラ 88セルシアル1981 23000円

と、ひとまずこんなの飲んだぞ~的な記述は終わりまして、私的に美味しかったのはどれかと申しますと

DSC_20170214 (7)
5年クラスでは「ブアル」に

DSC_20170214 (8)
10年クラスでは「セルシアル」に

DSC_20170214 (35)
10年超の4種類では「ヴィニョス バーベイト リベリロ・レアル ティンタ・ネグラ1996」がフレッシュな甘い香りが新鮮で、他の濃厚な甘い香りのそれを抑えてこの日の「今日イチ」となりました。 

DSC_20170214 (28)
資料もたくさんもらいまして、これからマデイラのいろはを学ぶのに役立てようと思います。

DSC_20170214 (17)
残りの時間がまだあったので、日本のワイナリーのワイン会のイベントによく名前の出る「シャトー酒折」さんのブースをズラッと制覇することに。

DSC_20170214 (18)
11種類飲ませてもらいましたが、

DSC_20170214 (19)
「ここイチ」は6番目にのんだ「ジュエルズ・オブ・キルヴィン」ということになりました。


10箇所くらいブースはあったのですが、この2つに絞り込んだおかげで肝臓のオーバーワークが避けられて、美味しいマデイラに出会えたこともあり、翌日も気分も体調も快適、快適。しばらく試飲会はこの手法で体に無理をかけずにこなそうと思います。


にほんブログ村 酒ブログ 洋酒へ
にほんブログ村
  1. 2017/02/18(土) 12:07:32|
  2. シェリー&ポート&マデイラ
  3. | コメント:0

お酒のある周辺 3月10日 キャノンボール・ナイト -カリフォルニア新ワインお披露目パーティ

主催のオルカ・インターナショナルは、ジェロ・ボームと並んで私の中では楽しめるイベントを開いてくれるワインのインポーターとして認識しているのだけれど、そこが新しいワイナリーをお取り扱いされるんだそうな。

新しいワイナリーなので、お味の是非は分かりませんが、でも良いんじゃないかと思う要素は会場が東品川のT.Y.ハーバー ブリューワリー・レストラン船上ラウンジだからかな。
CAI_20130406 (22)

CAI_20130406 (26)
写真は2013年のもので、細かい様子は変わっているかもしれない。また、夜間の開催なので当然こんな風には見えない。

中の写真はというと
DVC20110226 (26) DVC20110226 (27) DVC20110226 (28)
これらは震災の年の2月だったかな。ま、こんな感じです。メシ旨かったと記憶しております。


【facebookより転載】

今春、オルカ・インターナショナル(株)では、カリフォルニア・ワインの2つの新ブランド"Cannonball(キャノンボール)"および"Angels & Cowboys(エンジェルズ&カウボーイズ)"の取扱いを開始いたします。

これを記念して、オーナーYoav Gilat氏が来日!この2ブランドのワインを皆様にご紹介し、その美味しさを知っていただく為のワイン・パーティーを開催することにいたしました!

会場のT.Y.ハーバー River Loungeは、アメリカングリルのT.Y.ハーバー ブリューワリー・レストランに併設された、天王洲の運河に浮かぶ都内唯一の船上ラウンジです。

ムード満点のステキな水辺の空間で、美味しいCannonballとAngels & Cowboysのワイン、その他数十種類の様々なワインとT.Y.ハーバーのゴージャスなパーティーフードを楽しんでください。

また、店舗内のブリュワリーで醸造されたフレッシュなクラフトビール(別料金となります)もお楽しみいただけますので、ビールファンにとっても見逃せないイベントです。

毎回オルカのワインパーティーは予約で満席になってしまいますので、是非お早目にチケットをご購入下さい!

【Cannonball Nightキャノンボール・ナイト】
        -カリフォルニア新ワインお披露目パーティ

日時: 3月10日(金)19時30分~21時30分

場所: T.Y.ハーバー River Lounge

住所 東京都 品川区 東品川 2-1

TEL  03-5479-1666

地図  goo.gl/kIZt1b

最寄駅: ゆりかもめ 天王洲アイル・B出口より徒歩5分

JR品川駅・港南口より徒歩15分より

料金: 前売り券  6,000円

当日券 7,000円

※満席の場合、当日券の販売はございません。

定員: 80名

参加チケットのご購入はこちらまで↓
http://peatix.com/event/238255

FBへ参加の申し込みをされただけではご入場ない可能性がございます。どうぞ前売り券をご購入下さいませ。


週末ですし、ご興味のある向きは是非どうぞ。ちょっと遠いのと遅いので、T.Y.ハーバーのビールまで込みの料金なら、万難を排してでも行くんだけどな~。


にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村
  1. 2017/02/13(月) 20:06:18|
  2. イベント・インフォメーション
  3. | コメント:0
次のページ

最新記事

カレンダー

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
日本酒 (105)
酒類全般 (97)
シングルモルト (92)
カクテル (14)
ワイン (95)
焼酎 (7)
ラム&テキーラ&グラッパ (12)
地ビール&海外ビール (121)
シェリー&ポート&マデイラ (11)
イベント・インフォメーション (21)
料理教室で飲む (6)
ジン (0)

プロフィール

Author:toratora.nomuzo
FC2ブログへようこそ!

Ripreに参加しています。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード