お酒のある風景

トラトラ・ノムゾーはシングルモルト、日本酒、ワイン、地ビール、シェリー、ラム、グラッパ等々焼酎以外の大抵のお酒は好きなので、おウチ酒の時にも外で飲んだ時の様子をアップしておけば、それを見てその場の雰囲気に戻れるかなぁとこのブログを作ってみました。

9月17日 マルシェ・デ・ヴァン Vol.15

どっしようかな~!

連休の終わり17日に時間ができたので、迷ってしまったのが「横浜ビアフェス」とホテル・オークラの「マルシェ・デ・ヴァン」だ。

方や5千円で横浜大さん橋まで、方や2千円で虎ノ門から歩いて10分。考えるこたぁないじゃないかと言われればそうなんだけど、「マルシェ・デ・ヴァン」って混むのは間違いないのと、普通の試飲会とは別のクセがあるから、ムムムムムと考えた結果、やっぱり近間で手を打つことにいたしました。

DSC_20180917 (1)

DSC_20180917 (2)
開催日 2018年9月17日(月・祝)
時間
優先入場 12:00~13:00
一般入場 13:00~18:00(最終入場17:00)

※「オークラ ソムリエセレクション2018秋」で事前にワインセットをご購入のお客様は、12:00よりご入場いただけます。有料試飲コーナーは13:00開始となります。有料試飲チケットは12:00より販売いたします。

会場 アスコットホール(地下2階)
入場料 お一人様 ¥2,000
※入場はOne Harmony会員様限定とさせていただきます。当日入会も承ります。(入会金・年会費無料)
※入場料につきましては、One Harmonyポイントは付与されません。


DSC_20180917 (6)
どう?混んでるでしょう。ま、それはどこにでもあるっちゃあるんだけれど、

DSC_20180917 (18)
要するにこのカートが邪魔なんですよ、ハイ。邪魔なんだよね、ホントに。即売会の側面はあっても、その場で現物をカートに入れて清算するのは、私の経験する範囲ではここだけです。

普通は注文書に書いて「〇〇何本ね」ってな具合なんだけど、この方式の方が購買意欲が増すんでしょうね、きっと。

DSC_20180917 (3)
世界各地のブースが選り取り見取りですが、私はおフランスが苦手なので、イタリア・スペインあたりから攻めていこうと思います。


これからは、書き留めるのももどかしいくらいいっぱいボトルが並んでいたので、説明抜きに美味しかったものだけバンバン撮って絵日記調でいきたいと思うので、ご勘弁を。ブースや会場の様子も時々入ります。

DSC_20180917 (16)

DSC_20180917 (14)

DSC_20180917 (15)

DSC_20180917 (23)

DSC_20180917 (24)

DSC_20180917 (11)

DSC_20180917 (12)

DSC_20180917 (25)

DSC_20180917 (32)

DSC_20180917 (33)

DSC_20180917 (34)

DSC_20180917 (37)

DSC_20180917 (39)

DSC_20180917 (38)

DSC_20180917 (45)

DSC_20180917 (46)

DSC_20180917 (56)

DSC_20180917 (60)

DSC_20180917 (62)

DSC_20180917 (66)

DSC_20180917 (69)

DSC_20180917 (73)

DSC_20180917 (74)

DSC_20180917 (75)

DSC_20180917 (77)

DSC_20180917 (78)

DSC_20180917 (79)

DSC_20180917 (80)

DSC_20180917 (81)

DSC_20180917 (86)

DSC_20180917 (87)

DSC_20180917 (88)

DSC_20180917 (90)

DSC_20180917 (96)

DSC_20180917 (100)
どうでしょう。ひたすら買い物カートを掻い潜って飲むってことなんですが、種類は豊富だし、説明する人はちゃんとした意識があるのも助かります。

来年はあなたも掻い潜りゲーム付きでいかがでしょう?


にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村


  1. 2018/09/30(日) 23:53:11|
  2. ワイン
  3. | コメント:0

葉月の絵日記

DSC_20180801 (3)

DSC_20180801 (2)

DSC_20180805 (4)

DSC_20180805 (9)

DSC_20180805 (10)

DSC_20180805 (14)

DSC_20180805 (29)

DSC_20180805 (45)

DSC_20180805 (56)

DSC_20180805 (64)

DSC_20180829.jpg


にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村
  1. 2018/09/01(土) 15:03:46|
  2. 酒類全般
  3. | コメント:0

7月29日 東京シードルコレクション2018

DSC_20180729 (2)
夏だ、暑いぜ、ビールが旨い!ってな天候でんな。

DSC_20180729 (4)
東京ビックサイト 、お久しぶりぶり。どれくらいお久しぶりかと思い出してみると、ウィスキーマガジンかジャパンインポートのラムフェス以来じゃないのかな。

DSC_20180729 (64)
今日はね、ビールじゃないんだ、シードルなんだよね~。

DSC_20180729 (8)

■イベント概要

【日時】
 2018年7月29日(日) 11:30〜17:00
※受付開始時間も11:30となります。

【会場】※こちらに変更になっています
 東京ビックサイト 会議棟1F レセプションホール(A)
 東京都江東区 有明3丁目11−1
 <地図>
 http://www.bigsight.jp/access/map/

 <交通アクセス>
 りんかい線 「国際展示場」駅下車  徒歩約7分
 ゆりかもめ 「国際展示場正門」駅下車 徒歩約3分
 バス、飛行機などは以下のページをご確認ください。
 http://www.bigsight.jp/access/transportation/

【入場料】
 4,000円(税込)
 ※有料試飲チケット 10枚付き
 ※当日はプラス500円にて会場で受付します(ただし、募集定員を満たした場合はありません。このイベントページでご案内します)

【参加の皆様にプレゼント】
・シードルブック2018
・イタリア製テイスティンググラス
・手が自由に使えるグラスホルダー

■2018年の出展シードル

世界7カ国のシードルが60種類以上
日本
イギリス
フランス
スペイン
アメリカ
フィンランド
オーストラリア
※出展者のブランド、社名は末尾のリストをご確認ください。

DSC_20180729 (9)
わたしゃこのイベントは初でござる。よろしくお願いしたいでござるよ。

DSC_20180729 (10)
中はどうなっているのか、バウチャー1枚で1杯で、10枚あるから10非杯ちゅーのもチト寂しい。

DSC_20180729 (12)
全体の配置は国産1VS、外国産1の比率に近かったかな。

DSC_20180729 (55)
まずまスペイン案からと㈱キムラさんのブースへ。

DSC_20180729 (52)
マヤ・ドールがドンと置いてあって、神田エクリプスのシードルの会で飲んだやつだったので、なんとな~くパスしてしまいました。

DSC_20180729 (56)
お次はワイン・スタイルズさん。へニーズの2種類を飲ませてもらいました。うん、美味しかったです。

あと、ここで各ブースにはフリーの銘柄とバウチャーが必要な銘柄があって、どこのブースでもフリーのものは必ず置いていると聞いて安堵、安堵の一言です。
そっかー、それじゃバンバン飲んじゃうぞー!!

DSC_20180729 (58)
ホブゴブリンジャパン㈱さん。んん、アスポワールは割と身近で飲んでいるので、ここもなんとなくパス。

DSC_20180729 (45)

DSC_20180729 (63)
3番目は押上のミヤタビールのブースへ。ホントは外国産のブースをひと舐めしてから国産にと思ってはいたのだけれど、あらかじめ会場を一度ぐるりと1周していて目についたので、気になるものは早めにやっつけようと馳せ参じました。

ここでは品種で「長野ふじ」がフリーなのでそれを飲みました。最終的にバウチャーを余らせておいて「青森さんつがる」と「青森トキ」に2枚づつ手渡して飲んでみたのですが、個人的には「長野ふじ」に1票です。

DSC_20180729 (65)
4番目=㈱ル・ブリュターヌ

DSC_20180729 (67)
ここは3本写っているうちのクリュ・ブルトン辛口と、オーガニック中辛口が美味しかったで賞。

DSC_20180729 (69)
こちらはユニオンリカーズ㈱さん。シェリーでお世話になっています。ここでいただいたのは手前に小瓶で並んでいるボレ・ダルモリック・ブリュットでした。ご馳走様。

DSC_20180729 (70)
お次はムラン家さん。フランスのを扱っているそうなんですが、飲んだかどうか思い出せません。ごめんなさい。

DSC_20180729 (71)
こちらは㈱田地商店さん。かっこして信濃屋食品と併記されてましたが、細かいとこまでつっこんではおりません。

DSC_20180729 (72)
ブースの左側に「カルヴァドス」があったので、この段階ではバウチャーについてケチだったので「アブルヴァル・グランドリザーブ」をご馳走になりました。

DSC_20180729 (74)
これはね、ボトルラベルのデザイン投票に並べているものです。

DSC_20180729 (76)

DSC_20180729 (77)
こちら㈱アレグレイスさん。

DSC_20180729 (78)
ラシャス・ポワレドライが美味しかったですね。

DSC_20180729 (79)
こちらはチョーヤ梅酒㈱さん。ツータウンウウズ・アメリカンハードサイダーのアウトサイダー、ブライトサイダー、メイドマリオンの3種類をいただきました。

DSC_20180729 (81)
こちらは㈱ワインショップ西村さん。

DSC_20180729 (83)
こちらでは、英国のベリーズサイダー3種類も

DSC_20180729 (84)
これまたコーニッシュオーチャードの3種類も全部美味しかったです。


DSC_20180729 (85)
さて、ここいらで国産のブースに再突入です。

こちらの亀ヶ森醸造所ではシードルミックスが美味しかったです。

DSC_20180729 (86)
KANESHIGE醸造ではBOB2017が美味しかったです。

DSC_20180729 (87)
こちらは㈱VinVieさん。オーガニックシードルをいただきました。

DSC_20180729 (90)
さてやっと神田エクリプスの藤井さんのところへ到着です。ウィスキー・プロフェッショナルの資格ももってる彼の繋がりか、モルトのお知り合いも何人かちらほら見かけましたね。

DSC_20180729 (91)
ここでは練馬区大泉(だったかな?)の東京ワイナリーとコラボしたシードルをいただきました。

DSC_20180729 (93)
こちらは帯刀りんご農園さん。

DSC_20180729 (95)
そんで、こちらはカモシカシードル醸造所さん。カモシカシードルBrut(辛口)も、Doux(甘口)も美味しかったです。

DSC_20180729 (47)
後ははすみふぁーむ&ワイナリーもお邪魔しました。バウチャー無しのはすみふぁーむシードルが当たりでした。


これだけの数のシードルを一気に楽しんだのも初めてですが、ワインと違って「甘口」から「辛口」に飲み進めると、意外に辛口の甘さを感じることができ、飲みやすくもあり、こんなことが自分には合うことが分かって嬉しかったです。

DSC_20180729 (103)
では、30分くらい時間を残して、ぼっちらぼっちらお暇と相成りました。おしまい。


にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村
  1. 2018/08/14(火) 11:08:53|
  2. シードル&カルバドス
  3. | コメント:0

7月28日 GIN LIVE Tokyo

6月9日の 

GINfest.TOKYO 2018

に引き続き、またまたGINのイベントに参戦です。高額になってしまったウィスキーに比べれば、ジンの市場はまだ安く狭く、それでいて多様であり、これからの分野って感じさせるものがあります。

今回は台風直撃ならやだなと思い、当日券ではいりましたが、自分では狭いと思っている「秋葉原UDX アキバ・スクエア」も、寂しくない程度に人が入っていて、ブースを巡るのには苦労しませんでした。

今回はストレートでパカパカ飲んでると足を持ってかれそうなので、大体トニックにしていただきました。飲んでばかりなので、コメントは少なくなりますが、当日の雰囲気を御覧下さい。

【イベント概要】
◆イベント名
GIN LIVE Tokyo 2018
公式サイト:gin-live.jp/

◆会場
秋葉原UDX アキバ・スクエア(http://udx-akibasquare.jp)

◆日程
2018年7月28日(土) 12:00~18:00

◆チケット料金
【前売券】 ¥2,400(税込)
【当日券】 ¥2,800(税込)

◆出展企業(5月28日現在・五十音順)
ウィスク・イー、雄山、京屋酒造、キリンビール、サントリー酒類、三陽物産、ジャパンインサイト、スコッチモルト販売、スリーリバーズ、中国醸造、中野BC、バカルディ ジャパン、本坊酒造、まさひろ酒造、レミー・コアントロー・ジャパン
(50音順)*出展企業は変更となる場合がございます。


DSC_20180728 (1)

DSC_20180728 (2)
ふ~ん、「ウィスキーマガジン」がジンをやる。ご時世なんでしょうか。

DSC_20180728 (3)
6月の「GINfest.TOKYO 2018」の時より会場が広く、ブースによって大きい小さいもはっきりしています。

DSC_20180728 (4)
こちらキリンビールさん。飲みませんでしたけど、タンカレーNo.10は美味しいですよね。

DSC_20180728 (5)
こちら三陽物産さんのヘンドリクスジンのブース。私の大好きな銘柄です。

DSC_20180728 (6)
本坊酒造さん。焼酎に、ウィスキーに、スピリッツにと幅広いですね。

DSC_20180728 (9)
まさひろ酒造さん。沖縄の蔵だそうです。

DSC_20180728 (24)
サッポロビールさんはボンベイサファイアを全面に。

DSC_20180728 (25)

DSC_20180728 (26)

DSC_20180728 (27)
他の人が飲んでたのが美味しそうだったので、抹茶入りのトニックにしました。美味しかった。

DSC_20180728 (12)
カクテルコーナーもありました。気が利いてますね。

DSC_20180728 (11)

DSC_20180728 (15)
こちら宮崎の京屋酒造さん。

DSC_20180728 (17)
レミーコアントロー・ジャパンさん。話しは逸れますが、コアントローを使ったキウイのコンポートは大好きです。

DSC_20180728 (18)
こちらは中国醸造さん。

DSC_20180728 (19)
これはサントリーさんのオリジナルジン「六」と

DSC_20180728 (20)
取り扱いの「ビフィーター」が並んでいました。

DSC_20180728 (21)
頂いたのは「六」のソーダとWATSUNAGIというリキュールなのかな?「ゆず味」を入れてもらいました。(後で残りの「生姜味」と「すだち味」も試しました。)

DSC_20180728 (22)
こちらは、

DSC_20180728 (23)
レミーコアントロー・ジャパンさんに戻ったところですかね。[ISLAY GIN」なんて、まさかヨード臭がするのかなと勘ぐってしまいましたが、全然そんなことはないので、ちょっとがっかりしました。

DSC_20180728 (32)
ちょこちょこ飲んだ後で、外で一休み。

DSC_20180728 (34)
さ、復活の一手はやっぱりヘンドリックスのトニックで。

DSC_20180728 (35)
ここからウィスクイーのブースです。

DSC_20180728 (38)
ジンだからモルトでお世話になった人たちはいないだろうと思っていたら、ホニャひらさんとか

DSC_20180728 (39)
(ほとんど後ろの黒のボートと同化している)ホニャ川さんに会えてうれしかったです。

DSC_20180728 (42)
この素敵な配置の「カルーンジン」はスコットランド産でウィスキーのバルメナック蒸留所で作られたものだとか。リンゴもボタニカルの一つとして入っているそうです。

DSC_20180728 (43)
またまた一休み。水分補給だけじゃブースの近くにいると目が欲しがるので、ちょっと離れて落ち着かないと。

DSC_20180728 (45)

DSC_20180728 (46)

DSC_20180728 (49)

DSC_20180728 (50)
こちらはジャパンインサイトさん。

DSC_20180728 (51)
こちらの「No.3ロンドンドライジン」は美味しゅうございました。

DSC_20180728 (56)
こちらは「Bobbyʼs Dry Gin」。オランダのジンだそうです。混んでて飲めなかったよ。

DSC_20180728 (57)
雄山さん。イギリスのジンだそうです。ここらへんから胃がお疲れで、だんだんプラコップへの手が伸びなくなってきたなぁ。

DSC_20180728 (58)
スコモル販売さんはシカゴの「KOVAL」を一押しで。

DSC_20180728 (64)
中野BCさん。「KOZUE」という日本の銘柄を扱っているようです。

DSC_20180728 (65)
こちらは小正酒造さん。「KOMASA GIN(コマサジン)」 を作っているそうです。

DSC_20180728 (69)
では最後にお楽しみを持って、外のテーブルへ。左はヘンドリクスジンのトニック。右はボンベイサファイアの抹茶トニック。いい締め方だと自画自賛。ゆっくり休んだので足もふらつかず帰ることができました。


にほんブログ村 酒ブログ 洋酒へ
にほんブログ村


  1. 2018/08/03(金) 22:05:46|
  2. ジン&ラム&テキーラ&グラッパ
  3. | コメント:0

文月の絵日記

DSC_20180711 (2)

DSC_20180711 (3)

DSC_20180715 (1)

DSC_20180715 (2)

DSC_20180726 (2)

DSC_20180726 (4)

DSC_20180726 (6)

DSC_20180726 (8)

DSC_2018073101 (1)

DSC_2018073101 (3)


にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村
  1. 2018/08/02(木) 00:00:20|
  2. 酒類全般
  3. | コメント:0

お酒のある周辺 8月31日 ニューオータニホテルズ・カクテルコンペティション 2018

DSC_20180423 (1)

DSC_20140922 (39)

今年もあの夏のイベントがやってくる。御用とお急ぎでない方は是非ご覧あれ。

【開催データ】

開催日

2018年8月31日(金)
時間

19:00~21:30(受付 18:30~)
会場

芙蓉の間(ザ・メイン 宴会場階)
料金

1名さま ¥8,800 ※NOC会員 / NOL会員 各¥6,500

内容

カクテル公開審査
軽食タイム
ステージ
表彰式
抽選会



にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村
  1. 2018/07/23(月) 19:17:33|
  2. イベント・インフォメーション
  3. | コメント:0

7月8日 日本ラム協会 JAPAN RUM CONNECTION TOKYO 2018

2016年はすっかりスルーしてしまったラム&カシャッサフェスティバルが今年はやってきた!!

すっかりご機嫌になって、バリバリ飲んだので、写真の1枚1枚は覚えてるもの、そうでないもののムラがあり、ここはひとつ絵日記調で逃げることといたしまする~。

【開催情報】

アジア最大級のラム&カシャッサフェスティバル!
JAPAN RUM CONNECTION TOKYO 2018 開催決定!!
全国からファンが集結、2年ぶりの開催となる今回はラムとカシャッサの夏の饗宴

「JAPAN RUM CONNECTION TOKYO 2018」

■日時:2018年7月8日(日)

・第1部:14:00~17:00
@TK SHIBUYA(渋谷) 5000円
アクセス:http://tk-shibuya.com/access/

・第2部:17:00~21:30  6000円
@SHIBUYA SOUND MUSEUM VISION(渋谷)
アクセス:http://www.vision-tokyo.com/access


DSC_20180708 (1)

DSC_20180708 (2)

DSC_20180708 (3)

DSC_20180708 (6)

DSC_20180708 (8)

DSC_20180708 (14)

DSC_20180708 (17)

DSC_20180708 (20)

DSC_20180708 (21)

DSC_20180708 (24)

DSC_20180708 (25)

DSC_20180708 (31)

DSC_20180708 (33)

DSC_20180708 (36)

DSC_20180708 (34)

DSC_20180708 (37)

DSC_20180708 (38)

DSC_20180708 (41)

DSC_20180708 (43)

DSC_20180708 (46)

DSC_20180708 (47)

DSC_20180708 (48)

DSC_20180708 (50)

DSC_20180708 (53)

DSC_20180708 (55)

DSC_20180708 (58)

DSC_20180708 (57)

DSC_20180708 (62)

DSC_20180708 (64)

DSC_20180708 (68)

DSC_20180708 (74)

DSC_20180708 (80)

DSC_20180708 (81)

DSC_20180708 (86)

DSC_20180708 (89)

DSC_20180708 (91)

DSC_20180708 (96)

DSC_20180708 (102)


DSC_20180708 (106)

DSC_20180708 (109)

DSC_20180708 (115)

DSC_20180708 (124)

DSC_20180708 (141)

DSC_20180708 (143)

DSC_20180708 (144)

DSC_20180708 (145)

DSC_20180708 (153)

DSC_20180708 (154)

DSC_20180708 (157)

DSC_20180708 (160)

DSC_20180708 (169)

DSC_20180708 (189)

DSC_20180708 (194)


にほんブログ村 酒ブログ 洋酒へ
にほんブログ村
  1. 2018/07/10(火) 20:03:09|
  2. ジン&ラム&テキーラ&グラッパ
  3. | コメント:0

お酒のある周辺 8月8日 オルカ・インターナショナル㈱ 真夏のワイン・ナイト in KIHACHI 青山本店

DSC_20140807 (11)

DSC_20140807 (13)

DSC_20140807 (19)

DSC_20140807 (27)

DSC_20140807 (65)
(写真は4年前に日本橋で行われたものです。)

ジェロボームと並んで、オルカ・インターナショナルさんはいろいろな試飲会にいることが多く、自社の試飲会では種類を惜しげもなく並べてくれるので、とても気に入っているインポーターさんです。

夏のイベントは暫くご無沙汰ですが、楽しいものになるでしょう。

【開催情報】

昨年大好評を博したオルカのワイン飲み放題パーティ 「真夏のワイン・ナイト」が、今年も帰ってきます!

今回の会場は、オシャレな大人の街・青山にあるレストラン・KIHACHI 青山本店。
100年以上の歴史を持つパリのレストラン「マキシム」で研鑚を積み、高級ホテル「ホテル・コンコルド・ラファイエット」でセクションシェフも務めた名シェフ・熊谷喜八が、ジャンルに問わられない日本発の洋食をコンセプトに創業したレストランです。

神宮外苑の美しいイチョウ並木を望む抜群のロケーションとリッチな雰囲気の中、80種類を超えるオルカの高品質なワインとKIHACHIの美味しいビュッフェを存分に楽しみながら、気の置けない仲間と盛り上がる…。そんな夏の夜を楽しみたい方には見逃せないイベントです。
当日はワインやペアTシャツが当たる抽選会も実施いたします!

こちらのパーティー、昨年は開催1週間前にはチケットが完売してしまいました。
今年もチケットの売り切れが予想されます。お早目のチケットご購入をお勧めします!

【真夏のワイン・ナイト in KIHACHI 青山本店】
時間:受付開始 18:30、 パーティー 19:00~21:00
場所:KIHACHI 青山本店  
住所:東京都港区北青山2-1-19
最寄り駅:外苑前駅(東京メトロ銀座線)
     青山一丁目駅(東京メトロ銀座線・半蔵門線)
会費: 前売券 5,500円(税込)
当日券 6,000円(税込)
    ※満席の場合、当日券の販売はございません。
定員: 90名
お申込み:オンラインチケット販売サイト Peatixのイベントページよりご購入下さい


にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村
  1. 2018/07/07(土) 14:15:19|
  2. イベント・インフォメーション
  3. | コメント:0

お酒のある周辺 8月7日 木下インターナショナル㈱ ポルトガル&マデイラワインテイスティング会

DSC_20170214 (28)

DSC_20170214 (2)

DSC_20170214 (12)

DSC_20170214 (26)
(写真は2年前のものです。)

木下インターナショナルさんの試飲会はマデイラがあるから楽しみなのさ。行けるかな~、行けないかな~、今はどっちか分かりませんが、良心的な値段設定もあり、都合が合えばお出かけになられてはよろしいんじゃないでしょうか。


【開催情報】

ポルトガル&マデイラワイン約60種類を楽しめる軽食付きの試飲会。

日時
 2018年8月7日(火) 18:00~20:00(受付開始17:45)
会場
 ホテルモントレ銀座 2F ル・ソール
 東京都中央区銀座2-10-2
参加費
 3500円



にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村
  1. 2018/07/06(金) 19:23:47|
  2. イベント・インフォメーション
  3. | コメント:0

お酒のある周辺 7月22日(日)岐阜の地酒に酔う2018【東京】

DSC_20170723 (4)

DSC_20170723 (67)

DSC_20170723 (69)

DSC_20170723 (61)
(写真は昨年のものです)

各県の酒造組合が主催する酒の会で、多分一番多く参加していると思われるのが、岐阜県酒造組合さん

岐阜の地酒に酔う

だ。

今年はこ~んな感じで行われるようだが、残念私は東京にいないので、参加が叶いません。

※開催データ

■開催日時 7月22日 午後1時~

■開催場所 千代田区一ツ橋 如水会館 

■会費 3,500円

一般の部の定員は400名だそうだ。ご興味のある向きはお急ぎを。


にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村
  1. 2018/07/04(水) 19:57:50|
  2. イベント・インフォメーション
  3. | コメント:0

お酒のある周辺 7月8日 酒縁川島さん主催 日本酒フェスティバル2018

DSC_20160311 (1)

DSC_20160311 (21)

DSC_20160211 (22)
酒縁川島。とっても狭い武蔵小山の居酒屋さんなんだけど、日本酒の揃えは抜群。店一軒で以下のような日本酒フェスまで開けちゃう、日本全国の蔵元から一目置かれる存在なので、これだけの蔵が集まっちゃう訳だ。

川島さんとは随分以前に東京プリンスで開かれたフェスティバルと、2016年に2回ほどお店の「復興祭」にお邪魔したこがあります。今回は開催日が自分にとって微妙なのですが、皆様、行けば相当満足されることと思います。

【告知の日本酒カレンダーブログより抜粋】

昨年は参加蔵45場に、出品のみが71場。計200種類以上と過去最多の日本酒が勢ぞろい。今年は6月20日現在で参加蔵元51場、出品蔵元が63場と、さらに最高記録を更新する見込み! 蔵元や杜氏、蔵人らにお酒を注いでもらいながら、お酒の説明を聞けるブースと、セルフで注いで利き酒をする出品酒のコーナーに分かれていて、ゆったり3時間、自分のペースで好きなように日本酒を味わえるので、初心者やグループにも人気がある。

【前売券】:各回 5500円 1日通し9000円 ペア券 10000円
【当日券】:各回 6000円 1日通し10000円 ペア券11000円

チケットの購入法】

☆「酒縁川島」店頭での販売(18時半~23時半、品川区小山4-10-4-102)

※武蔵小山駅東口徒歩3分

電話03-3785-8806、フリーダイヤル0120-85-8806

☆郵便振替(ゆうちょ銀行)の場合

店番号019/当座預金/口座番号 00160-3-800070/酒縁の会事務局 ※昼の回/夜の回/1日通しの希望と必要枚数を振り込み用紙に記入のこと。銀行やネットから振り込みの場合も、この口座番号へ

☆みずほ銀行の場合

戸越支店/普通/口座番号 2046399/川島酒縁の会 川島孝夫

【問い合わせ】 酒縁川島へ

2018/07/08(日) 12:00〜15:00 昼の回

参加蔵元: 【秋田】阿櫻/まんさくの花【山形】秀鳳/東光・洌/六歌仙/あら玉/鯉川【宮城】浦霞/真鶴【福島】会津中将/あぶくま/豊久仁/笹の川【栃木】松の寿/燦爛・望【茨城】来福【【埼玉】亀甲花菱千葉】東灘・鳴海【神奈川】相模灘/松みどり【長野】北信流/福無量・互/美寿々/つきよしの【新潟】北雪/鶴齢【福井】雲乃井【静岡】臥龍梅/君盃【愛知】白老/奥【岐阜】百春【三重】妙の華・るみ子の酒【奈良】長龍【京都】弥栄鶴/富翁【和歌山】黒牛/車坂・鉄砲隊【兵庫】龍力【鳥取】千代むすび【島根】開春/誉池月【岡山】大典白菊【広島】本州一【山口】金冠黒松・日下無双【香川】川鶴【愛媛】伊予賀儀屋【徳島】鳴門鯛【高知】豊能梅【佐賀】肥前蔵心【長崎】福田

2018/07/08(日) 16:00〜19:00 夜の回

参加蔵元: 【秋田】阿櫻/まんさくの花【山形】秀鳳/東光・洌/六歌仙/あら玉/鯉川【宮城】浦霞/真鶴【福島】会津中将/あぶくま/豊久仁/笹の川【栃木】松の寿/燦爛・望【茨城】来福【【埼玉】亀甲花菱千葉】東灘・鳴海【神奈川】相模灘/松みどり【長野】北信流/福無量・互/美寿々/つきよしの【新潟】北雪/鶴齢【福井】雲乃井【静岡】臥龍梅/君盃【愛知】白老/奥【岐阜】百春【三重】妙の華・るみ子の酒【奈良】長龍【京都】弥栄鶴/富翁【和歌山】黒牛/車坂・鉄砲隊【兵庫】龍力【鳥取】千代むすび【島根】開春/誉池月【岡山】大典白菊【広島】本州一【山口】金冠黒松・日下無双【香川】川鶴【愛媛】伊予賀儀屋【徳島】鳴門鯛【高知】豊能梅【佐賀】肥前蔵心【長崎】福田

会場: 大崎ブライトコアホール



にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村
  1. 2018/06/30(土) 16:56:41|
  2. イベント・インフォメーション
  3. | コメント:0

お酒のある周辺 代々木「花火の宴」商魂こめて

DSC_20180628 (1)
6月28日のことです。その日は代々木に用事があって、駅へ戻る途中

おや?ここは見たことのあるとこですな。

DSC_20180628 (2)
あ、包丁男が25日に大立ち回りして警察の特殊部隊に取り押さえられた現場の店ぢゃないか。

「自分の酒癖が悪く、捕まれば酒をやめられると思った」というのが動機だそうですが、「花火の宴・代々木店」さん、3日前のこの苦境を乗り越え頑張って下さい。


にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村
  1. 2018/06/29(金) 12:37:04|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

水無月の絵日記

DSC_20180601 (7)

DSC_20180601 (5)

DSC_20180601 (3)

DSC_20180604 (1)

DSC_20180604 (2)

DSC_20180607 (1)

DSC_20180609 (130)

DSC_20180609 (131)

DSC_20180609 (132)

DSC_20180609 (133)

DSC_20180613.jpg

DSC_20180619 (3)

DSC_20180619 (6)


にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村
  1. 2018/06/27(水) 20:17:00|
  2. 酒類全般
  3. | コメント:0

6月9日 GINfest.TOKYO 2018

DSC_20180609 (9)

【開催HPより転載】

バルセロナ、ロンドン、ニューヨークに始まり世界を席巻するジンのムーブメント。その土地ならではのボタニカル(草根木皮)を使用した個性豊かな味わいやストーリー、作り手から飲み手までの距離が近い自由でフレンドリーな雰囲気や美しいボトルデザインも大きな魅力です。ここ日本でもジン専門店の登場や日本ならではのボタニカルを使用した国産クラフトジンのリリースも相次ぎ大きな話題を集めているジン、その魅力を「味わう」「知る」「繋がる」、天王洲Canal Side、運河沿いの倉庫と200mに及びボードウォーク、そして天王洲運河に浮かぶ美しい船上のスペースを会場に、日本初のジン・フェスティバル、GINfest.TOKYO 2018を開催致します。

(同時開催:TENNOZ HARBOR MARKET)

入場無料!


GINfest.TOKYOメイン会場の船上スペースT-LOTUSでは、国内外のジンを試飲(有料:10cc×5銘柄)できるだけでなく、お気に入りのジンのボトルをその場で購入することができます。作り手やインポーターの方々の想いや商品の魅力を「味わう」「知る」「繋がる」、プロの方はもちろんジンに興味のあるすべての方が気軽に楽しめるイベント、すべてのジン・ラバーズのための祭典です。

また、同時開催されるTENNOZ HARBOR MARKET 会場B&C HALLにはGINfest.TOKYOスペシャル・バーが登場、ジンにフォーカスするバーや人気バーテンダーが作るジン&トニックを片手に、天王洲運河沿いの美しいボードウォークやT-LOTUSのトップデッキで自由にお楽しみいただけるほか、ジンのセミナーやワークショップ等も開催予定です。

【GINfest.TOKYO 2018 概要】
公式サイト https://www.ginfest.tokyo/
Facebook https://www.facebook.com/ginfest.tokyo/
※詳細情報はHPに、最新情報はFacebookページに掲載
開催場所 天王洲Canal Side “T-LOTUS M” 及びその周辺施設
東京都品川区東品川2-1 先
開催日時 ●GINfest.TOKYO メイン会場 “T-LOTUS M”
6月9日(土) 13:00-20:00
6月10日(日) 13:00-18:00
●同時開催 Tennoz Harbor Market メイン会場 “B&C HALL”
6月9日(土) 11:00-20:00
6月10日(日) 11:00-18:00
※スペシャル・バーはB&C HALLに登場します。
入場料 無料
※試飲については1銘柄100円相当で可能。会場内で試飲専用のドリンクチケットを販売予定です。
※カクテルやフードは有料です。


ふ~ん、ジンのイベントなんだ。ま、今までも2015年のウイスク・イーのイベント "W-E Love Craft"!でブリュードックの他はジンばっかり飲んでたり、昨年の西麻布の長野屋さんの試飲会でもジンコーナーがあって有難く相当数を試飲させてもらったりと、まぁジンはそれだけでも楽しめるクチなので、梅雨とはいえ天気が良ければ参陣いたすべく心構えをしていたら、晴れ男を自認する効力に間違いなくバッチリ晴れてくれたので、いざいざでござる。

DSC_20180609 (7)
目標物は今回も天王洲の「T.Y.HARBOR」

DSC_20180609 (8)
今回のイベントは写真右手の水上ラウンジではなく、奥側のまた別な施設が会場だそうな。

DSC_20180609 (11)
運画沿いのデッキを横目に、

DSC_20180609 (86)
スロープを降りましょう。

DSC_20180609 (12)

DSC_20180609 (128)

DSC_20180609 (13)
恥ずかしながら、ジンオンリーのイベントは今回が初めてです。

DSC_20180609 (15)
Japanese GIN 和美人

1階のフロアはジャパニーズということですが、どこがどこやら、何が何やら(焼酎屋さんが造ってんだか日本酒屋さんが造ってんだか????)ってな具合で、

DSC_20180609 (17)
槙 -KOZUE-

よくわからないのでまずはスルーで見学を。人でとても賑わっていましたね。

DSC_20180609 (18)
ジャパニーズクラフトジン 樹々

DSC_20180609 (20)
AKAYANE CRAFT GIN HEART (春)

DSC_20180609 (21)
桜尾

DSC_20180609 (22)

DSC_20180609 (23)
まさひろオキナワジン

DSC_20180609 (36)
さぁ、1階の見学は終えて、B1の外国メーカーのブースへ突入です。

DSC_20180609 (37)
最初はグーではありませんが、最初はよく知る三陽物産のヘンドリックスジンのトニックでしょう。

「きゅうり入れますか?」の問いには当然「是非」でございます。美味しかった。

DSC_20180609 (39)
B1は1階より更に混んでいて、あんまりのんびり見てると怒られそうだから、写真の流れで雰囲気だけでも掴んでください。

DSC_20180609 (40)
ジークフリート(ドイツ)

DSC_20180609 (45)
ジーヴァイン ジン フロレゾン(フランス)

DSC_20180609 (46)
アイルオブスカイ トミーズジン(スコットランド スカイ島)

DSC_20180609 (47)
メルボルン・ジン・カンパニー(オーストラリア メルボルン)

DSC_20180609 (48)

DSC_20180609 (49)
マルフィ ジン(イタリア)

DSC_20180609 (51)
バーレイズ シグニチャー ロンドンドライジン(イギリス)

DSC_20180609 (52)

DSC_20180609 (53)
ポートベロ ロード No.171 ロンドンドライジン(イギリス)

DSC_20180609 (55)
季の美は「勢」だけ飲んで、別のはまた来たらと思ってたのに忘れちゃいました。

DSC_20180609 (57)
少し間を開けて風にあたろうと、

DSC_20180609 (58)
会場上のデッキに上がりました。

DSC_20180609 (63)
水辺はやはり気分がいいですね。

DSC_20180609 (59)

DSC_20180609 (60)

DSC_20180609 (65)
試飲会場に復帰し、ちょっとピンときたので、

DSC_20180609 (67)
ニッカのカフェジンをただきました。宮城峡のカフェスチルで作っているそうです。大きな印象ではないものの、飲みやすさは際立っていましたね。

DSC_20180609 (68)
ボルス バレルエイジド ジュネヴァ(オランダ)

DSC_20180609 (71)
武蔵屋さんのところへもお邪魔しました。ブースの中の人は西麻布コイーバのラムパーティーの時の人で、顔を覚えていてくれて、たっぷり注いでもらいました。ありがとう。

DSC_20180609 (72)
和美人 -武蔵-

武蔵屋がプロデュースして鹿児島・本坊酒造で作らせたようです。

DSC_20180609 (76)
トラブル ジン(カナダ)

DSC_20180609 (77)
さぁ、ここからは見覚えのあるのがいくつか続きます。「Kyrö Distillery Company」。最初に見たのは土屋さんとこのウィスキー文化研究所の「ボトラーズ&クラフトウィスキーフェス」だったんじゃなかろうか。フィンランドのジンってところに魅かれて飲んだ記憶があります。

DSC_20180609 (78)
ブランネリ ドライジン(ノルウェー)

DSC_20180609 (80)
お次のコーヴァルはこれも土屋さんとこの「ウイスキーフェスティバル2016in東京」でいただいた経験があったな。
 
DSC_20180609 (82)

DSC_20180609 (83)
ネバーシンク スピリッツ ジン(アメリカ ニューヨーク)

DSC_20180609 (84)
フローティングスペースでの最後は、やっぱり三陽物産さんのヘンドリクスジンのトニックで。好きなものは好きなんです。

ここまでの印象としては、オーソドックスなジン(透明)とバレルド(樽でのフィニッシュ)が並んで置いてあるパターンが多かったのですが、個人的には透明なやつの方が好み(とういか、ジンの期待する味のイメージに合っていたというか)ですね。


DSC_20180609 (88)
では、100円試飲は卒業して

DSC_20180609 (104)
別会場「B&C HALL」のスペシャルバーに行ってみます。

DSC_20180609 (100)
なんだ、有料試飲500円とはいえ、こんだけある中から選び放題なのか!!

DSC_20180609 (115)

DSC_20180609 (116)

DSC_20180609 (98)
オイラはジントニックにしてもらおうかな。

DSC_20180609 (101)
で、フローティングの会場では目にしなかった昨年の西麻布の長野屋さんの試飲会で購入した

DSC_20180609 (102)
ル・ジン(フランス)をトニックソーダで割ってもらいます。

DSC_20180609 (109)
トニックウォーターはいろいろな銘柄があるうちで、ひとつだけ色のついた「バーモンジー トニックウォーター」がほの甘く、自分の好みだったので、それにしてもらいました。

DSC_20180609 (110)
500円だから、たっぷりね。

DSC_20180609 (114)

DSC_20180609 (123)
この建物の別の場所では生活雑貨のコーナーがいくつも開催されており、お酒以外にも楽しめるところがあるのはいいことだと思いました。

DSC_20180609 (124)

DSC_20180609 (126)
最後に当日販売のブースに寄って、手に入れたのは

DSC_20180609 (125)
この日の一番の収穫「バーモンジー トニックウォーター」を6本買い求め

DSC_20180609 (139)
家に帰って昨年末に長野屋さんで買ったル・ジンと

DSC_20180623.jpg
同じく長野屋さんで買ったイタリアのボイ・ジンと合わせて、ちびちびと美味しい味わいを楽しませてもらいましたとさ。おしまい。

にほんブログ村 酒ブログ 洋酒へ
にほんブログ村
  1. 2018/06/23(土) 16:12:18|
  2. ジン&ラム&テキーラ&グラッパ
  3. | コメント:0

(私にとっての)初めての店 ⇒ 高円寺 アンドビール

DSC_20180608 (1)
ここはといえば、JR中央線から東に伸びる「阿佐ヶ谷一番街」です。また夏の一番街祭りには「ケクー」のすいかサングリアを飲みに来なくっちゃ。おっと、それはまた夏の機会に置いといて、これは東に向かっているの図です。

DSC_20180608 (2)
JRの高架線のアニメストリートを更に越え東に進みます。

DSC_20180608 (3)
15分以上歩いたでしょうか。進行方向左に住宅公団っぽいアパートメントが見えてきました。

DSC_20180608 (5)
どうも5階建ての1階をお店化して入居させてるみたいです。

DSC_20180608 (6)
で、目指すは「アンドビール」さん。クラフトビアウィークの関連情報を検索していて偶然WEBで見つけたお店です。

DSC_20180608 (16)
さ、入ってみましょう。

DSC_20180608 (15)

DSC_20180608 (7)
醸造タンクが見えるのはお約束ですね。

DSC_20180608 (12)

DSC_20180608 (9)
この日は3種類のオリジナルビールがあり、

DSC_20180608 (10)
最初にアメリカンペールエール(250ml 500円)を。

DSC_20180608 (13)
2杯目にIPAエクストラ(250ml 500円)をいただきました。

DSC_20180608 (14)
後会計ですが、お金を清算してお店の前の小さな階段に腰かけて、芝の緑を楽しませてもらいました。

で、お味のほどはといいますと、まぁまぁの感じですかね、個人的には。仕込み用の柑橘類を店のカウンターと続きあいのキッチン(壁で隔離されていない)で山のように皮むきしていたのが、ブリューパブで初めて見た光景(衛生管理は大丈夫か?)だったのが多少影響しましたかね。近所には高円寺麦酒工房もあることを考えると、「今後に期待したいところ」というのが落としどころでしょうか。

DSC_20180608 (17)
最初はパイント3杯くらいと目論んでいたので、空きのできたお腹を埋めるべく

DSC_20180608 (19)
高円寺に歩みを進めて(あ、因みにアンドビールさんは高円寺からの方が近かったです)、立ち呑み「きど藤」のルーティンのメニューに舌つづみを打ってから帰宅しました。おしまい。


にほんブログ村 酒ブログ 海外ビール・地ビールへ
にほんブログ村
  1. 2018/06/10(日) 21:40:43|
  2. 初めての店
  3. | コメント:0
次のページ

最新記事

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1)
日本酒 (108)
酒類全般 (120)
シングルモルト (96)
カクテル (15)
ワイン (113)
焼酎 (7)
ジン&ラム&テキーラ&グラッパ (16)
地ビール&海外ビール (140)
シェリー&ポート&マデイラ (11)
イベント・インフォメーション (62)
料理教室で飲む (7)
今日のランドル君 (2)
シードル&カルバドス (3)
初めての店 (1)

プロフィール

toratora.nomuzo

Author:toratora.nomuzo
FC2ブログへようこそ!

Ripreに参加しています。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード